【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『ポルターガイスト』(1982)

アメリカ郊外の新興住宅地に暮す平凡な一家が恐怖の体験をするというホラー映画で、監督はトビー・フーパー、原作・脚本そして製作をスティーブン・スピルバーグが務めている。

e0033570_23134854.jpg「ポルターガイスト(騒霊)」という言葉はこの映画が来るまで聞いたこともなかったけれど、あちらではかなりポピュラーだそうだ。スピルバーグ自身も遭遇したことがあり、UFOよりも身近な存在だと当時コメントしている。日本でも幽霊や妖怪の類は古くから語られてきているが、それとはちょっと違うような・・・? 

作品中では「家にとり憑くのがポルターガイスト」で、「人にとり憑くのが幽霊」というような説明がなされていたけれども、映画の中でもあまり明確になっていなかったように思う。ちなみにスピルバーグはポルターガイストを、「この世に戻ってきた、或いは最初からこの世を去らなかった死者の霊」と捉えていたようだが、それって一般的な幽霊のイメージのような気がするのだが・・・。

怖いの苦手なくせに「スピルバーグ印」ということでノコノコと映画館へ出掛け、案の定怖い思いをしたのだけれども、その反面で充分に楽しんだのはやっぱり「スピルバーグ印」だったから、より具体的に言えば『未知との遭遇』と同じ匂いを感じたからだ。
実際この作品、『未知との遭遇』のリメイクと言ったら失礼だが、姉妹編と呼んでもいいくらい似ている。
『未知との遭遇』はクライマックスからラストにかけてで圧倒され、感動して観終わってしまうが、そこに至るまでは結構ホラー映画的というか、ショッカー描写が挟み込まれているので、両作品のポルターガイストと宇宙人を入れ替えても物語はきちんと成立するはずだ。今回観直してみて改めてそう感じた。

ということで盛んに「スピルバーグ」「スピルバーグ」と連呼してきたが、ファンの間で長年論議の的になっているのが、「果たしてこの作品の真の監督は一体誰なのか?」ということ。
スピルバーグが自分で監督せず、アイディアやストーリーだけ提供して他人に任せた作品は幾つかあるし、他人のアイディアをバックアップする形でプロデュースしている作品もかなりの数に上るが、ストーリーを提供するだけでなく脚本まで手掛けた作品は他にはないはず。しかも現場には常に顔を出していて、スタッフや出演者に指示を出していたとする証言もある。
またトビー・フーパーはこの当時、『悪魔の沼』や『ファンハウス 惨劇の館』で注目されていた監督だったが、それまでの作風とこの作品とは大きく異なっている点を指摘する映画ファンの声もあり、実はスピルバーグが監督してるんじゃないの?という声は未だに絶えない。

一応公式にはスピルバーグは否定するコメントを出しているが、フーパー、スピルバーグ共に結構不透明な発言をしていたりで、ファンの妄想は膨らむばかり。
同時期にスピルバーグは『E.T.』の監督をしているので、多忙のためにフーパーに任せたという説(フーパー監督説)と、複数作品を監督することは禁じられているためフーパーの名前を借りたのだ(スピルバーグ監督説)、というのが代表的なファンの見解だろうか。実際『ポルターガイスト』と『E.T.』は並行して同じロケ地で撮影されているようだが、いつの日か真相が明らかになる日が来るだろうか。
[PR]
by odin2099 | 2008-06-21 23:20 |  映画感想<ハ行> | Trackback(5) | Comments(0)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/8171479
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 極私的映画論+α at 2008-06-22 18:28
タイトル : ポルターガイスト(1982)  POLTERGEIST ..
ピエロ・・・怖いです(笑)... more
Tracked from mama at 2009-02-25 02:57
タイトル : ポルターガイスト
POLTERGEIST 1982年:アメリカ 監督:トビー・フーパー 製作:フランク・マーシャル、スティーヴン・スピルバーグ 音楽:ジェリー・ゴールドスミス 出演:クレイグ・T・ネルソン、ジョベス・ウィリアムズ、ビアトリス・ストレイト、ドミニク・ダン、ヘザー・オルーク....... more
Tracked from オン・ザ・ブリッジ at 2009-06-12 22:19
タイトル : 『ポルターガイスト』この映画を見て!
第257回『ポルターガイスト』  今回紹介する作品はスティーヴン・スピルバーグが製作と脚本を担当した陽性ホラー映画『ポルターガイスト』です。監督は『悪魔のいけにえ』で一躍有名になったトビー・フーパーが抜擢。スタッフも大変豪華で、特撮に『スターウォーズ』のリチャード・エドランド、音楽に『オーメン』のジェリー・ゴールドスミ... more
Tracked from 映画批評ってどんなモンダイ! at 2010-09-13 11:29
タイトル : 『ポルターガイスト』
ポルターガイスト 特別版 [DVD]ワーナー・ホーム・ビデオこのアイテムの詳細を見る  『ポルターガイスト』 1982年(米)監督トビー・フーパー  血しぶきや殺戮シーンが一切皆無なのにも関わらず、誰一人として死なないにも関わらず、こんなにも不気味な緊張感を体感させられるのは脚本とキャスティングの妙であろう。  本作は一歩間違えれば、低俗なホラー映画になっていたはずだ。泣き叫ぶ子供の姿はもとより、「はい、そこで立ち止まって、ビックリして、そのまま階段を駆け上る」という指示をそのまま実行しているか...... more
Tracked from いやいやえん at 2011-11-04 09:02
タイトル : ポルターガイスト
これも懐かしいですね、子供の頃に見たっきり。かなり怖かった覚えがあるのですが、今見ると全然そうでもなかった(一部グロシーンがありますが)。出演者が次々に亡くなったというのも話題になりましたね。 最初はポルターガイスト現象を薄気味悪く思いつつも楽しんでいる家族たちだけど、キャロル・アンがTVの中に閉じ込められてからが急展開。 昔はTVの砂嵐が薄気味悪く思えましたが、そういえば最近は見ていないな。地デジ化したらどうなるんだろう? 「別に害があるわけじゃないし〜」なんて軽く考えていた一家は、樹木が...... more

by Excalibur
ブログトップ