【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

2017年 03月 10日 ( 1 )

e0033570_21062098.jpg猛暑で宿題どころではないのび太は、ドラえもんの提案で漂流する巨大氷山へ。そこで10万年前の氷の中に埋まっていた不思議なリングを発見する。
その落とし主を探そうとジャイアン、スネ夫、しずかと一緒に氷山のルートを辿ると、それは南極大陸へと続いており、その氷の下には謎の古代都市が眠っていた。
謎を解くためにタイムベルトを使って10万年前の世界へやってきたドラえもんたちは、そこでヒョーガヒョーガ星からやってきたというカーラという一人の女の子と出会う。ここは彼女の先祖たちが築いた都市で、彼女とヒャッコイ博士は、故郷の星を氷漬けにした石像ブリザーガを封印するリングを探し求め、ようやくそれを手に入れたものの落としてしまったのだという。
だが遺跡を守っている石像たちに襲われ、更にブリザーガが復活!
はたしてドラえもんたちは地球を氷漬けにされる前に、ブリザーガを封印することが出来るのか?

氷山はどうやって誕生したのか?というウンチク話に、南極大陸の氷の下に眠る超古代文明、はたしてこれは伝説のアトランティスなのか?というロマン溢れる展開、それにドラえもんと偽ドラえもん、ちゃんと本物を見分けることが出来るのか?とのび太とドラえもんとの絆の深さが試される局面があったりと、雄大かつ壮大な音楽に彩られ最初から最後までワクワク。
長篇映画37作目、実に久しぶりに劇場のスクリーンで見る「ドラえもん」だったが、十二分に楽しめた。
過去の世界に取り残されてしまったドラえもんを救うべく、計画を立てリーダーシップを取るのび太の姿が逞しい。

ヒョーガヒョーガ星人が連れて来た動物がパオパオで、ヒャッコイ博士の着るスーツがジャングル黒べえソックリなのはファンサービス?
ただブリザーガの描写が、どことなく「もののけ姫」に出て来たシシ神(ディダラボッチ)っぽいのは気になった。


[PR]
by odin2099 | 2017-03-10 21:37 |  映画感想<タ行> | Trackback(1) | Comments(2)

by Excalibur
ブログトップ