【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『電撃戦隊チェンジマン2』(1985)

e0033570_2353394.jpgフィルムには「シャトルベース!危機一髪!」とサブタイトルが付く、『電撃戦隊チェンジマン』劇場版第2作。ただフィルムには「2」の文字はない。

チェンジマンの母艦シャトルベースが、大星団ゴズマの宇宙獣士に乗っ取られてしまう。ただ一人残ったチェンジマーメイド・渚さやかが、シャトルベースを取り返すべく奮闘するという内容。
TVシリーズではあまり描かれないシャトルベースの内部や、他の乗組員を登場させる工夫は面白いのだが、アマチュア無線を趣味とする少年が作った不完全な装置が偶然出した電波が宇宙獣士の弱点だった、という辺りが<戦隊モノ>の限界か。
もうちょっとハードにも作れたかと思うが、それでは現役視聴者たる子供たちには付いてこられないだろうか?

e0033570_22562751.jpg脚本・曽田博久、監督・堀長文はシリーズのメイン・コンビ。
『チェンジマン』は主役5人のコンビネーション、キャラクター分けも上手くいってるが、悪役も山本昌平に加え、途中参加の黒田福美がまた魅力的。この作品でもチラっと顔を見せるだけだが、場を浚っている。
[PR]
by odin2099 | 2008-07-04 23:54 |  映画感想<タ行> | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/8247333
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by はぎお at 2008-07-05 19:40 x
こんにちは。
お~チェンジマン、ありましたね。今でこそ「ヒーロー戦隊ブーム」ですが、私にとっては「ライブマン」「マスクマン」そして「チェンジマン」・・・この時代が一番見てたかも(笑)もうあまり内容は覚えてないですが・・・
結構敵キャラが魅力的だったりしますよね。黒田さんもそうでした。個人的には「仮面ライダーブラック」に出演されてた高畑淳子さんがとても印象的です。
Commented by odin2099 at 2008-07-06 00:30
>はぎおさん

お、「チェンジマン」にコメントが・・・!

この作品が放送されてた頃は、とっくに”卒業”してる年齢だったのですが(苦笑)、この前年の『バイオマン』や、その前の『ダイナマン』がマニア層に注目されるようになっていたので、この作品は気にして観てました。
次の『フラッシュマン』は個人的にはイマイチだったのですが、その次の『マスクマン』は好きでしたねー。
でも、その後の『ターボレンジャー』から再び戦線離脱、今日に至っております(笑)。

高畑さんは、『BLACK RX』の方ですね。
その前に『巨獣特捜ジャスピオン』に出ていて、ああ、こういう女優さんがいるんだ、と思ってましたっけ。

by Excalibur
ブログトップ