【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『12人の優しい日本人』(1991)

e0033570_22584557.jpgこの作品は確か、評判になってロングラン興行になってからか、或いはアンコール上映された際に観に行っています。
当時は三谷幸喜も東京サンシャインボーイズの名前も知らず、出演者にも馴染みのない人ばかりだったのですが、なかなか先の読めない展開で「日本映画も捨てたもんじゃないなぁ」と思ったものです。
何となく懐かしくなってDVDを買ったものの、そのまま放ったらかしだったのですが、これまた何となく手にとって再生ボタンを押してしまいました。

この作品でブレイクしたのが豊川悦司ですが、この時の役柄のイメージが未だに残っているせいか、その後”カッコいい男の代名詞”のように扱われる度に違和感が付いて回ります。自分にとってトヨエツは、あくまでも”個性的な曲者役者”というスタンスなんですがねぇ。

物語は、題名通り『十二人の怒れる男』のパロディです。舞台劇から映画化という流れも原典と同じ。
『~怒れる男』では11人が有罪を主張する中で、ただ一人だけが無罪を唱え、やがては全員が無罪を認めるというお話ですが、この作品では始まって早々に全員一致で無罪評決が出、これで一件落着かと思われたところ、その中の一人が突如として有罪に転じ、議論が繰り広げられていくという流れです。

『~怒れる男』では一人、また一人と有罪から無罪へと転じていく人が出て行くというある意味でわかりやすさがありますが、こちらの『~優しい日本人』では無罪から有罪へ、そしてまた無罪へとコロッコロっと主張が変わる人が出てきたりで、そのスリリングさが厭きさせません。また原典の『~怒れる男』を知っている人ほど、ミスリードの罠に誘われるのではないかと思います。

自分の主張を曲げない人、議論や考えることは苦手だという人、感情で物事を判断する人、周囲に流される人、無関心な人・・・と陪審員も様々なのは原典も同じ。最後の方では全員がエゴ剥き出しの大激論へと発展しますが、ただその中に一人だけ冷静な奴がいて、実はその男は・・・という、”ジョーカー”を忍ばせたのは独自のアイディアですね。前半と中盤、そして後半のクライマックスで場を支配する人が入れ替るのも面白さを増しています。

ところでこの作品が作られたときには、「もし日本に陪審員制度があったら」という、架空の物語として構成されていました。
しかし来年には裁判員制度がいよいよ実施されていまいます。
もしかすると実際に自分も、このような役割を担うことになるかも知れないなんて、この頃は想像だに出来なかったなぁ・・・。
[PR]
by odin2099 | 2008-10-08 23:00 |  映画感想<サ行> | Trackback(11) | Comments(2)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/8729867
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from Yuhiの読書日記+α at 2008-10-08 23:24
タイトル : 12人の優しい日本人
日本に陪審員制度があったらという架空の設定を基に、12人の陪審員がある殺人容疑者の判決をめぐって議論を繰り広げるコメディ。 三谷幸喜脚本による、演劇集団東京サンシャイン・ボーイズの同名舞台を映画化。塩見三省、豊川悦司ほか出演。 元が舞台劇だからなんでしょうけど、舞台の大半が会議室と廊下で、場面転換が少ないので、「映画」としては、少々面白味に欠ける気がしました。舞台では、こういう密室的な方が生きるんでしょうけど、映画だと、もう少し画面上に変化があった方が盛り上がると思います。 ただ、作品としては...... more
Tracked from ミチの雑記帳 at 2008-10-08 23:26
タイトル : DVD「12人の優しい日本人」
DVDにて「12人の優しい日本人」★★★★ 日本に陪審員制度があったらという架空の設定を基に、12人の陪審員がある殺人容疑者の判決をめぐって議論を繰り広げるコメディ。脚本は三谷幸喜。監督は『櫻の園』の中原俊。 三谷幸喜のコメディが好き。 彼の作品は何人登場人物が出ていようとも、一人一人のキャラクターが立っていて、それらが無駄なく配置されているのと、伏線がいっぱい張られていて、必ずその伏線は回収されるから。 この作品はアメリカ映画の「12人の怒れる男」を基にしている密室劇。 最初は12人全員が「...... more
Tracked from 京の昼寝〜♪ at 2008-10-09 08:54
タイトル : 『12人の優しい日本人』/CS
 □監督 中原 俊  □脚本 三谷幸喜と東京サンシャインボーイズ  □キャスト 塩見三省、相島一之、上田耕一、二瓶鮫一、中村まり子、大河内 浩、梶原 善、山下容莉枝、村松克己、林 美智子、豊川悦司、加藤善博■鑑賞日 2月21日(木)■cyazの満足度 ★★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> 1991年の上映からもう17年も経っている。 当時初めて観たときの衝撃はかなり大きかったが、CSで放映予定だったので録画しておいたのだが、やはり今回もその当時同様の衝撃があった。 それは内容...... more
Tracked from 映画鑑賞★日記・・・ at 2008-10-09 10:28
タイトル : 12人の優しい日本人
監督:中原俊脚本:三谷幸喜と東京サンシャインボーイズ出演:塩見三省、相島一之    上田耕一、二瓶鮫一    中村まり子、大河内浩    梶原善、山下容莉枝    村松克己、林美智子    豊川悦司、加藤善博 陪審員制度を題材にした名作「十二人の怒れ...... more
Tracked from シェイクで乾杯! at 2008-10-11 01:15
タイトル : 12人の優しい日本人
12人の優しい日本人1991年度・日本・116分 ■監督:中原俊 ■脚本:三谷幸喜と東京サンシャインボーイズ ■出演:塩見三省/相島一之/ニ瓶鮫一/中村まり子/大河内浩/梶原善/豊川悦司/上田耕一/林美智子/村松克己/加藤義博/山下容莉枝 「十二人の怒れる男」のリメイク....... more
Tracked from UkiUkiれいんぼーデイ at 2008-10-11 09:20
タイトル : 十二人の怒れる男  12人の優しい日本人
本日は2本ご紹介します。 まず1本目・・・「十二人の怒れる男」です。 監督:シドニー・ルメット(57年作品) 出演:ヘンリー・フォンダ ジャック・ウォーデン マーティン・バルサム NYの裁判所で、父親殺しの嫌疑をかけられた非行少年についての審議が12人の陪審員によって審議される。 テレビのワンセットドラマの形式を映画に逆輸入した画期的な作品。ラストシーン以外カメラは裁判所の外へ一歩も出ず、密室劇として緊迫感を盛り上げていく。 数々の証言により少年の有罪が決定的とされる中、その結...... more
Tracked from miyukichin’m.. at 2008-10-15 00:00
タイトル : 12人の優しい日本人 [Movie]
 映画 「12人の優しい日本人」     (中原 俊:監督/      三谷幸喜と東京サンシャインボーイズ:脚本)  12人の優しい日本人パイオニアLDCこのアイテムの詳細を見る  昨日深夜にTV放映されていたので、  例によって仮眠後、観てました。  これね、もう何度も観てます。  たぶんTV放映のたびに観てる気がします。  もうどこにいったかわからないけど、  ビデオにも録ってた気がするし。  1991年の映画なので、もう16年も前。  なのに、全然風化しないのが、すごい。  場面転換もほと...... more
Tracked from みゆみゆの徒然日記 at 2009-10-05 23:18
タイトル : 『12人の優しい日本人』 (DVD)
 先日、友人にお薦めしてもらった作品を見てみました。元ネタ(?)の『12人の怒れる男』は未見です。 【あらすじ】12人の優しい日本人(1991) - goo 映画より引用。 ある殺人事件の審議のために12人の陪審員が集められた。ここに来た12人は、職業も年齢もバラバラな無作為に選ばれた人々。陪審委員長を努める40歳の体育教師の1号、28歳の会社員の2号、49歳の喫茶店店主の3号、61歳の元信用金庫職員の4号、37歳の庶務係OLの5号、34歳のセールスマンの6号、33歳のタイル職人の7号、29歳の主婦...... more
Tracked from はらやんの映画徒然草 at 2010-11-02 23:31
タイトル : 「12人の優しい日本人」 合意へのプロセス
この映画を初めて観たのは大学生のときなので、もう20年近く前になります。 三谷幸... more
Tracked from 映画と読書とタバコは止め.. at 2011-11-14 17:03
タイトル : 三谷幸喜原作脚本・中原俊監督 「12人の優しい日本人」
「ステキな金縛り」を観て、裁判モノと言えば、20年前にも三谷さんはシドニー・ルメック監督の「十二人の怒れる男」をパロディにした作品「12人の優しい日本人」を書いてたなぁ〜と思い出し、DVDを借りてきて観直してみました。 【あらすじ】 もし日本にも陪審員...... more
Tracked from 日々の書付 at 2016-09-09 23:30
タイトル : [映画]12人の優しい日本人
もし、日本に陪審員制度があったとしたら、議論下手で自己主張の苦手な日本人の裁判は、どんな風になるのだろうか。「真田丸」の三谷幸喜氏が所属劇団・東京サンシャインボーイズとともに作り上げた舞台を映画化。ほとんど一つの部屋でつくられた密室劇です。 まだ、裁判員裁判が導入される前、陪審員制度をモチーフにした「12人の優しい日本人」三谷さんらしい、笑ってちょっと切ないコメディです。謎解きの要素もあり、事件の真相が二転三転する様も面白い。洋画「十二人の怒れる男 」がベースになってます。 12人の優し...... more
Commented by 日月 at 2016-09-09 23:44 x
トラックバックをありがとうございました。
私は公開当時みたのですが、まさかその時は日本に裁判員制度ができるなんて思ってもみませんでした。

印象的だったのは、男性陣が会議中もタバコを平気で吸っているんですね。これもいまでは考えられない光景です。

そして、考えると怖い話だなと思います。自分たちの判断で人間の人生が変わってしまうのですから。(故意に変えようとしている人は特に怖かったです。)
Commented by odin2099 at 2016-09-10 09:22
> 日月さん
こちらこそありがとうございました。

裁判員制度に参加してる人の中で、積極的に裁判に関わろうとする人ってどのくらいいるんでしょうね。
無関心か、余計なことに巻き込まれてしまったなあ、という人の方が多いような気がします。
その中に弁舌巧みな人がいて、望むような方向へと導いていったら…という恐怖はありますね。
この事件も、最初に有罪を主張した人が偏見の持ち主のように描かれてますけど、じゃあトヨエツが正しいのかと言えばそうとも言い切れないですしね。

by Excalibur
ブログトップ