「ほっ」と。キャンペーン

【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

<   2014年 04月 ( 22 )   > この月の画像一覧

e0033570_21090863.jpg以前朝日ソノラマから出ていた単行本も持っているけれど、今回「完全版」ということで購入。あれは随分と尻切れトンボだったしなあと思っていたら……なーんだ、「完全版」もおんなじなんだ。


人間によって虐待、廃棄されたロボット、アンドロイドたち。彼らは人間たちへの復讐のため、自分たちのパーツから一体の特別なアンドロイドを作り上げた。それが登録番号を持たないダイバーゼロだ。いつの日かアンドロイドの平和な世界を築いて欲しいという願いを託され、ゼロは密かに地球へと降り立つ。人間に復讐するために。
だがアンドロイドを庇う人間や、裏切り者のアンドロイドなどとの様々な出会いの中で、自分の目的の正当性に疑念を抱いていく……。


主人公は宿命の子ダイバーゼロなのだが、全6話のうち第2話からキャプテンハーロックが登場し、物語を大きく引っ張っていくようになるので、段々とその存在感が希薄に。やっぱりハーロックは偉大なキャラだな。

ここでのハーロックは宇宙海賊ではなく、世界連邦が超自由権を認めた宇宙航海者という設定(「海賊」呼ばわりされてはいるが)。デザインは異なるもののミーメを伴い、デスシャドー号に乗って宇宙を旅している。

ということで『ダイバー0』を中断し、ハーロックを主役に据えて再スタートさせたのが『宇宙海賊キャプテンハーロック』ということなんだろう。「俺の旗の下で俺は自由に生きる」との信念もこの作品で披露している。
『宇宙海賊キャプテンハーロック』には、台羽正(だいばただし)という少年がハーロックに導かれる役回りで出てくるが、この名前も偶然ではなく狙って付けたのかもしれない(いや「台羽」ならぬ「台場」という苗字を持つキャラは多いので、単に好みなのかもしれないが)。


で、今回「完全版」を謳っている理由は、以前の単行本に未収録だった読み切り短編が収録されていること。この作品が「1000年女王の巻」というタイトルなのだが、これは後に描かれた『新竹取物語1000年女王』とは無関係。ここで使った「1000年女王」というネーミングが気に入ったので、後に転用したということらしい。
ただタイトルがタイトルなだけに関連書物で扉絵だけ紹介されることも多く、ずーっと気になっていたお話。それが今回読めただけで良しとしよう。


ちなみに小説『GALAXY EXPRESS 999/ULTIMATE JOURNEY』にもダイバー・ゼロは登場しているが、このゼロが更に『アレイの鏡』の密造機械化人ゼロと同一人物というのはちょっと無理があるんですがねえ…。


[PR]
by odin2099 | 2014-04-29 21:11 | | Trackback | Comments(0)
e0033570_20162323.jpg竜巻、突風、台風、落雷、大雪、ゲリラ豪雨、噴火、煙霧……日本で発生した自然災害を捉えた投稿画像を集めたDVDで、発売は昨年6月。
日時が特定されていない映像も一部にあるものの、ここ数年で発生したものが大半なので、実際に自分が遭遇したものや報道がまだ記憶に新しいものも多い。
20年ぐらい前ならばこういう映像も「世界のどっかで起きたこと」ぐらいにしか感じられなかったけれど、最近は地球環境の変化からいつどこで起こっても不思議ではないという身近な恐怖感がある。

素人くさいナレーションが入るのが興ざめだけれども、収録時間も1時間を超えていてボリュームもタップリ。
[PR]
by odin2099 | 2014-04-28 20:17 | ビデオ | Trackback | Comments(0)
e0033570_08511853.jpgリブート版『スパイダーマン』の第2弾。
前作のラストで「守れない約束もあるよね」なんておちゃらけたことを言っていたピーターだったけど、実はそのことがずっと頭の片隅にあり、一見すると「リア充」にもかかわらず前作以上に屈折したキャラに。そのせいでグエンとの関係もギクシャクしてしまってる。
やっぱり「スパイダーマン」は外見が爽やか系イケメンのピーターに代わっても、ウジウジしないと成立しないのかな。

屈折してウジウジしてるのは今回のヴィラン、エレクトロとグリーン・ゴブリンのお二方も同じ(残るお一方、ライノにはそういう描写は今んとこない)で、ヒーローとヴィランは紙一重というのが一目瞭然。
同じような境遇でも、どのタイミングで「力」を手に入れるか、周囲にどんな人間がいるか、によってその作用の仕方が変わってくるということなんだろう。

しかしそれらが少しずつ良い方向へ向かいかけた矢先に悪夢のような出来事……。
製作段階から仄めかされていた展開だけに心の準備は出来ていたけれど、それでも辛いな、ピーターほど落ち込みはしないけれど。
前作も少なからず湿っぽいクロージングだったけど、今回も同様でヴィラン含めて切ない映画に。でも最後の最後、やはり「希望」はある、という解釈でOKなんだろうな。

e0033570_08513980.jpg今回も3D吹替版で鑑賞。
最初のうちは画面がグルングルン動くので気持ち悪くなっちゃったけど、中盤からは逆に3Dの効果があまり感じられなくなるのはむしろ勿体ないかな。
三大ヴィランを謳いながら、ライノは最後にちょびっと出てくるだけだし、グリーン・ゴブリンも今回は「誕生篇」といったところで、両者とも活躍は次回作以降なのだろう。今回のメインキャラであるエレクトロの再登場は…あるのかな?

また注目の吹替だけど、中村獅童はかなりウマい。
別に本職以外の吹替を全面的に拒否してるワケじゃなく、「下手な人」「キャラに合わない人」「本人のイメージが強すぎる人」を否定してるだけなので、今回は及第点。「アベンジャーズ・プロジェクト」も少しは見習って欲しい。

【おまけ】
e0033570_08520468.jpgエンドロールの途中にいきなりオマケ映像が。
事前にコラボの話は知ってたけど、まさかこのタイミングとは思わずにビックリ(エンドロールの最後だと思ってた)。これ、知らない人は何が何やらわからないし、あらぬ期待に身を焦がす(?)輩も出てきかねないよね。
まあ瓢箪から駒、じゃないけど、これを機に本格的に両シリーズがクロスオーバーしたら嬉しいんだけど。

クロスオーバーといえば、前作公開時には「アベンジャーズ・プロジェクト」とのクロスオーバーに含みを持たせていた製作陣が、最近になってこれを否定。なんだよ、期待して損しちゃったよ。
でもまだ可能性は残されてると信じる!
[PR]
by odin2099 | 2014-04-27 08:57 |  映画感想<ア行> | Trackback(33) | Comments(8)

「MV SERIES」復刻第2弾は『完結編』でした。第3弾は『永遠に』らしいですが、なんだろう、この順番?


e0033570_22182137.jpgそれはさておきこのMV、なかなか良く出来ておりました。パート1の出来がどうにも納得いくものじゃなかったので、この『完結編』も全然期待していなかったのですが、いいですね。

1曲目が「アクエリアス45億年」なのは納得ですが2曲目が「ウルクの歴史」だったり、「二つの愛」「ラブ・シュープリーム~至上の愛~」「古代とヤマト」と3曲も歌モノがあったりすることに若干違和感を覚えたりもしましたが、「冥王星海戦」が曲名通り冥王星海戦のシーンに使われていたり、ヤマトがアクエリアスへ向けて最後の発進をするシーンに「ファイナル・ヤマト」のコーラス版が流れていたり、本編とは違いながらもなかなかのハマり具合を見せてくれます。
「シンフォニー・オブ・アクエリアス」などは圧巻ですし、しかも本編映像をそのままではなく、回想シーンなど織り交ぜて独自の演出を施しているのもお得感を醸し出しています。

そして素材となっているのはおそらく改定後の<70ミリ版>ではなく、最初の<劇場公開版>であろうことも希少価値を高めていますねえ。
あまりプラスイメージのなかったこのシリーズですが、他の作品も期待出来るでしょうか?


[PR]
by odin2099 | 2014-04-26 22:19 | ビデオ | Trackback | Comments(0)

今年1/15に日本武道館で開催されたイベントのライヴDVDで、収録時間は163分。


e0033570_23400430.jpg前半は「オープニングアクトショー&番組キャストトークショー」で、出演者は『仮面ライダー鎧武』から佐野岳、小林豊、高杉真宙、志田友美、久保田悠来、白又敦、吉田メタル、『獣電戦隊キョウリュウジャー』からは竜星涼、斉藤秀翼、金城大和、塩野瑛久、今野鮎莉、丸山敦史、ロバート・ボールドウィン、出合正幸、飯豊まりえ、森川智之。キュウリュウジャーキャストが素顔で10人揃うのは最初で最後ではないかと思うが、人数の多さが仇になってトークショーは進行に時間を取られ過ぎの印象。まだ鎧武キャストの方が好き勝手にやってた分、イベントとしてはきちんと盛り上がっていた。
またこの手のイベントのお約束、生の変身コーナーはどちらの番組キャストトークショーでもなかったのは珍しいかも。


後半は「仮面ライダー×スーパー戦隊ミュージックライブ」。後半と言ってもこちらだけで2時間近くあるわけで実質的なメインコーナーだろう。
『非公認戦隊アキバレンジャー』の主題歌披露や、特別ゲストとして塩谷瞬、山本康平、白川裕二郎、姜暢雄ら『忍風戦隊ハリケンジャー』キャストのサプライズ出演も織り交ぜ、全部で25曲。
アーティスト名を見れば、鎧武乃風(湘南乃風)、土屋アンナ、松岡充、hitomiなど知られた名前が並んではいるものの、昨今の「ライダー」も「戦隊」も、こと「歌」に関しては殆ど魅力を感じないもので、自分にとってはうるさいだけのコーナーになってしまった。というか、途中で早送り、次いでスキップさせてしまったが。


この手のイベントには一度は参加したいとは思うものの、興味があるのは「トークショー」のみ。となると、特に今回みたいなペース配分では二の足を踏むのは致し方ないか。


[PR]
by odin2099 | 2014-04-25 06:42 | ミュージアム・イベント | Trackback | Comments(0)

最初に書名を聞いたときは冗談かと思ったけど、本当にこのタイトルで出版されました。

e0033570_23395503.jpg「うんちく」シリーズ通算6冊目で、アダルト版とのこと。1、2作目の作者が久々にカムバック。

相変わらず雲竹雄三が大真面目に講釈を垂れてくれるのだけれども、従来とはキャラ立てが若干違う。

人一倍酒に対する薀蓄を持ちながら下戸だったり、鉄道に詳しいのに乗り物酔いが酷かったりというギャップを持った設定の場合が多かったので、この作品でも実は女性恐怖症とかそういうキャラなのかと思いきや、案に相違して結構な女ったらし。
むしろ別居中の妻・優子が可愛い女になっているのがちょっと目新しいのかも。


それにしてもこのシリーズ、どこまで行くのやら。


[PR]
by odin2099 | 2014-04-24 23:41 | | Trackback | Comments(0)
書名を見て、「まあそういうもんだろうなあ」と思いながら読み進めましたが、それでも身近な路線の変遷などはなかなか興味深かったですね。埼京線とか京浜東北線とか都営大江戸線とか都営三田線とか。
中には全然違うルートを通ったり、行き先まで変更になっちゃった路線もあったりで、計画上のものと実際のもの、どっちが便利だったのかな、などと考えるのも楽しい。
e0033570_23014860.jpg

[PR]
by odin2099 | 2014-04-23 06:40 | | Trackback | Comments(0)

e0033570_19492696.jpg岩手県の大船渡市、釜石市、宮古市、宮城県気仙沼市、岩沼市、山元町、福島県いわき市、小名浜で撮影された津波の投稿映像を集めたDVDで、収録時間は35分。お値段は¥980と安価だし、売り上げの一部が義援金になるというのを言い訳にし、被災された方々には申し訳ないですが、ハッキリ言って興味本位で購入しました。


一般の人がビデオカメラやスマホ、携帯電話等々を使って撮影したものだと思うので、画質が悪かったり、画面の揺れやピンボケがあって非常に見づらいのですが、狙って撮っていない分、臨場感は出ているように思います。
心情的にこういう映像は見られない、という方も多いのだろうと思いますが、「知る」ことも大事。やはり一度は目を通しておくべき映像だなあと、これまた言い訳しておきます。


[PR]
by odin2099 | 2014-04-22 19:50 | ビデオ | Trackback | Comments(0)
現在では殆ど使われていなかったり、主だった「ことわざ辞典」の類に載っていないことわざの中から、技巧に優れたものなどをピックアップ、サルベージしている本なのですが、うーん、確かに知らない……。
e0033570_22275657.jpg

似たような言い回し、同じような意味を持つ他の諺は結構知ってたりしますけど、「へー、こういう表現あったんだ」と思うもの多し。もちろん中には「これじゃあ意味サッパリわかんねーよ」というものもあるけれど、幾つかはこれから使ってみたいなと思うものも。
もっとも使ったところで、相手に意味が通じないか…。
[PR]
by odin2099 | 2014-04-21 22:29 | | Trackback | Comments(0)
『サイボーグ009完結編/2012 009 conclusion GOD'S WAR』5 石ノ森章太郎・小野寺丈:原作/シュガー佐藤・早瀬マサト・石森プロ:漫画

e0033570_06180543.jpg小説版に続き、コミック版もこれにて完結です。

回を追うごとに作画が荒れてくるというか、石ノ森タッチからどんどん離れて行っているようなのが残念ですし、おそらく御大ご本人ならば1枚否1コマの描き込みも徹底して行われ、更にこの倍近い分量の原稿になったのではないかと推測されますが、ひとまず「萬画」として完結させられたことに意義があるのだと思います。どちらかというと不満の方が多いですが。

巻頭には石ノ森章太郎の弟子にあたる永井豪、桜多吾作、石川森彦、シュガー佐藤、早瀬マサトが00ナンバー・サイボーグたちを描き下ろしたピンナップ、巻末には石ノ森と同年同月同日生まれの松本零士のインタビューと009を描いたイラストがオマケに付いているのがフィナーレらしい仕様と言えますか。

[PR]
by odin2099 | 2014-04-20 06:21 | | Trackback | Comments(2)

by Excalibur
ブログトップ