【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

2017年 03月 16日 ( 3 )

最近は「応仁の乱」がブームなんだそうですが、そんなこととは露知らずに買った本を読み終わりました。
いま話題になっている新書とは別の新書です。
今年は「応仁の乱」勃発550周年の節目にあたるそうで、それで関連本も色々出ているようですが、恥ずかしながら全貌については良く知りませんでした。

e0033570_20481062.jpg「応仁の乱」というのは将軍家の継嗣争いや、斯波家や畠山家といった有力守護大名家の家督争い、細川家と山名家という室町幕府内の名門同士の権力闘争、それに守護大名同士の争いなどいくつもの要因が重なって起ったもの。
ということは同族内での対立が多いために、似たような名前の人物が東軍と西軍に分かれて争い、これが東軍から西軍に鞍替えしたりと、敵味方の色分けがなかなか難しいようです。
おまけに関東地方ではそれとは別の権力争い「享徳の乱」が発生していたりで、もうムチャクチャ。

この本では時系列にポイント、ポイントを絞って解説してくれているので、初めて「応仁の乱」がわかった気になりました。
またこの時期に台頭してきた大名の存在が、続く戦国時代や織豊時代では主役に躍り出ることを考えると、じっくりと向き合うべきですね。
この本を読んでもまだまだ敵味方を混同している有様ですが、興味深い人物やエピソードには事欠かないようですし、それを知らないのは勿体ないなあと思うようになりました。


[PR]
by odin2099 | 2017-03-16 20:49 | | Trackback | Comments(0)
第二次怪獣ブームは変身ブームとも呼ばれていますが、その渦中に作られたこの13作目の「ゴジラ」にもその影響が色濃く表れています。
それがジェットジャガー!

しかしこのジェットジャガーはヒーローとして中途半端。
ロボットなのに巨大化するし、最初は悪者に操られ、途中で自我に目覚め、ってキカイダーみたいなシチュエーションも。

e0033570_20452720.jpgこの映画が公開されてから約2週間後には、テレビシリーズ「流星人間ゾーン」が始まります。
ガロガバラン星人に襲われ地球へと逃れた平和な星ピースランド星人の一家が、地球をも侵略のターゲットにしたガロガから地球を守るために立ち上がるというストーリーで、ゴジラやキングギドラ、ガイガンら映画で活躍する東宝怪獣のゲストが売りでしたが、どうせならそのパイロット的な作品でも良かったんじゃないのかなあと常々思っておるのです。

テレビの第1話の拡大版、あるいはその前史的なお話や、テレビに先行して前後編エピソードを再編集して公開するとか、新ヒーローのゾーンファイターを売り込むと同時に、従来の「ゴジラ」映画に新風を吹き込むことが出来たんじゃなかたのかなと妄想するのですが、これは今日的な発想ですかね。

いやあ、出来上がったこの「ゴジラ対メガロ」があまりにも詰まらなくて……。

<過去記事>
http://odin2099.exblog.jp/10457670/


[PR]
by odin2099 | 2017-03-16 20:47 |  映画感想<カ行> | Trackback(1) | Comments(2)
劇場版<マジンガー>シリーズを一通り見終りましたので、引き続き「惑星ロボ ダンガードA」劇場版へ突入します。
テレビシリーズ自体も「UFOロボ グレンダイザー」の後番組なので、原作者は永井豪から松本零士にバトンタッチしていますが、スタッフやキャストは一連の作品群の流れを汲んでいますので、さほど違和感覚えずに続けて見ていたという人も多いでしょう。
製作の裏側の情報が詳細に伝わる現在と違い、当時の小学生には原作者が違うとか、脚本や演出、キャラクターのデザインが誰だとか、そんなものは気にならなかった、気にしていなかったと思われますので、この作品も広義には<マジンガー>シリーズの一本といっても良いのかもしれませんね。
e0033570_20424155.jpg
でも同じような期待感を抱いて映画館へ足を運んだ子どもがいたとしたら、この映画にはちょっとガッカリしたかもしれませんね。
他作品のヒーローと共演するでもなく、大したイベント要素もないし。
あ、ジャスダム発進はテレビに先駆けての目玉だったか。

でも「対昆虫ロボット軍団」と謳ってる割に、相手は昆虫型の宇宙人ですが、ロボットは昆虫型ではないし「軍団」でもありませんので看板に偽りあり。
それに一文字タクマが拳法の達人みたいに描かれてるシーンがありますが、はて、タクマってそんなキャラクターでしたっけ?

ということで(?)、この映画の楽しみは流用BGMの出典探しにあります。
おそらく半数以上が他作品からの流用曲で、「ゲッターロボ」、「宇宙円盤大戦争」「グレンダイザー」、「大空魔竜ガイキング」と多岐に亘っています。
全て「ダンガードA」同様に菊池俊輔サウンドですし、流石に「ゲッターロボ」、「ゲッターロボG」、「ガイキング」にも主演していただけのことはあって、これが神谷明の絶叫に合うんですなあ。

<過去記事>
http://odin2099.exblog.jp/22788067/


[PR]
by odin2099 | 2017-03-16 20:43 |  映画感想<ワ行> | Trackback | Comments(0)

by Excalibur
ブログトップ