【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『エレファント・ネバー・フォーゲット』(1995)

交通事故を起した車から、魅力的な人妻を助け出したサーカスの小人。
古ぼけた洋館へ彼女を訪ねた彼は、その夫がメイドと不倫関係にあることを知る。お礼をするという彼女に、彼は一夜を共にしたいと申し出るのだが・・・。e0033570_1865780.jpg
<アート・オブ・エロス/監督たちの晩餐>というシリーズの一本としてリリースされた短編映画。

象使いの小人が寄せる美しき人妻への純愛、幻想的かつ耽美な雰囲気の漂う画面構成、美しい風景・・・という具合に映像に酔ってしまうそうな一篇で、監督のデトレフ・バックはベルリン国際映画祭の受賞経験もあるのだとか。
ナタリア・ヴォルナーの妖艶さにもため息が出ます。
[PR]
by odin2099 | 2008-01-03 22:19 |  映画感想<ア行> | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/7040464
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

by Excalibur
ブログトップ