「ほっ」と。キャンペーン

【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

2017年 02月 07日 ( 1 )

e0033570_20182938.jpg鉄竜会が仕切る賭博船が爆破され、組長が死んだ。犯人はホークというコードネームを持つ殺し屋だが、既に死んだ筈で「バミューダの亡霊」と呼ばれていた。船にはルパン三世、次元大介、峰不二子が金目当てで密かに乗り込んでおり、ホークのターゲットは彼らだったのだ。組長のボディガードとして雇われていた五エ門は一度はホークを追い詰めたものの、逃げられてしまう。
ホークはなおも執拗にルパンたちを狙い、公安の銭形警部もルパンとの繋がりを直感しホークを追う。そして屈辱を味わった五エ門もまた、ホークを仇と付け狙う。
そして五エ門とホークが再び対峙する時がやってきたが…?!

「次元大介の墓標」に続く第二弾で、「峰不二子という女」から始まる「LUPIN THE IIIRD」シリーズとしては第三弾。
この調子だと第四弾、第五弾もありそう。次にフィーチャーされるのはルパン本人か、それとも銭形警部か?
前作同様OVAの先行お披露目という体裁で、一本の作品ではなく前後編を続けて上映する形式。

このシリーズの特徴としては、まだ仲良しグループの「ルパン・ファミリー」結成前ということ。
ルパンも次元も五エ門も不二子も、みんな自分の好き勝手につるんだり敵対したり。馴れ合いじゃないこの関係、いいなあ。また銭形もルパンにやられっぱなしのコミカルさは影を潜め、酸いも甘いも噛み分けた切れ者として出てくるので渋くて格好良い。

e0033570_20183945.jpg前作はかなり出来過ぎな感があったのに比べると、本作は数段落ちる。
こちらも自然と期待値を上げてしまっていたが、ホークが不死身な理由、そのホークにルパンたちの抹殺を指令した黒幕の正体など気になる謎解きは一切ないし、五エ門のストイックさを強調する為か殺伐としたシーンが多く、多少なりともグロテスクな描写があることには閉口した。
まあいつものルパンは年に一回のTVスペシャルやら、一昨年から昨年にかけて放送されたシリーズやらで楽しめば良いので、きちんと差別化は図られているからこれでもいいのだろうが。

ところで見ていて一番気になったのは声!
ルパンと次元の二人は今すぐ変えて欲しい。
本家を越える年数を演じながら一向に進歩しない物真似ルパンと、老いを隠せず衰えぶりが気の毒になってくる次元は辛すぎる。


[PR]
by odin2099 | 2017-02-07 20:19 |  映画感想<ラ行> | Trackback | Comments(0)

by Excalibur
ブログトップ