「ほっ」と。キャンペーン

【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

<   2005年 10月 ( 40 )   > この月の画像一覧

ジャン=クロード・ヴァン・ダムウェズリー・スナイプスが共演するアクション映画が作られる!
この名前にグっとくるのはB級映画マニアだと思うけど(苦笑)、なんか気になるんだなぁ。
どーせ面白くもないんだろうけど(爆)、そう言いつつも結構期待なんかしたりして。
良くて銀座シネパトスか新宿ジョイシネマ、下手すりゃビデオ・スルーの可能性大だけれども、見るど。
監督がシェルドン・レティックというのが、また泣かせる。
[PR]
by odin2099 | 2005-10-31 21:59 | 映画雑記 | Trackback | Comments(0)
『スター・ウォーズ/バクタ大戦』<Xウィング・ノベルズ> マイケル・A・スタックポール

コルスカントを脱出したイザンヌ・アイザードは、バクタの生産地である惑星タイフェラでクーデターを起し、国家元首に就任した。おそるべき細菌兵器の被害を食い止めるには、バクタを欠かすことは出来ない。しかしながら、内政干渉になるとの理由で表立って動けない新共和国軍に業を煮やしたウェッジ、タイコ、コランらローグ中隊のメンバーは軍を辞め、タイフェラ解放戦線に身を投じるのだった。

ルークやレイアはチョイ役だし、ハン・ソロ、チューバッカ、ランド、C-3PO、R2-D2らは全く登場しないにもかかわらず、意外にも(?)最後まで楽しませてくれた<Xウィング・ノベルズ>もこれで完結。
タロン・カルデも重要な役回りで登場し、ボースク・フェイリャ議員の暗躍など後の作品への伏線を残しつつ(発表順はこちらの方が後なのだが)物語は遂に大団円を迎える7~8巻め。

ラストはコランとミラックス・テリックの結婚、そしてローグ中隊の復帰で幕を下ろすが、実はシリーズそのものは作者を代えて継続している。ただ翻訳はされず、出版社(このシリーズはメディアワークスの電撃文庫から刊行されている)も撤退してしまったところをみると、売れ行きは芳しくなかったのだろう。
現在は絶版になり、ネットで高値で取引されている反面、中古書店では在庫処分品として思わぬ安値で見つかることもあるというちぐはぐな現象が見受けられる(これは『スター・ウォーズ』スピンオフ小説群に共通する現象であるが)。
e0033570_1013426.jpg
しかしこのシリーズで一番違和感があるのは、ウェッジ・アンティルスのキャラクターだろうか。映画本編でデニス・ローソン演じるウェッジのイメージと、このシリーズを始めとするスピンオフで大活躍するウェッジは、どうしても結びつかない・・・
[PR]
by odin2099 | 2005-10-30 22:58 | | Trackback | Comments(0)
この土日、職場の旅行で裏磐梯の方へ行ってきました。
今が絶好の紅葉シーズンということですが・・・雨!
メンバーの中に”究極の雨女”がおりまして、この人には色々と伝説があるんですが、今回もその神通力を充分発揮してくれたようです(苦笑)。
昨日は五色沼遊歩道散策なんぞもしたんですが、途中で雨は本降りになってくるし、気温も下がって寒いし、足元を気にしながらだったので、沼の色なんか見比べる余裕なんぞありませんでした。
ガイドマップを見ると全長3.6キロメートル、所要時間は約70分とあるんですが、結局50分足らずで走破してしまいました。汗と雨で全身グッショリ。ホテルにチェックインした後、大浴場へ直行したのは言うまでもありません。
今日は雨にも遭わず、時折日差しも射してきていたので、日程が一日ずれていれば問題なかったんですがねぇ・・・。
[PR]
by odin2099 | 2005-10-30 18:43 | 雑感 | Trackback | Comments(4)
再来年春から米国で30分のTVアニメ・シリーズとなるらしい。
『GODZILLA』のTVアニメ版も成功とは言えなかったけどねぇ。
まぁ日本でも放送してくれたら見るかも?
[PR]
by odin2099 | 2005-10-29 05:57 | アニメ | Trackback(1) | Comments(2)
昨日は”「ハリポタ」人気に陰り、次は「ナルニア」!”みたいなことを書きましたが、世間一般への知名度という点ではやはり「ハリポタ」に軍配が上がりますな。

e0033570_1421836.jpgというのも、12/2のNTV系「金曜ロードショー」はシリーズ2作目の『ハリー・ポッターと秘密の部屋』を地上波で初めて放送するのですが、このニュースが結構大きな扱いで取上げられていたからです。
今どき話題作TV初登場なんて、それより前にビデオもDVDも出ちゃうし、BSやCSでもさんざん放送した後だから大したことないと思っていたんですが、まだまだインパクトある事件(?)なんでしょうかね。

ちなみに昨年6/25に放送した『ハリー・ポッターと賢者の石』は、平均視聴率30.8%。当然今回はその上を狙いたいでしょう。ただ最新のシリーズ4作目公開直後に、3作目ではなく2作目を放送するっていうのはどうなのかなぁ。
[PR]
by odin2099 | 2005-10-28 22:53 | 映画雑記 | Trackback | Comments(5)
『スター・ウォーズ/クライトスの罠』<Xウィング・ノベルズ> マイケル・A・スタックポール

コラン・ホーン殺害容疑で逮捕されたタイコ・ソークー。『スター・ウォーズ』でありながら、あたかも法廷サスペンス物かのような展開を見せる<Xウィング・ノベルズ>の5~6巻。
勿論コランは死んではおらず、帝国軍に囚われた彼はイザンヌ・アイザードの手によって、ローグ中隊への刺客として洗脳されんとしていた。

後半は謎の収容所<ルサンキア>からのコランの脱出行と、仲間たちの必死の弁護にもかかわらず、徐々に有罪へと追い詰められていくタイコの窮状が交互に描かれ、緊迫感が増していく。

しかしそこは『スター・ウォーズ』、クライマックスは首都惑星コルスカントを舞台にした新共和国軍と帝国軍との派手なバトルが繰り広げられ、ローグ中隊に潜入していたスパイの正体も明らかに。ハッピー・エンドへ向けての助走が始まるのだ。

ラストにはルーク・スカイウォーカーが登場し、コラン自身も知らなかった彼の過去が明らかにされる。
e0033570_10142951.jpg

[PR]
by odin2099 | 2005-10-28 20:44 | | Trackback | Comments(0)
気がつくと映画『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』公開まで一ヶ月切ったんですが、今回はあまり話題になってませんねぇ。

今年は『スター・ウォーズ/エピソード3~シスの復讐~』で燃え尽きちゃったのか、それともファンタジーのブームが去年の『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』で終っちゃったのか、それともそれとも「ハリー・ポッター」がもう飽きられてしまったのか・・・。

まぁ『チャーリーとチョコレート工場』はウケてますけれど、あれはファンタジー人気というよりもジョニー・デップの人気だしな、しかも『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』から流れてきた。

e0033570_1435758.jpgそんな中で密かに書店などでスペースを確保しているのが、C・S・ルイスの『ナルニア国ものがたり』
ライオンと魔女」「カスピアン王子のつのぶえ」「朝びらき丸 東の海へ」「銀のいす」「馬と少年」「魔術師のおい」「さいごの戦い」の7話からなる物語、今度映画化されるのは1作目を原作にした『ナルニア国物語/第1章~ライオンと魔女~』ですけれども、もっともっと盛り上げてヒットして欲しいなぁ。
正直言って大好きなシリーズというわけじゃありませんけれども、この作品がヒットしてくれればもっと多くのファンタジー映画が世に出ると思うので、そういう意味でも頑張って欲しいものです。
[PR]
by odin2099 | 2005-10-27 22:45 | 映画雑記 | Trackback | Comments(6)
『スター・ウォーズ/首都奪回への賭け』<Xウィング・ノベルズ> マイケル・A・スタックポール

上下二分冊で刊行されている<Xウィング・ノベルズ>の3、4巻目。
e0033570_14372539.jpg

『ジェダイの帰還』の3年後、反乱同盟軍は首都惑星コルスカント奪回作戦を敢行する。前作でお披露目の済んだ新生<ローグ中隊>は、パイロットとしてだけではなく、密かにコルスカントへ潜入して諜報活動にも従事することに。一方、そんな同盟軍の動きを知った帝国情報部長官イザンヌ・アイザードは、人間以外の異星人を死に至らしめる細菌兵器を開発し、罠を仕掛けるのであった。

新キャラクター中心なので取っ付き難いと思われがちなこのシリーズ、確かに初めてスピンオフ群に挑戦しようという人にはお薦めし難いが、パイロットが主人公と言うことで、他の作品とは一味違ったアクション物としての面白さが出ている。
また脇ではアクバー提督やボースク・フェイリャ、モン・モスマ、ウィンターにプリンセス・レイアといった他の作品で御馴染みの面々も顔を見せてくれるので、シリーズとしての統一感は保たれている。
[PR]
by odin2099 | 2005-10-27 05:37 | | Trackback | Comments(0)
一気に行ってしまいました!
今日は3-2で、試合としては面白かったけれど、シリーズ全体としてはつまらなかったですね。
いや、個人的にはロッテを応援していたのでワクワクしてましたけど(苦笑)。
それにしてもロッテが強すぎるのか、それとも阪神が弱すぎるのか。
交流戦でもロッテやソフトバンクは強かったし、こうなるとセ・リーグは情けなさすぎ・・・。
[PR]
by odin2099 | 2005-10-26 21:45 | 野球 | Trackback | Comments(0)
今日もロッテが10-1で阪神を下した。
3戦連続二桁得点は史上初。ロッテ強すぎ!このまま行っちゃうのかなぁ。
もう後がない阪神は良いところ無し・・・。
[PR]
by odin2099 | 2005-10-25 21:43 | 野球 | Trackback(1) | Comments(2)

by Excalibur
ブログトップ