「ほっ」と。キャンペーン

【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『高校野球/HIGH SCHOOL BASEBALL』(2006)

外国人の目で捉えた高校野球のドキュメンタリー映画。先日、WOWOWにて放送された。

2003年夏の第86回大会を題材に、大阪の天王寺高校と和歌山の智弁学園和歌山高校それぞれの野球部に密着取材したもので、「心」「根性」「青春」「夢」「努力」「大会」と章立てされ、選手や監督は勿論、その家族や応援団、チアガールをもカメラは追いかけている。
方や公立校、方や常連校という違いはあるが(因みにこの時の大会では、両校とも予選敗退)、野球に賭ける情熱には違いはない。

日本人からすれば白球を追うその姿は素直に感動を呼ぶのだが、野球発祥の地・アメリカにはないこの一大イベント、人生の縮図とも言える”甲子園”も、アメリカ人の目にはやはり奇異に映るのだろうか。
[PR]
by odin2099 | 2007-08-25 23:25 |  映画感想<カ行> | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/6345583
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by MIHO at 2007-08-26 18:43 x
ワイドショーでアメリカで公開した時の様子が放送されたのを
観たこことがあります。
将来のメジャーリーグなどの金銭が絡まず純粋に甲子園を神聖にとらえて
闘っている高校球児の姿はアメリカ人には不思議だったみたいです。
Commented by odin2099 at 2007-08-26 20:55
やっぱりそうなんだろうなぁ。
この作品の中でも野球部の監督さんが「野球は教育だ」と語ってるけれども、そういう発想はあちらにはないかも。
メジャーリーガーの中にはこの「コウシエン」というものを知っていて、羨ましく思ってる人もいるようだね。

by Excalibur
ブログトップ