【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『デアデビル』(2003)

e0033570_21322586.jpg幼い頃に事故によって視力を失ったマット・マードックは、代わりに残る四感が研ぎ澄まされ、超感覚を身に着ける。
長じてマットは昼は弱者のために尽くす弁護士、夜は法で裁けぬ悪を葬る処刑人”デアデビル”となるのだった。

これまたマーベル・コミック産のヒーローで、何といっても盲目の戦士というのが目新しいところだろう。
ただ常人とは異なる能力を持ちながらも、悲しいかな、ハンディを背負っている彼はやはりスーパーヒーローにはなりえず、コスチュームも地味、演じてるベン・アフレックも地味で、作品そのものも地味な仕上がりになってしまった。
なんせオープニングのタイトルバック明け、デアデビルは瀕死の重傷を負ってぶっ倒れているのだ!

流石にそれだけじゃマズいと思ったのか、マットと惹かれあうエレクトラという謎めいた美女も登場させ、クライマックスでは復讐に燃える女戦士に変貌させて華を添えようとしたのだろうが、演じたジェニファー・ガーナーの頑張りにも拘らず、肝心のアクション・シーンが短い上に、あっけなく退場してしまうのが実に勿体無い。
元々エレクトラが単独主役のコミックがあることもあり、後になって彼女主演のスピンオフ映画が作られはしたものの、この作品の中で二人が共闘するシーン、もっと見たかった・・・!

悪役も地味。
e0033570_21324685.jpgマイケル・クラーク・ダンカン演じるキングピンは、犯罪界の帝王ではあっても、所詮はただの人。
そして殺し屋ブルズアイも、ダーツやら手裏剣(?)やらを投げて百発百中というサイコ野郎。コリン・ファレルもアレキサンダー大王なんかの時よりよっぽど生き生きと演じてるけれど、これまた”超人”とかいうレベルじゃあない。
同じマーベル・ヒーローでもファンタスティック・フォーやXメンのようなスケール感はないし、ハルクやスパイダーマンだってもっと大きな敵と戦っている(・・・んだけれど、実はキングピンもブルズアイも原作コミックではスパイダーマンと戦っている)。

ただ、作りようによってはまだまだ面白くなるだろうし、昨今のマーベル映画化計画を考えると、再びデアデビルがスクリーンに戻ってくる可能性もありそう。
流石にベン・アフレックの再登板はないかも知れないし(もっとも本人は原作ファンらしく、最初はブルズアイ役でオファーされたのに、デアデビル役に名乗り出たのだとか。となると、最初のデアデビル候補は誰だったんでしょ?)、単独主演作は無理かも知れないけれど、他のヒーローとの共演は是非観たいものだ。
[PR]
by odin2099 | 2008-09-02 21:35 |  映画感想<タ行> | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/8557080
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 茸茶の想い ∞ ~祇園精.. at 2008-09-03 00:12
タイトル : 映画『デアデビル』
原題:Daredevil  -"ブルズアイ(大当たり)"- アメリカンコミックの映画化でスパイダーマンに似たところもあるが、ただのヒーロー物ではない。盲目だが"レーダーセンス"で弾丸の動きさえキャッチする能力を持つ、夜は正義の復讐者デアデビル(マッ... more

by Excalibur
ブログトップ