【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『怪獣大戦争 キングギドラ対ゴジラ』(1971)

e0033570_7554021.jpgゴジラ物の6作目『怪獣大戦争』を<チャンピオンまつり>用に短縮再編集したもので、タイトルも子どもにアピールしやすいように改められた。

しかしそのせいで割を食ったのはラドン。
この映画、ゴジラとラドンのコンビがキングギドラと戦うという、言うなれば二大スターの共演作品(いや、相手役のキングギドラを含めれば三大スターの揃い踏み)のはずなのに、これでは存在そのものが「なかったこと」にされてしまってる。
単独主演作もあるスターなのに、随分軽んじられたもんである。

お話の方は例によってオリジナル版よりも20分ほどカット。
元々怪獣たちの激突よりも人間側のドラマの比重が高かった作品を、今度は怪獣中心に再構成したものだから人間関係はチンプンカンプン。
誰と誰がどういう関係で、どんなことをしてる人かもハッキリせず、結局はお話そのものが非常にわかりづらくなってしまった。でも子ども向けにはこの方が良かったのかな。
今観ればこれで良しとするゴジラファンは少数派だろうけれど、ビデオやDVDで簡単に旧作が観られなかった当時、オリジナルを知らない子どもたちには好評だったようで、<チャンピオンまつり>も安定期に。
[PR]
by odin2099 | 2009-01-14 07:56 |  映画感想<カ行> | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/9409056
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

by Excalibur
ブログトップ