【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『インクレディブル・ハルク』(2008)

日本ではアメコミのヒーローというより、TVドラマのヒーローという印象が強いんじゃないかと思われる、マーベル・コミックを代表するスター「ハルク」、2度目の映画化作品。なんせコミックの方は殆ど紹介されていないのに、TVシリーズは『超人ハルク』のタイトルでしっかり放送されていたのだから。
また今回の映画化は2度目だけれど、前回は5年前。
普通に考えれば続編であってもおかしくないのだけれど、あんまり評判が宜しくなかったとかで、今回はスタッフ・キャストを全面刷新、前作はなかったことにされちゃったみたいです。

タイトルバックで、ブルース・バナーがなんで緑色の怪物に変貌しちゃったのかをサラッと紹介し、後はブルースの逃亡、執拗にブルースを追う軍、かつての恋人ベティとの再会、第二の怪物の誕生、と畳み掛ける展開のこの映画、ブルースの苦悩と葛藤、ベティの愛、軍の陰謀などなどをバランス良く描いた快作で、エドワート・ノートン、ティム・ロス、ウィリアム・ハートらの出演陣も適材適所という感じ。
唯一難があるのはリヴ・タイラーかなぁ。元々好きな女優さんではないということもあるけれど、他に誰かいなかったのかなぁ・・・。

e0033570_2343322.jpg最後には正義のため、というよりも恋人を守りたいが故に、自分の意思で忌み嫌っていたハルクへの変身を選択するブルース。
まだまだハルクの力をコントロールするには至っていないが、成長の後も窺えて一歩前進というところ。軍とも和解とはいかないまでも、多少なりとも歩み寄る姿勢も見え隠れで、今後の展開に充分な含みを持たせてるし、一方で新たな怪人誕生への伏線を張ったりで次回作への興味を繋いでますが、今回のスタッフ、キャストを維持したまま、パート2は実現しますかどうか。

伏線と言えば、冒頭にスターク社製の武器が出てきたのに続いて、ラストでは『アイアンマン』ことトニー・スターク社長ご本人が登場(日本では映画の公開順が逆になっちゃったので、この人ダレ?状態だ)。演じているのは映画版同様ロバート・ダウニーJr.で、これで二つの映画の作品世界がドッキング。
「我々はあるチームを作ってます」なんて思わせぶりな発言してますが、このチームのメンバーにハルクをスカウトするんでしょうか。
またハルク誕生の原因となった実験は、第二次大戦中に行われていた<スーパー・ソルジャー計画>を再開したものだ、との説明があるけれど、この計画で生み出されたのがキャプテン・アメリカなんですな。
更に、ラストシーンでブルースが潜伏している場所は、『X-MEN』のウルヴァリン縁の土地だそうで、これからキャプテンの映画も、ウルヴァリン単独主演の映画も予定されているだけに、全部がリンクするのかも知れない。
エドワード・ノートンにロバート・ダウニーJr.にヒュー・ジャックマン、それにトビー・マクガイアやヨアン・グリフィス、ジェシカ・アルバらが一堂に会する映画が作られたとしたら・・・? ワクワクしますね!

ところで今回、近所の映画館では吹替版しかやってなかったのでそれを観たのだけれども、仮面ライダーカブトこと水嶋ヒロの吹き替えは思っていた以上に下手だ。これじゃあせっかくのエドワード・ノートンの熱演が台無し!
他のキャストは総じて好演してるだけに、一人でレベルを一気にダウンさせてしまってるので、DVDリリースの暁には、本職の方で是非とも再録音をお願いしたい。
[PR]
by odin2099 | 2008-08-22 23:41 |  映画感想<ア行> | Trackback(24) | Comments(4)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/8504915
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ミチの雑記帳 at 2008-08-23 00:07
タイトル : 映画 【インクレディブル・ハルク】
映画館にて「インクレディブル・ハルク」 2003年に同名アメコミを映画化した『ハルク』のリニューアル版。 おはなし: 科学者のブルース・バナー(エドワード・ノートン)は、実験中に大量のガンマ線を浴びて体質が変化。心拍数が200を超えると、緑の巨人ハルクに変身してしまう。彼を利用しようとたくらむ軍から逃げながら、必死に特異体質の治療法を探っていた。 2003年版は未見です。 導入部分の5分間の断片的な見せ方に始まって、前半30分間はとてもテンポ良く話が進みあっという間に物語に引き込まれてしまい...... more
Tracked from ダイターンクラッシュ!! at 2008-08-23 01:57
タイトル : インクレディブル・ハルク
8月15日(金) 21:15~ チネ10 料金:1200円(レイトショー料金) パンフレット:600円 『インクレディブル・ハルク』公式サイト アン・リーの超駄作「ハルク」が公開されてそんなに経っていないのに、早くも作り直し。(当初は、続編としての企画だったようだが、無かったことにされているようだ。) アン・リー版「ハルク」のゴム人形のような重量感の無い、なんかブヨブヨしたCGは、少しばかり重さが感じられるように進化した。まあ、CGバリバリのアクション映画というわけだ。かなり派手。 CGなんかよ...... more
Tracked from ★☆ひらりん的映画ブログ☆★ at 2008-08-23 02:20
タイトル : ★「インクレディブル・ハルク」
今週の平日休みは、ポイントサービスはサービス低下しちゃったけど、 駐車場サービスが一本見ると3時間無料券にサービス向上した「川崎チネチッタ」で3本。 あーー疲れた・・けど、3x3時間=9時間駐車場無料は、ひらりん助かるっ。 ... more
Tracked from はらやんの映画徒然草 at 2008-08-23 08:39
タイトル : 「インクレディブル・ハルク」 哀しみを背負うヒーロー
マーベル・コミックスの中でも特に有名なキャラクター、ハルク。 アン・リー監督で一... more
Tracked from Sweet*Days** at 2008-08-23 09:15
タイトル : 『インクレディブル・ハルク』
監督:ルイ・レテリエ  CAST:エドワード・ノートン、リブ・タイラー、ウィリアム・ハート 他 研究実験の事故で心拍数が上がると緑色のモンスター“ハルク”に変身してしまう科学者のブルースは、彼ぎ..... more
Tracked from ★YUKAの気ままな有閑.. at 2008-08-23 09:35
タイトル : インクレディブル・ハルク
エリック・バナ主演の『ハルク』を面白いとは思えなかったし、ハルクのお話にあまり魅力を感じないので、別にリニューアル版を観る必要も無かったんだけど、エドワード・ノートンの隠れファンなので観に行ってしまいました〜【story】ブルース・バナー博士(エドワード・ノートン)は、緑色の巨人ハルクに変身する能力を隠して日々を送っていたが、ハルクの変身の秘密を知った軍人ボルンスキー(ティム・ロス)が怪人アボミネーションと化し、ニューヨークの街を襲う。恋人ベティ(リヴ・タイラー)と街を守るため、ブルースはハルクに変身...... more
Tracked from ひるめし。 at 2008-08-23 09:44
タイトル : インクレディブル・ハルク(映画館)
その「力」、ためらうな。... more
Tracked from ☆彡映画鑑賞日記☆彡 at 2008-08-23 09:47
タイトル : インクレディブル・ハルク
 『その「力」、ためらうな。』  コチラの「インクレディブル・ハルク」は、2003年にも「ハルク」として映画化されたMARVELの「超人ハルク」をエドワード・ノートン主演でより娯楽性を高く実写再映画化した8/1公開のアメコミ映画です。  公開初日は映画の日!もちろん...... more
Tracked from kaoritalyたる所以 at 2008-08-23 10:50
タイトル : インクレディブル・ハルク★★★+劇場58本目:娯楽作とし..
今日で上映終了のハルクを観てきました。1ヶ月も上映しないのは寂しいですけど、今の映画上映はどんどん新作が出てくるので、動員が少ない作品はあっさり、終わっちゃいますよねぇ〜。。。主演俳優2人はどっちも好きです。特にリヴ・タイラーは相変わらずエルフのように...... more
Tracked from 小部屋日記 at 2008-08-23 11:55
タイトル : インクレディブル・ハルク
The Incredible Hulk(2008/アメリカ)【劇場公開】 監督:ルイ・レテリエ 出演:エドワード・ノートン/リヴ・タイラー/ティム・ロス/ウィリアム・ハート その「力」、ためらうな。 2003年に同名アメコミを映画化した『ハルク』のリニューアル版。 怒りや恐怖の感情が高まると、緑色の巨人“ハルク”に変身するヒーローアクション大作。 時間の都合で、日本語吹き替え版で観ました。 story ブルース・バナー博士(エドワード・ノートン)は緑色の巨人ハルクに変身する能力を隠して生活する...... more
Tracked from to Heart at 2008-08-23 15:25
タイトル : インクレディブル・ハルク
その「力」、ためらうな。 原題 THE INCREDIBLE HULK 製作年度 2008年 製作国・地域 アメリカ 上映時間 112分 原作 ジャック・カービー/スタン・リー 脚本 ザック・ペン 監督 ルイ・レテリエ 出演 エドワード・ノートン/リヴ・タイラー/ティム・ロス/ティム・ブレイク・ネルソン/ウィリアム・ハート 2003年に同名アメコミを映画化した『ハルク』のリニューアル版。 {/book_mov/}科学者のブルース・バナーは、恋人ベティの父、ロス将軍の命令を受けて人体への...... more
Tracked from 映画鑑賞★日記・・・ at 2008-08-23 17:50
タイトル : インクレディブル・ハルク
【THE INCREDIBLE HULK】2008/08/01公開(08/01鑑賞)製作国:アメリカ監督:ルイ・レテリエ出演:エドワード・ノートン、リヴ・タイラー、ティム・ロス、ティム・ブレイク・ネルソン、タイ・バーレル、ウィリアム・ハート その「力」、ためらうな。... more
Tracked from kuemama。の<ウェ.. at 2008-08-23 19:46
タイトル : 『インクレディブル・ハルク』
【THE INCREDIBLE HULK】 2008年/ソニー・ピクチャーズ/112分 【オフィシャルサイト】 監督:ルイ・レテリエ 出演:エドワード・ノートン、リヴ・タイラー、ウィリアム・ハート、ティム・ロス... more
Tracked from ルナのシネマ缶 at 2008-08-24 01:37
タイトル : インクレディブル・ハルク
アン・リー監督で ちょっとこけた前作から、 キャストを一新して ルイ・レテリエ監督がメガホンを 撮った新作ハルクです。 全てCGのハルクの顔って かなりマンガチックです・・(笑) 科学者のブルース・バナー博士(エドワード・ノートン)は、 研究実験の事故で心拍数が上がると 緑色のモンスター・ハルクに変身してしまう。 彼はその体質の軍事利用を狙う ロス将軍(ウィリアム・ハート)から逃れ、 メキシコで逃亡生活をおくりながら、 ミスター・ブルーという謎の科学者と連絡を取り、 元...... more
Tracked from 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 at 2008-08-24 10:34
タイトル : [映画『インクレディブル・ハルク』を観た]
☆最近、公開日が金曜の作品がちょくちょくありますね。 てな訳で、『インクレディブル・ハルク』を観に行った。 なかなか面白かったのだが、「これは!^^v」と言うパンチさに欠ける作品だった。    ◇   ◇ いや、ハルク自体は、力任せの、「殴る」と言うよりも「無制限ブン回し」の姿が非常に良かった^^ 私は、前作の『ハルク』は未見なので、ハルクの「肉弾強力(ごうりき)」の様はとても新鮮だった。 クライマックスに現われるハルクの敵役なんて、ドシドシとパワーを漲らせて走るのはハルクと同じなんだけど...... more
Tracked from ダディャーナザン!ナズェ.. at 2008-08-30 02:21
タイトル : 【2008-186】インクレディブル・ハルク
人気ブログランキングの順位は? その「力」、ためらうな。 ... more
Tracked from デコ親父はいつも減量中 at 2008-09-07 21:17
タイトル : インクレディブル・ハルク−(映画:2008年49本目)−
監督:ルイ・レテリエ 出演:エドワード・ノートン、リヴ・タイラー、ティム・ロス、ティム・ブレイク・ネルソン、タイ・バーレル、ウィリアム・ハート 評価:81点 公式サイト この前に見た「ハンコック」も、この「ハルク」も、人間ではない何かが暴れまくる....... more
Tracked from 銅版画制作の日々 at 2008-09-15 21:45
タイトル : インクレディブル ハルク☆★
 エドワード・ノートンがアメコミヒーローに・・・・・。   8月4日、東宝シネマズ二条にて鑑賞。夏休みに入ったので、いつものような静かなシアターではありません。人・人・人!人だらけ・・・・・・。賑わっています。   マーベルコミックの人気ヒーロー「インクレディブル・ハルク」の映画化、そのハルクを演技派であるエドワード・ノートンが挑んだ。えぇ〜〜驚きですよね。ノートンのイメージから信じられないけど・・・・・。最初は少し抵抗もあったらしいです。でも違うことをやってみたいという時...... more
Tracked from アロハ坊主の日がな一日 at 2008-09-19 08:24
タイトル : 映画[ インクレディブル・ハルク ]これは、自然による復讐劇
映画[ インクレディブル・ハルク ]を新宿ジョイシネマで鑑賞。 一時期の人気は、どこへいったのか。人々の記憶に残る演技で、彼をスクリーンで観ない時がなかったのに。名優エドワード・ノートン。[ ファイト・クラブ ]や[ アメリカン・ヒストリーX ]もよかったが、やはりオイラは[ 真実の行方 ]のラストの演技がしびれた。今年は[ 幻影師アイゼンハイム ]に続き、本作と・・主演が続き復活の予感・・・。そしてまた、本作では最近まったくお目にかかっていなかったティム・ロスも悪役で出演。 ... more
Tracked from 描きたいアレコレ・やや甘口 at 2008-09-29 10:28
タイトル : インクレディブル・ハルク
緑の瞳は、恋してる。   ↑エドワード・ノートンの怒った顔って描きにくい...優しい顔だし、眼だって垂れてるし...。 ええっ!エドワード・ノートンが『ハルク』を?!と誰もが驚いたと思うんですが、窺..... more
Tracked from 心の栄養♪映画と英語のジ.. at 2009-03-07 13:13
タイトル : 「インクレディブル・ハルク」
思ってたよりもずっと楽しめました^^... more
Tracked from ピロEK脱オタ宣言!…た.. at 2009-04-09 05:15
タイトル : 【映画】インクレディブル・ハルク…この緑色も割と燃える↑
夜勤週のピロEKです。 今日{/kaeru_fine/}は天気が宜しいですなぁ{/kaeru_fine/}…仕事行きたくないなぁ{/face_hekomu/} この4月からはアニメがなにやら豊作みたいですね。 先日の日曜日から始まった「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」{/hakushu/}{/up/}とか、こちらも満を持して始まった「グイン・サーガ」{/eto_tora/}{/up/}とか… そんな中、気になる作品がもう1コあったのでチェックしてみました。 それは「ドラゴンボ...... more
Tracked from Addict allci.. at 2009-06-08 16:08
タイトル : インクレディブル・ハルク
その「力」、ためらうな。 ... more
Tracked from Subterranean.. at 2010-10-09 14:52
タイトル : インクレディブル・ハルク (The Incredible..
監督 ルイ・レテリエ 主演 エドワード・ノートン 2008年 アメリカ映画 112分 アクション 採点★★★ リスクも少なく簡単に稼げるリメイクや続編ばかり作られているのは今に始まったことじゃないですが、最近では大々的に宣伝して作ってみたものの、イマイチ評判の…... more
Commented by cinema-can at 2008-09-16 01:26
アイアンマンとX-MENとのトリプルコラボとかに
なちゃったら、いったい誰が主役になるんでしょうね〜(笑)
考えたらちょっと楽しいですよねー。
まあ、ありえないとは思いますが・・・・(笑)
Commented by odin2099 at 2008-09-17 22:55
単純な作品同士のコラボではなく、企画されているのは『アベンジャーズ』という集団ヒーロー物です。
中心になっているのがキャプテンアメリカとソー、それにアイアンマンで、前二者は単独で映画化企画が進行中です。
そしてハルクもメンバーになっていますので、この4大ヒーロー単独主演作で伏線を張っておいて、『アベンジャーズ』でケリをつける、という戦略なのではないか、と言われています。
勿論原作コミックではスパイダーマンやX-MENとのコラボもありますので、映画でもそこまでやってくれたら楽しいですよね。
でも誰だかわからない役者が急にスパイダーマンだ、ウルヴァリンだ、と言われても困りますので(苦笑)、カメオでもいいからキャストは揃えて欲しいもんです。
無理かなぁ・・・?
Commented by たお at 2010-10-09 14:51 x
TBありがとうございます!
突っ込み待ちのサービス精神旺盛な作品でしたねぇ。
マーベル次回作のアベンジャーズに勢揃いするかと思いきや、エドワード・ノートンは出ないんですねぇ。。。
Commented by odin2099 at 2010-10-09 20:30
エドワード・ノートン降板に関しては、本人側とマーベル側の主張が食い違ってるのが残念です。
せっかく選んだんだから出して欲しかったし、『ハルク2』も観たかった。
いきなり『アヴェンジャーズ』にマーク・ラファエロ出てきても「誰それ?」だし。なんとかなんなかったのかなあ。

ま、とりあえず次は『ソー』に期待ですかね。

by Excalibur
ブログトップ