【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

2017年 12月 10日 ( 1 )

ケネス・ブラナーの監督・主演、トム・ベイトマン、ペネロペ・クルス、ウィレム・デフォー、ジュディ・デンチ、ジョニー・デップ、ジョシュ・ギャッド、デレク・ジャコビ、レスリー・オドム・ジュニア、ミシェル・ファイファー、デイジー・リドリー、マーワン・ケンザリ、オリヴィア・コールマン、ルーシー・ボイントン、マヌエル・ガルシア=ルルフォ、セルゲイ・ポルーニンと豪華キャストを揃えたお正月に相応しいゴージャスな一篇。

e0033570_21014505.jpg既に決定版とも言えるシドニー・ルメット監督版が存在するので、ケネス・ブラナー版は自ずと異なるアプローチを試みている。
まずは車内や車窓を映してるショットを多用し豪華列車の旅ムードを演出し、次に鉄道会社の重役にしてポアロの友を若返らすとともに、アンドレニ伯爵やアーバスノットをアクティヴなキャラクターに替え、更にポアロにもちょっとしたアクションシーンを用意してテンポをアップ。これはポアロ役がアルバート・フィニーでは考えられない改変で、本作でのポアロの独自色を出すことにも繋がっているが、一方で映画がある意味で”軽く”なってしまった感があるのも否めないところ。

そして本作のポアロは自分で「おそらく世界一の探偵だ」と言ってしまう反面、事件解決の糸口がなかなか掴めず、激高し取り乱し苦悩するという未熟な一面も見せる。
鼻持ちならない変人でありながら、一方で”灰色の脳細胞”を駆使し事件を解決へと導く超人的なキャラクターは現代では受け入れられないと考えたのだろうか。その分ポアロらしさは希薄になってしまっているが。

またシドニー・ルメット版では、ポアロが手掛かりを掴む容疑者からの尋問シーンを丁寧に見せてくれたが、本作では幾つかの省略もあってこれでどうやってポアロが真相に辿り着いたのかが不明確な点があるのだが、どうやら謎解きの妙味は初めから二の次で、ポアロの”人間性”を描くことに主眼が置かれていたような節がある。

ということでミステリー映画としては多少もどかしさが残るものの、全体的な雰囲気は悪くはない。
ラストにポアロはエジプトで起きた殺人事件の為に召還されるが、続編として予定されている「ナイル殺人事件」のリメイク映画版の実現も期待したい。

ところで今回は吹替版を見たが、俳優たちが丁々発止のやりとりを見せる本作のような作品は、吹替版でじっくり見たいもの。
ところがポアロ役で起用された草刈正雄は元々特徴のある声の持ち主であるだけでなく、癖のある個性的な喋り方。それが更に役を作り込んで喋るので、聴いていてポアロにもケネス・ブラナーにも見えずに落ち着かなかった。優劣とは別に吹替に向かない人なのだ。
二枚看板のもう一人、山村紅葉は特別問題がなかっただけに残念だ。

【追伸】
「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」ではあまり女性らしさを感じなかったデイジー・リドリーだったが、改めて美人女優なんだなと感じた。吹替は「スター・ウォーズ」同様に永宝千晶で、このまま彼女で固定化されそう。


[PR]
by odin2099 | 2017-12-10 21:09 |  映画感想<ア行> | Trackback | Comments(2)

by Excalibur
ブログトップ