【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『悪魔の手毬唄』(1977)

市川崑(監督)&石坂浩二(主演)コンビで作られた<金田一耕助シリーズ>の2作目になります。
前作『犬神家の一族』は、角川春樹事務所主導で作られた所謂”角川映画”でしたが、この作品以降は東宝の自社製作映画。ということは本来なら切り離して捉えるべきなのかも知れませんが、スタッフ、キャストは踏襲していますので慣例に従ってシリーズ第2弾としておきます。

e0033570_729287.jpg岡山の鬼首村、そこでは地元の旧家・由良家と新興勢力である仁礼家との長い確執が続いている。その村に金田一耕助は、旧知の磯川警部に呼ばれて逗留していた。
20年前にこの村で殺人事件が起こり、磯川も捜査を担当していたものの事件は迷宮入り。それ以来磯川は個人的に事件に関わり続け、しばしば村を訪れていたのである。金田一が逗留している宿の女主人・青池リカこそ、犠牲者の妻なのだ。磯川は金田一に、20年前の事件解決を依頼する。
そんな時、村出身の人気歌手・別所千恵が帰省して来た。千恵と由良家の泰子、仁礼家の文子、そしてリカの娘・里子の四人は同級生で仲が良かったのだが、その夜何者かによって泰子が殺害されてしまう。そして第二の犠牲者が・・・。

この作品も『犬神家~』同様、村に伝わる手毬唄を使った”見立て殺人”が行われますが、前作に比べるとその必然性が弱いというか、薄い気がします。そして犯人の動機もさほど強烈なものだとは思えないのですが、このあたりは原作を読めば得心がいくのでしょうか。
ともあれ、派手さのない分前作よりもじっくりと観ることが出来ますし、再見ですが面白く観ることが出来ました。
また以前観た時よりも、磯川警部役の若山富三郎と青池リカ役の岸惠子の二人に感情移入して観てしまったのは、自分も歳を食ってきた証拠なんでしょうかねぇ。ちょっぴりショックでした・・・。
[PR]
by odin2099 | 2008-10-13 07:30 |  映画感想<ア行> | Trackback(6) | Comments(6)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/8749162
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 極私的映画論+α at 2008-10-13 19:49
タイトル : 悪魔の手毬唄 (1977) 144分
 今年、初めて観た映画はこれです(笑) もう何度も観ている映画ですが、しばらくは「金田一」シリーズの感想を続けたいと思います。 ... more
Tracked from プロフェッサー・オカピー.. at 2008-10-13 20:37
タイトル : 映画評「悪魔の手毬唄」(1977年版)
☆☆☆☆(8点/10点満点中) 1977年日本映画 監督・市川崑 ネタバレあり... more
Tracked from 取手物語~取手より愛をこめて at 2008-10-13 20:55
タイトル : 市川崑の金田一耕助 「悪魔の手毬唄」 ~愛に満ち溢れた作..
私は過去に市川版「悪魔の手毬唄」について、2つの記事を記述している。... more
Tracked from 或る「享楽的日記」伝 at 2008-10-14 06:05
タイトル : 悪魔の手毬唄
かなり久しぶりの岸恵子オタクシリーズ第5弾は、シリーズを始めるきっかけになった「細雪」(1983年)と同じ市川昆が監督の「悪魔の手毬唄」(1977年)。彼女にとって数多い市川作品のひとつ。主演は石坂浩二で、彼の代名詞ともなった最初の金田一耕助役。前作の「犬神家の一族」から横溝正史作品がシリーズ化されているけど、この作品が最高傑作という声が多い。 ストーリーはいちいち説明しないけど、まさに横溝テイストのてんこ盛り。昭和初期の辺鄙な田舎町が舞台で、その名も鬼首村。愛憎が渦巻く旧家同士の争い。そこで起きる...... more
Tracked from B級パラダイス at 2008-10-16 20:57
タイトル : 悪魔の手毬唄(DVD)
横溝作品の映画ってどれも好きだったりするのですが、観たことあったりなかったりするので改めてDVDできちんと観ようかなと思い、まずは観てない作品から手にしました。... more
Tracked from いやいやえん at 2014-08-13 21:00
タイトル : 悪魔の手毬唄
市川昆監督、石坂浩二=金田一、映画版です。 岡山県の奥境の鬼首(おにこべ)村という伝奇的でおどろおどろしい架空の村を舞台に、忌まわしい血縁関係の中、村に伝習されている手毬唄に合わせて、同じ年頃の若い娘達が次々と殺される。殺害現場に必ず現れる、一人の腰の曲がった老婆。 映画版という特性上、若干の修正がありました。舞台の夏→冬、登場人物の名前が違ったり出番を削ったり、オリジナルのキャラを出したりなど、そこはしょうがないと思う。じっくり描く事が出来ないからテンポはいいですがちょっと小出しネタ気味...... more
Commented by Brian at 2008-10-18 21:44 x
市川作品の金田一シリーズは好きなんですけど、怖いんです。(笑)
少年時代に観た、この作品も怖い印象が強くて・・・。
きっと今観ると違う印象が出るのかもしれませんが、少年時代に受けた印象が大きくて・・・。
Commented by odin2099 at 2008-10-18 22:02
リアルタイムで観ていたら、自分もトラウマになったかも知れませんねー。
でも幸い(?)、後になってビデオで観たのでそれほどでも。
『犬神家――』の菊人形の件も、「なんかチャチいな~」と思いながら観てましたもん(笑)。

でも今は逆に、そういった小道具とかじゃなく、ドラマそのものを観られるようになりましたね。
二度目三度目ってこともあるんですが。
Commented by Brian at 2008-10-19 08:00 x
役者さんは豪華陣なので、演技を楽しむのだったら、いいのでしょうね。
少年時代は、ついそんなものより別のものに目が行ってるのかな?
今では平気になりつつあるということは、それだけ世に慣れてしまったということでしょうかね?(笑)
Commented by odin2099 at 2008-10-19 09:59
うーん、免疫でしょうか(笑)。
ある程度シリーズのパターン、お約束に慣れてきたからだろうと思います。
そして多少なりとも人間ドラマの機微がわかるようになってきたから・・・だと思いたい(苦笑)。
Commented by TANK at 2008-10-24 15:51 x
来年1月CXにて放送「ゴロちゃん」版金田一五作目は
この「悪魔の手毬唄」です
でも「磯川警部」が出ないみたいなので「リカ」への薄暮は無さそうだねぇ
Commented by odin2099 at 2008-10-24 22:50
>TANKさん

おー、ご無沙汰してます!
というか、こっちでは「初めまして」になるのかな(笑)。情報ありがとうございました。
そーか、もうシリーズ打ち止めかと思いきや、新作があるんですねー。良かった良かった。
ちょっと期待してます。
というより、その前にシリーズきちんと観なきゃ・・・。

by Excalibur
ブログトップ