【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

2012年 09月 08日 ( 3 )

e0033570_20263588.jpg

本来の清州城はここにありました。
e0033570_20263268.jpg

遠くに天守が見えるの、わかるかなあ。
e0033570_20265994.jpg

何もないとこに建てただけに違和感タップリ。
e0033570_20265485.jpg
e0033570_2027183.jpg

天守内部では、NHKの大河ドラマで使った衣装やそのレプリカが展示されてました。
e0033570_20273036.jpg

本物ならわかりますが、衣装のレプリカって価値があるのかな。
e0033570_20275857.jpg
e0033570_20275436.jpg

近くに寄ると確かに迫力あるんですよね。
e0033570_20283492.jpg
e0033570_20282494.jpg

[PR]
by odin2099 | 2012-09-08 20:31 | 史跡 | Trackback | Comments(0)
著者としてクレジットされているのは、クリストファー・ヨースト(作)、エリック・ピアソン(作)、ルーク・ロス(画)、ダニエル・HDR(画)、アガスティン・パディラ(画)、ウェリントン・アルブス(画)の6人。アメコミの仕組みはなんかややこしいですな。
タイトルにあるフューリーとは、もちろんシールドの司令官ニック・フューリーのこと。<マーベル・シネマティック・ユニバース>のオフィシャル・エピソードとして刊行されたコミック本で、「フューリーの多忙な7日間」と訳されとります。

で、何が多忙な7日間かというと、『アイアンマン2』と『インクレディブル・ハルク』と『マイティ・ソー』、それに『キe0033570_203025.jpgャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』の冒頭とラストの部分が実は同時並行して起こっており、これが実に7日間の出来事だということ。

キャプテン・アメリカは氷漬けで発見されるわ、トニー・スタークは死にかけて自暴自棄になってるわ、行方不明だったブルース・バナーの居所が分かったと思ったら、軍がアボミネーションを誕生させちゃうわ、アイアンマンとウォーマシンはウィップラッシュとドローン軍団と激突するわ、空からハンマーは降ってくるわ、ハルクはNYで暴れるわ、ソーはデストロイヤー軍団と戦うわで、こりゃ落ち着いてなんかいられませんなあ。

イライラしっぱなしのフューリーの元、フィル・コールソンとブラック・ウィドウとホークアイが大活躍! というよりあっちこっちへ飛ばされ、こき使われまくってます(苦笑)。こっちも可哀想だ。

残念ながらマンガとしてはさほど面白くないが、映画ではどうなったかわからない「Mr.ブルー」ことサミュエル・スターンズ博士のその後が描かれたり、『アベンジャーズ』に出てくる新兵器が、回収したデストロイヤーを元に研究・開発されたものだったりと、あくまで裏話を楽しむものだと割り切った方が良さそう。
[PR]
by odin2099 | 2012-09-08 20:04 | | Trackback | Comments(0)
『グイン・サーガ・ワールド』の5巻が刊行されました。<グイン・サーガ続篇プロジェクト>の第2期がスタートした訳です。
そして遂に五代ゆう『パロの暗黒』、宵野ゆめ『サイロンの挽歌』の2作品、<グイン・サーガ>正篇続篇の連載が始まりました。
e0033570_17451665.jpg

絶筆となった130巻の直接の続きではないものの、やはり正篇の続きともなると複雑な心境になりますねえ。今のところ、二人の作家がそれぞれ「パロ」編と「ケイロニア」編の続きを別々に書き継いでいくとのこと。いずれどこかで合流することもあるのでしょう。

また合わせて『グイン・サーガ・ワールド』第1期の1~4巻に連載されていた久美沙織の『星降る草原』が、<グイン・サーガ外伝>23巻として出版されましたが、こちらもウーン・・・。
未完と思われた作品が語り継がれていくのは嬉しい反面、そのまま<グイン・サーガ>の新刊としてカウントされていくのはどうかなあという気がしますし、一方でこれが<新グイン・サーガ>などと冠されていたら、それはそれで不満を抱いたことでしょうし・・・。

ともあれ、現在<グイン>再読中ですので、この新刊を読むのは当分先のこと。その頃には個人的なわだかまりがすっかり解消されているやも知れません。
シェアワールドと化した<グイン>の世界を、楽しみたいと思います。
[PR]
by odin2099 | 2012-09-08 17:46 | | Trackback | Comments(0)

by Excalibur
ブログトップ