【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『ウォーター・ホース』(2007)

e0033570_0232037.jpgディック・キング=スミスの『おふろのなかからモンスター』を映画化した作品で、製作は『ナルニア国物語』のヴォルデン・メディア、特殊効果は『ナルニア』の他に『ロード・オブ・ザ・リング』なども手掛けたWETA社である。

原作ではウォーター・ホース(水馬)のクルーソーが、実はネス湖のネッシーの正体だった!というのがオチになっているのだが、映画版では最初から「ネッシー秘話」的な宣伝をされ、本編でもわざわざ「真実のストーリー」だと但し書きが付いている。それに原作では、主人公は姉のカースティーの方なのだが、映画では弟のアンガスを中心に据え、「不思議な友達」との出会い、友情、別れを通じて少年が成長していく過程が描かれているのが特徴。平たく言えば『E.T.』のネッシー版である。
アイリッシュ・メロディーをふんだんに取り入れたジェームズ・ニュートン・ハワードの優しい音楽、そしてスコットランドの雄大な自然――実際には御馴染みニュージーランドでロケーションされたようだが――だけでも充分に楽しめるし、コミカルなシーンやハラハラドキドキの展開も飽きさせない。

ただ、『おふろのなかからモンスター』の感想に、自分はこんなことを書いている。
クルーソーの存在は勿論ナイショにしているのですが、その存在が周囲にバレそうになったり、その存在を悪用しようとする人が出たり、といったハラハラドキドキの要素とは殆ど無縁にお話は進んでいきます。クルーソーを描くというよりも、それを媒介にして家族の姿を描くことが作者の主目的だったのではないでしょうか。決してドラマティックな内容ではありませんが、じっくりと読ませる内容になっています。
ところが映画版では、この「ないからこそ気に入っている」要素が、これでもかと詰め込まれているのだ。無理解な大人たち、クルーソーを利用しようとしたり、捕まえたり殺したりしようとする悪人たちの魔手から、如何にアンガスとクルーソーが抜け出せるかが中盤以降の展開の主となる部分なのである。
もし原作を読まずにこの映画を観たならばかなり気に入ったと思うのだが、先に読んでしまった身としてはどうしても違和感が拭い去れずに終ってしまった。原作を気に入られている方ならば、この映画は観ない方が良いかも知れない。
[PR]
by odin2099 | 2008-02-23 00:26 |  映画感想<ア行> | Trackback(25) | Comments(6)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/7332150
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from CINECHANの映画感想 at 2008-02-23 10:23
タイトル : 流れ着いたクルーソー
34「ウォーター・ホース」(アメリカ)  第2次大戦中のスコットランド。少年アンガスは出征した父の帰りを待ちわび、孤独に過ごしていた。そんなある日、アンガスはネス湖で青く光る不思議な卵を見つける。家に持ち帰ると卵は孵化し、今まで見たこともない生き物が殻の中から出てくる。恐る恐る自分の手から餌をやり、傷の手当てをしてやるアンガス。するとその生き物はアンガスを親だと思い、なついてきた。  アンガスはその生き物にクルーソーと名付けて可愛がるが、その成長は早かった。屋敷に下働きに来たクリスはそ...... more
Tracked from Akira's VOICE at 2008-02-23 11:06
タイトル : ウォーター・ホース
映像が良かった! それだけ。 ... more
Tracked from カノンな日々 at 2008-02-23 11:08
タイトル : ウォーター・ホース/アレックス・エテル
私が子供の頃はスコットランドのネス湖にはネッシーという巨大生物が確かにいたんですよ、ホントにッ。大人になった今でも信じてたわけじゃないけど、せちがない世の中だけにそんな夢があってもいいんじゃないかなと思ってたから、あの有名な写真の真実が明らかになった時は....... more
Tracked from ひるめし。 at 2008-02-23 13:06
タイトル : ウォーター・ホース(映画館)
ネス湖に眠った、ひとりぼっちの二人の想い... more
Tracked from てんびんthe LIFE at 2008-02-24 00:01
タイトル : 「ウォーター・ホース」
「ウォーター・ホース」試写会 よみうりホールで鑑賞 ネス湖のネッシーがさきなのか、このウォーターホースの話がさきなのか知らないけど、妙にリアル感があるファンタジー。 どんな状況にあっても欧米の木々や森、そして空と水が美しいです。 時は戦争中、その状況も微妙なんですが、ネッシーと思わせるにはここまでしか昔に戻すことができなかったのかなあ。 はじめから、子役の男の子がいまいちかわいくないよな!と思っていましたが、だんだん話の中に入っていくとかわいく見えてくる、って不思議なことですね。 結構こ...... more
Tracked from ひらりん的映画ブログ at 2008-02-24 02:58
タイトル : ★「ウォーター・ホース」
今週の週末レイトショウ鑑賞は・・・ 「アメリカン・ギャングスター」も、「ラスト・コーション」もみたかったけど・・・ 2作とも長編で、深夜見るのはきついので、ファンタジー系の本作をっ。... more
Tracked from 茸茶の想い ∞ ~祇園精.. at 2008-02-24 18:05
タイトル : 映画「ウォーター・ホース」
原題:The Water Horse 「ミリオンズ」はちょっと現実には有り得ないような設定ながら、夢と人の優しさ暖かさに溢れた作品だった・・そしてこの映画、美しく孤独な魂の出会いと別れ・・ 大胆にも、これは真実の物語であると初めに断ってから始まる・・第二次世界大戦下のスコ... more
Tracked from パピ子と一緒にケ・セ・ラ.. at 2008-02-26 21:03
タイトル : ウォーター・ホース
僕は、たった一人の親友を守れるだろうか__。世界で最も有名な“一枚の写真”に隠された、哀しくも壮大な感動秘話! 遥か昔から、数々の伝説が息づく森と湖の国、スコットランド。第二次世界大戦のまっただ中、戦地に赴いたまま音信不通の父を待ちわびる孤独な少年アン...... more
Tracked from ダディャーナザン!ナズェ.. at 2008-02-27 21:22
タイトル : 【2008-30】ウォーター・ホース(THE WATER..
人気ブログランキングの順位は? ネス湖に眠った、ひとりぼっちの二人の想い “一枚の写真”に隠された、壮大な感動秘話 ... more
Tracked from よしなしごと at 2008-02-27 23:17
タイトル : ウォーター・ホース 観てきました。
 今回はウォーター・ホースを観てきました。... more
Tracked from KINTYRE窶儡DIARY at 2008-03-12 00:26
タイトル : 映画『ウォーター・ホース』を観て
14.ウォーター・ホース■原題:TheWaterHorse:LegendOfTheDeep■製作年・国:2007年、アメリカ■上映時間:112分■日本語字幕:戸田奈津子■鑑賞日:2月1日、新宿ミラノ2(歌舞伎町)■公式HP:ここをクリックしてください□監督:ジェイ・ラッセル□脚本:ロ...... more
Tracked from きららのきらきら生活 at 2008-03-13 23:51
タイトル : 映画 『ウォーター・ホース』
  ☆公式サイト☆スコットランドに伝わる伝説の海獣“ウォーター・ホース”と、少年の心温まる友情を描いたファンタジー大作。ネス湖の幻の生物ネッシーをとらえた写真にまつわる秘話を、『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズでアカデミー賞を受賞したスタッフが大胆な発想でよみがえらせた。父親を亡くした孤独な少年アンガス(アレックス・エテル)は、ネス湖のほとりで青く光る不思議な卵を見つける。家に持ち帰った卵から生まれたのは、スコットランドに伝わる伝説の海獣“ウォーター・ホース”だった。あっという間に成長したウォーター...... more
Tracked from らぶらぶシネマ at 2008-03-14 09:23
タイトル : 劇場 『ウォーター・ホース』
★★★ 製作年:2007 製作国:アメリカ 原題:THE WATER HORSE: LEGEND OF THE DEEP ジャンル:ファンタジー 監督 :ジェイ・ラッセル 出演者 :アレックス・エテル 、 エミリー・ワトソン 、 ベン・チャプリン 、 デイビット・モリッシー 、 ブライアン・コックス ストーリー :第二次大戦中のスコットランドの小さな村。少年アンガスは、母と姉の3人家族。戦地に行ったまま連絡が途絶えた父親のことがいつも頭から離れず、寂しい思いをしていた。ある日、ネス湖で青く...... more
Tracked from 銅版画制作の日々 at 2008-04-15 11:19
タイトル : ウォーター・ホース◎ケルト民族の伝説の生き物
 世界に一匹しか存在しない?本当なのか・・・・・。   2月5日、「ヒトラーの贋札」鑑賞後、東宝シネマズ二条にて、この映画を鑑賞した。この日は連続鑑賞だったことをうっかり忘れていた。   ネッシー、ネス湖の謎の生き物は世界的にも有名なお話だが。ネス湖(ロッホ・ネス)はイギリスのスコットランド北部、ハイランド地方にあるイギリス最大の淡水湖。長さ約35km、幅約2kmの細長い湖。水深は最大230mという。凄い深い湖なんですね実際に目撃情報もあり(以下の5つです) ?1951年...... more
Tracked from 映画鑑賞★日記・・・ at 2008-08-22 12:56
タイトル : ウォーター・ホース
【THE WATER HORSE: LEGEND OF THE DEEP】2008/02/01公開製作国:アメリカ監督:ジェイ・ラッセル出演:アレックス・エテル、エミリー・ワトソン、ベン・チャップリン、デヴィッド・モリッシー ネス湖に眠った、ひとりぼっちの二人の想い“一枚の写真”に隠された、壮大な...... more
Tracked from 象のロケット at 2008-08-29 23:16
タイトル : ウォーター・ホース
第二次世界大戦中のスコットランド。 父親がいないアンガス少年が、湖で不思議な卵を発見する。 中から生まれてきたのはスコットランドに古くから伝わる伝説の生き物「ウォーター・ホース」だった。 少年の心の穴を埋め、孤独なもの同士は絆を深めていくが、彼らの友情は大人に理解されなかった。 少年が親友を守るために起こした最後の行動は…。 ファンタジー。... more
Tracked from kuemama。の<ウェ.. at 2008-09-07 18:39
タイトル : 『ウォーター・ホース』(DVD)
【THE WATER HORSE: LEGEND OF THE DEEP】 2007年/SPE/112分/'08年8月6日DVDリリース 【オフィシャルサイト】 監督:ジェイ・ラッセル 出演:エミリー・ワトソン、ベン・チャップリン、ディヴィッド・モリッシー... more
Tracked from La.La.La at 2008-09-07 19:33
タイトル : 『ウォーター・ホース』
JUGEMテーマ:映画  制作年:2007年  制作国:アメリカ  上映メディア:劇場公開  上映時間:112分  原題:THE WATER HORSE  配給:ソニーピクチャーズ  監督:ジェイ・ラッセル  主演:エミリー・ワトソン       アレックス・エテル       ベン・チャップリン       ブライアン・コックス 第二次大戦下のスコットランド。少年アンガスはある日、ネス湖の畔で 青い光を放つ卵を発見する。やがて卵からは見たこともない不思議な生 物が生まれ…...... more
Tracked from 極私的映画論+α at 2008-09-07 20:36
タイトル : ウォーター・ホース (2007)  112分
原題はTHE WATER HORSE: LEGEND OF THE DEEP です。 「のび太の恐竜」と基本は同じかも(笑) ... more
Tracked from *モナミ* at 2008-10-31 09:19
タイトル : 『ウォーター・ホース』 The Water Horse:..
つい先日、ヒマラヤの雪男の足跡を発見したという記事を、 新聞で見たのだけれど。 これだけ人間がはびこっている地球上で、 未だに発見されていない生き物がいるのか?と思うけれども、 毎年何千種という動植物が新たに発見されてるのだから、 雪男やネッシーが発見されずにいるとしても、不思議はないかも。 もっとも彼らは体が大きいから、見つからないように生きていくのは、 昆虫なんかと違って難しいと... more
Tracked from 心の栄養♪映画と英語のジ.. at 2008-12-03 09:38
タイトル : 「ウォーター・ホース」
第二次大戦下のスコットランド。母(エミリー・ワトソン)と姉との3人で暮らしながら、戦地へ 赴いた父の帰りを待つ少年アンガス(アレックス・エテル)。ある日、住まいのそばにあるネス湖で 青く光る不思議な卵を発見、こっそり持ち帰るとやがて初めて目にする生き物が生まれるのだった。 その生き物に“クルーソー”と名付け、家族にも内緒で育て続ける。そしてある時、クルーソーは ケルト人に古く伝わる“ウォーター・ホース”で本来水の中で生きる生物だと知ったアンガスは、 クルーソーを仕方なくネス湖へ放すことに・・。 冒...... more
Tracked from ピロEK脱オタ宣言!…た.. at 2009-01-06 20:47
タイトル : 【映画】ウォーター・ホース…2008年度末鑑賞報告残り(2)
さて明日からは本格的にお仕事な私。 例年なら「あ〜休み終わった〜仕事したくない〜〜{/face_hekomu/}」 ってなテンションと戦っている最中{/face_ase2/}ですが… まぁ昨日ちょびっとお仕事したからねぇ… 現在そういうネガティブなテンションで無いのは幸い{/face_nika/} 今度のお正月は風邪もひかなかったし{/up/}、胃腸が不調になることも無く{/up/}…まぁ良い感じだったんじゃないですかねぇ{/face_warai/}…ただその分、正月気分は薄いですが{/face_a...... more
Tracked from おきらく楽天 映画生活 at 2009-05-31 21:03
タイトル : 『ウォーター・ホース』を観たぞ〜!
『ウォーター・ホース』を観ましたスコットランドに伝わる伝説の海獣“ウォーター・ホース”と、少年の心温まる友情を描いたファンタジーです>>『ウォーター・ホース』関連原題: THEWATERHORSE:LEGENDOFTHEDEEPジャンル: ファンタジー/アドベンチャー/ファミリー製...... more
Tracked from ★YUKAの気ままな有閑.. at 2009-06-04 21:35
タイトル : ウォーター・ホース
WOWOWで鑑賞―【story】父親を亡くした孤独な少年アンガス(アレックス・エテル)は、ネス湖のほとりで青く光る不思議な卵を見つける。家に持ち帰った卵から生まれたのは、スコットランドに伝わる伝説の海獣“ウォーター・ホース”だった。あっという間に成長したウォーター・ホースを湖に放し、アンガスは大人たちの目を盗んで会いに行くようになるが―     監督 : ジェイ・ラッセル 『炎のメモリアル』【comment】公開当時、どう〜〜〜しても主演の男の子が可愛く思えず(汗)観に行かなかった本作。WOWOWで放...... more
Tracked from Subterranean.. at 2011-07-21 11:59
タイトル : ウォーター・ホース (The Water Horse)
監督 ジェイ・ラッセル 主演 アレックス・エテル 2007年 アメリカ/イギリス/オーストラリア映画 112分 ファンタジー 採点★★ UFOも大好きですが、UMAも大好物な私。携帯のアドレスも、某有名UMAの名前をまんま使ってますし。最近は随分と新作が出て来…... more
Commented by HIEOMI at 2008-02-23 12:06 x
TBありがとうございます。原作では姉が主人公とは。大きく話がちがうんですね。でも映画自体は、アンガスとクルーソーの絆にほろりとさせられながらドキドキの展開を楽しめて、好きな作品です。
Commented by odin2099 at 2008-02-23 23:39
>HIEOMI様

コメント、有難うございました♪

原作はもっと長閑な雰囲気なんですよ。
主人公姉弟の両親は健在ですし、お祖父ちゃんもいます。みんな暖かい人たちばかりです。
映画版は何故か”戦争”を前面に押し出して殺伐とした雰囲気がありますよね。
そこまでアレンジするなら、原作付きの意味がないように思えて、それが残念でした。

もっともこういうお話も好きです。
『ハリーとヘンダスン一家』とか『REX/恐竜物語』とか『ドラえもん/のび太の恐竜』とか(笑)。
Commented by ゆかりん at 2008-08-25 12:39 x
こんにちは♪
livedoorへのTBが調子悪いそうですみません。ちゃんと届いてました。ありがとうございます。

そのまま原作通りに映像化してもらった方が楽しめたかもしれませんね。原作の意味がありませんね。
Commented by odin2099 at 2008-08-25 21:09
エキブロからlivedoorへTB送れないのは良くあることなんですが(苦笑)、それでもこの2~3日はムチャクチャでしたねー。
というか、今もなんですが(爆)。
端から相手にされない時もあれば、普通に送れていたのに急に駄目になったり。
それも数分から数時間で立ち直ることもあれば、1~2日全く歯が立たないことも。
なんか問題あるんでしょうかね?それとも自分だけ?

映画と原作どっちが好き?と聞かれたら、原作だと答えるでしょうね。
ただ原作通りだと映画にはなりにくいかなぁとも思いますけれど・・・。
Commented by 由香 at 2009-06-07 16:53 x
こんにちは~♪
エクスカリバーさんは原作の方がお好きなようですね~
原作はほのぼのとした雰囲気のようですが、映画は無理にドラマチックにしようとした感じでしょうか。
原作を知らなくても、戦争を背景とした登場人物たちは妙に違和感がある行動をしていたように思えました。
もう少しシンプルに少年とクルーソーに的を絞っても良かったかもですね。
Commented by odin2099 at 2009-06-07 22:46
>由香さん

原作では戦争なんか出てきませんし、普通の児童書という印象です。
なので全く別物。
『遠い海から来たクー』や『のび太の恐竜』などと違って、いわゆる”妨害”が殆どないのが気に入ってる点ですね(笑)。
それってこの手のお話では非常に珍しいんじゃないかと思います。

by Excalibur
ブログトップ