【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『どろろ』(2007)

天下を望んだ父親の野望の代償として、身体の四十八箇所を魔物に奪われて生まれた百鬼丸。医師・寿海に拾われた彼は、義手・義足や人工の臓器を与えられて成長、やがて旅に出る。左腕に仕込まれた妖刀で魔物を一匹退治する度に、奪われた己の肉体を取り戻していくのだ。
そんな時、女だてらに男のなりをして大泥棒と嘯く”どろろ”と出会う・・・。

最近は本当に旧作漫画の実写映画化企画が多いが、これもその一つで、かつてTVアニメにもなった手塚治虫の作品。原作は室町時代(戦国時代)が舞台だが、何故か架空の国(?)の架空の時代とされている。
香港からチン・シュウトンをアクション監督に招いたワイヤー・アクションと、『ロード・オブ・ザ・リング』ばりに(?)ニュージランドでロケを敢行したという雄大な自然は一見の価値あり。以上。

e0033570_6195972.jpg・・・で終らせちゃいけないか(苦笑)。
でも、原作に対する愛着・想い入れは皆無、予備知識も最低限、期待値もゼロ、ということで観たのだが、何が面白いのかサッパリだ。

先ずは主演の二人が頂けない。
まぁ妻夫木聡は格好良いから許せなくもないけれど、柴咲コウの方は・・・。この人の力の入った演技は苦手だなぁ。
それにみんな、セリフ回しに難があるんだか録音状態が悪いんだか、何言ってるのか良く聞き取れない。
百鬼丸の父・醍醐景光を中井貴一に演じさせたためか、中途半端な悪役になってしまったのも勿体無いし、音楽も単調だし、上映時間138分は長すぎ。せめて2時間弱に収められないもんかね。

ただ身体に欠損のあるキャラが主人公なのに、良くぞ今の時代に映画化したなぁ、というのがオドロキ。TVアニメ版なんか放送禁止とまではいかないが、放送自粛くらいにはなっているくらい微妙な内容なのに(仮面ライダーだって”改造人間”というタームを放棄しているご時勢なのだ)。
幸い抗議があったり、苦情が寄せられたという話もなく映画はヒット。四十八体いる魔物もまだ半分が残っているという設定は明らかに続編狙いだが、ホントにやるのかね。

それにしてもこの作品、ニュージーランドの雄大な自然がカメラには収められスケール感を醸し出しているんだけれども、今の日本ではこういうショットはもう無理なんだろうなあ。時代劇が海外で撮影されるというのは、何とも寂しい話だ。
[PR]
by odin2099 | 2007-07-18 06:20 |  映画感想<タ行> | Trackback(24) | Comments(9)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/6115097
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from カノンな日々 at 2007-07-18 23:10
タイトル : どろろ/妻夫木聡、柴咲コウ
原作が有名な手塚治虫作品なのはもちろん知ってますけど、ちゃんと読んだことはありません。子供の頃ちらっと見たことはあるけど時代劇だし劇画っぽくておどろおどろしくて大人の漫画って感じがして私が読むもんじゃないかなぁって。だからこうして実写化されなかったらたぶ....... more
Tracked from 長江将史〜てれすどん2号.. at 2007-07-18 23:11
タイトル : 「どろろ」試写会レビュー 心のエンターテイメント
エンターテイメントという響き、映画好きでは嫌いな方も多いと思います。でもこの作品についてはどうでしょう。急降下して墜落しするのか、急上昇して宇宙に行くのか、力強く世界へ羽ばたいた日本映画。... more
Tracked from 京の昼寝〜♪ at 2007-07-18 23:13
タイトル : 『どろろ』
失われた体と心を取り戻すために、今こそ運命に挑め   ■監督 塩田明彦■原作 手塚治虫 ■キャスト 妻夫木聡、柴咲コウ、中井貴一、原田芳雄、中村嘉葎雄、原田美枝子、瑛太、杉本哲太、土屋アンナ、劇団ひとり □オフィシャルサイト  『どろろ』  戦乱の世で天下統一の野望を抱く武将・醍醐景光(中井貴一)は四十八体の魔物から強大な力を与えられるが、その見返りに生まれくる我が子を捧げた。 やがて体の四十八ヶ所を奪われて生まれた赤子は捨てられ、呪医師・寿海(原田芳雄)の秘術によって救われる。身を...... more
Tracked from ★YUKAの気ままな有閑.. at 2007-07-18 23:22
タイトル : どろろ
『日本は本物のエンタテインメントに目覚める』って本当かなぁ〜〜【story】乱世の覇者となるべく魔物との契約を交した父・醍醐景光(中井貴一)の代償に、その肉体を四十八の魔物に奪われた悲運の子・百鬼丸(妻夫木聡)。肉体を取り戻す旅に出た彼は、戦で天涯孤独の身となった野盗の少年どろろ(柴咲コウ)と宿命的な出逢いを果たす。戦の業を否応なく背負わされたふたりは、魔物たちとの壮絶な闘いを切り抜けながら、己が未来を掴むため戦乱の荒野を駈け抜ける!【comment】気に入りました、この映画ちょっとストーリーにクサイ...... more
Tracked from ひらりん的映画ブログ at 2007-07-18 23:32
タイトル : ★「どろろ」
今週は、「幸せのちから」と「どろろ」どっちにしようかなぁ・・と迷ったっ。 「幸せ〜」はオスカー候補だし・・・ 「どろろ」はTBSでバンバン宣伝してるし・・・。 結局、上映開始が10分早い「どろろ」に決定。... more
Tracked from CINECHANの映画感想 at 2007-07-19 00:17
タイトル : 自らを取り戻す戦い
24「どろろ」(日本)  賢帝暦3000年頃、終わりのない戦国の世を憂う武将・醍醐景光は戦乱の世を治める力を得ることを魔物に申し出る。見返りは自分の子供の体48箇所を差し出すこと。  20年後、医師・寿海み仮の体と護身の妖刀を与えられた子供は見事に成長を遂げる。彼は己を百鬼丸と呼ぶ。やがて魔物を倒すごとに奪われた体の一部が取り戻されることを知った百鬼丸は魔物退治の旅に出る。  その途中、百鬼丸のことを知ったこそ泥どろろは、百鬼丸の強さの象徴である左手に仕込まれた妖刀を奪うため、百鬼丸...... more
Tracked from ダディャーナザン!ナズェ.. at 2007-07-19 00:32
タイトル : 【2007-13】どろろ
ある戦乱の世─ 魔物に奪われし体の四十八箇所を取り戻す旅をする者がいた そして、その左腕に仕込まれた刀を盗もうと旅を追うもの 運命をぶった斬れ 二人でひとつ 物語が、動き出す。 ... more
Tracked from ルナのシネマ缶 at 2007-07-19 01:25
タイトル : どろろ
原作を読んだのも、 テレビアニメが放映されたのも、 遠〜い!遠〜〜い昔の事なので、 父親の天下取りの犠牲に 体の48カ所を魔物に取られ1匹倒す事に、 体の一部が戻ってくると言う話しか 覚えていませんでした。 あと、最後の最後にどろろが女の子だったと いうオチがあったいうのは、記憶にありました。 だから映画を観る前から、どろろの配役が柴咲コウなのが、 ちょっと納得できなかったんですが、やはり、映画を観て これは絶対、子役にするべきだと改めて思いました。 彼女は、どうみても成人...... more
Tracked from UkiUkiれいんぼーデイ at 2007-07-19 08:54
タイトル : どろろ
醍醐の城って ハウルの城以上に、微妙なバランスで建ってた! 今から40年前に手塚治虫氏は、すでに現代の人々へ向けての警鐘とも取れるようなメッセージを含めてこんな作品を書き上げておられたのですね。 自身の欲のままに、我が子を魔物に差し出す父親・醍醐景光(中井貴一)。 そんなことも知らず捨てられた百鬼丸(妻夫木聡)は、養父・寿海(原田芳雄)によって「再生」される。 その描写が、死体の部位をかき集め、そのエキスを抽出するために鍋でゴトゴト煮込む寿海・・・。 なんか去年、こんな...... more
Tracked from ミチの雑記帳 at 2007-07-19 18:10
タイトル : 映画 【どろろ】
映画館にて「どろろ」 昭和42年「週刊少年サンデー」で発表された手塚治虫の作品を実写映像化。体の48か所を魔物に奪われた百鬼丸が、体を取り戻すためにコソ泥“どろろ”とともに魔物退治の旅に出る。 戦国の世を憂う武将の醍醐景光(中井貴一)は、乱世を治める力を得るため、魔物と取引をしてしまう。彼がなんら悩むこと無くこの取引に応じるのが恐ろしい。取引したにも関わらず20年経っても天下統一は成っていないのに・・。 親の欲望によって身体を失った青年・百鬼丸(妻夫木聡)がバケモノと蔑まれながらも彼の身体の一...... more
Tracked from 猫姫じゃ at 2007-07-19 20:57
タイトル : どろろ 07025
どろろ 2007年   塩田明彦 監督  手塚治虫 原作妻夫木聡 柴咲コウ 中井貴一 中村嘉葎雄 原田芳雄 土屋アンナ 原田美枝子 瑛太 この監督、「ギプス」と「黄泉がえり」を見ているわね。 原作ファンではありません。でも、どちらが「どろろ」か、もう片方....... more
Tracked from 映画鑑賞★日記・・・ at 2007-07-19 21:55
タイトル : どろろ
公開:2007/01/27(01/27鑑賞)PG-12監督:塩田明彦アクション監督:チン・シウトン出演:妻夫木聡、柴咲コウ、瑛太、原田美枝子、中村嘉葎雄、原田芳雄、中井貴一 醍醐の動く城?・・・なんか動きそうだ。あの城の中にはしゃべる炎の魔物とかいそう。でも耐震構造にチェック...... more
Tracked from りらの感想日記♪ at 2007-07-19 21:57
タイトル : どろろ
【どろろ】 ★★★★☆ 2007/02/03 ストーリー とある時代のとある国。戦乱が続き、荒廃が進む世を憂う武将・醍醐景光(中井 貴一)は... more
Tracked from ☆えみたんの日記帳☆ at 2007-07-19 22:26
タイトル : 『どろろ』in神戸
最近神戸で映画見てるえみたんでしw そこに素敵な映画館あるんだけど、その映画館の側に住めたらなぁって思うえみたんでしw 周りの建物の雰囲気も最高なのら撚 と、そんな話じゃ~~なく今回もその神戸で映画を観て来たの秊烈 最近梅田より、..... more
Tracked from ぁの、アレ!床屋のぐるぐ.. at 2007-08-01 10:50
タイトル : どろろ
先日「西遊記」」(先日の記事)なんて見てきちゃったモンだから、コレまぁまぁ普通に面白く見れたしw どろろ(通常版)posted with amazlet on 07.07.30ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン (2007/07/13)売り上げラン... more
Tracked from 映画、言いたい放題! at 2007-09-27 03:46
タイトル : どろろ
手塚治虫の同名の漫画の映画化。 原作は読んでいないのですが、興味あり。 DVDで鑑賞。 賢帝歴3048年、大地の東の果てにある国。 争いが絶えず、血で血を洗う地獄の日々が続いていた。 天下統一を目指す武将・醍醐景光は、 我が子の体48ヶ所を魔物に差し出す代わりに巨大... more
Tracked from minaの官能世界 at 2007-11-07 07:47
タイトル : どろろ
 他に観たい作品があったのだが、「どろろ」が気になって仕方がないので、朝一番の上映を観に行ったのは今年2月の劇場公開時のことである。今回、DVD鑑賞したのを機会に感想を少しだけ・・・・・・。  原作は、手塚治虫の漫画である。  学生時代によく通っていた漫画喫茶に「どろろ」の単行本が置いてあって、全巻読んだ。随分と前のことになるので、記憶は鮮明ではない。  それでも「妖怪を一匹やっつけると身体の一部が戻ってくる」と言う不思議な設定は覚えている。そして、案外と熱中してしまって、全巻読み終えるまでコーヒー一...... more
Tracked from 別館ヒガシ日記 at 2007-12-20 21:05
タイトル : どろろ&有閑倶楽部
有閑倶楽部は大臣が学園の土地を奪うため色々と作戦を実行したが 有閑倶楽部に邪魔され逮捕され最終回は終わったけども微妙だったし 横山と香椎は良いけど他がイマイチと言うか全体的に微妙だった どろろはキサラギ同様に公開された時に劇場に行こうか迷ったが観賞せず WO... more
Tracked from 虎党 団塊ジュニア の .. at 2008-08-27 09:31
タイトル : 『どろろ』'07・日
あらすじ戦乱の世で天下統一の野望を抱く武将・醍醐景光は四十八体の魔物から強大な力を与えられるが、その見返りに生まれくる我が子を捧げた。やがて体の四十八ヶ所を奪われて生まれた赤子は捨てられ呪医師・寿海の秘術によって救われる。身を守るため左腕に仕込まれた妖...... more
Tracked from 迷宮映画館 at 2008-08-27 22:27
タイトル : どろろ
うーーーんん。... more
Tracked from モコモコ雲を探しに♪ at 2009-02-02 11:23
タイトル : 映画「どろろ」を観て♪
先週末は、録画だめしていた'''映画六本'''を、三本立てでニ日に分け鑑賞しました。 一本は、劇場で観て、この書庫にも既に記事とし存在している[http://blogs.yahoo.co.jp/konpeitou_06/40571338.html/ 「L change the WorLd」]です。 残りの五本は、一本ずつ記事にしようかとも思ったのですが…。 迷った挙句、最も印象深かった本作と、''&...... more
Tracked from よしなしごと at 2009-04-19 17:37
タイトル : テレビ映画:どろろ
 映画館で観ようか観まいか迷っているうちに終わってしまった作品が、もうだいぶ前ですがテレビでやっていたのでそれを観ました。そう、「映像不可能」と言われていた手塚治虫原作のどろろです。... more
Tracked from Addict allci.. at 2009-09-13 19:46
タイトル : どろろ
物語が、動き出す。 ... more
Tracked from はらやんの映画徒然草 at 2010-11-20 14:53
タイトル : 「どろろ」 全体的に消化不良でもったいない
早く観たいと思っていた映画だったのですが、ややもの足りない感じがしました。 期待... more
Commented by cinema-can at 2007-07-19 01:24
DVD観られたんですね〜。
やっぱり、どろろには子役を使ってほしかったですよね〜。
柴咲コウのあのしゃべり方は、うるさかったし、耳障りでした。
まあ、昔のTVアニメは差別用語のオンパレードでしょうからねー
放送は到底できないでしょう!(笑)
内容は怖かったという記憶しかないけど、テーマ曲は結構
頭に残っているんですよね〜。あの、ほげたら、ほげたら〜♪です。
Commented by 猫姫少佐現品限り at 2007-07-19 21:05 x
こんばんは!いつもありがとうございます!
あたしは柴咲コウ、好き。
漫画と比べると、当然どろろの方が、違和感あるんだケド、
あたしは妻夫木の方が合ってなかったと思います。
だって彼、おぼっちゃま過ぎるもの、、
Commented by odin2099 at 2007-07-19 21:25
>ルナさん

この映画でも「ほげほげたらたらほげたらぽん♪」を使ったら面白かったかもしれませんね。

どろろに子役を、というのは頷けます。
あの年齢で、明らかに女性だと分かるのに、”男の子”という設定には無理があります。
どうしても柴咲コウを使いたければ、根本的にキャラの設定を変えるとかして欲しいもんです。
それはそれで反対ですけど。仮にも原作付きなのだから。
Commented by odin2099 at 2007-07-19 21:26
>猫姫さま

確かに百鬼丸には凄みが不足してますね。
陰惨な生い立ちなのだから、もっとギラギラした部分や冷めた部分があっても良かったと思います。
きっと映画版の寿海が、包容力のあるよっぽどの人格者だったんじゃないでしょうか?(苦笑)
だから真直ぐに育った、と。
Commented by ゆかりん at 2007-07-19 22:11 x
こんばんは☆
ありゃ、主演の二人はダメでしたか。
めずらしく妻夫木くんがクールな役どころだったので
かっこいいなぁと思いながら観てましたよ(笑)
Commented by odin2099 at 2007-07-19 22:34
>ゆかりんさん

うーん、単に二人が好みじゃないってことだけなのかも知れないけど・・・・?(苦笑)
Commented at 2007-07-21 22:51 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 小夏 at 2007-07-21 22:59 x
「どろろ」、フツーであれば公開時に観ているタイプの映画なのに、全然そそられないのは、結局のところブッキー&柴咲コウいずれも全然好みじゃないからなんだー!とエクスカリバーさんの記事で思い知った次第。(笑)

確かに邦画ってセリフが聞き取りにくいですよね。役者の滑舌が悪いのか、それとも音響のせいなのか・・・。邦画でも字幕スーパーを出して欲しいと思う今日この頃です。
Commented by odin2099 at 2007-07-21 23:31
>千夏さん

台詞が聞きづらいのは、やっぱり役者が下手なんじゃないですか?
ベテランでも聞き取り難い人が増えてきてるし、全体的に役者のレベルが下がってきているのかも。
なんでもかんでもキッチリ発音すりゃ良いってものじゃないけれど、最低限何を言ってるのかぐらいはわかるように喋って欲しいですね。

しかし妻夫木聡と柴咲コウの二人が並ぶと、柴咲コウの方が年上に見えちゃうのは自分だけ?

by Excalibur
ブログトップ