【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

2014年 07月 05日 ( 1 )

ひところ自社アニメの続編を乱発していたディズニーは、最近では自社アニメの実写化プロジェクトを積極的に進めているようで、こちらは『眠れる森の美女』の実写リメイク作品。
原典でオーロラ姫に呪いをかける悪い妖精マレフィセント、今度は彼女を主人公に据え、悪役視点で新しく描くということから興味津々だったのだが、結局のところは「悪役視点」の物語ではなかった。


e0033570_19253793.jpg彼女の生い立ちから始まり、一人の人間の少年との出会いが彼女を大きく変え、そのまま行けば幸福なフェアリーストーリーが紡がれていたかも知れないが、やがて少年の変貌が彼女の運命をも大きく変えてしまう。何故マレフィセントはオーロラに呪いをかけてしまうのか、その理由が明らかにされてゆく。


皆が知るものとは違う真の『眠れる森の美女』とは斯様なお話だったというアナザーストーリーで、言わばマレフィセントは正統派になり損ねたディズニー・プリンセス。
「悪女」でありながらも「母性」を強く感じさせるキャラクターで、呪いをかける一方で慈しみ、陰ながらオーロラ姫の成長を見守る姿は正にヒロインのそれ。そしてオーロラも慕いこそすれ、基本的に彼女を拒絶はしない。


原典を踏襲したキャラクターとしては他に、オーロラを育てる三人の妖精たち(名前は変えられ、役立たずぶりが強調されたトラブルメーカーに)や、マレフィセントの手下として活躍するカラス(今回はマレフィセントの力で、人間体をはじめ様々な姿に変身する)、それにフィリップ王子らが登場するものの、むしろ原典を知らない方が混乱が少なく、楽しめるかも知れない。


オーロラ姫役のエル・ファニングは、可憐ではあっても芯に置くには些か線が細い嫌いはあるものの、美しい映像と何よりもアンジェリーナ・ジョリーの圧倒的存在感に酔い痴れる一本。
『アナと雪の女王』に続いて、王子と姫のキスがハッピーエンドの重要な要素にはなり得ていないのは、ディズニーの新しいトレンドなのだろうか。


【ひとこと】
日本語吹替版はそれほど悪くはない。
が、あくまでも「悪くはない」程度。
実力無視、知名度頼みのキャスティングはいつになったらなくなるのだろうか……?


[PR]
by odin2099 | 2014-07-05 19:27 |  映画感想<マ行> | Trackback(27) | Comments(4)

by Excalibur
ブログトップ