【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

カテゴリ: 映画感想<タ行>( 253 )

e0033570_2140182.jpgスペースシャトルの乗組員を取上げたアイマックスのドキュメンタリー映画。
今から20年も前(製作は1985年)の作品で、ディカバリー号の初飛行の様子も収められているあたりは些か古さを感じるが、今なお色褪せない高画質は流石である。

ただIMAXが宇宙を題材にしたのは今回が初めてとあって、せっかくの素材を活かしきれていない嫌いはある。打ち上げから帰還まで一つのミッションを徹頭徹尾追いかけているわけではなく、複数のフライトから構成されているので一本の作品としては散漫だし、とりあえず生の迫力を味わってくれということなのかも知れないが、素材は一級品なだけに工夫次第ではもっと興味深いものとなったのではなかろうか。

もっともIMAXの楽しみ方といえば、専用劇場の大画面で”体感”することにあり、家庭用のDVDデッキでは自ずと限界もあるだろう。もしその当時に劇場でこの作品を”体感”していたならば、間違いなく感激していたに違いない。その頃の日本に視聴する環境があり、上映されていたかどうかはわからないけれども。

監督はグレアム・ファーガソンで、ウォルター・クロンカイトがナレーションを担当(日本語版は小林清志だと思う)。
[PR]
by odin2099 | 2005-07-26 23:17 |  映画感想<タ行> | Trackback | Comments(0)
e0033570_19382674.jpg本来なら一年くらい前に見られたはずなのに、公開が伸び伸びになっていた実写版『鉄人』がようやっと公開。『キャシャーン』『キューティーハニー』『デビルマン』『忍者ハットリくん』ら同時期に発表されていた一連の実写映画化作品の中では一番期待していただけに(思い入れがないからだけど)、お蔵入りしなくて良かった良かった。

でも作品そのものは「良かった良かった」とはとても呼べない代物。正直、”『デビルマン』の再来”などという有り難くない評価を耳にしていたので「思ってたよりは面白いじゃん」と言えなくもないのだけれども、どうにもこうにも的外れ。
だいたい現代を舞台にしちゃったのがペケ。第2次大戦中に開発されたロボットが、今の世の中に存在する意義はどこにあるの? 周囲から浮きまくるレトロチックなデザインのロボットがただ殴り合う図なんぞ、ギャグでしかない。
ブラックオックスにしたって、イマドキあんなロボット一体で世界を征服しようたぁ、ちゃんちゃら可笑しいやい、てなもん。それに大騒ぎしてる割には警察が右往左往してるだけで、自衛隊はどーした?!とツッコミを入れたくもなる。

登場人物も妙ちきりんな連中だらけで、有無を言わさず主人公を茨の道に引きずり込み、周囲の人間を煙に巻き続ける中村嘉葎雄扮する謎の老人が、まず怪しさ全開。作品のムードをヘンな方向で決定付けてくれる。
警察側で動き回ってる(はずの)中澤裕子姐さんは全然キャラが立ってないし、無駄に脚線美を強調してるだけの川原亜矢子は存在感ゼロ。
あの髪型と白髪は原作の不乱拳博士を意識したのか?の香川照之と、大塚署長ならぬ大塚課長の柄本明はそれぞれ「私はマンガを演っています!」と声高に主張するも空回り。
肝心要の正太郎クンにしてからいじめられっ子の転校生ときたもんだ。しかもクライマックスではそのいじめっ子たちが正太郎クンを応援し出し、そこで友情が芽生えるなんざ、いつの時代のドラマだよって感じ。
だから現代じゃなく昭和30年代か、せめて40年代にしておけばもっとシックリきたろうに。なんか小学校の道徳の時間に見た、NHK教育のドラマを思い出してしまった

e0033570_19384510.jpg映像表現も頑張ってるのはワカル。ワカルんだけど・・・もうちょい何とかならなかったの?
ロボットの重量感に非常にこだわった演出をしてるのに、何故か鉄人とブラックオックスからは重量感が感じられないんだなぁ。
両者共にツルツルピカピカのボディーで、そこに相手の姿や街並みが映り込むという見せ方へのこだわりも、ボカスカやられても光沢を保ち続けるというリアリティのなさの前にはかえって白ける。便利ではあっても、CGIに頼りきった画面作りは安っぽくなるってことだ。

・・・とここまで書いてきたけど、それでも一連の作品群の中では一番許せる、かな。やっぱり思い入れがない分、寛容になれるというわけで。それにこの作品には一つ、音楽の素晴らしさ、という決定的な要素があることもその理由。アニメ版も手掛けた千住明だけに、スコアを使い回すんじゃないかなという心配をよそに、少年の冒険活劇としては申し分ない曲を書き、映画を救っている。

さて、今度はアニメ版も映画化されるのだが、題名が『鉄人28号/白昼の残月』!!
「はくちゅうのざんげつ」?・・・・・・『ジャイアントロボ』かよ・・・
[PR]
by odin2099 | 2005-03-28 21:02 |  映画感想<タ行> | Trackback(6) | Comments(2)
e0033570_028648.jpgネットを見ても雑誌を読んでも、肯定的な感想というものにトンとお目にかからなかったので、さてどうしたものかと。何か一つくらい良い面があるんじゃないかなーと淡い期待を抱いていたんですが・・・・・・ダメでした

まあ強いてあげれば不動明と飛鳥了、この二人を双子に演らせたのはアイディアだったなあというくらいですかね。もっともそのビジュアル面でのプラス要素も、おそるべき滑舌の悪さや驚愕の慟哭演技で帳消し、どころか大きくマイナスへ振られてしまってますが。
そもそもストーリーが原作と違う以前に、ちっとも『デビルマン』になっていません。デビルマンに圧勝して勝ち誇って退場するシレーヌ、出てきた途端に瞬殺されるジンメン、いきなり下っ端デーモンに明の面前で「助けてくれ、サタン!」と頼られる了・・・。原作と変えるなら、変えたなりの面白さを見出せれば、取り合えず評価のしようもあるというもんですが、それもありません。そもそもテーマを背負った主人公が、ミーコとススムに移行しちゃっているのもヘンだし、何なんですか「ハッピー・バースディ、デビルマン」ってのは。

せっかくのT-VISUALとやらも感心しない出来でした。生物感などまるでナシ、ガレージキットをそのままコマ撮りで動かしているようなデビルマンとサタンの対決シーンなど、これだけ実写映画とは言い難いほどCGに頼った画面作りをするのなら、端から全篇アニメーションの大作として映画化してくれた方が、どれだけ良かったのかと夢想してしまいます。それにしても、公開を4ヶ月も延期して手直しした絵がこんなものとは・・・。スケジュール通りに公開されていたとすると、どんな出来映えだったんでしょうかね。

『デビルマン』の大ファンというほどではない僕でさえ、この劇場版を肯定的には捉えられないんですから、古くからの熱狂的ファン諸氏の落胆ぶりには同情を禁じ得ません。もっとも映画化決定の報に、期待したファンの方が圧倒的に少数でしょうけれども。
[PR]
by odin2099 | 2004-11-06 21:15 |  映画感想<タ行> | Trackback(9) | Comments(2)

by Excalibur
ブログトップ