【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

<   2005年 12月 ( 35 )   > この月の画像一覧

昨年の暮から少しずつ読み直しをしてきたアーシュラ・K・ル=グウィンの<ゲド戦記>。ちょっと間が空きましたけれど、ようやく第三部まできました。
といっても、僕が以前読んだことがあるのはこの三部まで。その頃は三部作だったのです。
今では本編五部、プラス外伝の計六冊になっています。これからは読み直しではなく、初挑戦となります。

e0033570_054167.jpgさて、来夏に公開される問題の(苦笑)スタジオジブリ製作のアニメーション映画ですが、発表によればそれはこの第三部を中心に描かれるとのこと。
前二作では少年、あるいは青年だったゲドも、ここでは大賢人と呼ばれる老人と化しております。思わせぶりな態度をとりながら、ろくな活躍もしないこともあって、個人的には三部作中では一番面白みを感じないのですが、その素材を前に、これがデビュー作となる宮崎吾朗監督がどう作り上げていくのか、お手並み拝見というところでしょうか。
ジブリでアニメ化するのであれば、第二部の『こわれた腕環』が最適ではないかと思うのですが、かえって思い入れの度合いの低い第三部のアニメ化ということで、映画に対する点数はかなり甘くなるかもしれません(笑)。

それにしてもこのシリーズ、タイトルに”戦記”という言葉が付けられていることによって、多少なりとも損をしているような気がしてならないのですが
読んだ方はお分かりのように、このシリーズはゲドという魔法使いの冒険物語と言って良いと思いますが、戦争物の要素は皆無です。アクション・シーンと呼べるようなものも殆どありませんし、物語の主体は肉体面ではなく、精神面に置かれています。RPGのような戦いの場面を期待して読んだ人には肩透かしでしょうし、逆にそれゆえに敬遠している人にはまことに勿体無い話です。

さてさて、今年もいよいよ大晦日。今年も一年、お世話になりました。
昨年同様、今年も年末年始休暇は今日からの4日間だけです。
あっという間に過ぎてしまうでしょうし、ネット環境が整うのは正月休み明けからですので、このブログもサイト本体も、きちんと整備出来るのは来週末の三連休になってしまうかと思いますが、少しずつ更新だけは続けて行きたいと思います。
来年も宜しくお願い致します。良いお年をお迎えください。
[PR]
by odin2099 | 2005-12-31 15:07 | | Trackback(1) | Comments(11)
劇場版『ナルニア国物語』の公開が決まってから出された関連本では、これが一番乗りではないでしょうか。
著者は『ハリー・ポッターの魔法ガイドブック』などの著書のある七会静、発行は主婦と生活社です。

e0033570_14585653.jpgただこの本では映画版については触れていませんし、原作のストーリー紹介やキャラクター解説などもほとんどなく、あくまで作品の舞台となっている”ナルニア”という世界について解説したものなので、原作未読の人が映画を見る前におさらいしようと思っても役には立ちません
また面白いのは、記述が瀬田貞二・訳の翻訳本に準拠していないことで、作品タイトルからして『ナルニア国ものがたり』ではなく『ナルニア年代記』、地名やキャラクター名も瀬田訳は紹介してはいるものの、大半を独自の訳で押し通している点です。
瀬田訳に馴染めないものを感じている自分にとっては、別の解釈があるのは興味深いことですが、ただ誰向けの本なのか、今ひとつ対象が絞り込めない中途半端なものになっているのが残念です。
ディープなマニアは瀬田訳が否定されていることに納得いかないでしょうし、そこそこのファンには、ナルニアの地形、動植物への考察、社会や文化に対する研究等々といった内容が、突っ込みすぎに感じるのではないでしょうか。
どうせなら、もっと単純なガイドブックが欲しいですね。
[PR]
by odin2099 | 2005-12-30 06:08 | | Trackback | Comments(2)
e0033570_14593428.jpg駅伝好きとしては聞き捨てならないタイトルだなぁ、と思いつつ購入。
でも駅伝(特に正月の箱根駅伝)の魅力は認めた上で、駅伝中心に回っている陸上界が、マラソンで戦える選手の育成を阻んでいるのだ、という主張にはナルホドなぁと頷く。

個人的にはマラソンよりも駅伝の方が好きなので、現在の駅伝の隆盛ぶりは歓迎したいところなのだけれども、世界で勝負するマラソン選手が出てこないのも確かに面白くはない。色々と真剣に考えるべき時に来ているのかも。
[PR]
by odin2099 | 2005-12-29 06:32 | | Trackback(2) | Comments(0)
e0033570_14381136.jpg単行本が出たのは1996年だし、文庫になったのは1999年。随分と古い本なのだけれど、最近何故か話題になっている。
以前書店で手にとってパラパラめくったことがあったのだけれども、今回一念発起して(大げさじゃ)購入した。
ここで取上げられている”新解さん”というのは、三省堂から出ている「新明解国語辞典」のことで、言葉の解説が他の辞書とは一風変っているというのだ。
で、幾つかの実例が紹介されていくのだが、う~ん、流石にちょっと違うなぁという感じ。
その中で徐々に辞書の、というか”新解さん”という架空の人格が一人歩きし出し、この人物のポリシーやら生活やらが浮き上がって見えてくる・・・?!
まぁそこまで行かなくても、真面目に読んでいると思わず吹き出すような記述が出てくるので、疲れたときなど拾い読みしてみるのも良いだろう。
ちなみにここで話題にしているのは第四版で、それ以前の版との比較もなされているが、現在発売されているものには改定が入れられているのだとか。

後半には「紙がみの消息」というエッセイが収録されているが(分量としてはこちらの方が多い)、ネタが流石に古くなってきているのが残念。なんせ12~3年前のものだから・・・。
[PR]
by odin2099 | 2005-12-28 22:12 | | Trackback(2) | Comments(2)
e0033570_16363758.jpg昨日の深夜にテレビで放送していたので、録画して久々に見ました。
この作品は日本では1977年のお正月映画として公開されたのですが、初めて(本格的に)洋画を映画館で見たという、自分にとっては記念すべき作品です。
その一年前に公開された『ジョーズ』が洋画初体験という人が多かったので、同級生の中では遅い方だったかも知れませんが。

で、このリメイク版『キングコング』、後にオリジナルを見てからは尚更なんですが、当時からそれほど面白いとは思えませんでした。でもそもそも『キングコング』というのはこんなお話だなぁと思っていたし、ヒロインを演じたジェシカ・ラングの魅力は今の目で見ても決して色褪せてはおらず、何となく不当に低く評価されているような気もするのですが、どうでしょう?
皆してボロクソにコケ下ろすほどの駄作だとも思えないんですけれど、最新作が公開された今となっては再評価への道程は遠そうですね。もっともこちらの方が最新作よりも良かった、と言っている人が同じ職場にいますけれど(苦笑)。

ちなみに公開から10年後、ありえないことに続編まで作られています
流石によほどの篤志家でさえ弁護が難しい作品じゃないかと思うのですが、こちらは今晩放送されます。
えらいぞ(?)、TBS。
[PR]
by odin2099 | 2005-12-27 23:18 |  映画感想<カ行> | Trackback(2) | Comments(0)
現在発売中の「PLAYBOY」2月号には、ダニエル・クレイグピアース・ブロスナン、新旧ふたりのボンド役者のインタビューが載っております。
冷静さを装いながらも、オファーが嬉しくてたまらない様子のクレイグ。方や辞めたのか辞めさせられたのか、未だに定かでないながらもスタッフに不満爆発、ボンド役に未練ありありのブロスナン。何とも好対照な内容で面白い。
とりあえずクレイグの意気込みは買うとして、早く動く姿を見てみたいものです。

話変って『ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女』、日本語吹替版キャストの一部が発表されました。
”白い魔女”の役には、どういう訳だか大地真央
・・・なんだかピンときませんねぇ(苦笑)。
特に”白い魔女”を演じているティルダ・ウィンストンとは全く接点なさそうなんですが、ただ”白い魔女”というキャラクターをきちんと確立さえしてくれればOKとしましょう。
でもこの分だと他のキャラクターもタレント吹き替え中心になってしまうのかな。それはイヤだなぁ。
[PR]
by odin2099 | 2005-12-26 22:38 | 映画雑記 | Trackback | Comments(4)
e0033570_18535710.jpgメル・ギブソンの『パトリオット』で注目されたヒース・レジャー主演の中世騎士物語。
一応1370年という時代設定はあるものの、堅苦しい時代劇ではなく、全編クイーンやらデビッド・ボウイやらのロックが流れ、騎士のみが参加出来るという”馬上槍試合”に賭ける若者を現代的なスポーツ感覚で描いている。

主人公は騎士と身分を偽っている平民だが、従者仲間たちとの友情や、高貴なプリンセスとの恋、悪辣なライバルの登場、とこちらもスポーツ物の王道を行くもので、これらがあの『カンタベリー物語』を著したジェフリー・チョーサーを狂言回しとして展開されるのだ。
ラストは勿論お約束通りのハッピー・エンド!

公開当時はこれといって興味がなかったのだけれど、その後で段々と気になる作品に。
最近お勧め頂いたのでようやく見る気になったのだけれども、いや、面白かった。
真直ぐで嫌味のない二枚目ヒース・レジャーも良いけれど、断然輝いているのはチョーサー役を怪演したポール・ベタニー!!
この人の出た作品を意識して見たのは三本目かな。いやはや凄い役者さんである。
[PR]
by odin2099 | 2005-12-25 20:55 |  映画感想<ラ行> | Trackback(16) | Comments(14)
ご存知の通り引越しを敢行したばかりなので、この連休は部屋の整理に追われている。
そんなこんなで年末気分にさえなかなかならないのだから、今夜がクリスマス・イヴだと言われても「へぇ~?」てなもんである。実感はまるでない。
で、近所のスーパーへ行くと、出店している洋菓子屋さんに黒山の人だかりが出来ていて、「なんだなんだ」と思っていると何のことはない、クリスマス・ケーキを買い求めるお客さんの群れだったりする。
フライドチキンやらローストチキンやらのコーナーが臨時に出来ていたりで、なるほどクリスマスとはかくあるものか、なんて妙に関心したりして。
そういえばあちらこちらのお店で、バイトの女の子(たまに男の子もいるが)がサンタさんのコスプレ(ちょっと違う)してたりすると、「ご苦労様」なんて声をかけてみたくもなったりする。
クリスマスというとなんとなく「あれをやらなきゃ」「これもやらなきゃ」という強迫観念にかられてしまうけれども、自分に関しては今年は一切無視。
いや、このままだとお正月も関係なく終りそうだ。

そういえば年内にネット環境が整う予定、と書いたけれども事情がちょっと変ってきた。
工事は年内に終ってその翌日から使える、という連絡が来たのだけれど、サービス開始は年明けからという通知が別に来た。
一体どっちなんだよ~?
[PR]
by odin2099 | 2005-12-24 21:06 | 雑感 | Trackback | Comments(0)
2019年、大気汚染から守られた都市で単調で退屈な日々を送っている人々の夢は、抽選で選ばれて、地上に残された最後の楽園”アイランド”へ行くことだった。しかし実は彼らは、クライアントに臓器を提供するためだけに生かされているクローンだったのだ。そのことに気づいた二人のクローンの必死の逃亡が始まる。

今年の夏に劇場公開された作品だけれども、見逃してしまったのでようやくDVDで鑑賞。
主演は『スター・ウォーズ/エピソード3~シスの復讐~』、『ロボッツ』(声)と今夏に作品集中しまくりのユアン・マグレガーとスカーレット・ヨハンソン。共演がジャイモン・フンスー、ショーン・ビーン、マイケル・クラーク・ダンカン、スティーブ・ブシェミら。
監督は『チームアメリカ/ワールド・ポリス』で散々コケにされていた(苦笑)マイケル・ベイ。

e0033570_1503431.jpgクローンは人間なのか、そうではないのか。「生きる」という意味を問いかけた問題作・・・ではないだろうけれど、色々いじれば面白くなりそうな題材を、サラッと流して作りました、というSFアクション。その割りにダラダラ長いんですけど。
同時期の『スター・ウォーズ/エピソード3』とは一味違ったユアン・マグレガーをチェックするくらいしか見所はない。本当ならスカーレット・ヨハンソンを推したいところなんだけれど、せっかくのプロポーションを出し惜しみしてるのが勿体無い。
未来世界を題材にした逃亡劇というと、同じドリームワークス作品ではスティーブン・スピルバーグ監督、トム・クルーズ主演の『マイノリティ・リポート』というのもあったけれど、あれも未来世界のディティールにこだわり過ぎて、本質を見失ったかのような超”怠”作だったっけな。未来世界はあくまで背景であって、それを前面に押し出しすぎると付いて行けなくなる。
ただ一つだけ印象的だったのは、色使いというか、”青”が凄く綺麗だったこと。アイランドを取り巻く海の”青”だけでなく、全体的にインパクトがあった。意図的なものか、偶然なのかはわからないけれども。

音声=日本語で見ていたのだけれども、ユアン・マグレガーが森川智之でないのが残念。イマイチ平田広明ではピンとこないので、何年か後でTV放映される際には、是非森川智之で新録をして欲しい。
ショーン・ビーンは、同じワーナー・ホーム・ビデオから出ている『トロイ』と同じで大塚芳忠。この人は決して嫌いじゃないんだけれども、オリジナル音声で聴くと寡黙で知的な印象のキャラクターなのが、吹替版だとやたら饒舌に思えてしまうのは何故だろう? 台詞の量は同じはずなのに(爆)。こちらも出来れば別キャストで新録して欲しいかな。
[PR]
by odin2099 | 2005-12-23 21:38 |  映画感想<ア行> | Trackback(13) | Comments(16)
e0033570_23332639.jpg1976年夏の<東映まんがまつり>で上映された一本で、『マジンガーZ対デビルマン』に始まる劇場用マジンガー・シリーズのトリを取る作品。

宇門大介ことデューク・フリードの操縦するグレンダイザー、剣鉄也の駆るグレート・マジンガー、流竜馬・神隼人・車弁慶が操るゲッターロボG、そして兜甲児の乗るダブルスペイザー。
それぞれ番組の主役を張った四大ヒーローが一同に会し、強大な敵と戦うというシチュエーションだけでも圧倒されっぱなしで、公開当時に既に劇場に2回も見に行き、その後も2度(だったかな)のテレビ放映もチェック。
さらにビデオ化されれば安価とは言えなかったソフトを購入し、以後もレーザー・ディスク、DVDとメディアが変って発売されるごとに買い直し、はたして何回見たのやら。間違いなく一番回数を見ている作品だ。既にサイトにも感想をupしている。

e0033570_16375320.jpg正直言えばキャラクターが右往左往しているだけの、決して傑作とは呼べない出来の作品で、見直す度に粗が目立つのだけれども、作品そのものに対する愛情には些かの陰りもない。
また、欠陥だらけな反面、意外な部分にファン心をくすぐるセリフ、リアクション、シチュエーションが隠されている点も見逃せない。

そして、黄金期のロボットアニメを彩る声優陣の熱演もまた然り。富山敬、石丸博也、野田圭一、神谷明らの武器や技の名前を連呼する”叫び”、それを支える渡辺宙明、菊池俊輔のBGMを聴いているだけでも充分だ。

e0033570_1818167.jpg
e0033570_18183059.jpg

[PR]
by odin2099 | 2005-12-22 21:00 |  映画感想<カ行> | Trackback(1) | Comments(1)

by Excalibur
ブログトップ