【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

2017年 05月 05日 ( 2 )

獣電戦隊キョウリュウジャー、特命戦隊ゴーバスターズ、恐竜戦隊ジュウレンジャー、爆竜戦隊アバレンジャー、それに列車戦隊トッキュウジャーと5大戦隊が入り乱れる1時間強の娯楽編です。
ご贔屓の坂本監督作品なだけに面白いことは面白いんですが、流石にこれは詰め込み過ぎの感がありあり…。

e0033570_21574482.jpgスーパー戦隊VSシリーズのウリの一つといえば、2大戦隊を解体してのシャッフルタイム。意外なメンバー同士が協力したり、納得のコンビネーションプレーが飛び出したり、というのがお楽しみなんですが、今回はそれは控えめで、キョウリュウジャー、ゴーバスターズそれぞれが自分たちの持ち場で戦うことで協力関係が築かれる、というちょっと目新しい形になっております。
特にゴーバスターズはプロフェッショナルな集団ですから、それも「らしい」とは思います。

ということで前半はキョウリュウジャーとゴーバスターズの共闘関係も良い感じなのですが、ジュウレンジャーとアバレンジャーが揃って復活してくる終盤になると、途端にゴーバスターズの印象が薄くなります。
というかクライマックスバトルの序盤戦、ゴーバスターズは完全に蚊帳の外です。
それでも敵に止めを刺すのは2大戦隊の役目ですが、ちょっと交通整理には失敗しているようですねえ。

で、毎回恒例の新戦隊のお披露目ですが、やっぱり本編中に組み込むのは無理と判断したんでしょうね。
エンドロールの後にトッキュウジャー単独で大活躍する短編映画がオマケについてます(違!)
ユニークなトッキュウジャーのファーストプレビュー、多くのファンに印象付ける特別映像といった感じではありますが、最後は「あれ?何の映画を見に来たんだっけ?」という気分で劇場を後にしたのは良かったのか悪かったのか???

【ひとりごと】
この映画のテーマとなってるのは「バディとの絆」。
ダイゴとガブティラ、そして他のキョウリュウジャーたちと獣電竜たちとの繋がり、それを語るにはやはりバディロイドとの絆の力で戦ってきたゴーバスターズは説得力ありますが、うーん、その割に劇中に出てくるバディロイドはニックだけ? ウサダもゴリサキもいないとは淋しいのお。

<過去記事>
http://odin2099.exblog.jp/22495743/


[PR]
by odin2099 | 2017-05-05 21:58 |  映画感想<サ行> | Trackback | Comments(0)
泉里香1St写真集「Rika!」
e0033570_21524607.jpg
デビュー間もない頃の、「美少女戦士セーラームーン」でセーラーマーキュリーこと水野亜美を演じてた「浜千咲」時代から知っているだけに、「遅咲きのグラビアアイドル」としての昨今のブレイクぶりには驚きです。あれからもう15年近く経っているのですから。
それに共演者の沢井美優(セーラームーン)、北川景子(セーラーマーズ)、安座間美優(セーラージュピター)、小松彩夏(セーラーヴィーナス)が何れも現役で、未だに定期的に集まってるという話を聞くのも嬉しいものです。
しかしブレイクも当然の素晴らしいボディの持ち主で、なんでもっと早く解禁してくれなかったのかなと少々残念な思いも。
水着や下着の写真は多めですが、過度な露出はなく、男性女性問わず受け入れられそう。当分彼女の快進撃は続きそうですね。

橋本マナミ「流出」
e0033570_21525531.jpg
彼女のプライベートに密着、というよりもプライベートを盗撮といった按配の写真集で、これはなかなかのアイディアもの。着替えのシーンや入浴シーンが多く、いけない瞬間を覗き見してる感覚に囚われます。
これらのショットでは全裸を披露してますが、もちろん肝心な部分は見せないようにアングルは工夫されていますが、なかには銭湯のショットのように、別の女性の裸によって彼女の裸を隠す、という巧妙なものも。
別の女性の裸を見せられているために、違うとわかっていても彼女自身の裸を見ているような、そんな錯覚に陥るのです。
しかしこの写真集はこれで良いですが、そろそろ彼女には一度スパッと脱いで欲しいと思っているのは自分だけ?

安枝瞳ラストグラビア写真集「やっさん」
e0033570_21532211.jpg
幾つかオマケは付いていますが、写真集としては異例の高値。
それに見合ったものになっているかどうかは、ファン一人一人の受け止め方でしょうね。
今回でグラビアの仕事は卒業ということで、彼女の集大成的なものになっています。
これが写真集としては3冊目になるんでしたか。前2冊の流れからするともっと過激な露出を求められそうなので、その辺りも踏まえての引退発言、というのは穿ちすぎですか。
しかし彼女にも一度はオールヌードを披露して欲しかったなあとは思います。
今回もバックショットでは全裸のものもありますが、総じて正面からのものが少ない気がしますので、最後くらい正面からのヌードも見たかったものです。


[PR]
by odin2099 | 2017-05-05 21:54 | | Trackback | Comments(0)

by Excalibur
ブログトップ