【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

ケネス・ブラナーの監督・主演、トム・ベイトマン、ペネロペ・クルス、ウィレム・デフォー、ジュディ・デンチ、ジョニー・デップ、ジョシュ・ギャッド、デレク・ジャコビ、レスリー・オドム・ジュニア、ミシェル・ファイファー、デイジー・リドリー、マーワン・ケンザリ、オリヴィア・コールマン、ルーシー・ボイントン、マヌエル・ガルシア=ルルフォ、セルゲイ・ポルーニンと豪華キャストを揃えたお正月に相応しいゴージャスな一篇。

e0033570_21014505.jpg既に決定版とも言えるシドニー・ルメット監督版が存在するので、ケネス・ブラナー版は自ずと異なるアプローチを試みている。
まずは車内や車窓を映してるショットを多用し豪華列車の旅ムードを演出し、次に鉄道会社の重役にしてポアロの友を若返らすとともに、アンドレニ伯爵やアーバスノットをアクティヴなキャラクターに替え、更にポアロにもちょっとしたアクションシーンを用意してテンポをアップ。これはポアロ役がアルバート・フィニーでは考えられない改変で、本作でのポアロの独自色を出すことにも繋がっているが、一方で映画がある意味で”軽く”なってしまった感があるのも否めないところ。

そして本作のポアロは自分で「おそらく世界一の探偵だ」と言ってしまう反面、事件解決の糸口がなかなか掴めず、激高し取り乱し苦悩するという未熟な一面も見せる。
鼻持ちならない変人でありながら、一方で”灰色の脳細胞”を駆使し事件を解決へと導く超人的なキャラクターは現代では受け入れられないと考えたのだろうか。その分ポアロらしさは希薄になってしまっているが。

またシドニー・ルメット版では、ポアロが手掛かりを掴む容疑者からの尋問シーンを丁寧に見せてくれたが、本作では幾つかの省略もあってこれでどうやってポアロが真相に辿り着いたのかが不明確な点があるのだが、どうやら謎解きの妙味は初めから二の次で、ポアロの”人間性”を描くことに主眼が置かれていたような節がある。

ということでミステリー映画としては多少もどかしさが残るものの、全体的な雰囲気は悪くはない。
ラストにポアロはエジプトで起きた殺人事件の為に召還されるが、続編として予定されている「ナイル殺人事件」のリメイク映画版の実現も期待したい。

ところで今回は吹替版を見たが、俳優たちが丁々発止のやりとりを見せる本作のような作品は、吹替版でじっくり見たいもの。
ところがポアロ役で起用された草刈正雄は元々特徴のある声の持ち主であるだけでなく、癖のある個性的な喋り方。それが更に役を作り込んで喋るので、聴いていてポアロにもケネス・ブラナーにも見えずに落ち着かなかった。優劣とは別に吹替に向かない人なのだ。
二枚看板のもう一人、山村紅葉は特別問題がなかっただけに残念だ。

【追伸】
「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」ではあまり女性らしさを感じなかったデイジー・リドリーだったが、改めて美人女優なんだなと感じた。吹替は「スター・ウォーズ」同様に永宝千晶で、このまま彼女で固定化されそう。


[PR]
# by odin2099 | 2017-12-10 21:09 |  映画感想<ア行> | Trackback | Comments(2)
『仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL/ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー』(2017)

e0033570_23471091.jpg仮面ライダーがお正月映画の顔になって本作が9作目。
タイトルは「MOVIE大戦」から「平成ジェネレーション」へと変わったけれど、現役ライダーと先代ライダーの共演が売りなのは変わらず。しかし今回「FINAL」と銘打っちゃったけれど、譲位は再来年だから予定通りなら来年末もまだ「平成」なんだけど、どうする気なんだろう。

それはさておきこの映画、何と夏映画からの続き。以前にも夏映画の事件に絡めたお正月映画はあったけれど、ここまで直結してるのは初めてだ。
幸い夏映画は見ているものの、TVの「仮面ライダーエグゼイド」と「仮面ライダービルド」を見たことない自分には相変わらずハードルが高いが、今回は夏映画も見てない一見さんにはチンプンカンプンかも。
夏映画の時は思い止まったけれど、やはりライダー映画からの引退も近いかも。

e0033570_23472356.jpgそれでも見始めると、なんとなーく右往左往してるだけのキャラクターたちの最低限の識別が付くようになり、各人の関係性もわかったようなわかんないような、で、とりあえずストーリーを追うのに支障がないくらいの理解度も得られたような気になってくる。
ビルドに変身するお兄ちゃんがゴーオンレッドに見えたり、小野Dに見えたりしたのは内緒だ。

そしてレジェンドライダー。
渡部秀、三浦涼介、福士蒼汰、佐野岳、西銘駿…は全員揃うシーンもないし、各人の出番も撮影にあたっての拘束は数時間かせいぜい一日か二日程度だろうと思うけれど、ただの顔見せに終わってないだけの存在感は醸し出してる。特に映司とアンクは隠れ主役といってもいいくらい比重が大きい。それに売れっ子になった福士蒼汰が仮面ライダーの現場に帰って来てくれたのは素直に嬉しい。

e0033570_23473816.jpg場内では笑いが起ったり歓声が上がったりしたので、各作品を見続けてきたファンには十分アピールする作品になっていたようだ。大槻ケンヂには失笑も漏れていたようだけれど。
アクションばかりで疲れてしまったけれど、半分は門外漢みたいな自分でもそれなりに愉しめたくらいだから、まだまだライダー映画は続くのだろうな。


[PR]
# by odin2099 | 2017-12-09 23:49 |  映画感想<カ行> | Trackback | Comments(2)
先日「ゴジラの対戦相手」という記事をUPしましたが、案の定というかやっぱりというか、掲示が変更になっておりました。
e0033570_15374474.jpg
アニメゴジラはお役御免。
代わって掲示されたのは――
e0033570_20104238.jpg
やっぱり「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」でした。

ジェダイのフォースは果たしてゴジラに通用するのか?!

[PR]
# by odin2099 | 2017-12-03 20:15 | 雑感 | Trackback | Comments(0)
e0033570_11003604.jpg雪に閉ざされ、身動きの取れない列車内で起こった殺人事件。犯人は乗客、乗員の中にいる。
ということで、これは一種の密室殺人になるのだろう。
偶然乗り合わせたポワロが事件解決に乗り出すのだが、容疑者にはアリバイがあり、更に殺害されたのは実は5年前に起きた残虐な幼児誘拐殺人事件の黒幕と黙される男だった。
マフィア同士の抗争の結果か、それとも復讐か。
ポワロは最後に二つの解答を示す。
一つは単純なもの、そしてもう一つは複雑に絡み合ったもの……。

最初から胡散臭い登場人物ばかりなのはミスリードを誘う演出だろう。
そしてそれを演じる俳優陣。これは豪華キャストならではの味で、正に大作に相応しいもの。
ポワロが終始尊大で、厭味ったらしく鼻持ちならない奴として描写されてるが、これは物語の悲劇性を強調する効果もあったのかもしれない。
約2時間の映画だが、事件が起きるまでが30分、ポワロの操作に60分、そして導き出された真相のお披露目に30分、と時間配分も宜し。

ポワロが一人一人を尋問するシーン、今までは何でそんな質問で核心に迫れるのかと思っていたものだが、久々にじっくりと見直してみると伏線はきちんと貼られていたのに気づく。
といってもこれだけの手掛かりから犯人を割り出せる観客がいるとも思えないし、アンフェアだと謗られても仕方ない部分もあるが、娯楽作品としては十分に堪能できる。
ケネス・ブラナーの監督・主演によるリメイク作品がもうじき公開になるが、そちらはどんな出来栄えになっているだろうか。

ちなみにこの物語は、実際に起きた著名な飛行士リンドバーグの子供が誘拐、殺害された事件にヒントを得たとのことだが(更にはオリエント急行が立ち往生したことも実際にあったらしい)、この映画の製作が始まったころはまだリンドバーグは存命だったのだな(映画の公開年に亡くなっている)。
原作小説の発表は事件より2年後のことだが、この作品に対するリンドバーグのコメントは残っているのだろうか。

ところでポワロは途中で部屋を移動しているが、もし当初のまま某氏とずっと同室だったら事件は起きなかっただろうか。
また被害者が誘拐殺害の実行犯ではなく、関係者と直接面識のない黒幕だったからこそ可能な犯行だった、とも言える。色々と考えさせられる一本であった。

<過去記事>
http://odin2099.exblog.jp/3390556/


[PR]
# by odin2099 | 2017-11-26 11:01 |  映画感想<ア行> | Trackback | Comments(0)
*** ネタバレ注意! ***

e0033570_19201399.jpg今年2本目、通算では「マン・オブ・スティール」、「バットマンVSスーパーマン/ジャスティスの誕生」、「スーサイド・スクワッド」、「ワンダーウーマン」に続く5本目になる<DCEU>の最新作。
この”ユニバース”作品群、前作前々作では<DCフィルムズ>と呼称していたが、本作のパンフレットを見ると<DCFU(DCフィルムユニバース)>とある。<MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)>のように、もういい加減オフィシャルで統一して欲しい。

仕上げ段階で監督のザック・スナイダーが降板し、ジョス・ウェドンが後を引き継いで完成させた(だけでなく再撮影を行うなど大きく手を入れたとの噂)という経緯があり、何故かゴタゴタの絶えない<DCEU>の現場だけに不安要素は大きかったが、上映時間を思い切って2時間に刈り込んだのが功を奏したのか、初めて何度でも見直したい、と思える作品になっていた。

といっても先行する<MCU>と違い、<DCEU>は伏線の貼り方が下手。いきなりステッペンウルフだ、マザーボックスだ、と言われてもその凄さがわからない(逆に<MCU>は露骨にやりすぎなこともあるけれど)。
これまでの作品で少しでもそれらに触れていたならば「未曾有の危機に強者集結」というワクワク感が増したと思うのだが、残念ながら唐突感は否めなかった。

またキャラクターの描き分けも下手。これは「アベンジャーズ」の一作目が奇跡的な出来栄えだったということもあるのだが、比較してしまうとジャスティス・リーグはせっかく超人が集まっていても烏合の衆に見えてしまう場面が多々ある。

パワーバランスも悪く、スーパーマンはチート過ぎるしバットマンはザコ過ぎる。アクアマンは海中での見せ場がないし、一応能力を発揮しているように見えるのはフラッシュとサイボーグだけ。
アベンジャーズも個々の能力差は大きいものの共闘のシーンでは各人の役割分担が決まっていて、それも正に適材適所だと見ていて納得出来るのだが、ジャスティス・リーグの戦いは見ていても誰の場面かがわかりづらい。

e0033570_19202893.jpgそして注目のスーパーマンの復活。「バットマンVSスーパーマン」のラストシーンの描写から、超自然的な力や奇跡が起こって復活するのかと思いきや、なんとマザーボックスのパワーでジェネシスチェンバーを起動、つまりテクノロジーの力でバットマンたちが甦らせてしまうとは…! まあ「有り」っちゃあ「有り」なんだけど、これはなんだか肩透かしされた気分。

と愚痴を言えばキリがないのだが、その一方で満足度も高い。
音楽担当のダニー・エルフマンは自作の「バットマンのテーマ」のみならず、ジョン・ウィリアムズ作曲の「スーパーマンのテーマ」もチラッと流してくれるし(勿論バーバリズムに溢れた「ワンダーウーマンのテーマ」も)、やっぱりヒーロー同士の共闘は燃える。それにワンダーウーマン、使い勝手が良いのかもしれないが、製作サイドから愛されてるなあ。
これに続く「ジャスティス・リーグ2」の企画は一端白紙に戻ったとも聞くが、今回参加してないヒーローも交えての再共演、是非とも実現して欲しいものだ。

これまでの<DCEU>には特別ポストクレジットシーンは用意されていなかったが、今回は2つ。
1つはフラッシュとスーパーマンが速さを競うというお遊び的なものだが、もう1つは脱獄したレックス・ルーサーがデスストロークに対し、ジャスティス・リーグに対抗して我々も手を組もうと持ち掛けるシーン。明確な次回作以降への伏線だが、果たしてこれを回収するのはどの作品になるのだろうか。

<DCEU>の次の作品は来年公開の「アクアマン」(今回はチラっと顔見せ程度の出番だったメラに期待。ワンダーウーマンに足りない”ボリューム”を補ってくれそう)だがこちらには絡みそうもないし、その次となると一応の公開日がアナウンスされている「ワンダーウーマン2」以外は「シャザム」、「フラッシュ」、「グリーンランタン」、「サイボーグ」、「サンドマン」、「ジャスティス・リーグ・ダーク」、「マン・オブ・スティール2」、「バットガール」、「ナイトウィング」、「ゴッサム・シティ・サイレンズ」、「スーサイド・スクワッド2」、「ザ・バットマン」とタイトルだけは列挙できるものの、全部実現するとは思えないしどこから着手するのかも不明。
持ち直したとも言われる<DCEU>ではあるが、ライバルの<MCU>に比べるとまだまだ不安定、先行き不透明と言わざるを得ないのが寂しい。


[PR]
# by odin2099 | 2017-11-23 19:24 |  映画感想<サ行> | Trackback(2) | Comments(2)
e0033570_19213607.jpg大ヒットした「シン・ゴジラ」に続くのは、全く意表を突いたアニメ版ゴジラ!
以前アメリカでは二度に亘ってアニメ版ゴジラのTVシリーズが放送されたことがあったが、日本国内で本格的にアニメ化されるのは初めてのこと。しかも三部作の第一弾というのだから恐れ入る。

ゴジラをはじめとする怪獣たちに蹂躙され、相次いで遭遇した二種の宇宙人の協力を得て、地球を脱出した人類たち。だが移住可能な惑星は見つからず、地球へと戻る羽目に。その間に地球上では2万年もの時が経っていた。
しかしそこは変わらずゴジラの支配する地だった。奪われた故郷を取り戻すべく、生き残った人類とゴジラとの戦いが再び繰り広げられる。

e0033570_19215628.jpg実写との差別化を図るという意味で未来世界を舞台にしたのはわからないでもないが、その世界にゴジラが存在している意義が見出せない。単に今まで(予算やスケジュール、技術的な問題などによる)制約があって描けなかった珍しいシチュエーションを作り出し、そこにゴジラを放り込めば目新しさが出るだろうと思ったのでなければいいのだが。

また二種類の異星人と共存しているというだけでも盛り込み過ぎな感があるが、出てくる人物が多く、しかも主人公を含めてあまり個性を発揮できる場が用意されていないので、見ていて誰が誰でどういう立場なのかが混乱する。
大体日本人と外国人でさえ描き分けられていないのに、そこへ異星人を混ぜるのは無謀な試みだろう(アニメの限界でもあるが)。これが実写で、生身の人間が演じるなり、特殊な加工を施したクリーチャーが出てくるのならば少なくてもビジュアル的には識別しやすいのだろうが。

e0033570_19222814.jpgSFアニメを見たなという気にはなるが、最後まで「ゴジラ映画」を見たな、という気分にはならなかった。
ゴジラに生物らしさがなく、金属の塊が動いているかのようにしか感じられなかったこともその理由の一つである。

ともあれこれは三部作の第一弾。残り二作を経て完結するまで論評は差し控えたい。

続編「GODOZILLA/決戦機動増殖都市」は来年5月公開。完結編となる第三弾も来年中の公開となるか?
そうなれば再来年――2019年に公開予定のレジェンダリー版「GODZILLA」の続編とはバッティングしないで棲み分けが可能になるだろうが。
e0033570_19263073.jpg


[PR]
# by odin2099 | 2017-11-19 19:27 |  映画感想<カ行> | Trackback | Comments(0)
新宿コマ劇場とコマ東宝、シアターアプル、そして隣接する新宿プラザが閉鎖され、跡地にTOHOシネマズ新宿を擁するビルが建てられて早一年半以上。
実物大のゴジラヘッドは海外からの観光客にも人気の撮影スポットとなってます。

今はこの下にシネコンで上映予定もしくは上映中の作品が掲示されることも珍しくなく、あたかもゴジラと戦っているかのような錯覚が。
今年の移り変わりをちょいと見てみましょう。

まずは――
e0033570_15290152.jpg
うーん、おめでたいとは言い切れず、あんまり正月に相応しくない組み合わせですねえ(^^;

e0033570_15303613.jpg
これは夢の対決!キングコング対ゴジラ!!

e0033570_15312142.jpg
ゴジラが対戦相手では、流石の不死身のウルヴァリンも分が悪い?
そういや本家コミックの方では実際に対決してるんだったっけ?

e0033570_15324589.jpg
ゴジラに追いかけられても、飄々と逃げ延びそうなキャプテン・ジャック・スパロウくん。

e0033570_15340213.jpg
オートボットならゴジラ相手に善戦するでしょうか?

e0033570_15344369.jpg
アイアンマンとタッグを組んでも、スパイダーマンには荷が重いか。

e0033570_15353895.jpg
エイリアンよりもゴジラの方が強そうですが、群れで襲ってきたらわからない?

e0033570_15363537.jpg
シーザーなら知恵を働かせてゴジラを撃退してしまうかも?なんて思ったりして。

e0033570_15374474.jpg
そして現在はある意味究極!
ゴジラ対ゴジラの対決となっております。

他にも「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」だった時期もあるんですが、綺麗に撮れた写真が残ってなくて…。

さて、来年はどうなるでしょう?
おっとその前に、年内にもう一度お色直しがあるかな。
正月映画の本命と言えば、やはり「最後のジェダイ」かなあ???

[PR]
# by odin2099 | 2017-11-19 15:42 | 雑感 | Trackback | Comments(0)
まもなく公開される「GODZILLA/怪獣惑星」の前日譚。スタッフ全面監修とあるので、準オフィシャルなものと思って良いのだろう。

e0033570_23470022.jpg1999年、人類は初めて怪獣に遭遇した。
そして2030年、ゴジラ出現。
結果人類は敗北を続け、2035年と36年に相次いで地球を訪れた異星人の手助けにより、2048年、地球外惑星への移民計画が発動。
その流れに沿って、個々の事件の生存者の証言をまとめたレポート、という体裁をとっている。

登場する怪獣はカマキラス、ドゴラ、ヘドラ、ガバラ、ダガーラ、オルガ、マンダ、ビオランテ、ジラ、ゴロザウルス、ラドン、アンギラス、マグマetc。
それぞれの登場シチュエーションや、関わった人物がかつての東宝特撮映画にオマージュを捧げたものになっているあたりも芸が細かい。
キョウヘイ・ヤマネ博士なんていう名前があったり、対するスーパーウェポンとして、スーパーXやスーパーXII、”海底軍艦”轟天号にマーカライトファーブ、メーサー光線車と至れり尽くせり。

e0033570_23484182.jpgアニメーション映画、ということで殆ど関心がなかった新作「ゴジラ」映画だが、これで少しは見てみようかな、という気持ちになってきた。

[PR]
# by odin2099 | 2017-11-12 23:49 | | Trackback | Comments(0)
e0033570_22511498.jpg渡辺宙明、伊福部昭、佐藤勝、渡辺兵夫ときて、今年5本目のスリーシェルズのコンサートへ。
場所はお馴染み、と言い乍ら毎回毎回迷う渋谷区文化総合センター大和田のさくらホール。
指揮は山崎滋、そして演奏は勿論オーケストラ・トリプティークの皆さん。Twitterもフォローしてくださっております。

第一部は「菊池俊輔音楽祭オープニング曲集」からスタートです。
「Dr.スランプ アラレちゃん」から「ワイワイワールド」、「仮面ライダー」から「レッツゴー!!ライダーキック」、「仮面ライダーV3」から「戦え!仮面ライダーV3」、「新造人間キャシャーン」から「たたかえ!キャシャーン」、「UFOロボ グレンダイザー」から「とべ!グレンダイザー」、「宇宙パトロールホッパ」の主題歌、そして「暴れん坊将軍」からオープニングと立ち回りBGM!

「アラレちゃん」だけ2コーラスでしたが、あとは1コーラスのみ。やはり1コーラスだと物足りないですね。
でも「ライダー」や「V3」は後奏?に中江真司の、「キャシャーン」の前奏には納谷悟朗の、「暴れん坊将軍」では若山弦蔵の、それぞれナレーションが聞こえてくるようでした。
演奏する方は大変でしょうけれど、聴く方としてはオープニング曲集だけで1時間くらい欲しいくらい。
「破裏拳ポリマー」とか「電人ザボーガー」とか「仮面ライダーX」とか「タイガーマスク」とか「アイアンキング」とか「氷河戦士ガイスラッガー」とか「ジャンボーグA」とか…って挙げだすとキリがないので、この辺にしておきます。

続いて「ゲッターロボ組曲」。これが今回の個人的な白眉です。
主題歌から始まり、メカザウルスの出現、ゲットマシン発進、戦闘…と続くと、音楽と共に神谷明の絶叫が甦ってきます。これだけで満足でした。
そして第一部の最後は「バビル2世組曲」。
実は「バビル2世」って放送当時も再放送も見てなくて(ビデオなどで2~3本を見た程度)、音楽が全然わかりませーん。
曲としてはユニークでなかなか面白いものが多いという印象を受けましたが、全くといってよいほど馴染みがないと、こういう時はちょっと辛いですね。同じ東映動画作品に流用されたりしたこともあったんでしょうか?

第二部は「ドラえもん組曲」。
主題歌、サブタイトルブリッジ、そして曲を聴いているだけで、あ、スネ夫が出て来た、ジャイアンが出て来た、秘密道具キター!
…となるのが凄いところですね。
ただ「ドラえもん」も初期の頃や劇場版くらいしかきちんと見ていなかったので、全部の曲に聴き覚えが…というわけではありませんでした。
アンコールとしてプログラムにはなかった「青空っていいな」と「ぼくドラえもん」も演奏してくれたのですが、「青空っていいな」が使われてた頃はもう全然見ていないので全く馴染みがありません…。

最後は今回のコンサートの目玉、「ドラゴンボールZ組曲」。「ナメック星編」中心に構成したものとのことで、演奏時間も最長だったのでは?
しかしこれこそ馴染みがないどころか全く見たことも聴いたこともない作品なので、途中で……

アンコールはもう恒例になってますけれど、みんなで歌いましょうのコーナーです。
レッツゴー!!ライダーキック」、「バビル2世」、「ゲッターロボ!」。
勿論歌詞カードなんか見なくても歌えます。やはり燃えます!菊池俊輔メロディー!!

ということで素晴らしい演奏を十分堪能はしたのですが、個人的にはちょっと辛い選曲・構成のコンサートだったかなあ…。
その辺りは次回以降に期待したいと思います。
e0033570_22513887.jpg
「宇宙円盤大戦争」「グレンダイザー」「大空魔竜ガイキング」あたりは組曲でじっくりと聴きたいですし、仮面ライダーシリーズのバトルミュージック・コレクション的なコーナーもあると嬉しいなあ。
「V3」とか「X」とか挿入歌にも燃える曲が多くアクションシーンを盛り上げていましたからねえ。
時代劇では「長七郎天下ご免!」と「若大将天下ご免!」を是非にも!
――などと妄想は果てしなく広がるのでありました。

客席には例によって宙明先生のお姿がありましたが、菊池俊輔先生はいらっしゃらなかったのかな。


[PR]
# by odin2099 | 2017-11-11 22:55 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
ソロアルバムをリリースすることはなかなかなくなってきているものの、ここ数年CDそのもののリリースは増えてる印象の松井利世子。
今年の春にこんなアルバムが出ていることに最近になって気付いた。
ハープの清水彩華とのデュオ・アルバムで、二人は高校、大学の同級生とのこと。
e0033570_22000265.jpg
収録されているのは――

 1. ロッシーニ:アンダンテと変奏 ヘ長調
 2. モリコーネ:ニュー・シネマ・パラダイス
 3. カッチーニ:アヴェ・マリア
 4. トゥルニエ:2つのロマンティックな前奏曲 Ⅰ
 5. トゥルニエ:2つのロマンティックな前奏曲 Ⅱ
 6. クライスラー: テンポ・ディ・メヌエット
 7. サンサーンス:白鳥
 8. ヴィラ=ロボス:黒鳥の歌
 9. マックスウェル:引き潮
 10. シュポア: ヴァイオリンとハープ 変ロ長調のためのソナタ Op.16 第1楽章
 11. シュポア: ヴァイオリンとハープ 変ロ長調のためのソナタ Op.16 第2楽章
 12. シュポア: ヴァイオリンとハープ 変ロ長調のためのソナタ Op.16 第3楽章
 13. マスネ:タイスの瞑想曲

ヴァイオリンとハープという組み合わせをじっくり聴くのはもしかすると初めてかもしれないが、双方が出しゃばって打ち消し合うこともなく、互いに引き立て合って奏でられる演奏は美しい。
ピアノとは違う繊細で優しいハープの音色は、案外バイオリンに合うのだなと認識を新たに。

「ニュー・シネマ・パラダイス」、「白鳥」、「引き潮」、「タイスの瞑想曲」…
初めて聴く曲も多く、そういった意味でも新鮮だったけれど、やはり白眉は「カッチーニのアヴェ・マリア」。
これは泣ける…。


[PR]
# by odin2099 | 2017-11-10 22:02 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
江戸川乱歩と横溝正史の関係について知ったのがいつ頃だったか覚えてないけれど、何か不思議な関係だなあとは思う。
ほぼ同時期に作家デビューをしたといっても二人の年齢差は8つ。辛うじて同世代と呼べるかどうか。
そして同じ探偵小説を愛する同好の士として出会い、作家としてはライバル関係にあり、一方で双方が編集者と作家という形で互いの創作を支え合う。
そんな二人を軸に、戦前戦後の探偵小説界を鳥瞰した一冊。
堅苦しい論評は抜きにしたエンタメ界の覚書、といったところか。
乱歩も横溝もかじった程度にしか読んでいないが、これを機に再入門も良いかもしれない。
e0033570_19491511.jpg

[PR]
# by odin2099 | 2017-11-09 19:50 | | Trackback | Comments(0)
7年ぶりのオリジナル・アルバムは、ソニー・ミュージック移籍第1弾でもあるとのこと。
3つのパートに分かれていて、いずれも和洋折衷の妙味が楽しめます。
「展覧会の絵」を和楽器で演奏するなんて、なかなか思いつかないだけに新鮮。
何曲かは再演奏版だけれど、既存のアルバム収録Versionnとも一味違ってます。
e0033570_18441282.jpg
【赤の月】
1.月のワルツ
2.赤い月
3.恋のアランフェス ~レッド・ヴァイオリン 「アメノウズメ」編
4.流浪の女
5.大地の歌
e0033570_18451826.jpg
【真白の月】
6.ホワイト・レジェンド「復活」 ~「白鳥の湖」より~
7.時の彼方に
8.展覧会の絵 ~日本の情景~
9.草原の弓
10.さくら
11.宵待の月
e0033570_18453073.jpg
【群青の月】
12.群青の宙
   (BS フジ「小山薫堂 東京会議」特別編エンディングテーマ)
13.ミッドナイト・ロード
   (映画「ミッドナイト・バス」テーマ曲)
14.流星
   (「ジャコメッティ展」テーマ曲)
15.夕顔 ~源氏物語より~ 「平安」編
16.Polo ~7 つのスペイン民謡より~
17.ブルーバード ~尺八ver.~
e0033570_18453859.jpg
それにしてもジャケットの写真、エロすぎるんですけど…(^^;


[PR]
# by odin2099 | 2017-11-08 18:47 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
e0033570_21182030.jpgフォースを現実に使うととんでもないことになるとか、ダース・ベイダーを活かし続けてる装甲服はとっても便利とか、デス・スターのスーパーレーザーの威力はどれくらい?とか、「スター・ウォーズ」世界の様々なネタを、現在の科学で解き明かすと…という(一応は)子供向けの一冊。

取り上げられてるのは6部作、と思いきや「フォースの覚醒」や「ローグ・ワン」のネタも拾われてるので、新しいファンにもOK。

「子供向け」と書いたものの、その実子供にはちょっと内容難しいかな?と思わないでもないけれど、背伸びしたがるものだし、これでいいのだ。

キャラクター解説などもあるので、「スター・ウォーズ」初心者でも付いていけそう。


[PR]
# by odin2099 | 2017-11-07 21:19 | | Trackback | Comments(0)
こちらは一足早いクリスマス用のコンピレーション・アルバム。
まだ出たばっかの新譜です。

収録曲は
 1.そりすべり
 2.ウインター・ワンダーランド
 3.シンコペーテッド・クロック
 4.ジングル・ベル
 5.行進曲~バレエ組曲≪くるみ割り人形≫より
 6.トレパーク~バレエ組曲≪くるみ割り人形≫より
 7.花のワルツ~バレエ組曲≪くるみ割り人形≫より
 8.クリスマス・キャロル・メドレー:荒野の果てに~諸人こぞりて~牧人ひつじを
 9.おもちゃの兵隊の行進曲
 10.サンタが街にやってくる
 11.ホワイト・クリスマス
 12.主よ、人の望みの喜びよ
 13.高き御空より我は来たれり
 14.目覚めよと呼ぶ声が聞こえ
 15.ブランデンブルグ協奏曲第2番 ヘ長調 BWV1047 第3楽章:Allegro assai
 16.ハレルヤ・コーラス
 17.アヴェ・マリア(バッハ=グノー)
 18.星に願いを
 19.アヴェ・ヴェルム・コルプス
 20.きよしこの夜
e0033570_20173535.jpg
加羽沢美濃さんのピアノがあったり、アキラさん指揮:大阪フィルの演奏があったりが珍しいところ?
しかしあんまりクリスマス・ムードが感じられないのは何故だろう?
選曲(曲というよりも演奏)や構成のせいだろうか。


[PR]
# by odin2099 | 2017-11-06 20:18 | 音楽 | Trackback | Comments(2)
***ネタバレ注意***

e0033570_07350939.jpg死の女神ヘラの復活によってアスガルドは崩壊の危機に。だがソーはムジョルニアを破壊され、辺境の惑星サカールへと飛ばされてしまう。
そこでソーが出会ったのは行方不明になっていたハルク。何とか彼を説得し、ヴァルキリーの生き残りや同じく追放されていたロキと手を結びサカールを脱出、アスガルドを救うための戦いへ――!

<マーベル・シネマティック・ユニバース>の17作目にして、「マイティ・ソー」シリーズの3作目。
ついでに言うと、今年日本で公開された<MCU>はこれで4本!
直接のシリーズ物・続編じゃないことや、日本での公開時期がずれたこともあったけれど、これは驚異的なハイペース。来年も再来年も3本ずつ予定され、さらに別会社からは「X-MEN」と「スパイダーマン」の関連作も公開予定で、2年間トータルのマーベル印の映画はなんと15本?! 
空前のマーベル・バブルはいつ弾けるか?!

今回は全体的にコメディタッチ。
冒頭の囚われのソーがスルトをおちょくる処から、今までの作品群とはかなり異質なテイスト。
オーディン(に化けたロキ)が見せる猿芝居――ソー役がクリスの実兄ルーク・ヘムズワース、ロキはマット・デイモン、そしてオーディンを演じているのがサム・ニールというなんて豪華な無駄遣いーーや、全編に漂うソーとロキ、ソーとバナー(ハルク)という二組の漫才コンビっぷりが大いに笑わせてくれる。

サカールを支配するグランドマスターも濃いし(コレクターの兄、という設定らしい。ジェフ・ゴールドブラムベニチオ・デル・トロが兄弟かあ)、序盤でチョイ役として出てくるドクター・ストレンジとソーのやり取りも笑えるので、コメディ映画という評価も間違いじゃない。
宇宙が舞台ということもあって、これまでの<MCU>作品の中では「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」正続二篇に近い印象を受けた。

その一方でオーディンが消えていく場面はしんみりとさせてくれるし、ヴォルスタッグ、ファンドラル、ホーガン、いわゆるウォリアーズ・スリーの雑魚っぷりには唖然。これで4人ともシリーズ退場か。
最後には復活してくるかと思ったが、そのまま。
多少抵抗して見せたホーガンはともかく、ヴォルスタッグとファンドラルは瞬殺。シリーズ・レギュラーの扱いとしてはあまりにあっけない。
そういえば今回レディ・シフは不在だったが、ヴァルキリーとキャラが被るから?

また今回ソーは多くのものを失う。
父、友人、ハンマー、そして故郷アスガルド。また自らの右目も失い隻眼の戦士となる。
コメディ映画との先入観を与えられていたので、最後までそのアンバランスさへの違和感は拭いされなかった。

e0033570_07352043.jpgヘラがソーやロキの姉(オーディンの娘)という設定は驚きだったが、その圧倒的強さが描かれるのは前半だけ。
クライマックスバトルではソーがパワーアップし、ハルクやヴァルキリーやロキと上手くチームを組んだせいか、さほど強大な感じはしない。その最後もよく分からず、あれはスルトと相討ち、ということでよいのだろうか?
ハッキリしないだけに、またどこかで再登場、なんて可能性があるのかもしれない。ケイト・ブランシェットが首を縦に振ってくれれば。

よくわからないといえば、ヘイムダルが民を匿っていた場所へヘラが現れた後、ヘラはソーと対峙するのだが、その時ソーは玉座に座ってる。ということは、ここは王宮?
見ていて色々と混乱したので、これはもう一回見に行くしかないのか。

確かに当初はあまり期待しておらず、この作品に続く「ブラックパンサー」同様に「アベンジャーズ/インフィニティウォー」の前座くらいにしか思っていなかったのだが、聞こえてくる好意的な声に段々と期待値を上げられたものの、いざ実際に見終ってみるとさほどの出来とは感じられず、絶賛の嵐に包まれた周囲との温度差、熱意の差を思い知らされてしまったのだが、これはそもそも<MCU>全体への期待値が高すぎたのが遠因なのかも。
パズルのピースの一つとしては十分に愉しめたのは間違いないからだ。

ラストは地球へ向けて脱出したソーに率いられたアスガルドの民たち。その傍らに寄り添うロキは、どうやらアスガルドに保管されていたインフィニティ・ストーンを持ち出したようだが、その前に立ち塞がるのがサノスの宇宙船。早くも新王の船出に暗雲が立ち込めたところで幕。
「ブラックパンサー」を経て、いよいよサノスとの地球を舞台にした一大攻防戦の始まり、ということで今度こそ期待は否でも高まる。

ところで今回吹替キャスト欄に米倉涼子の名前があったが、新録したのか?
名前が大きくなかったところを見ると、「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」からの流用?


[PR]
# by odin2099 | 2017-11-05 07:40 |  映画感想<マ行> | Trackback(11) | Comments(4)
タイミングを逸しちゃいましたけど、こんなCD見つけました。
うーん、先週なら良かったんだけどなー。
以前紹介した「クラシカル・クリスマス・ナイト!」の姉妹編といったところでしょうか。帯に宣伝が載ってました。
e0033570_18384797.jpg
10曲ずつの二つのパートに分かれてるらしく、<WONDER>と名付けられてる前半部分は――

 1. 「オペラ座の怪人」~序曲/A. L. Webber
 2. 前奏曲 嬰ハ短調「鐘」/ S. Rachmaninov
 3. 歌曲「魔王」/F. Schubert
 4. 山の魔王の宮殿で[付随音楽「ペール・ギュント」より]/E. Grieg
 5. 交響詩「禿山の一夜」/M. Mussorgsky
 6. 小人の行進(抒情小曲集 第5集より]/E. Grieg
 7. 怒りの日[レクイエム ニ短調より]/W.A. Mozart
 8. 組曲「仮面舞踏会」~ワルツ/A. Khachaturian
 9. 交響詩「魔法使いの弟子」/P. Dukas
 10. ドラマ「ミステリー・ゾーン」~テーマ The Twilight Zone/M. Constant

ラフマニノフの「前奏曲 鐘」って今回初めて聴いたかも?
なかなかドラマティックで、これ、「宇宙戦艦ヤマト」で使っても違和感なさそう…?
モーツァルトの「怒りの日」は、最近じゃCMなどで多用されてるからちょっとコミカルなイメージが付いちゃってる気がします。
ハチャトゥリアンの「仮面舞踏会」は近年、フィギュアスケートですっかりお馴染み。

後半の10曲は<MYSTERY>、こちらは――

 11. ヴァイオリン・ソナタ ト長調「悪魔のトリル」第2楽章 アレグロ/G .Tartini
 12. 妖精たちの行進曲 [劇音楽「真夏の夜の夢」より]/F. Mendelssohn
 13. 組曲「動物の謝肉祭」~水族館/C. Saint-Saëns
 14. バレエ「眠りの森の美女」~ワルツ/P. Tchaikovsky
 15. グノシエンヌ 第1番/E. Satie
 16. 操り人形の葬送行進曲/C. Gounod
 17. こんぺい糖の踊り[バレエ「くるみ割り人形」より]/P. Tchaikovsky
 18. 精霊の踊り/C.W. Gluck
 19. 火祭りの踊り[バレエ「恋は魔術師」より]/M. Falla
 20. 映画「ハリー・ポッターと秘密の部屋」~ハリーの不思議な世界/J. Williams

こういったコンピレーション・アルバムの良さは、新発見、再発見があること。
メンデルスゾーンもサン=サーンスも、サティやグルックの曲も、聴いたことはあるもののあまり馴染みがないものだったので、凄くお得な気分になりました。
グノーの「マリオネットの葬送行進曲」といえば「ヒッチコック劇場」。前半に「ミステリーゾーン」のテーマが入っているのと対比されてるんでしょうかね。

以前にも「恐怖音楽」集みたいなアルバムは聴いたことがありますが、ハロウィンはおどろおどろしいだけではなく、どことなくコミカルというかユーモラスがあるのが特徴というところでしょうか。
こういう企画モノ、どんどん出して欲しいものです。


[PR]
# by odin2099 | 2017-11-04 18:40 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
NHKのBSプレミアムで放送されている人気番組を再編集した劇場版、とのこと。
この番組は見たことがない、というより存在そのものも知らなかったが、たまたまこの劇場版の予告編を見て、出てくる猫の可愛らしさに観賞を決めた。

e0033570_20203933.jpgメインとなってるのは津輕のリンゴ農園で暮す猫の一家を2014年の初めから2015年にかけて、一年以上に亘って追いかけた映像。子猫の誕生から少しずつ成長していく姿が非常に愛らしい。
テレビでの未放映シーンも交えて再構成しているそうだが、最後には2年後、つまり今年の夏に撮影した最新映像も。
ちっちゃくて可愛い子猫の、すっかり逞しく立派になった姿を見ると、高々映画を見てる間の1時間半ちょっとしか経っていないのに、ずっと一緒に見守ってきたかのような錯覚にとらわれる。

その合間には世界各地で撮影したもののなかから、イスタンブール、リオデジャネイロ、ハワイ、モロッコ、シチリア、ギリシャの6か国分をピックアップ。その土地その土地に溶け込んだ様々な猫の姿をインターミッションとして挟み込む構成になっている。これまた個性的な猫のオンパレードで飽きさせない。

ナレーターは岩合光昭(出演も)と吉岡里帆。
この手のドキュメンタリーのナレーションは感情過多、説明過多で辟易するが、それはこの作品も同様。しかしそれが定番になっているのだから諦めるしかないのだろう。



[PR]
# by odin2099 | 2017-11-01 20:23 |  映画感想<サ行> | Trackback(1) | Comments(0)
書名を見てピンと来て購入した一冊。
思い立ったらすぐに出かけられ、日帰りできる場所を集めたガイドブック、といったところ。

e0033570_19543152.jpg基本的には電車やバスなどの公共の交通機関を利用して訪問できる所なのだけれども、中には「随分と遠くないか?」「ここまで日帰りで行くの?」などと思ってしまうスポットも。
自分がどこに住んでいるか、起点をどこに置くかによってもそこら辺は違うのだろうから、まあ、あんまり深く考えずに愉しむのが良いのだろう。

また「旅行」=「遠出」というイメージからするとあまりに身近な施設もあったりするけれど、これも変な先入観にとらわれてはいけないのだろうな。

全部で60のスポットが紹介されているけれど、その内自分が出かけたことがあるのは1割強。
まだまだ魅惑的なスポットが周りにはゴロゴロしてるんだなあ、と再発見させてくれた。


[PR]
# by odin2099 | 2017-10-31 19:55 | | Trackback | Comments(0)
e0033570_21200831.jpg東西冷戦末期のベルリン、MI6の諜報員ガスコインがKGBの暗殺者バクティンに殺害され、世界各地で暗躍するスパイの名前を記したリストを奪われてしまう。バクティンはKGBをも裏切り、闇ルートでリストを捌こうとしていた。
もしこのリストが明るみに出れば、国際情勢は大きく揺らぎかねない。MI6はCIAの協力を仰ぎ、リストを奪還すべく凄腕のエージェント、ロレーン・ブロートンを派遣、ベルリン支局のエージェント・パーシヴァルと共同で任務にあたらせる。
しかし極秘のはずのロレーンの到着は同じくリストを狙うKGBに筒抜けで、おまけにパーシヴァルも不可解な行動を見せる。実はロレーンにはもう一つ、二重スパイを探し出すという極秘任務も帯びていたのだ。

女スパイが主人公のスタイリッシュなアクション物かと思いきや、ハードで泥臭いサスペンスタッチの映画。誰が敵で誰が味方か、二転三転のどんでん返しが売りで、イアン・フレミングかと思ったらジョン・ル・カレだった、といったところ。
シャーリーズ・セロンはセクシーではあるものの、「女」の部分を強調したお色気サービスなシーンは皆無に近く(一応ヌードシーンは用意されてはいるものの)、ひたすら逞しいクール・ビューティーぶりを発揮している。

e0033570_21201983.jpg登場人物がやたらと多く、それも皆腹に一物ありそうな胡散臭い連中ばかりな割に外見的な特徴に乏しく、途中で誰が誰やら混乱してくる。
混乱と言えばクライマックスの怒涛の展開。裏切り者である二重スパイは、他人に罪を着せて始末し高跳びを図ろうとしたということなのか、あるいはそもそも二重スパイなどは存在せず、それさえも敵味方を欺くための周到に用意された罠だったということなのか。
今一つ得心がいかずに思っていたほど愉しめなかった。

ところでこの作品、シャーリーズ・セロンとジェームズ・マカヴォイは終始タバコをスパスパ。
おかげで見ていて気持ち悪くなってしまった。


[PR]
# by odin2099 | 2017-10-30 21:21 |  映画感想<ア行> | Trackback(14) | Comments(0)
こういう発想はなかったです。
一般的な、教科書や資料の類で見かける系図は父方のものですね。
誰の息子が誰で、誰それと結婚して息子が生まれ、それが結婚して…という具合に。
それを母方で作ってみたらどうなるのか。
歴史が違って見えてくるというわけです。

e0033570_19493575.jpg男系図では滅亡してしまっているように見える平家ですが、女系図では清盛の血筋はなんと今上天皇にも流れているんですね。”平氏”は今も立派に息づいています。

他にも清少納言と紫式部の孫が恋人同士だったり、母親の身分故に源頼朝が執拗に弟義経を攻めたのかとか、興味深い話がいっぱい。
新資料発見で歴史認識が変わる、というのはよくありますが、既存の資料の捉え方を変えるだけで、新しい発見があるというのはまさに「驚き」です。


[PR]
# by odin2099 | 2017-10-27 19:51 | | Trackback | Comments(0)
磯山さやか写真集「holiday」
e0033570_20030580.jpg
一体何冊目になるのかわかりませんが、彼女の最新写真集です。
しかしこの人は本当にイメージが変わりませんね。
内容も同じで、水着中心で露出が過激になることもなく、セミヌードと呼べるかどうか留まり。
良くも悪くもマンネリですが、逆に彼女の場合はその変わらなさを愉しむのが正解なのかな、と思えてきました。
彼女こそ「グラドルの鏡」と呼んでも、言い過ぎではないかも知れませんね。

石原さとみ写真集「encourage」
e0033570_20031008.jpg
発売されてすぐに重版がかかったほどのヒット写真集になりました。
水着のショットもあるにはありますが、全体通して露出が高いわけでもない写真集がここまで売れるとは、彼女の人気の高さが窺えますねえ。
インタビューや友人、家族との対談などプライベートにもバッチリ迫る、というのは王道のアイドル本の作り。
女優の写真集というよりは、遅すぎたアイドルのフォトブックという方が内容を的確に表しているかもしれません。

桜井日奈子2nd写真集「桜井日奈子!」
e0033570_20025847.jpg
以前は「CMで有名な娘」というだけのイメージでしたが、最近はドラマや映画の出演で名前を良く聞くようになりました。
「岡山の奇蹟」ももう20歳、ということでお仕事全開モード、ということでしょうか。
しかしこの写真集は全編「カワイイ」が詰まってます。
それに、昨今の写真集には珍しいと思いますが、水着や下着を含めてセクシーショットが皆無なこと。
アイドルよりも女優さんとして売っていきたい事務所の方針でしょうか。
これはこれで到って新鮮に感じられますね。


[PR]
# by odin2099 | 2017-10-26 20:04 | | Trackback | Comments(0)
「あらかじめ申し上げておきますが、本書は一部の方々が期待しているであろう、スタジオジブリに対する悪口雑言、ツッこみ放題、言いたい放題を活字にして私憤を晴らすという意図で出版されたものではありません(まあ、一部にはそれも含みますが)。」

前書きの冒頭部分ですが、かなーりぶっちゃけてます。
ジブリ批判は何故タブー視されていたかも含め、ここまで言ってOKなのは押井監督だから、なんでしょう。

e0033570_19513366.jpg映画ライター渡辺麻紀との対談という形式で、「風の谷のナウシカ(これはジブリ作品ではない、ときちんと前置き付き)」から「風立ちぬ」までの宮崎駿監督の10作品、「火垂るの墓」から「かぐや姫の物語」までの高畑勲監督の5作品、それに「耳をすませば」「猫の恩返し」「ゲド戦記」「コクリコ坂から」「借りぐらしのアリエッティ」「思い出のマーニー」の6作品を「ジブリ第三の監督たち」という括りで、一部製作の裏話などを交えながらバッサバサと切り捨てて行きます。

ジブリ作品を全部見てるわけではないですが、今まで漠然と感じていたモヤモヤした部分の幾つかは、この本を読んで「そうだったのか」「なるほど」と得心がいきました。その一方で、その解釈はよくわからない、というものもありましたが。
とりあえず「ジブリ、マンセー」な記事や書籍が氾濫する中、一風変わったガイド本としても使えるんじゃないかと思います。

【ひとりごと】
これは本筋には直接関係ないところではありますが、押井監督にジブリから声がかかったことが二度あり、その二度目の作品が「墨攻」だった、というのはちょっと面白い裏話だと思います。


[PR]
# by odin2099 | 2017-10-25 19:52 | | Trackback | Comments(0)
e0033570_20551793.jpgなんだか小難しい、理屈っぽい本みたいですね。この書名はちょっと固すぎる気がします。
こういう時はこういう言葉を使いましょう、こういった使い方は間違いです、というような指南書ではありません。
大上段に構えたものではなく、「ことば」に対するちょっとした「気付き」を綴ったエッセイ、そのぐらいに思っていた方が良いと思います。

それでも「こういう風に使い分けるとわかりやすいな」とか、「こんな表現あったんだ、初めて知った」ということも多々ありますので、誰かとコミュニケーション取らなきゃならないなあという時や、人前で説明したり、発言しなきゃいけない時、あるいは手紙を送ったり、時には論文(というか難い文章)を書く必要がある時などには参考になるんじゃないかと思います。

その反面「これはちょっと違うんじゃないのかな」ということもありますが、「ことば」は生き物ですし、それに「正解」はないのでしょうね。


[PR]
# by odin2099 | 2017-10-17 20:55 | | Trackback | Comments(0)
**ネタバレ回避の方は回れ右をお願いします。**

第三章は第七話「光芒一閃!波動砲の輝き」、第八話「惑星シュトラバーゼの罠!」、第九話「ズォーダー、悪魔の選択」、第十話「幻惑・危機を呼ぶ宇宙ホタル」から構成されています。

e0033570_20101926.jpg前章のラストはヤマト絶体絶命の危機で終った様に記憶してましたが、直接的な危機ではなかったようで。
今作最大の問題、封印された波動砲をヤマトはどうするのか、が描かれますが、古代は散々逡巡した挙句、あっさりと使用を決断。何故その結論に至ったのか、個人的には全く理解できませんでした。ドラマを盛り上げるためだけの枷なら、中途半端に扱わない方が良かったように思います。

おそらく今後の戦いを通じて更なる決断を迫られる局面も出てくるかと思いますが(スターシャが再登場し、古代たちと直接対面する場面があるのかどうかはわかりませんが)、既に二発目も撃ってしまった以上、どのような言い訳をするつもりなのか。「2199」スタッフによる些か意地悪な宿題をどう解決するのか、「2202」スタッフのお手並み拝見といったところでしょう。

古代に黙って密航していた雪、は「さらば」「ヤマト2」共通のシチュエーション。しかし今回は佐渡先生のみならず、島や山本ら多くのクルーがそのことを知っていて雪を匿っていたらしいことが明かされます。女性乗組員の多い「2199」「2202」ならではの改変でしょうか。
重圧に耐えかね、精神的にボロボロになった古代の前に敢えて姿を見せる、というのも「2202」らしい改変ですね。
その後、古代と雪は離れ離れになり、古代は究極の選択を迫られますが、そこは「ヤマトよ永遠に」を意識したところなのでしょう。雪のコスチュームも「永遠に」の時のパルチザン・スタイルを踏襲しています。
また何とか無事に再会を果たした古代と雪のシーンは「さらば宇宙戦艦ヤマト」を彷彿とさせます。他にも「さらば」のクラマックスを連想させるシーン(古代と沖田の会話など)もあるのは、これは「さらば」と同じ結末にはならないとのスタッフの決意表明のようにも思えます。

「さらば」でも「ヤマト2」でも終盤まで出会うことのない古代とズォーダーが早くも対面。併せて複雑なガトランティス人の成り立ちの一端も明らかになります。
人工的に作られた戦闘に特化した種族というガトランティス、それは古代アケーリアス文明と大きな関係があるようで、更にそのアケーリアス文明とテレサにも密接な繋がりがあることが示唆されます。
「星巡る方舟」ではテレサのテーマ曲がジレル人の描写に使われましたが、地球人、ガミラス人、ジレル人、それにガトランティス人も「遠きアケーリアスの子ら」なのでしょうか。
戦いにのみ生き、自身では生殖能力を持たないというガトランティス人の設定は、どこか暗黒星団帝国のような歪さも窺えます。

e0033570_20155687.jpg第二章のラストでは生死不明だった土方は空間騎兵隊により救われ、ヤマトに収容されます。艦長代理の古代の不在時に真田に代わって戦闘を指揮、その後古代の要請によりどうやらヤマトの艦長に就任するようですが、これは土方が「ヤマト2」ではなく「さらば」寄りの扱いになることを意味しています。おそらく「ヤマト2」での土方の立場(地球艦隊総司令)は、そのまま山南が引き継ぐのでしょう。
ヤマトの危機に流石の指揮ぶりを見せた土方が、今後どのようにヤマトを率いて行くのか。旧作通りであれば次章で早速ゴーランド艦隊との決戦が待ち構えていますが、楽しみです。

全体的に「さらば」寄りの設定やシチュエーションが目立つ「2202」ですが、斉藤は「ヤマト2」寄りです。
第十一番惑星の生き残りとしてヤマトに乗り込み、古代や加藤とぶつかる辺りは斉藤らしいと言えますが、「ヤマト2」ほど子供じみた性格ではなさそうなので、単なる暴れん坊にはならないことを願います。
クライマックスでは古代と斉藤で泣かせる場面があるのでしょうか。

ガトランティスも複雑な設定になっていましたが、ガミラス側も一枚岩とはいかないようです。現政権に反旗を翻す反乱部隊はデスラー信奉者と思いきや、デスラー以前の状態に戻すことを望んでいるようですし、現政権の中にあって重要な地位もしくは出自を持つらしいキーマンは、やはり彼を中心とする独自の勢力を持っているようです。
ガトランティスを含め、ヤマト艦内における不穏な動き。「2199」でもイズモ計画派による反乱劇がありましたが、二作続けて陰謀劇というのは如何なものでしょうね。個人的には一番見たくない展開かも知れません。

そして最後、エンドロール後のオマケシーンについに姿を見せるデスラー総統。
「さらば」とも「ヤマト2」とも違った運命が待ち構えていそうですが、「2199」で全く理解できなかった彼の行動原理が、今度は得心の行くものになっているでしょうか。

また今章では特に触れられていませんが、ただ一人だけテレサのメッセージを受け取らなかった雪も気になります。
結局「2199」では明らかにならなかった雪の正体が、今度こそ明らかになるのか否か。その結果、古代と雪に最大の試練が…?! などという展開は願い下げですが、これも「2199」スタッフから託された宿題ということになりますか。

第四章「天命篇」は来年1月27日公開予定。
自分が望んでいる方向とは少し違う方向へ進み始めたヤマト。
聞こえてくる絶賛の嵐に違和感を抱きつつ、次なる航海を待ちたいと思います。


[PR]
# by odin2099 | 2017-10-16 20:16 |  映画感想<ア行> | Trackback(5) | Comments(2)
e0033570_19394001.jpg割と最近コンサートへ行ってたように記憶してましたけど、振り返るとけっこう久しぶりの12人のコンサートでした。
前回行ったのも、このサンアゼリア大ホールだったかなあ。

ちさ子さんのみステージに登場し、12人の面々は客席から登場するパターンのオープニングはどうやら定着した模様。
途中で12人の自己紹介&バイオリンの奏法披露、というのももうお約束ですね。
しかし2年目、3年目のメンバーが何人かいて、顔と名前がなかなか一致しません。個性豊かでユニークな顔触れがそろっているのですがね。

いつの間にか加入し、一度もステージでお目にかからないうちに卒業しちゃった人もいるみたいで、今年が結成11年目とはいえメンバーの変動はなかなか激しいです。
しかも公式HPなどではメンバーの異動、変遷については触れられず、何人かが公式ブログやTwitterでコメント残すのみなので、全貌がなかなかつかめないのが辛いところ。

e0033570_19433620.jpg後半ではちさ子さん抜きの演奏があったり、「バイオリン・コーナー」でステージに上がった方が、思いの外上手にこなして意外にスンナリ進行したり、でも結局は予定時間をオーバーしての相変わらず愉しいコンサートでした。
重層的、多角的に聴こえてくる「モルダウ」など、12人ならではの迫力です。

【追伸】
譜めくりのお姉さんが美人だったなあ。


[PR]
# by odin2099 | 2017-10-15 19:45 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
先に出た単行本も持っているのだが、モタモタしているうちに増補改訂された文庫版が出版され、それも先日ようやく読み終えた。

e0033570_18322677.jpgタイトルに謳われている頃だと、自分は小学生から大学生にかけて。
<角川三人娘>の薬師丸ひろ子、渡辺典子、原田知世は同世代なので、特に後半は角川映画がターゲットにしていた層に属するのだろうと思うけれど、改めて作品リストを見ると角川映画って殆ど見に行ってないことに気付かされた。
自分にとっての角川映画というのは、TVのCMで大量に流される宣伝コピーと、そして書店で平積みされた文庫本のイメージ。
劇場で見てる作品も何本かあるし、初期のものはビデオなどで見たりもしているけれど、全盛期をリアルタイムで体感してるわけではないので感慨はない。

「中身スカスカ」とか「金かけたCM」とか、そういったマイナスイメージが未だに払拭できてはいないのだけれども、こうやってまとまった作品製作の流れを見て行くと、日本映画界へ残した功罪のうち「功」の部分もかなりあったことが窺える。
そしてなんだかんだありつつも、角川春樹という人物もまた傑出した存在だったのだな、と認識させられた。

角川映画への再入門も悪くない、そんな気にさせられた一冊だった。

e0033570_18323907.jpg【ひとりごと】幻に終わった角川春樹と徳間康快、そして西崎義展とのコラボ。
結局のところ実現しない運命だったかもしれないが、仮にもし当初の計画通り実現していたなら、良くも悪くも日本映画界は変わっていたかもしれない。



[PR]
# by odin2099 | 2017-10-11 18:35 | | Trackback | Comments(0)
「#びちょびちょ」 橋本マナミ
e0033570_22432570.jpg
最近かなりのハイペースで写真集を出してますね。
飽きられる前に、賞味期限の切れる前に稼げるだけ稼いでおこうという事務所の方針なんでしょうか。
しかし今回の写真も乳首が透けて見えるものがあったり、お尻を全開にしてるものがあったりで、ここまで脱ぐのならもうオールヌード解禁でいいんじゃないのかなと思うのですが、やはり”最後の一線”は越えないギリギリの線で、引っ張るだけ引っ張るつもりなんでしょうか。
ピークを過ぎた後で脱いだとしても、本人にとってもファンにとってもあまりメリットがあるとは思えませんから、切り札は使える時に使った方が良いのでは?なんて思ってしまいます。

原幹恵写真集「my treasure」
e0033570_22424533.jpg
グラビアアイドル卒業を宣言したラスト写真集という触れ込みです。
最後だから、と極端な露出に走ることもなく(それでも過去最大?)、イメージチェンジは図られないまま。
坂本浩一監督のミューズの一人だけあって、彼女にはアクション女優の可能性を感じているので、これからは映像世界での活躍をもっと見たいもの。でもたまにはグラビアに帰ってきて欲しいな、とも思ったり――。

忍野さら写真集「さらら」
e0033570_22425760.jpg
デビューして短期間に続けてリリースしたDVDが軒並み高セールスを記録!
ということで待望のファースト写真集発売ということになります。
のっけから露出度の高い写真が続きますが、決して下品にならず、「明るさ」「健全さ」といったものは最後まで保たれてます。
紙媒体での名刺代わりの一冊ということになりますが、彼女のポテンシャルの高さは十分に堪能できました。
今後の活躍に大いに期待したいですね。


[PR]
# by odin2099 | 2017-10-10 22:44 | | Trackback | Comments(0)
e0033570_20230786.jpg「ドリーム」を見る前あるいは見た後には、是非この作品もチェックした方が良いですね。
描いている時期もほぼ同じ。
「ドリーム」が<マーキュリー計画>を支えた女性たちの話ならば、この「ライトスタッフ」は実際に宇宙を飛んだ男たちとその妻たちの物語。
そのハイライトはどちらもジョン・グレンが乗ったフレンドシップ7号による地球周回軌道。それを違った視点で捉えているので、見比べるとより理解が深まるのではないかと思います。

といいつつ、この映画はチャック・イェーガーに始まり、チャック・イェーガーに終わるのですが(厳密に言えばラストはゴードン・クーパーの飛行シーン)、先ごろ亡くなったサム・シャパードの格好良さったらないですね。クーパーが最後に言いかけた「最高のパイロット」とはイェーガーのことだったんでしょうか。
そのイェーガーも、ミスを犯した(と本人は否定するものの世間では思われてる)ガス・グリソムを嘲笑する仲間たちに交じっているようで、実は命がけの危険な任務に就いたグリソムを評価していたり、と懐の大きいところを見せてくれるのが最高です。

<過去記事>
http://odin2099.exblog.jp/3334639/


[PR]
# by odin2099 | 2017-10-05 20:24 |  映画感想<ラ行> | Trackback | Comments(0)
アメリカの威信をかけた<マーキュリー計画>の裏側を描いた「実話に基づく」ストーリー。

e0033570_19374289.jpg原題の”Hidden Figures”を直訳すると、「隠れた人物」と「隠れた数字」の両方の意味があるが、これはその活躍が表立って紹介されてこなかった主人公となる3人の女性と、劇中で度々問題となる軌道計算を求める方程式、そしてそこで求められる解との両方の意味を持たせているのだろう。

配給会社は当初『ドリーム/私たちのアポロ計画』という邦題で封切る予定で、ポスターもフライヤーも作成されたのだが、<アポロ計画>ではなくその前段階の<マーキュリー計画>が題材なことから相応しくないとの抗議の声があがり、『ドリーム』とシンプルなものに改題。しかしこれはこれで作品内容を反映したものとは言えず、モヤモヤが残る結果になってしまった。

米ソの宇宙開発競争の真っ只中、ソ連はアメリカに先んじてボストーク1号でユーリ・ガガーリンを宇宙に送り込み、大打撃を被ったアメリカは何とか有人宇宙飛行を成し遂げようとする中で、キャサリン・G・ジョンソン、ドロシー・ヴォーン、メアリー・ジャクソンの3人は、有色人種で女性という二重のハンデに苦悩しつつ計画を成功に導いていく。

e0033570_19395905.jpg宇宙開発史を彩る単純なサクセスストーリーなのかと思っていると、そこに色濃く描かれているのはアメリカ社会に根強く残る差別問題。
多少なりともコミカルなオブラートに包んではいるものの、高々半世紀ほど前にまだこれほどまでに深刻な問題が残っていたことはショックだった。

実際は映画で描かれる年よりも前に彼女たちは然るべきポストに就き、既に差別も(完全ではないものの)排除されていたようで、そこは映画として多めに見なければならない部分だろうが、だからといってモデルとなった実在の彼女たちの功績が揺らぐわけでもあるまい。
出演は中心となる3人の黒人女性にタラジ・P・ヘンソン、ジャネール・モネイ、オクタヴィア・スペンサー。
それにクリスティン・ダンスト、そしてケビン・コスナーが脇を締めている。
監督はセオドア・メルフィ。
[PR]
# by odin2099 | 2017-10-04 19:42 |  映画感想<タ行> | Trackback(20) | Comments(0)
最近出た本のつもりでいたけれど、奥付を見ると一年半以上放置していたっぽい…。

e0033570_19182332.jpgこの著者の名前を覚えたのはダン・ブラウンの「天使と悪魔」、「ダ・ヴィンチ・コード」、「デセプション・ポイント」などの作品を立て続けに読んだ頃で、人気翻訳家のエッセイということで興味を持ち、手に取った次第。
どんな人が翻訳家に向いているかや、具体例を挙げた翻訳のテクニック紹介もあるが、どちらかというと翻訳書好き、ひいては読書好きを増やしたい、というのが主眼に思える。
全国で開かれている読書会や、読書感想文コンクールにページを割いているのもそのためだろう。

もう少し翻訳作業における裏話的なものも読みたかったが、こういう形で情報発信していただけるのは有難い。もっと「言葉」に敏感でいたいものだと強く感じた。
[PR]
# by odin2099 | 2017-10-03 19:19 | | Trackback | Comments(0)

by Excalibur
ブログトップ