【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『用心棒』(1961)

二つの勢力の縄張り争いの結果、すっかり寂れてしまった関八州の小さな宿場町。
そこに流れてきた一人の浪人は、両勢力を天秤にかけ、用心棒として自らの腕を売り込み、同士討ちをさせて一掃を目論むのだが・・・。

e0033570_2254756.jpg三船敏郎が凄腕の浪人・桑畑三十郎を演じた黒澤明監督の時代劇。
ダシール・ハメットの『血の収穫』が元ネタだそうだが、海外で西部劇やギャングの抗争劇にも翻案され、最近では国内でもリメイク企画が発表されるなど、その影響力は凄まじい。
また三船演じる三十郎が人気となったため姉妹編の『椿三十郎』も作られ、その後も三船は三十郎的キャラクターを何度か演じている。

三十郎を手助けすることになる頑固者の飯屋の主人・東野英治郎、ピストルを持ったニヒルな悪役・仲代達矢、力自慢だがオツムは少々弱い加東大介ら脇役陣も完璧に近く、隙のない傑作。
それにしても三船敏郎の立ち回りの素早さは圧巻だ。
[PR]
by odin2099 | 2007-12-03 22:07 |  映画感想<ヤ行> | Trackback(7) | Comments(2)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/6888554
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ☆彡映画鑑賞日記☆彡 at 2008-09-16 20:31
タイトル : 用心棒
 コチラの「用心棒」は、「七人の侍」の黒澤明監督&三船敏郎主演による時代劇の名作です。  内容の方は、「続・荒野の用心棒(原題:DJANGO)」にオマージュを捧げている昨年秋に公開された「スキヤキ・ウェスタン ジャンゴ」にそっくり!なんですね〜。  まぁそれも...... more
Tracked from 極私的映画論+α at 2008-09-16 21:55
タイトル : 用心棒 (1961) 110分
 ほとんど西部劇です。... more
Tracked from Akira's VOICE at 2008-09-17 11:52
タイトル : あっ,ども用心棒の椿です
黒澤明監督 「用心棒」 「椿三十郎」 ... more
Tracked from みはいる・BのB at 2008-09-18 00:26
タイトル : 『用心棒』(NHK-BS2)
☆☆☆☆- (5段階評価で 4) 4月30日(水) NHK-BS2の 黒澤明 没10周年記念放送 を録画で鑑賞。{%ファイト(チカチカ)hdeco%}... more
Tracked from 聖なるブログ 闘いうどん.. at 2009-02-16 13:59
タイトル : 黒沢明「用心棒」
最近は悪との闘いそっちのけで秘蔵映像のDVDダビングに熱中してる。まだまだ録画が山ほどあるのだ。それにしても被害総額一億以上の詐欺事件に関しては死刑を適用すべきじゃないのか。... more
Tracked from ミカエル晴雨堂の晴耕雨読.. at 2009-10-28 11:05
タイトル : 「用心棒」 ストレス解消活劇 24
「用心棒」 痛快娯楽時代劇の完成型   【公開年】1961年  【制作国】日本  【時間】110分  【監督】黒澤明 【原作】 【音楽】佐藤勝 【脚本】黒澤明 菊島隆三 【出演...... more
Tracked from じゅうのblog at 2018-01-02 09:47
タイトル : 『用心棒』や『椿三十郎』
買い物等の所用を済ませ、、、 午後からはNHK BSプレミアムの『年越し映画マラソン 大晦日は日本映画界の巨匠"黒澤明"特集!!』を観ています。 朝から5作品を放映しているのですが… 時間の関係もあり、、、 『用心棒』と、 [用心棒] 『椿三十郎』を観ました。 [椿三十郎] たまには時代劇もイイですねぇ… 特に「黒澤明」の時代劇は、痛快娯楽時代劇と呼ばれているだけありエンターテイメント性が高くて、純粋に愉しめますね。 『七人の侍』、『生きる』、『赤ひげ』も観たかったんだけど、連続は厳しい...... more
Commented by samurai-kyousuke at 2007-12-17 13:51
痛快娯楽時代劇ですよね。
黒澤作品では「七人の侍」の次に好きです。
仲代達矢のキャラが立ってますよね。悪役が良いと主役が光ります。
Commented by odin2099 at 2007-12-17 22:28
実は黒澤映画はそれほど見ているわけじゃなく、最初が『影武者』だったので正直退屈してしまったりもしたのですが、友人から「昔のは面白いから観ろ観ろ」と勧められて観た一本です。
一度『椿三十郎』との二本立てをスクリーンで見る機会があったのですが、どちらも何度も見直すと新たな発見がある、という感じでした。

by Excalibur
ブログトップ