【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『スタンレーの魔女』

e0033570_10162094.jpg松本零士の<戦場まんがシリーズ(ザ・コクピット)>シリーズの一篇『スタンレーの魔女』を、御笠ノ忠次の脚本・演出で舞台化したものの再演。
二年前の前回公演を観た際に、松本零士色はかなり薄められてはいるものの、独立した舞台作品として熱のこもったものになっていたのを楽しんだので、今回の再演にも足を運んだ。

前回は全方位型表現者集団「SPACENOID」での公演だったが、今回は新ユニット”サバダミカンダ”の旗揚げ公演ということでキャストを一新。キャスト変更に伴って演出が変わったのか、台本にも一部手を入れたのか、前回とはややイメージの違う舞台になっていたが、これが生の芝居の面白さでもあるだろう。
行ったのが土曜の昼の部ということもあったのだろうが、劇場内にはかなりの数の若い女性の姿があり、下ネタを含めたギャグの数々にはかなりの良い反応があった。一方、クライマックス・シーンではすすり泣きの声も。固定ファンなのか身内なのかはわからないが、観客には恵まれているようだ。

今回の会場は赤坂RED/THEATERという小さな劇場。
場所そのものは赤坂見附の駅からすぐという利便性に富んでいるのだが、ビル(ホテル)の一角という分りづらいところ。
おまけに狭い。
取れたのは壁際の席だったのだが、これは比喩ではなく文字通り壁際。肩を壁に押し付けるようにして観た。
当然のように席の前後にも余裕がなく、一度座ってしまうと立つことも儘ならない。
おまけに縦はともかく横に通路がなく、席に座るというか、席に辿り着くのも一苦労という有様。
色々事情はあるのだろうが、人を呼ぶために施設である以上、人に配慮した設計は最低限すべきではないだろうか。
e0033570_10153396.jpg

[PR]
by odin2099 | 2008-12-21 10:26 | 演劇 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/9251335
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by F20! at 2008-12-21 22:00 x
折角、お誘い頂いたのに残念でした。
一度見てみたかったんですけど...

また、やるときがあれば、その時こそ!
Commented by odin2099 at 2008-12-23 19:07
>F20!さん

大会と重なっちゃったんですね、残念。
この分だとまた再演の機会があるかも。
その時は是非!

by Excalibur
ブログトップ