「ほっ」と。キャンペーン

【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

<   2014年 12月 ( 27 )   > この月の画像一覧

e0033570_21164748.png
e0033570_21165208.png

[PR]
by odin2099 | 2014-12-31 07:00 | 雑感 | Trackback | Comments(2)
今回、本能寺と一緒に妙覚寺も探したのですが…見つけられず。
e0033570_20540253.jpg
e0033570_20535683.jpg
今ある妙覚寺は当時と違う場所なんですよね。
e0033570_20540919.jpg
では、ついでに(?)京都タワーからの空撮をご覧くださいませ。
e0033570_20550143.jpg
e0033570_20550701.jpg
e0033570_20551408.jpg
e0033570_20552066.jpg
e0033570_20552793.jpg
駅の周辺も随分と様変わりしたなあ…。
e0033570_20554578.jpg
e0033570_20555182.jpg
e0033570_20555737.jpg
e0033570_20560480.jpg
e0033570_20561132.jpg
それに気づくのも割と続けて訪れているからですが。
e0033570_20570591.jpg
e0033570_20565930.jpg
e0033570_20571620.jpg
e0033570_20571023.jpg
そういや今回、たわわちゃんの写真、撮らなかったな(^^;

[PR]
by odin2099 | 2014-12-29 07:00 | 旅行 | Trackback | Comments(0)
e0033570_19320028.jpg
金地院東照宮を後にして
e0033570_19321416.jpg
やってきたのは南禅寺
e0033570_19340713.jpg
e0033570_19341641.jpg
e0033570_19343691.jpg
e0033570_19342716.jpg
実はここへ来るの初めて
e0033570_19322007.jpg
e0033570_19322761.jpg
e0033570_19323848.jpg
絶景かな絶景かな
e0033570_19325248.jpg
e0033570_19324667.jpg
一度は見てみたかったのがコレ
e0033570_19374626.jpg
e0033570_19375209.jpg
超有名スポットでロケでも良く使われてますね
e0033570_19375841.jpg
e0033570_19380427.jpg
e0033570_19381019.jpg
何か不思議な雰囲気のある処でした
e0033570_19390835.jpg
e0033570_19390362.jpg
上に昇ると
e0033570_19391330.jpg
e0033570_19391814.jpg
e0033570_19392407.jpg
e0033570_19392991.jpg
こんな感じ
e0033570_19400063.jpg
e0033570_19400690.jpg
お寺そのものよりもコッチの方に興味あるなあ
e0033570_19401332.jpg

[PR]
by odin2099 | 2014-12-28 19:41 | 旅行 | Trackback | Comments(2)

e0033570_19073969.jpg番組のサイクルが10月スタート9月終了となったことで、8月公開の夏映画(今回は7月公開だったけど)は、制約が大きくなったんだろうと思う。TVシリーズがクライマックスを迎えている時期にそれに匹敵する、或は凌駕するスケールの大きな物語を用意するのはなかなか容易なことではないだろう。しかもTVの邪魔をすることなしに、である。


舞台はヘルヘイムの侵蝕を受けていない平和な沢芽市。若者たちはダンスバトルではなくサッカーに興じているという、我々が知っているのとはちょっと違う沢芽市だ。裕也、初瀬、シド、それに貴虎らシリーズ中に退場してしまったキャラクターも登場とあって、一見するとパラレルワールドでの番外編かと思いきや、一応はシリーズのある地点から分岐しているというエクスキューズを用意して辛うじて枠からはみ出さない配慮がされている。


アーマードライダー大集合によるクライマックス・バトルなど見せ場も多く、TV版への言及もあって改めて観直してみると決してつまらなくはないし、映画としての出来も決して悪いとは思わないのだが、やはりワールドカップに迎合したであろうサッカー要素の導入は唐突な感が否めない。ジェフの佐藤勇人、ジュビロの駒野友人、それに元日本代表のゴン中山を出すくらいならば、メインキャラの中で唯一出番のない紘汰の姉・晶を出す方が遥かにファンサービスではないだろうか。


ところでこの劇場版公開の頃からTVの『鎧武』はずっとご無沙汰だったので、これを機に最終回まで一気に約2か月分を観てみたのだが、その最終回がこの劇場版の後日談になっていたのには驚いた。これによってこの劇場版世界も見事『仮面ライダー鎧武』という番組の一部として組み込んだのはお見事。例えそれが蛇足に近い扱いであったにせよ。

劇場公開時の記事はこちら


[PR]
by odin2099 | 2014-12-28 19:09 |  映画感想<カ行> | Trackback | Comments(0)

久々に読むので前のお話、忘れちゃった…。

e0033570_18474291.jpgえー、グインは千竜将軍ダルシウスの元で傭兵として暮らし、仲間たちからも一目置かれ、将軍からの信頼も得、噂を聞きつけたアキレウス大帝直々の御召に応じケイロニア宮廷デビュー。ここで終生の友ランゴバルド候ハゾスと出会います。また偶然目撃したサイロンの怪異の謎を突き止めんとする途上で、<闇の司祭>グラチウス、<ドールに追われる男>イェライシャとも巡りあいます。


またマリウスが出会ったルビナという少女が実はケイロニアの皇女シルヴィアであり、謎めいた美貌の剣士イリスがどうやら人知れず育てられたアキレウス大帝の”皇子”であるらしいことも判明し、グイン共々王位を巡る陰謀に巻き込まれることに。


一方、自らのプライドをかなぐり捨てて助力を請うたものの、それを断られたことでイシュトヴァーンとグインは決定的な破局を迎え――と、舞台がケイロニアに移って2冊目ということで怒涛の展開。新顔さんはバンバン出てくるし、グインの謎の一端に触れられたり、何気にマリウスの正体バレの伏線も貼られたり……。

この「ケイロニア篇」の最後にグインがマリウスの正体を看破するシーンがあるのですが、この頃から既に勘付いていたいたんですな。

さて、これからちょっとペースを上げて読まないと…! 
「続篇プロジェクト」も着々と進行しているし。


[PR]
by odin2099 | 2014-12-27 18:49 | | Trackback | Comments(0)

映画ネタを取り扱ってるブロガーさんは、この時期になるとご自分のベストとワーストをこぞって発表なさいますが、世間一般の皆さんからすれば多いんでしょうけれど、映画館へ行った回数は50回に満たないし、トータルで観ている本数も三桁には乗っているものの「辛うじて」といった感じだし、話題作から隠れた逸品まで幅広く観ている訳でもないので、一年というスパンで10本20本をピックアップするのは端から無理だなあと思っていました。


でも今年劇場で観た作品の中から、まーシャレで10本選んでみたらどんな感じになるかなあと拾い集めてみたんですが、これらの作品群をベストテンに上げてる人は先ずいないんじゃないかなあ。
というよりこの10本全て観てる人の方が少数派だろうと思います。自分でもこれがベストだなんて露程も考えてませんし、せいぜい「裏ベスト10」くらいに考えてくれれば良いです。所詮はネタですから。


もし本当にこの10本をベストに推している人がいたとしたら――
……あんまり友だちになりたくはないですね(^^;


ちなみにこれ、順不同、っつーか50音順でございます。
いざ!


『赤×ピンク』(監督:坂本浩一)
『イン・ザ・ヒーロー』(監督:武正晴)
『イントゥ・ザ・ストーム』(監督:スティーブン・クエイル)
『太秦ライムライト』(監督:落合賢)
『宇宙戦艦ヤマト2199/星巡る方舟』(総監督:出渕裕)
『俺たち賞金稼ぎ団』(監督:坂本浩一)
『機動戦士ガンダムUC/episode7 虹の彼方に』(監督:古橋一浩)
『ハイキック・エンジェルス』(監督:横山一洋)
『LUPIN THE ⅢRD/次元大介の墓標』(監督:小池健)
『烈車戦隊トッキュウジャー THE MOVIE/ギャラクシーラインSOS』(監督:竹本昇)


次点は何かなあ。
真面目に選ぶなら『ウォルト・ディズニーの約束』か『超高速!参勤交代』あたりで、ネタなら『ロボットガールズZ』か『女子ーズ』あたりにしておこうかな。


[PR]
by odin2099 | 2014-12-26 21:57 | 映画雑記 | Trackback | Comments(0)
e0033570_20072002.jpg

[PR]
by odin2099 | 2014-12-25 07:00 | 雑感 | Trackback | Comments(0)
e0033570_20054764.jpg

[PR]
by odin2099 | 2014-12-24 20:06 | 雑感 | Trackback | Comments(0)
再び訪れた東寺を後にし、地下鉄を乗り継いでやってきたのはココ。
e0033570_15414058.jpg
e0033570_15414698.jpg
e0033570_15415297.jpg
異世界へ通じる途のよう……。
e0033570_15415876.jpg
e0033570_15421014.jpg
で、目的地への道を急いでいたのですが――
e0033570_15434414.jpg
こんなところに東照宮が…!
e0033570_15435002.jpg
e0033570_15435691.jpg
金地院東照宮。
e0033570_15454730.jpg
金地院といえば、「黒衣の宰相」金地院崇伝!
e0033570_15455330.jpg
e0033570_15455969.jpg
e0033570_15460616.jpg
こんな場所に東照宮があるとは知りませんでした。
e0033570_15473338.jpg
e0033570_15473978.jpg
e0033570_15474589.jpg
e0033570_15475139.jpg
こういう雰囲気のある場所、好きですねえ。
e0033570_15513652.jpg
e0033570_15511608.jpg
e0033570_15514863.jpg
今回は偶然彷徨いこんだ感じでしたが、今度はしっかり目的地に組み込んでまた来たいと思いました。
e0033570_15514382.jpg
e0033570_15520474.jpg
e0033570_15515675.jpg
さて、旅はまだまだ続きます――。

[PR]
by odin2099 | 2014-12-23 15:53 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

e0033570_22180717.jpg豊田巧の手になる『宇宙戦艦ヤマト2199』ノベライズの3冊目。
相変わらず細かい部分での差異が目立つが、これが著者オリジナルの部分なのか、それとも準備稿等の描写に基づくものなのか…。
またこれ単独で読む人も少なくなかろうという配慮なのか、メインキャラクターに関しても言わずもがなの記述があったりする親切設計となっている。


以下、細々とした映画版との違いをランダムに上げてみると――

○土方、齊藤始、桐生の父の出番はない。
○観測室での記念撮影時、映画以上に挙動不審な山本。
○コスモシーガルを2機、コスモゼロを1機スクラップにした古代は、甲板員たちに「戦術長が操縦すると機体が壊れる」と噂されている。
○古代に「薫」と呼ばせたり、「古代くん」と呼んでしまって顔を赤らめる新見女史。
○バーガーは最初から古代たちがザルツ人でないことに薄々感づいていた。
○レーレライ・レールは方舟の全てを把握している訳ではなく、古代アケーリアス文字(レーレライには読めない)を解読した桐生によってその全貌を知る。
○最終決戦でバーガーは艦載機で出撃。バーガーとネレディアの要請によって、古代が連合軍の戦闘指揮を執る。
○根本は撃墜されない。
○メガルーダを攻撃するのがヤマトなのは同じだが、座礁したミランガルを救出するため、というシチュエーションは存在しない。
○それとは別にミランガルは窮地に陥るが、それを救ったのはバーガーの特攻。
○ネレディアがバーガーに愛を告白?
○篠原が沢村と桐生の仲を冷やかすシーンがある。
○ラスト、古代とバーガーの”友情”が強調されている。


他にも色々あるが、後は映画を観、小説を読んでみてのお愉しみ。
ヤマトとガトランティスの戦い方が違ったりするのは、これは絵で見せる映画と、字を読ませる小説とのジャンルの違いからくるものもあるのだろう。
シリーズ正編(上下巻)よりも総じて読みやすい文章になっているのもまた良し。


[PR]
by odin2099 | 2014-12-22 22:19 | | Trackback | Comments(0)

by Excalibur
ブログトップ