【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『終りなき夏』(1964)

e0033570_9434628.jpgサーファーの究極の夢とは、「エンドレス・サマー(終りなき夏)」。二人の若いサーファーが、カリフォルニアからアフリカ、オーストラリア、ニュージーランド、そしてタヒチへと夏を追いかけて行くというロードムービー。監督のブルース・ブラウン自身が全編のナレーション、というよりもあたかもラジオのパーソナリティのような語りで進行させて行く。

サーフィンに全く興味がなかったり、海が嫌いだという人には向かないけれども、そうでなければただボーっと眺めているだけでも引き込まれていく”伝説的な”作品。ビデオやDVDでは『エンドレス・サマー』のタイトルで(一時は『ザ・エンドレス・サマー』のタイトルでも)リリースされている。

以前観た時は単純にサーフィンを題材にした映画だなぁ、くらいにしか思わなかったのだけれども、久々に観直してみると、これは人と人との出会いを描いた映画になっているのだな、と改めて感じた。
行く先々で彼らは地元のサーファーたちと出会い、たちまち意気投合して楽しむ様が描かれているが、中にはサーフィンなんて見たことも聞いたこともない人々との「異文化交流」もある。言葉も通じず、共通のバックボーンがないにも関わらず、彼らはやがて打ち解け、サーフィンの魅力を理解させるまでに至ってしまう。その彼らのバイタリティ、パーソナリティは実に羨ましい。
[PR]
by odin2099 | 2008-07-21 09:44 |  映画感想<ア行> | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/8339072
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

by Excalibur
ブログトップ