「ほっ」と。キャンペーン

【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

<   2009年 10月 ( 35 )   > この月の画像一覧

一読して「あ、やられた」と思った一冊。
なるほど、こういうものに拘るというのもアリだなぁ、と。

e0033570_7591459.jpg大仏というと鎌倉や奈良の大仏様をすぐに思いだすが(こっちには東京大仏ってーのもあるけど)、奈良の大仏でさえ高さは14.7メートルだそうだが、日本にはもっともっと高い大仏や観音様らの像がいくつもある。
その中で40メートル以上のものに絞り、それを観光してしまおう、という発想から生まれたのがこの本なのだ。
ちなみになんで40メートル以上かというと、ウルトラマンよりデカイから。
この割り切り方も単純で良い。
実際本書の中でもウルトラマンやセブン、マグマ大使、スペクトルマン、グレートマジンガーなどなどが引き合いに出されているのも実に分かりやすい。

しかし日本には沢山あるんですなぁ。
高崎白衣観音41.8メートル、東京湾観音56.0メートル、仙台観音100.0メートル、牛久大仏120.0メートル・・・。
その後撤去されちゃったりしたのもあるようだが、本書では一応16もの巨大仏が紹介されている。

といってもこの本の中では、天辺まで昇って眺めを楽しんだとか、そういうことは二の次。
街中に突如「ぬっ」と現れる巨大仏のインパクト、そして周囲の景色との不釣り合いさ、作者言うところの「マヌ景」を楽しもうというのが趣旨である。
そうだよなぁ、確かに日常世界からずれた、言ってみれば”アンバランス・ゾーン”の魅力があるもんなぁ。
この本を読んでいるうちに、日常の中の非日常を感じに、フラっと出掛けてみたくなった。
幸い、ここで取り上げられている巨大仏、まだ一つも間近に見たことないんだし。
[PR]
by odin2099 | 2009-10-28 08:00 | | Trackback | Comments(0)
「青春の輝き」、「トップ・オブ・ザ・ワールド」、「遥かなる影」、「シング」、「雨の日と月曜日は」、「イエスタデイ・ワンス・モア」、「ジャンバラヤ」、「愛のプレリュード」、「愛にさよならを」、「愛は夢の中に」・・・懐かしく感じる人もいるでしょうし、新鮮に受け止める人もいるでしょうカーペンターズの名曲の数々を、上松美香がアルパで演奏したという一枚。
ところが今まで聴いてきた彼女のアルバムの中では、一番面白みがありません。

e0033570_20353134.jpgこれは、演奏がひどいとか、出来が悪いということではなく、アルパで演奏しているんだ、という意外性が感じられないからなのです。
例えば『ANIPA』のように、アニメソングをアルパで、ラテン調で奏でるというミスマッチ感覚の欠如。
ごくごく普通にイージーリスニングのアルバムになってしまっているのですねえ。

逆に、アルバムとしての統一感、完成度はかなり高いと言っても良いと思います。
ボーナストラックとしてオリジナル曲の「Arco iris~虹~」が収録されていますが、この曲が一番弾けているかも。
[PR]
by odin2099 | 2009-10-27 20:36 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
e0033570_22224646.jpg
一応ご報告(苦笑)。
[PR]
by odin2099 | 2009-10-26 22:23 | 雑感 | Trackback | Comments(2)
e0033570_8141777.jpg渋谷から今度は銀座線に乗って京橋まで。展覧会のハシゴである。
こちらも駆け込みになってしまったが、そもそもこんな展示をやってるなんて知らなかったので仕方ない。でもテーマがテーマだけに大いに興味を持ち、ものはついで、とはせ参じた次第。

「海」にはどうしようもなく惹かれるものがあって、本物は勿論のこと、写真や絵画にも引き込まれてしまう。
もう今から13年も前になるけれど、当時の安田火災東郷青児美術館に「展覧会『海』」などというものを見に行ったくらいだから(一応サイト内の「ボクのわたしの見て歩る記」にちょこっとレポあり)、こりゃ行かなきゃなんめえ、と決意。
ブリジストン美術館ってどこにあんだろ? と慌てて検索したりして。

ちなみにその展覧会は、「海の日」制定を記念したもので、<海>をモティーフにしたピカソ、モネ、ルノワール、クールベ、ターナー、デュフィ、青木繁、梅原龍三郎らの作品を集めたもの。テーマを絞れば、素人にもわかりやすく、かつ楽しい。

今回の展示もモネとかマティスとかシスレーとか青木繁、安井曾太郎、藤島武二などなどの作品を集めたもの。
といっても、あまり共通性が感じられずちょっと肩透かしだったかな。
そんな中でも印象に残ったのは、チラシにも使われている一点。
ザオ・ウーキーという人の≪07.06.85≫という作品なんだそうだが、他にも何点かあったけれども非常に気になる存在だ。



今回の『Sea』は「テーマ展示」となっていて、もうひとつ「コレクション展示」として『印象派から抽象絵画まで』というタイトルが付いている。ボリュームからすればこっちがメインで、あっちが30点ならこっちは150点。
絵画だけじゃなく、シュメールやエジプト、ギリシャなんかの彫刻もあり、バラエティに富んでいるというか、まとまりがなくて雑多というか、それはそれで愉しい。モネとかルノワールとかコローとかセザンヌとかピカソとか、こちらは作家の名前だけでなく、自分でも知ってるほどの有名作品が並び、「へー、本物って日本にあったんだ~!」と驚いたりして。
e0033570_8144822.jpg

[PR]
by odin2099 | 2009-10-25 08:17 | ミュージアム・イベント | Trackback(1) | Comments(2)
e0033570_2052953.jpgチラシやポスターを見て以来、行こう行こうと思いつつなかなか時間が取れずに今日まで来ちゃいまして、駆け込みでBunkamuraザ・ミュージアムへ行ってきました。

「ベルギー」と言われてもあんまりピンとはこないのですが、「幻想美術」という言葉に惹かれて観に行ったのですが、結果的には満足。
作品そのものは勿論、描いた作家の名前ですらろくに知らないのですが、それでも最近、俄仕込みで覚えている名前も幾つかありますし、それに多少なりとも絵画というものを見慣れてきたということもあるのでしょうね。

ちょいと気に入ったこの作品は、フェルナン・クノップフの≪ヴェネツィアの思い出≫という作品。全然知らなかったしちっちゃな作品なのですが、なんか印象に残りました。
e0033570_206445.jpg
他にはフェリシアン・ロップス、ジャン・デルヴィル、ルネ・マグリット、ポール・デルヴォー、レオン・フレデリック、ジェームズ・アンソールらの作品が全部で100点以上。美術に詳しい人ならば、綺羅星の如く・・・ということなんでしょうが、残念ながら半分も存じ上げません。もっと勉強しないとな。
e0033570_2062966.jpg
メイン・ビジュアルとして使われ、個人的にはインパクト絶大だったこの作品は、ポール・デルヴォーの≪海は近い≫。

これらの作品は姫路市立美術館所蔵だそうですが、おそらく他にも今回は来なかった様々な作品があると思いますので、何れ行ってみたいものです。
[PR]
by odin2099 | 2009-10-24 20:12 | ミュージアム・イベント | Trackback | Comments(2)
e0033570_21504057.jpg一人旅からグルメ旅(?)に転向した作者が、今度はマラソンに挑戦です。
マラソンというか長距離には良い思い出が無くて、小学校や中学校時代、短距離はそこそこ早かったのに(と言っても運動会などクラス対抗のリレー選手には選ばれても、学年代表、学校代表だと補欠止まりでしたが)、長距離になるとブービー賞の常連という有様だったもので、長い距離、長い時間を走ると聞いただけでゲンナリしちゃいます。
そのくせマラソンとか駅伝とか見るのは好きなんですけどね。

しかしこの人は本当にスゴイ。
走り始めから1年弱でホノルルマラソン完走!
これを読むと、なんか自分でも出来そうだと勘違いしちゃいそうだ。

ちなみにこの本、鈴木とも子:著『山登りはじめました』とちょっとしたコラボになっていて、あちらの本では たかぎさんが一緒に山に登り、この本では鈴木さんが一緒に走ってます。
こういうのも面白いですね。
[PR]
by odin2099 | 2009-10-23 21:51 | | Trackback | Comments(0)
全部で6種類だってさ。
幾つかダブっちゃったけど、とりあえず4種類ゲット~!
e0033570_230474.jpg

>MIHOさん

へー、そうだったのけ。
最近公式ブログ見てなかったから知りませんでしたー。


>みゆみゆさん

ゼヒゼヒ一緒に集めましょう!(違)
[PR]
by odin2099 | 2009-10-22 22:59 | 雑感 | Trackback(1) | Comments(0)
富士山登山を密かに狙う(?)自分が、こういった本に飛びつかないワケがない?!
山登り初心者の女性が、高尾山から始めてとうとう富士山まで。
頑張れば自分も行けるかなぁ~。
e0033570_23972.jpg

しかし最近、メディアファクトリーの手先のようになってきたな・・・(苦笑)。
[PR]
by odin2099 | 2009-10-21 23:09 | | Trackback(1) | Comments(0)
生茶パンダ先生。
e0033570_237729.jpg

・・・なんでアヒルに乗ってんの???
[PR]
by odin2099 | 2009-10-20 23:07 | 雑感 | Trackback | Comments(2)
e0033570_202872.jpgそもそもお城って何なの? どんな構造をしてるの?
というところから始まって、代表的なお城を幾つか(必ずしも有名どころばかりじゃないのが”通”っぽい?)、築城や攻防戦でのエピソードや城主の変遷などを交えて紹介する、というパターンの本です。

「お城入門」「初心者向け」と構えているワケではないですが、初心者、入門者には優しい内容なんじゃないかなぁと思います。「曲輪」「土塁」「堀」「虎口」・・・などという用語解説もついてます。
反面、趣味でお城巡りをしてる、なんて人には物足りないでしょうね。もっつ突っ込んだ解説も欲しくなるところですが、まぁそういう人はもうちょっと上級者向けの本を探して頂く、ということで。

ただ個人的には、こういった構成ならばもっと写真やイラスト、というより”図解”を入れて欲しかったなぁと思いました。単に用語などを解説するのではなく、「これが雁木だ!」と図示する方が分かりやすいのですから。

ところでこの本、表紙や背表紙を見ると監修者しか名前がありませんが、奥付によると執筆者は「鞍掛伍郎」という人のようです。
執筆者が複数いるから、とか、グループで作業しているから、というわけではなく、たった一人で書いているようなのに、名前を出してあげないのには何か理由があるんでしょうかね。
[PR]
by odin2099 | 2009-10-19 20:30 | | Trackback | Comments(0)

by Excalibur
ブログトップ