【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『バットマン/マスク・オブ・ファンタズム』(1993)

ティム・バートン監督作『バットマン』が大ヒットしたことから、ワーナー・ブラザーズはTVアニメ・シリーズもスタートさせたところこちらも好評。ならば、ということで作られた劇場用オリジナル作品がこちら。
日本では劇場公開はナシで、ビデオとDVDのみでリリース。
ビデオ発売の時は、字幕スーパー版はこのタイトルだったけれど、日本語吹替版は『バットマン/マスクの怪人』というタイトルだった。

e0033570_23401665.jpgゴッサム・シティのギャングが次々と謎の殺し屋に襲われた。マスクとマントに身を包んだ姿から、人々はバットマンの仕業だと噂していた。
そんな時、ブルース・ウェインの前に、かつての恋人アンドレアが姿を見せていた。
悪と戦う使命に燃えていた若き日のブルースは、アンドレアとの出会いによって、自分の幸せを追い求めることは果たして罪なのかと悩む。しかし遂にはアンドレアとの結婚を決意、彼女もそれを承諾するのだが、何故かその晩、彼女は突如としてブルースに別れを告げ、姿を消してしまっていた。
ブルースは失意の中、コウモリを意匠にしたコスチュームを身に纏い、悪と戦う決意をしたのである。
それから10年、再びブルースの心は揺れるが、謎の殺し屋のターゲットがアンドレアの父親と繋がりがあることが分かり・・・。

アメリカのアニメなんて子ども向けばっかりだと思っていたが、意外や意外、かなりアダルトなストーリーになっていてビックリ。
バットマン誕生秘話ではあるのだけれど、中心に据えられているのはブルースとアンドレアのラブ・ストーリーだし、復讐は何をもたらすのかという重いテーマも盛り込んでいる。これは劇場版ならではなのかなぁ。
ノーテンキなその昔のTV版『バットマン』はイヤだけれども、ティム・バートン監督版ほどクレイジーなのもゴメンだし、『バットマン・ビギンズ』ほど重いのもなぁ。とはいえジョエル・シューマッカー監督版は軽すぎる、なんて人にはオススメの一本。アニメだからってバカにしたものじゃない。今回観るのは三度目かな、やっぱり面白い作品だ。

声の出演はブルースにケビン・コンロイ(このシリーズ以降、最新作までバットマンの声はずっとこの人らしい)、アンドレアにダナ・デラニー、そしてジョーカーはルーク・スカイウォーカーことマーク・ハミル。
吹き替え版だと順に、玄田哲章、佐々木優子、そして青野武という配役。
主題歌を歌っているのは、何故か女優のティア・カレル。結構好きな女優さんでした。
[PR]
by odin2099 | 2008-08-26 23:48 |  映画感想<ハ行> | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/8524367
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

by Excalibur
ブログトップ