【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『グラディエーター』(2000)

西暦180年のローマ。皇帝マルクス・アキレウス(リチャード・ハリス)の信任篤いマキシウス(ラッセル・クロウ)は次期皇帝に推される。マルクスの息子コモドゥス(ホアキン・フェニックス)は姉ルッシラ(コニー・ニールセン)までもがマキシウスを慕っていることに危機を覚え、父である皇帝を暗殺、マキシウスをも殺害しようとする。間一髪難を逃れたマキシウスだったが、妻子を殺され地位を奪われ、遂には奴隷商プロキシモ(オリヴァー・リード、遺作)に囚われの身となってしまう。やがて剣闘士(グラディエーター)として市民の英雄となったマキシウスは、今は皇帝となったコモドゥスと再会するのだったが・・・。

e0033570_6255699.jpg古代ローマ帝国を舞台にしたアクション大作で、デイヴィッド・フランゾーニの原案・脚本をリドリー・スコットが監督。上映時間は2時間半を越え、重くて暗いストーリー展開はどちらかといえば苦手な分野ではあるのだが、それでも最後まで拳に力を入れて見てしまった。
マキシウス自身は架空のキャラクターだが、アキレウス、コモドゥス、ルッシラは実在の人物で、ある程度史実を下敷きにしている。もっとも時代考証に関して疑念の声も挙がってはいたが、主人公の崇高な英雄的生き様や迫力あるバトルシーンが評判となり大ヒット。大掛かりなセットを作るのではなくCGを駆使して、かつてのハリウッド史劇の伝統を蘇られせたことも好評価に繋がり、作品賞や主演男優賞など5部門でオスカーを獲得。『アメリカン・ビューティー』に続いて、二年連続でドリームワークスに栄冠が輝くことになった。
また『ロード・オブ・ザ・リング』三部作のヒットを挿みながら、『トロイ』『キング・アーサー』『アレキサンダー』『キングダム・オブ・ヘブン』など史劇大作が続々と生み出される切っ掛けともなっている。
そういえば続編製作の噂が後を絶たないが(リドリー・スコットやラッセル・クロウの口からも語られている)、果たして本当に作るのだろうか。
[PR]
by odin2099 | 2007-09-28 06:29 |  映画感想<カ行> | Trackback(4) | Comments(6)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/6534811
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ひめの映画おぼえがき at 2007-09-30 22:20
タイトル : グラディエーター
グラディエーター 監督:リドリー・スコット 出演:ラッセル・クロウ、フォアキン・フェニックス、コニー・ニールセン、オリバー・リード、ジャイモン・ハンスウ、リチャード・ハリス... 「いま、ヒーローは立ち上がる」 【ストーリー】 偉大なローマ皇帝が世ぎ..... more
Tracked from BLACK&WHITE at 2007-10-01 00:50
タイトル : グラディエーター
【GLADIATOR】2000年/アメリカ 監督:リドリー・スコット  出演:ラッセル・クロウ、ホアキン・フェニックス、コニー・ニールセン、オリヴァー・リード、リチャード・ハリス 妻子を殺されたマキシマスの壮大な復讐劇。 冒頭の戦闘シーンとコロッセオでの因縁の...... more
Tracked from 映画と写真のブログ at 2009-02-15 16:30
タイトル : 映画評:グラディエーター
男の掌が、麦の穂先を撫でていた。 男はふるさとを夢に見て、時間のはざかいを彷徨う。   ここは何処か。戦いは終わったのか。平穏はいずこ。   妻よ、子よ、そこにいるのか。 将軍マキシマスは、生まれついてのヒーローだ。彼の何かが人々を惹きつけ、みな彼の名をたたえて合唱する。どんな場所であっても、境遇であっても、そのカリスマ性は変わらない。 マルクス・アウレリウス皇帝によるゲルマニア遠征は、最後の段階を迎えていた。 将軍マキシマスは、兵士を集結させて、使者が戻るのを待っていた。 交...... more
Tracked from Addict allci.. at 2009-08-04 11:17
タイトル : グラディエーター
いま、ヒーローは立ち上がる ... more
Commented by 小夏 at 2007-09-28 08:56 x
え゛っ?!続編のウワサですか?マジですか??って感じなんですが。
いえ、「グラディエーター」は私がこの手の史劇大作を好きになるキッカケになった作品だし、本当に実現すれば嬉しいですけどね。もちろん観ますよ。
けど、その前にラッセル・クロウは過酷なダイエットを要求されると思われ。
顔面積なんて2倍近くになっているのでは?
Commented by odin2099 at 2007-09-28 22:59
千夏さん、いらっしゃいませ~。

続編の話題は結構早くから出ていましたよ。
ただ主人公はマキシウスではなく、その息子というような話でしたが。
でも最近の二人のコメントを見ると、マキシウスを死なせてしまったのは残念だが、方法は幾らでもある、みたいな発言になってます。
生き返らせるのか~?!(爆)

ラッセル・クロウ、『シンデレラマン』は頑張っていたと思いますけど、もう面影ないですね(苦笑)。
Commented by 奈緒子 at 2007-10-03 19:47 x
この作品、大っっっ好きです!
なんといっても、コロッセオのシーンがかっちょいい(*^_^*)
ラッセル・クロウにもメロメロでしたよ~。
私としては、この作品でバシッと完結してるし続編はいらないかも。
Commented by odin2099 at 2007-10-03 23:19
>奈緒子さん

続編好きの僕も、この作品の続編はいらないな、と実は思ってます(笑)。
ただマキシウスにこだわらないというのであれば、例えば共通のキャラクターが出てくる程度の全く別の話とか、或いはこの後の時代を描く作品(まぁマキシウスの子どもが出てきてもいいですけど)という程度の、外伝や姉妹編みたいな関連作品であれば観てみたい気もしますね。
Commented by ミセスベリー at 2007-10-05 13:25 x
先日はTBありがとうございました。
この作品、壮大で面白かったのですね。
なんと、続編が検討されているのでしょうか?
すごいさすがハリウッド!一度死んでも蘇るのですね(笑)
でもやっぱり、私もこのまま終わってほしいです。
せっかく天国でマキシウスは、家族に会えたのですから。
おっしゃる通り、エピソード1っていうのはいいかもしれません(^^)
おじゃましました~。
Commented by odin2099 at 2007-10-06 10:18
>ミセスベリー様

こちらこそわざわざ有難うございました。
この作品を核にして、連作でローマ帝国の興亡史みたいなシリーズが出来ると楽しいな、と夢想しております。
同じキャラクターが出るならば極力同じ役者さんを起用するとか、似た感じの人をキャスティングするとか。

by Excalibur
ブログトップ