【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『激走戦隊カーレンジャーVSオーレンジャー』(1997)

オーレンジャーに追われていたバラノイアの生き残りバラモビル。そこに居合わせたレッドレーサーこと恭介の勘違いから、オーレンジャーとカーレンジャー、2大戦隊が激突してしまう。その戦いの最中にその誤解は解けるが、今度はボーゾックにオーレッドが囚われてしまう。
オーレッドを救うには2大戦隊の共闘しかない。三浦参謀長はカーレンジャーに大特訓を課すのだが・・・。

e0033570_9263268.jpgスーパー戦隊のVシネマシリーズの2作目。
前作の『オーレンジャーVSカクレンジャー』では2大戦隊のスムーズなコンビプレーが楽しめたが、今回は生真面目なオーレンジャーとおチャラけたカーレンジャー、方や軍人、方や民間人という水と油の両戦隊なだけにその噛み合わなさぶりが一つの味になっていた。
オーレッド・星野吾郎とレッドレーサー陣内恭介の出会いからして
 「UAOH(国際空軍)の者だ」
 「うわおーって書いてあるぜ」
といった具合。
またカーレンジャーを鍛えると称して乗り込んでくる、三浦参謀長(=宮内洋)の理不尽な大特訓も笑いを誘う。
オーレンジャーはゲスト扱いで、オーレッドを除けば全般に出番は少なめ。素顔の5人が揃うのはラストシーンのみで、しかも序盤には4人しか登場しない。これはオーピンク役のさとう珠緒が売れっ子になってしまった為にスケジュール調整が難しくなったのか、それとも目立たせようとする演出なのか? ただ、それを補う三浦参謀長の暴走振りであった。
また、シグナルマンを演じた大塚芳忠の歌声も楽しめる。
[PR]
by odin2099 | 2007-08-05 09:28 | ビデオ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/6226881
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

by Excalibur
ブログトップ