【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

2017年 03月 03日 ( 1 )

人気怪獣が続々と登場する「ゴジラ」映画10本目の記念作品!
――のような雰囲気を漂わせてはいますが、見終ってそういう気持ちになる人は少数派でしょうな。
なんせゴジラもミニラも架空の存在、少年の心の中に住んでいる、そういった世界観なんですから。
シリーズ唯一のメタフィクションですねえ。

だからなのか、出てくる怪獣は殆ど流用フィルムでの登場。
e0033570_22101516.jpgそう、映画の中に出てくる少年は僕らと同じで、きっと映画館やテレビでゴジラの勇姿を応援しているのでしょう。
でも少年の分身=ミニラと向き合う場面は当然新作。
そのミニラがいじめっ子怪獣ガバラと戦うシーンも新作。ガバラというのも、自分をいじめるガキ大将のアバターですからね。
「ガバラなんて怪獣、いたっけ?」と死神博士、じゃない発明家のおじさんに突っ込まれちゃうことからもこれは明白。ゴジラやラドンはきちんと認知されてるんですからねえ。

実際のところは予算がなくて旧作からの使いまわし前提でお話組み立ててるんでしょうけど、それにしちゃあよくやってると思います。
知らないで見れば、確かに色々な怪獣が出てくる豪華な映画だと思ったかもしれません。
ただこの<東宝チャンピオンまつり>時期の「ゴジラ」映画を続けて見ると、ものすごーく辛い、というか飽きる。
なんせ怪獣大暴れ、都市破壊シーンの大半が見たことのある映像、しかも前作、前々作でも使っていたものだったりで、ホントにお金がなかったんだなあ。

ところで最後、いじめを克服した一郎くんが、今度は悪ガキの仲間入りしたのはハッピーエンドと受け取って良いのかいな?
「やったぜベイビー!」とか浮かれてる場合じゃございやせん。

<過去記事>
http://odin2099.exblog.jp/8925959/


[PR]
by odin2099 | 2017-03-03 20:16 |  映画感想<カ行> | Trackback(1) | Comments(0)

by Excalibur
ブログトップ