【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

2012年 08月 31日 ( 2 )

e0033570_2201120.jpg

今夜はブルームーンだそうで。
e0033570_221338.jpg

といっても実は良くわかってないんですが、確かにいつもより月が綺麗に見えるような気がする。
e0033570_2215090.jpg

もっと性能の良いデジカメ買おうかな。
[PR]
by odin2099 | 2012-08-31 22:02 | 雑感 | Trackback(1) | Comments(2)
「信長、やってくれたぜ・・・・・・(泣)
織田信長、人生最大の危機、越前・金ヶ崎城で孤立!
一目散に逃げる信長、出世のチャンスに勇む?秀吉、妙にニヒルな光秀、そして巻き込まれた家康
のちに天下を狙う四人の試行錯誤、七転八倒の迷走ぶりと奇跡の決断をコミカルに描く痛快作」

「義弟・浅井長政の突然の裏切りにより、敵地・金ヶ崎城で孤立した織田信長。すべてをあきらめた信長、末端武将の木下秀吉はびびり、流浪の中年武将・明智光秀は捨て鉢になり、信長の盟友・徳川家康は我が身の運のなさを嘆く。
思考停止、パニック、狂態・・・・・・
のちの天下人らしからぬ行動をとりまくった戦国のヒーロー四人、最後の決断の行方は?」

e0033570_2215198.jpg帯のコピーで「面白そう!」と思って購入してから半年以上ほったらかしにしてましたけど、やっと積読から読了!
この四人が一緒に戦ったのはこの合戦しかなかったんですねー、知らなかったけど。

オール・オア・ナッシング、何事にも極端な信長、交渉事や雑事には天才的な冴えを見せるのに、軍事はからっきしダメの秀吉、一見穏やかな学者風、実はギャンブル好きな光秀、そして貧乏くじ引きまくり、忍耐親父は未来の姿で血気盛んな家康、という具合に四人のキャラが立っているので、そんなアホな、と思いながらもドンドン読んで行けちゃいます。
一般的な光秀や家康のイメージとは大きく違うのと、信長が自由すぎるのに拒否反応ある人もいるでしょうが、色々とツッコミながら読むのが正しいのでしょう。

ただ、ちょっと尻切れトンボすぎるのがねぇ・・・。
[PR]
by odin2099 | 2012-08-31 06:20 | | Trackback(1) | Comments(2)

by Excalibur
ブログトップ