【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

2012年 09月 16日 ( 2 )

e0033570_19344131.jpgCIAの凄腕エージェントのF.D.R.とタックは親友同士。だがローレンという同じ女性に惚れたことから、二人の関係に亀裂が走る。表向きは紳士協定を結び、正体を隠して正々堂々と勝負しようと誓い合う二人だったが、裏では職権を乱用し、重要任務と偽ってそれぞれ精鋭チームを結成。ハイテク機器を駆使して彼女のデータを収集し、スパイ衛星や無人偵察機で互いの行動を監視し、デートの妨害をするなどやりたい放題。一方のローレンも二人の内どちらか一人を選ぶことが出来ず、ズルズルと関係を続けていた。
だがそんな時、二人に恨みを抱く闇商人が彼女に近づいていた・・・。

二人の男の間で揺れ動くヒロインにリース・ウィザースプーン、名コンビのF.D.R.とタックにクリス・パインとトム・ハーディ。リース・ウィザースプーンはこういう役柄は嵌るねえ。
監督のマックGも『ターミネーター4』なんかより、『チャーリーズ・エンジェル』やこういう作品の方が本領発揮という感じ。バカバカしい話を大仕掛けで映画化してくれているのが嬉しい。
ただ実年齢を考えると仕方ないけど、どうしてもリース・ウィザースプーンが二人よりもずーっと年上に見えちゃうのが難。ブラッドレイ・クーパーやサム・ワーシントンも候補に挙がっていたようだが、その方が説得力あったかも。
[PR]
by odin2099 | 2012-09-16 19:36 |  映画感想<ハ行> | Trackback(19) | Comments(2)
e0033570_9495671.jpg以前出た単行本(1983年・・・ということはもう30年ぐらい前だったのか。そんなに時間経ったんだね)も持ってますが、手軽に読める新書版で復刻されたと知り即座に購入。

豊島区椎名町にあった「トキワ荘」は、多くの漫画家たちが住み、通い、漫画家の”梁山泊”などとも呼ばれていたアパートですが、そこで青春時代を送った漫画家たちが当時の思い出を綴った短編集で、1969年から70年にかけて雑誌『COM』に連載されたものをまとめたものです。
実録風のものもあれば、イメージだけで構成された実験的なものもありで、流石にバラエティーに富んでいます。同じ頃に同じ場所で時を過ごした各人の個性の違いも伺えて大変愉しいものになっています。

執筆陣は手塚治虫、つのだじろう、藤子不二雄A、永田竹丸、寺田ヒロオ、森安なおや、鈴木伸一、よこたとくお、赤塚不二夫、長谷邦夫、水野英子、そして石ノ森章太郎。
鬼籍にはいらられた入られた人が増えてきたのが寂しいですが、何とも豪華なメンバーです。
[PR]
by odin2099 | 2012-09-16 09:50 | | Trackback | Comments(0)

by Excalibur
ブログトップ