【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『オーストラリア』(2008)

4年ぶりくらいに試写会に応募したところ、珍しくも当たってしまいました。
350組700名ご招待!ということなんですが、確率はどのくらいだったんでしょうかね。とりあえずODNさん、有難う。
で、美女をお誘いしたんですが見事にフラれてしまいましたので(涙)、寂しく一人で虎ノ門はニッショーホールまで行ってきました。
実を言うと予告編なんか観た段階では、自分向きの映画じゃないよなぁとあまり気乗りしてなかったんですがねぇ。
じゃあなんで応募したんだ?と、もし外れた方がココをご覧になっていたら怒られてしまいそうですが、休日の試写会が珍しかったことと、まさか自分が当たるとは思ってなかったから、というのがその理由です・・・。
e0033570_2247269.jpg
e0033570_22481016.jpg第二次大戦前夜、帰らぬ夫を訪ねて英国からやってきたレディ・サラ・アシュレイは、そこで変わり果てた姿となった夫と対面する。
彼女に残されたのは広大な牧場と1500頭の牛のみ。
仕方なく彼女はカウボーイのドローヴァーに助力を請い、遠く離れた土地へ牛を連れて行って売ることにするのだが、貴族のサラと野生的なドローヴァーとは初対面から衝突ばかり。更には彼女の行動を快く思わない者もいて、道中には度々邪魔が入る。
しかしアボリジニの少年ナラとの触れあいや、ドローヴァーとの旅を通じてサラは少しずつ変わっていく・・・。

監督のバズ・ラーマン、主演のニコール・キッドマンとヒュー・ジャックマンがオーストラリア出身ということで話題になっております。
最初はラッセル・クロウが主演候補だったはずですが、彼はオーストラリア出身じゃないから、これはヒュー・ジャックマンで正解でしょう。
他にもデヴィッド・ウェンハムやブライアン・ブラウンらオーストラリア出身者が参加してますが、現地ではお祭り騒ぎなのかも知れません。
我々にはわからないことですが。

わからないといえば、この映画のお話も良くわかりませんでした。
結局は何が言いたかったんでしょうか。

異文化とのカルチャーギャップを乗り越えたサラの変貌というか成長?
サラとドローヴァーとの恋愛模様?
ナラを交えた擬似家族の友愛?
アボリジニの神秘性?
それともそれとも戦争の悲哀?

e0033570_22482927.jpg確かにそれらの要素が描かれてはいますが、全体を通しての、格となるドラマ、芯となるテーマが自分には見出せませんでした。
映像は綺麗だし、重くて暗い内容の中に時折ユーモアを盛り込んだり、最後はハッピーエンドと呼べる結末を迎える等々、見応えはあるし後味も悪くないのですが、どうしても空虚な印象が拭い去れません。
それに・・・2時間45分はやはり長すぎます。
劇場でご覧になろうとしている方は、是非水分を控えめにして臨まれんことを。




e0033570_22503365.jpg

[PR]
by odin2099 | 2009-02-11 22:50 |  映画感想<ア行> | Trackback(29) | Comments(0)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/9587900
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from まぁず、なにやってんだか at 2009-02-12 23:00
タイトル : オーストラリア
昨日、ウェルシティ東京で「オーストラリア」の試写会を観てきました。 2時間45分の大作です。まさかこんなに長いとは思っていなかったので、会場で上映時間を言われてどよめきました~。 名作『風と共に去りぬ』を意識してる?って感じの強い女性を描いています。 サラ・アシュレイ(ニコール・キッドマン)は気品があって、とても美しいし、言いたいことをズバッと言うところなんてスカッとします。男勝りなところも観ていて気持ちいいです。 「子供は好きじゃない」と言っていたけれど、ナラとどんどん打ち解けていく...... more
Tracked from masalaの辛口映画館 at 2009-02-12 23:59
タイトル : 映画「オーストラリア」試写会@東京厚生年金会館
  映画の話 第二次世界大戦直後にオーストラリアを訪れたイギリス人貴族レディ・サラ・アシュレイ(ニコール・キッドマン)。サラは死んだ夫が残した広大な土地と1,500頭の牛を相続し、土地を守るために粗暴な現地のカウボーイ(ヒュー・ジャックマン)と手を組み、遠...... more
Tracked from 紫@試写会マニア at 2009-02-15 21:45
タイトル : 「オーストラリア」を観る
2月の興業作品は、ハリウッド・スターの興行収益や人気番付のランキング上位ばかりが出てくる作品が目白押し!(こっちは財布が寒くなる訳だ) ウィル、アンジーときて、今度の試写はキッドマン&ジャックマンのラブ・ロマンス「オーストラリア」。オーストラリア国家が国をあげて肩入れしている(のか?)し、主演の二人が本物のオージーということで早い段階から話題の作品です。 スケールが大きい豪華で贅沢な演出、でも大自然もふんだんにちょっと古風な‘THE映画’的作品でした。バズ・ラーマン監督の個性的でオリエンタルな演出...... more
Tracked from NiceOne!! at 2009-02-15 22:56
タイトル : 『オーストラリア』 (2008)/オーストラリア
原題:AUSTRALIA監督・原案・脚本:バズ・ラーマン出演:ニコール・キッドマン、ヒュー・ジャックマン、デヴィッド・ウェンハム、ブライアン・ブラウン、ジャック・トンプソン試写会場 : ニッショーホール公式サイトはこちら。<Story>第二次世界大戦前夜のオー...... more
Tracked from きららのきらきら生活 at 2009-02-16 21:10
タイトル : 映画 『オーストラリア』
『前に進むための涙もある。』... more
Tracked from 映画な日々。読書な日々。 at 2009-02-23 00:43
タイトル : 『オーストラリア』 試写会鑑賞
第二次世界大戦前夜のオーストラリア。イギリス人貴族のレディ、サラ・アシュレイは、夫を捜しに北部の町・ダーウィンにやって来た。彼女を迎えたのは無骨なカウボーイ、ドローヴァー。夫の領地に着いたサラは、夫が何者かに殺されたことを知る。彼女に残されたのは、広大な... more
Tracked from 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 at 2009-03-01 16:28
タイトル : [映画『オーストラリア』を観た]
☆3時間近い上映時間なので、もし内容が文芸大作っぽかったら、かったるいなあなどと思っていたのだが、ライトでご都合主義的な、粗も多いが、とても楽しめる娯楽大作なのでホッと安心した。  だからと言って、『紀元前一万年』ほどの凄まじい逸脱はないよ^^;  オーストラリアに牧場の経営に渡ったまま帰国しない夫を訪ねて、ちょいと過酷な成り行きでオーストラリアの大牧場を管理することになった英国貴婦人の冒険と恋愛と家族の物語だ。  主人公のサラを、ニコール・キッドマンが「ツンツン」と気位高く演じている。  対...... more
Tracked from ☆彡映画鑑賞日記☆彡 at 2009-03-01 16:59
タイトル : オーストラリア
 『前に進むための涙もある』  コチラの「オーストラリア」は、あたしの大好きな「ムーラン・ルージュ」のバズ・ラーマン監督と二コール・キッドマンが再びコンビを組み、2人の祖国である「オーストラリア」を舞台に繰り広げられる2/28公開のエピック・アドベンチャー・...... more
Tracked from 悠雅的生活 at 2009-03-01 19:18
タイトル : オーストラリア
虹の彼方に・・・... more
Tracked from LOVE Cinemas.. at 2009-03-02 01:47
タイトル : オーストラリア
2月のトリを飾るのは『オーストラリア』。主演は昨年『ライラの冒険/黄金の羅針盤』がヒットしたニコール・キッドマン。共演は先日のアカデミー賞で司会を務めたヒュー・ジャックマンです。更に監督は『ムーラン・ルージュ』のバズ・ラーマン。実は3人ともオーストラリア人(ニコールはアメリカとの二重国籍)なので、故郷を描いた作品ということになります。... more
Tracked from ★☆ひらりん的映画ブログ☆★ at 2009-03-02 03:47
タイトル : ☆「オーストラリア」
今週の平日休みは今年初の試写会に行ってまいりました。 最近とんと試写会に当たってなかったので、 いろんなところに送りまくったら、二枚も当たっちゃって、姉貴夫婦に一枚進呈。 やっぱり、ニコール・キッドマン主演作は気合が入るのね、ひらりんは。... more
Tracked from よしなしごと at 2009-03-02 23:17
タイトル : 映画:オーストラリア
 予告編を観たときはそれほど興味をそそられなかったのですが、このブログで何度も紹介しているテレビ番組やぐちひとりの特集を観て、ちょっとおもしろそう・・・。と迷っていたんです。そんな話を会社の後輩としていたら、彼の奥様が試写会に当選しすぎたらしく、2回も観ないからと試写会の招待状をいただけることになりました。と言うわけで、オーストラリアを試写会で観てきました。... more
Tracked from 日々のつぶやき at 2009-03-03 14:19
タイトル : 【オーストラリア】
監督:バズ・ラーマン 出演:ニコール・キッドマン、ヒュー・ジャックマン 「第二次世界大戦直前のオーストラリアに、イギリスから貴族のサラ・アシュレイがやってきた。夫を探しにはるばる来たが、夫が信頼しているという案内人の現地のドローヴァーの無骨さに驚く... more
Tracked from パピ子と一緒にケ・セ・ラ.. at 2009-03-03 21:41
タイトル : オーストラリア
第二次世界大戦前のオーストラリア。広大な原野を舞台に、強く生きる女性の姿を描く「オーストラリア」。二コール・キッドマン、ヒュー・ジャックマン主演の一大叙事詩だ。 ヒロインの愛と冒険にのみこまれ、大興奮!!__ハラハラ・ドキドキが連続し、うっとり陶酔して...... more
Tracked from ★YUKAの気ままな有閑.. at 2009-03-07 10:59
タイトル : オーストラリア
アカデミー賞で司会をしたヒューを見て密かに萌えた私としては、何が何でも鑑賞しなければならないではないか―【story】第二次世界大戦を目前に控えたオーストラリアを訪れた英国貴族レディ・サラ・アシュレイ(ニコール・キッドマン)。サラは殺された夫が残した広大な土地と1,500頭の牛を相続し、土地を守るために粗暴な現地のドローヴァー(ヒュー・ジャックマン)と手を組み、遠く離れたダーウィンまで牛を引き連れて行かなければならなかった。反目しあう二人だったが、長旅やアボリジニの孤児の少年ナラ(ブランドン・ウォルタ...... more
Tracked from クマの巣 at 2009-03-08 18:31
タイトル : 「オーストラリア」
「オーストラリア」、観ました。 第二次世界大戦下のオーストラリアで、イギリスの貴族の女性が夫の残した1500頭の牛を売りさばくために奮起する。また凄腕の牛追いの男とのロマンスを咲かせる。主演はニギ..... more
Tracked from ノルウェー暮らし・イン・.. at 2009-03-08 19:08
タイトル : 「オーストラリア」試写会 大自然の迫力!
試写会絶ちが無事解禁になって、第一弾は、ヒュージャックマンとニコールキッドマン 美しすぎる美男美女カップルの恋愛映画 「オーストラリア」 西部劇的恋愛もの?と、実はさほど興味を示さずに行ったのだけど・・・・・ なんの、なんの、雄大すぎるほどの大自然の迫力もさることながら、西部劇風の懐かしさ、恋愛映画のロマンチック、人種差別、戦争映画の大迫力・・・・と盛りだくさんで~... more
Tracked from cinema!cinem.. at 2009-03-12 01:16
タイトル : 『オーストラリア』
ニコール・キッドマン、ヒュー・ジャックマン主演のドラマ『オーストラリア』を観ましたー。 バズ・ラーマン監督作品ってことで期待は大きかったんですけど、スケールの大きさは感じつつもどうも自分には合わない作品かなーという気もしてみたり。。。 ********************... more
Tracked from +++ Candy Ci.. at 2009-03-12 09:18
タイトル : 【オーストラリア】
【AUSTRALIA】 【監督・製作・脚本】 バズ・ラーマン   【脚本】 スチュアート・ビーティー、ロナルド・ハーウッド、リチャード・フラナガン   【日本公開】 2009/2/28   【上映時間】 165分  `..... more
Tracked from Yuhiの読書日記+α at 2009-03-15 01:16
タイトル : オーストラリア
第二次世界大戦前夜のオーストラリアを舞台にした愛と冒険のドラマ。監督はバズ・ラーマン、キャストは ニコール・キッドマン、ヒュー・ジャックマン、デヴィッド・ウェンハム、ブライアン・ブラウン、ジャック・トンプソン他。 <あらすじ> 第二次世界大戦前夜のオーストラリア。イギリス人貴族のレディ、サラ・アシュレイは、夫を捜しに北部の町・ダーウィンにやって来た。彼女を迎えたのは無骨なカウボーイ、ドローヴァー。夫の領地に着いたサラは、夫が何者かに殺されたことを知る。彼女に残されたのは、広大な牧場と1500頭の牛だ...... more
Tracked from 茸茶の想い ∞ ~祇園精.. at 2009-03-15 19:02
タイトル : 映画「オーストラリア」
原題:Australia WBCは残念ながら1次ラウンド敗退も、サッカーでは最終予選A組の首位を堅持、映画でいえば「マッドマックス」も「クロコダイル・ダンディー」も良かった・・・ イギリス貴族ながら財政的窮地に陥ったアシュレイ家、危機打開のために夫はオーストラリア... more
Tracked from カノンな日々 at 2009-03-15 21:43
タイトル : オーストラリア/ヒュー・ジャックマン
映画を観に行く直前に「笑っていいとも増刊号」を見てたらヒュー・ジャックマンがゲストで登場。レギュラーメンバーがジャパンプレミアムでの挨拶で客の心を掴む一発芸をヒューに伝授するというコーナーをやっていたんだけどめちゃめちゃ面白かったです。アカデミー賞でのM....... more
Tracked from ルナのシネマ缶 at 2009-03-16 00:28
タイトル : オーストラリア
主役の2人も オーストラリア出身だし 主要キャストを オーストラリア出身者で 固めるという こだわりの作品です。 2時間45分は結構長いですが、 中盤までは、結構楽しめました。 まあ、後半はそこそこって感じです。 第二次世界大戦を目前に控えたオーストラリア。 英国貴族レディ・サラ・アシュレイ(ニコール・キッドマン)は、 夫を迎えにダーウィンにやって来た。 しかし彼女を迎えに来たのは無骨なカウボーイ、 ドローヴァー(ヒュー・ジャックマン)。 牧場に着いたサラは、夫...... more
Tracked from おきらく楽天 映画生活 at 2009-03-17 23:48
タイトル : 『オーストラリア』を観たぞ〜!
『オーストラリア』を観ました「ムーラン・ルージュ」のオーストラリア人監督バズ・ラーマンが、同郷のニコール・キッドマンとヒュー・ジャックマンを主演に迎え、戦時下の当地を舞台に綴るアドベンチャー・ロマンです>>『オーストラリア』関連原題: AUSTRALIAジャンル...... more
Tracked from 銅版画制作の日々 at 2009-03-20 12:12
タイトル : オーストラリア◇AUSTRALIA
オーストラリア♪ついに観た!  ニコール・キッドマンの美しさとヒュー・ジャックマンの野生的な男の魅力がなんともいえませんね。そしてローケションも素晴らしいです!豊かで広大な自然のオーストラリアを舞台に、繰り広げられる二人のラブロマンス。何でもオーストラリア版「ロミオとジュリエット」だとか・・・・・。 気位の高さそうな、サラ・アシュレイ夫人がニコール・キッドマンには似合っています。まるで人形のような顔立ちで、しかも隙のない雰囲気が漂っているところが、なんともいえません。それに対して牛追いの男でカ...... more
Tracked from あず沙の映画レビュー・ノート at 2009-06-08 11:39
タイトル : オーストラリア
2008 オーストラリア 洋画 ラブロマンス アドベンチャー 作品のイメージ:笑える、カッコいい、ドキドキ・ハラハラ、おしゃれ、スゴイ 出演:ニコール・キッドマン、ヒュー・ジャックマン、デヴィッド・ウェンハム、ブライアン・ブラウン 観る前は166分の長尺というのが気になったが、アクション、アドベンチャ... more
Tracked from Addict allci.. at 2009-08-13 16:24
タイトル : オーストラリア
遥かなる異国の地オーストラリアが、一人のイギリス貴族の女性の運命を変える 【関連記事】 ►オーストラリア(ラブシーン)1 壁紙 ►オーストラリア(キスシーン)2 壁紙 ►オーストラリア(...... more
Tracked from サーカスな日々 at 2009-10-20 15:34
タイトル : mini review 09409「オーストラリア」★★..
映画『ロミオ&ジュリエット』『ムーラン・ルージュ』のバズ・ラーマン監督が、壮大なオーストラリアの自然を舞台に描く運命的な愛の物語。主演は『ムーラン・ルージュ』に引き続きバズ監督作品参加となるニコール・キッドマンと映画『X-MEN:ファイナル ディシジョン』のヒュー・ジャックマン。広大なオーストラリア大陸のロケーションや、主要キャストをオーストラリア出身者で固めるなど、バズ監督のこだわりが随所に見ることができる。[もっと詳しく] オーストラリア出身のキャスト・スタッフたちには、必然のテーマであったか...... more
Tracked from はらやんの映画徒然草 at 2009-11-07 23:02
タイトル : 「オーストラリア」 物語る本能
「物語は人と人を繋ぐもの」 作品中でアボリジニの少年ナニが独白で語る言葉です。 ... more

by Excalibur
ブログトップ