【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『ハルク』(2003)

マーベル・コミックスが誇るスーパーヒーローの銀幕デビュー作品がこちら。
ブルース・バナー役はエリック・バナ、恋人のベティーにジェニファー・コネリー、ロス将軍にはサム・エリオットという配役で、このトリオをリメイク版『インクレディブル・ハルク』のキャストと比べてみるのも面白い(順にエドワード・ノートン、リヴ・タイラー、そしてウィリアム・ハート)。
他にジョシュ・ルーカスやニック・ノルティらが出演。
『グリーン・デスティニー』のアン・リー監督が”グリーン・モンスター”を手掛けるというのは洒落?
e0033570_1521586.jpg
2時間20分近い超大作で、ブルースやベティーらの人間ドラマをじっくり描き、砂漠にしろ岩山にしろ大都会にしろ、舞台となる場所を開放感を持って表現しているので見応えのある一本。
一般的には失敗作と見做されているようだが、決して見所のないつまらない作品ではない。

ポイントは、ハルクの誕生にブルースの父親が関与していることだろうか。
従来のハルクは、原作コミックにしろTVシリーズにしろ、自らの実験中の事故によってブルースはハルクへと変貌してしまうのだが(リメイク版も同じ)、この映画版では父親が自らを被験者として実験を行い、その遺伝子がブルースに受け継がれ、それがブルース自身が行った実験の影響で表面化したという設定に変えられている。
「親の因果が子に報い」ではないが、なかなか救い難い父子ドラマも盛り込まれているのだが、それが単純なアクションドラマを求めていた観客には受け入れられなかったのだろう。

なんせハルクが初めて姿を見せるのは、映画が始まってから40分くらい経った頃だ。
一方でリメイク版では、ハルク誕生の経緯をオープニングのタイトルバックで見せてしまう潔さ。どちらが若い観客に好まれるかといえば、答えは自ずから明らかだ。
おまけに派手なアクション満載で、クライマックスにモンスター同士の激突を持ってきたリメイク版の方にやはり分があるだろう。
ただこちらのハルクも、破壊力やスピード等々では決して負けていない。というよりも、リメイク版を遥かに凌駕している。反省を踏まえて方向転換をするにしても、この作品を全否定してリメイク版を作るのではなく、単純にパート2としても良かったのに、と思うのだが。
キャスト陣の熱演も、ダニー・エルフマンの抑えの効いた音楽も勿体無いというか、虚しく感じられる。
[PR]
by odin2099 | 2008-10-18 15:25 |  映画感想<ハ行> | Trackback(9) | Comments(2)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/8779042
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ☆彡映画鑑賞日記☆彡 at 2008-10-18 17:31
タイトル : ハルク
 コチラの「ハルク」は、2003年にアン・リー監督、エリック・バナ主演、ジェニファー・コネリー共演で製作されたMARVELの「超人ハルク」の実写映画化です。  出来に不満があったのか、評判がいまひとつなのが心残りだったのか、分かりませんが、何故か今年再映画化され....... more
Tracked from 或る日の出来事 at 2008-10-18 17:55
タイトル : 「ハルク」
HULK 2003年 アメリカ作品 監督 アン・リー 出演 エリック・バナ、ジェニファー・コネリー、ニック・ノルティ 初めて出てきたときのハルクの暴れっぷりがチャチに見えたが、その後は面白かった。怪噴..... more
Tracked from 虎党 団塊ジュニア の .. at 2008-10-18 20:16
タイトル : ハルク (’03・米)
原題:THE HULK『グリーン・デスティニ-』のアン・リー監督が次に撮ったのは緑色の怪物ハルクだった。もっとも『グリーン・デスティニ-』は邦題で原題は『CROUCHING TIGER、HIDDEN DRAGON』だ。原題ではアクション色が強過ぎる為、ラブストーリーの雰囲気のある『グリ...... more
Tracked from It's a wonde.. at 2008-10-19 02:34
タイトル : 「ハルク」
 2003年/アメリカ  監督/アン・リー  出演/エリック・バナ      ジェニファー・コネリー  アメコミの映画化が流行っているハリウッド。今度は「ハルク」です。  主演はエリック・バナ。「ブラックホーク・ダウン」で注目された俳優だけれど、正直「誰?」という感じ。共演のジェニファー・コネリーはアカデミー女優だけれど。  不死の実験をしていた父親からの遺伝により、怒ると巨人(ハルク)に返信してしまうブルース(バナ)とそんな彼を献身的に支え、愛するベティ(コネリー)の物語。 ...... more
Tracked from 小部屋日記 at 2008-10-19 15:57
タイトル : ハルク
Hulk(2003/アメリカ)【DVD】 監督:アン・リー 出演:エリック・バナ/ジェニファー・コネリー/サム・エリオット/ジョシュ・ルーカス/ニック・ノルティ/ブルック・ラングトン 悲しみが怒りに変わる時  彼は巨大なモンスター「ハルク」になる! マーベル・コミックによるアメコミ『超人ハルク』の映画化。 監督は「ブロークバック・マウンテン」 「ラスト、コーション」のアン・リー。 先週末の全米興行収入で初登場1位になった「インクレディブル・ハルク」はこの映画のリニューアル版。 story ブル...... more
Tracked from La.La.La at 2008-10-20 18:57
タイトル : 『ハルク』
 制作年:2003年  制作国:アメリカ  上映メディア:劇場公開  上映時間:138分  原題: THE HULK  配給:ソニー・ピクチャーズ  監督:エリック・バナ  主演:エリック・バナ      ジェニファー・コネリー      サム・エロット      ジョシュ・ルーカス 科学者のブルース・バナーは、自らの“怒り”のコントロールに問題 を抱えていた。別れた恋人ベティー・ロスとともに優秀な研究者とし て静かな生活を送ってはいるものの、それは忘れかけた辛い過去を隠 ...... more
Tracked from ヒューマン=ブラック・ボ.. at 2008-10-22 20:32
タイトル : ハルク (2003年)
ヒューマン=ブラック・ボックス - 映画のご紹介 (376) ハルク (2003年) -【暫定レビュー】 マーベル・コミックのキャラクター「ハルク」をアカデミー賞3部門受賞「ブロークバック・マウンテン」のアン・リー監督が映画化したもの。 現在....... more
Tracked from 映画とワンピースのこでま.. at 2008-10-26 15:26
タイトル : ●ハルク(54)
予習のために・・・。... more
Tracked from ピロEK脱オタ宣言!…た.. at 2009-04-06 06:28
タイトル : 【映画】ハルク…バナがバナー役
ここ数日間の記事で断片的に書きましたが、昨日{/hiyoko_cloud/}{/kaeru_rain/}は職場の後輩の結婚式{/bouquet/}に出席しました。 会場は、職場の近くにある割と大きな結婚式場。そちらで披露宴だけじゃなくて結婚式にもご招待されました。…最近は職場の人でも結婚式に呼ぶんだなぁ{/face_yoka/}…なんて思ってたら…結婚式自体がショーなんですね{/ase/}。某イタリア国の大聖堂を模した壮大な式場での結婚式は見ごたえもありました{/up/} 基督教徒ではない私でも、ここ...... more
Commented by よろづ屋TOM at 2008-10-28 09:50 x
テレビシリーズが大好きだったので、丸顔のハルクになじめず未見だったんですが…
エクスカリバーさんの解説を読んでたら観たくなってきました。
設定が渋好みというか、いにしえの東宝特撮や円谷英二大監督が手に掛けた怪獣映画のテンポじゃないですか!

事件が発生する、謎解きを進める中でちゃんと衝撃的な因果関係を折り込みながらやがて恐ろしい結果があらわになってくる、ついに表面化した事件はクライマックスへ───
昭和29年のゴジラしかり、のちのラドン、またウルトラQのいくつかも。
どんな作品でもそうですが、練りに練った上で正統な脚本の書き方をされた映画なのに、宣伝が間違った方向性だったために観客の期待するベクトルと内容が異なってしまった結果、安物の勧善懲悪ものや単純なアクションものと比較されると哀しいものがありますね。
Commented by odin2099 at 2008-10-28 21:32
東宝怪獣映画のようなテンポは望めません(苦笑)。
監督は人間ドラマをやりたかったんでしょうね、多分多くの人にはそれがかったるかったんだろうと思います。
ただアクションシーンに限って言えば、結構良い感じ。
『インクレディブル・ハルク』の方がせせこましいのに対し、こっちは開放感があります。
皆してそんなに悪し様に言わなくてもなー、と思うのですが、うーん、やっぱり万人向けじゃないのかなぁ???

by Excalibur
ブログトップ