【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『007/ワールド・イズ・ノット・イナフ』(1999)

e0033570_21332829.jpg007”20世紀最後の任務”は、ヨーロッパの生命線・石油パイプラインを巡るテロリストとの戦い。
実際に計ったことはないけれども、プレ・シークエンスはシリーズ最長ではなかろうか。大金奪取から始まり、次いで石油王キング卿の暗殺、そしてその暗殺者をボンドが追いかける件は、これだけでもお釣りがくるくらいの一大見せ場となっている。
本編もかなり充実しており、これが3作目となるピアース・ブロスナンも軽さがなくなった分渋みが増えて余裕綽々。

対するボンド・アクトレスは、歴代の中で最もメジャーな女優であろうソフィー・マルソー。作品のキー・パーソンとなる石油王の娘エレクトラを流石の貫禄で演じている。
かなり曖昧なキャラクターではあるものの、彼女のその存在感ゆえに魅力的になっている。というよりもボンドも、今回の悪役であるテロリストのレナードも、全て彼女の手の内で踊らされている感がある。ブロスナンも主演クラスのスターとしてかなり輝きを増してきたと思うが、ソフィー・マルソーの前ではそれも霞んでしまっている。

e0033570_21213558.jpgもう一人のボンド・アクトレスはデニス・リチャーズ。キュートなルックスとグラマラスな肢体で売っている彼女は、核兵器の専門家としては全くのミス・キャストだが、それもシリーズのお約束。定番どおりの”ボンド・ガール”の役回りをキッチリとこなし、バランスを保っている。

その反面、ロバート・カーライル演じるレナードは、サイコなテロリストというよりも哀れな人物という面が強調されすぎているし、人間ドラマに重点をおいたせいかボンド自身の価値観や考え方が大きく揺さぶられ、更にMまでもが危機に陥るという展開は、シリーズの持ち味でもあるウィットやユーモア、それにケレンミにも欠けているのがちょっと残念だ。

そしてそれに輪をかけたのが、長年に渡りムードメーカーのQ役を演じてきたデスモンド・リューウェリンが本作完成後に急逝してしまったこと。シリーズ全作に出演はしていないものの、この時点での歴代ボンド5人と全て共演していたのはこの人だけという貴重な存在でもあった。
作品中にも引退を匂わせる科白があるが、これが現実となってしまったことで、それ以後Qの退場シーンが必要以上に重くなり素直に見られなくなってしまった。
[PR]
by odin2099 | 2007-08-30 21:35 |  映画感想<タ行> | Trackback(2) | Comments(6)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/6372838
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ☆彡映画鑑賞日記☆彡 at 2007-09-02 00:50
タイトル : 007 ワールド・イズ・ノット・イナフ
 いやぁ〜揉めに揉めちゃった次回作の「Casino Royal」のボンド・ガールが「ルパン」「キングダム・オブ・ヘブン」のエヴァ・グリーンに決まって一安心ですね♪  ボンド・ガールが決まらないまま撮影スタートだなんて荒業に出ちゃっていたんだけど、何とか今年の公開に....... more
Tracked from 映画鑑賞★日記・・・ at 2007-09-02 12:16
タイトル : 007/ワールド・イズ・ノット・イナフ
【THE WORLD IS NOT ENOUGH:2000/02/05】製作国:アメリカ監督:マイケル・アプテッド出演:ピアース・ブロスナン、ソフィー・マルソー、ロバート・カーライル、デニース・リチャーズMI6本部で石油王が暗殺される。その影に国際的テロリスト集団の影を感じたボンドは、彼に....... more
Commented by miyu at 2007-08-30 23:01 x
そっかぁ~。
あたしはまだ最近の007しか見てないのですが、
デスモンド・リューウェリンさん演じるQは歴代のボンドと共演されていたのですね。
Commented by koujitu3 at 2007-08-31 21:42
私は007シリーズが好きではないので、(TVで1~2作見たことがあるかな、程度です) あまりよく分かりませんが、これは見ました! 何回か。だってカーライルさんですから。
でも、カーライルさんを起用するには、007シリーズってちょっと趣が違うのではないかという気がしました。
Commented by odin2099 at 2007-08-31 21:56
>miyuさん

最初の頃のデスモンド・リューウェリンさんは、ちょっとクールでビジネスライクな面もあり、なかなか格好良いですよ。
でもすぐにボンドにいじられるキャラになっちゃいましたが(笑)。
是非過去の作品も順番にご覧下さい。
Commented by odin2099 at 2007-08-31 22:01
>koujitu3さん

ミス・キャストとまでは言いませんが、ちょっとずれてる感じはありますね。
というか、キャラクター造型が今ひとつ成功しているとは言いがたいのが残念でもあります。
Commented by ゆかりん at 2007-09-02 12:23 x
こんにちは☆
Qの存在って大きいですよね~この後の作品は観に行かなかったような・・・
でも今思えば引退を匂わせるようなあのシーンはあれで良かったと思います。いきなり違う人になっちゃうよりはちゃんと引き継ぎがあったので違和感なく今は観られます。
ダニエルボンドの次回作ではぜひQの登場を望む!!できたらボンドをしかれるような人がいいなぁ(笑)
Commented by odin2099 at 2007-09-02 18:22
ゆかりんさん、いらしゃいませ♪

ボンドやMやマネーペニーが代っても、Qは不動だったのでシリーズとしての統一感が取れていたように思います。
短い出番ながら、貴重な潤滑油のような存在、それがQだったんじゃないでしょうかね。

次回作で復活するとなると誰でしょう?
やっぱりジョン・クリースの再登板かなぁ。

by Excalibur
ブログトップ