【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『ゼロ時間の謎』(2007)

e0033570_6185252.jpg若く美しい新妻キャロリーヌを伴い、夏の休暇を過ごすため、富豪の叔母カミーラの住むブルダーニュの海辺の屋敷カモメ荘を訪れたギョーム。しかし奔放なキャロリーヌは堅苦しさを嫌っている上に、ギョームの前妻オードも来るとあってイライラを募らせていた。案の定キャロリーヌは、オードに敵意をむき出しにする。カミーラはオードを心配し、長年カミーラの世話をしているマリも何かが起りそうな予感を覚えていた。
やがてオードの幼馴染みで彼女に想いを寄せている親戚のトマが現れ、更にカミーラの友人で高名な検事だったトレヴォーズと、キャロリーヌの友人でジゴロのフレッドも招かれて晩餐会が開かれる。だが晩餐が終った後ホテルへと戻ったトレヴァーズは、翌朝死体で発見される。心臓を患っていた彼は発作を起したようだが、その死には不審な点が多かった。
トレヴァーズの死を切っ掛けとするかのように、カモメ荘には不穏な空気が漂い始めた。ギョームがオードに復縁を迫っているのを目撃したキャロリーヌは口汚く罵り、それを知ったカミーラはギョームを諌めようとするが、ギョームは激昂する。ギョームとフレッドは気晴らしに出掛けるが、その晩今度はカミーラが何者かによってベッドの上で殺害された。
たまたま休暇中だったバタイユ警視に声が掛かり、早速事件の捜査が始められたが、凶器と思しきゴルフクラブにはギョームの指紋、カミーラの血痕が付いた上着はギョームのもの、そしてカミーラの巨額の遺産の相続人はギョームという具合に、全てが彼に不利な状況だった。しかしバタイユは証拠が多すぎる点に疑念を抱いていた。

アガサ・クリスティーの映画化としては、これが最新作と言うことになるのでしょうか。自作ベスト10に入っているという『ゼロ時間へ』を、『アガサ・クリスティーの奥さまは名探偵』と同じスタッフで映画化したものです。
この作品にはポワロもマープルも出てきません。といってもクリスティには他にもシリーズ・キャラクターがいて、前作『奥さまは名探偵』は”おしどり探偵トミー&タペンス”、そして今回は”バトル警視”(バタイユという名前に変えられています)ですが、残念ながら知らない人でした。演じているフランソワ・モレルの風貌と相俟って何となく頼りない印象を与えてしまうのですが、なかなかどうして見事な推理を見せてくれます。かえって切れ者然としていない方が意外性があって良いのかも知れませんね。

物語は前半が若干モタモタしていて、自殺を図ったのに助かった男だとか、学校で盗難騒ぎがあってバタイユの娘が疑いをかけられるとか、本筋に入る前に色々なエピソードが描かれていてこれが後半部分の伏線になっているのですが、もう少し手際よく表現出来なかったものかなぁと思ってしまいました。
一転、クライマックスに差し掛かると力技でねじ伏せている感もなくはないのですが、海辺のリゾート地の風景があまりにも美しいので、それで全て許せてしまいますね。
ただ序盤に白っぽい画面が多く、そこに字幕スーパーが被さってしまって非常に読みにくかったのが残念でした。表示する場所や文字の色など、少しは工夫して欲しいものなんですが・・・DVDが出たら吹替でもう一度楽しむつもりです。

今年は、今度は『Le Grand alibi』というクリスティー原作物の映画が公開されるようなのですが、これまたフランス製。本家イギリスを差し置いてなかなか意欲的ですが、この作品も日本で公開されることを願います。
[PR]
by odin2099 | 2008-02-06 06:19 |  映画感想<サ行> | Trackback(13) | Comments(10)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/7202634
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 〜青いそよ風が吹く街角〜 at 2008-02-08 22:33
タイトル : ◆『アガサ・クリスティー ゼロ時間の謎』◆ ※ネタバレ少々
2007年:フランス映画、アガサ・クリスティー原作、パスカル・トマ監督、メルヴィル・プポー主演。... more
Tracked from シャーロットの涙 at 2008-02-10 23:20
タイトル : ゼロ時間の謎
ミステリーの女王アガサ・クリスティーが自ら生涯のベスト10の一本と認める傑作「ゼロ時間へ」を映画化... more
Tracked from そーれりぽーと at 2008-02-10 23:44
タイトル : ゼロ時間の謎
アガザ・クリスティー原作の映画にはこれまで全く縁が有りません。 というのも、凝り性なもので、一本観て面白かったら次々にシリーズを観てしまう気がして、勢いで原作本にまで手を出してしまいそうで避けてたんですがw 『ゼロ時間の謎』は、名探偵ポワロでもミス・マープルでも無いということで、安心して観てきました。 ★★ 殺人事件が起きるまでの人間ドラマが眠いのなんの。 わたくし、事件が起きるちょっと前に5分程意識を失ってしまいました。 映画館で意識が飛んだのは久しぶり。 そんなこんなでストーリー云々語るのは自粛...... more
Tracked from CINECHANの映画感想 at 2008-02-11 02:18
タイトル : あの夜は雨が降っていた
17「ゼロ時間の謎」(フランス)  富豪の老婦人カミーラの別荘〝カモメ荘〟で夏の休暇を過ごす甥のギョーム。新妻で再婚相手のキャロリーヌと前妻のオードを伴っていた。彼らのは他には、カミーラを世話するマリ、オードに思いを寄せるトマ、キャロリーヌの友人フレッドも〝カモメ荘〟に集まる。彼らの間にはただならぬ不穏な空気が渦巻いていた。  ある日の晩餐に高名な老弁護士トレヴォースが招かれ、かつて殺人を犯しながら罪を免れた子どもの話をする。翌朝、心臓発作で急逝する老弁護士。事態は益々悪化していき、緊...... more
Tracked from ミケランジェロの小部屋 at 2008-02-12 12:13
タイトル : ゼロ時間の謎
「ゼロ時間の謎」 (2007/France/L'HEURE ZERO/TOWARDS ZERO) 若く美しい妻キャロリーヌと休暇を過ごすため、大金持ちの叔母カミーラの別荘を訪れたギョーム。だが、そこには彼の前妻オードもやって来る...... more
Tracked from マダムようの映画日記 at 2008-02-12 12:32
タイトル : ゼロ時間の謎
ーゼロ時間の謎ー 2007年 フランス パスカル・トマ監督 アガサ・クリスティ原作 メルヴィル・プポー(ギョーム・ネヴィル)キアラ・マストロヤンニ(オード・ネヴィル)ローラ・スメット(キャロリーヌ・ネヴィル)ダニエル・ダリュー(カミーラ・トレシリアン)アレサンドラ・マルティネス(マリ=アドリーヌ)フランソワ・モレル(バタイユ警視)クレマン・トマ(トマ・ロンドー)ジャック・セレ(トレヴォーズ弁護士)ザヴィエ・ティアム(フレッド・ラティマー) 【解説】 アガサ・クリスティの傑作ミステリー「ゼロ時間へ」...... more
Tracked from cinema!cinem.. at 2008-03-04 00:11
タイトル : 『ゼロ時間の謎』
今日は渋谷に行く用事があったついでに、都内で渋谷でしかやってない映画でも観て帰ろうと思って、「ゼロ時間の謎」を観てきました。アガサ・クリスティ原作のミステリーを、メルヴィル・プポーやキアラ・マストロヤンニといった面々の出演で描く、フランス作品。金持ちの...... more
Tracked from It's a wonde.. at 2008-03-04 00:58
タイトル : 「ゼロ時間の謎」
 2007年/フランス  監督/パスカル・トマ  出演/メルヴィル・プポー      キアラ・マストロヤンニ      ダニエル・ダリュー  アガサ・クリスティーの「ゼロ時間へ」の映画化。  テニスプレーヤーのギヨームは、再婚した若い妻キャロリーヌと共に資産家の叔母の別荘を訪れる。そこには彼の前妻オードも来ていて、微妙な三角関係が生まれる。そんな折、叔母の友人で元検事が心臓発作で亡くなり、叔母も何者かに殺される・・・というストーリー。  最近、アガサ・クリスティーの作品にハマ...... more
Tracked from eclipse的な独り言 at 2008-03-09 16:46
タイトル : ゼロ時間の謎
 アガサ・クリスティの映画化は何本もされています。比較的地味なキャストのこの作品... more
Tracked from パピ子と一緒にケ・セ・ラ.. at 2008-04-06 22:49
タイトル : ゼロ時間の謎
殺人は結果であり、物語はそれよりずっと前から始っている。すべての人々、事柄がある点に向かっていく、その点が“ゼロ時間”それは殺人が決行される瞬間!、であるという考えに基づいて書き上げられたミステリーなのです。 避暑地を訪れた若きテニスプレーヤーとその新...... more
Tracked from 小部屋日記 at 2008-06-05 14:53
タイトル : ゼロ時間の謎
L'HEURE ZERO/TOWARDS ZERO(2007/フランス)【DVD】 監督: パスカル・トマ 出演:メルヴィル・プポー/キアラ・マストロヤンニ/ローラ・スメット/フランソワ・モレル/ダニエル・ダリュー/アレサンドラ・マルチネス ふたりの妻は多すぎる ミステリーの女王、アガサ・クリスティのベスト10の1本、「そして誰もいなくなった」「アクロイド殺し」「オリエント急行の殺人」と並ぶ傑作ミステリー「ゼロ時間へ」の映画化。 海辺の避暑地の別荘で起こる完璧な殺人事件。犯人はいったい誰? ...... more
Tracked from 映画鑑賞★日記・・・ at 2008-06-13 00:09
タイトル : ゼロ時間の謎
【L'HEURE ZERO/TOWARDS ZERO】2007/12/15公開製作国:フランス監督:パスカル・トマ出演:メルヴィル・プポー、キアラ・マストロヤンニ、ローラ・スメット、ダニエル・ダリュー、アレサンドラ・マルティネス、フランソワ・モレル “ふたりの妻は多すぎる”... more
Tracked from 銅版画制作の日々 at 2008-09-30 18:16
タイトル : ゼロ時間の謎♪駅ビルシネマ・フランス映画祭にて
 アガサ・クリスティーの代表作が遂に映画化! 京都シネマで観ることが出来なかった作品です。今回の映画祭で再上映となり、鑑賞できるチャンス到来。9月25日に駅ビルシネマ・フランス映画祭にて鑑賞 何とこの作品は結構人気があるようで、当日行くと前売りにてすでに40名の方が予約をされているという状況でしたお客さんはシニアの方が大半です。この日は満席とまではいかないけど、多くのお客さんで盛況でした。ラッキーなことに午前中の上映だったので、これを鑑賞後、仕事へ行きました。 アガサ・クリスティーといえば、推理...... more
Commented by BC at 2008-02-08 22:55 x
エクスカリバーさん、こんばんは☆
トラックバックありがとうございます。(*^-^*

前半はもたついていて、後半で一気に展開させていて、テンポが悪かったですよね・・・。
リゾート地の風景・外装・内装・衣装が良かったのが救いでしたね。

>今年は、今度は『Le Grand alibi』というクリスティー原作物の映画が公開されるようなのですが、これまたフランス製。

フランスではクリスティーの小説がブームなのかしら?
Commented by odin2099 at 2008-02-09 19:06
>BCさん

有難うございました。
画面が美しいのと、役者さんは皆好演でしたね。
そういう点では結構楽しみましたが、謎解きを楽しむ映画じゃないのかなぁ?

フランス、ブームなのかも知れませんね。
しかしポワロとかマープルとかのメジャー・キャラクターの作品じゃないところにポリシーを感じます(笑)。
Commented by ナンシー☆チロ at 2008-02-12 12:18 x
TBありがとうございます。
>前半が若干モタモタしていて
同感!
クリスティ作品(小説)なんて、とんとご無沙汰ですが、原作もこんなかんじだったでしょうかね。
そうにしても、
映像化した時はもう少し整理して、テンポよく見せて欲しいもんです。
それともこの監督はあの前半の脈絡のないシークエンスがツボなのかしら?
Commented by マダムよう at 2008-02-12 12:31 x
TBありがとうございました。

そうなんですよね、アガサ・クリスティーをフランスで映画化ーそれがなかなかいい成功しているんですよね。
おもしろい試みです。

このミステリー、原作は知らないけど、ムードがとても良かったです。
Commented by odin2099 at 2008-02-12 22:15
>ナンシー☆チロ様

いらっしゃいませ、有難うございます♪
『奥さまは名探偵』もあんまりテンポの良い作品だった記憶はないですねー。
監督の持ち味なのかも知れません(笑)。
原作は近々読みたいと思っているのですが、さてどうなっていることやら。
Commented by odin2099 at 2008-02-12 22:17
>マダムようさん

こちらこそTBとコメント、有難うございます♪
フランス映画ならでは、というのでしょうかね。
ムードは良くて気に入ってます。それに風景の美しさも。

もしかすると犯人は誰だろう?とか、トリックはどうなっているんだろう?などと思いながら観てはいけない作品なのかも知れませんね(苦笑)。
Commented by HIROMI at 2008-02-13 21:25 x
TBありがとうございました。
たくさんの話が並んではじめは分かりにくかったですが、自殺未遂の男のことや、偽りの盗難の自白をしてしまった娘の話が最後にきれいに結びついてスッキリしました。
「Le Grand abili」、日本公開されるといいですね。
Commented by odin2099 at 2008-02-13 22:50
>HIROMI様

コメントを寄せて頂き有難うございました。
個々に提示されたものが最後に収斂していくのは快感なのですが、もう少し手際良くまとめて欲しかったな、とは思いますね(苦笑)。
Commented by JoJo at 2010-06-13 13:03 x
エクスカリバーさ~ん、観ましたよ~!!なので、早速こちらにやってまいりました。おっしゃるように「前半ゆっくり、後半怒涛」で!でも、家でのんびり観賞だったのと、フランスの景色の美しさ・雰囲気もあって、前半も楽しめました。かえって、やけに急いだ後半が、やや描写において物足りなかったかも?

たしかに、警視の娘さんのエピソード、もう少しなんとか表現してほしかったですね~。でも総じて面白かった。移動音楽隊も印象的でした。「ホロー荘」も楽しみですね!!
Commented by odin2099 at 2010-06-13 17:09
>JoJoさん

お待ちしてました~。

この映画、もう少し上映時間が長くても良かったかも知れないですね。
あの風景が勿体ない気もするし。

で、この記事に書いた『Le Grand alibi』というのが、ようやく公開される『華麗なるアリバイ』のことなんですが、公開が楽しみです。

それでは旅行、気をつけて行ってらっしゃーい♪

by Excalibur
ブログトップ