【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

<   2015年 02月 ( 40 )   > この月の画像一覧

e0033570_22362251.jpgWOWOWでの放送もチェックしたし、Blu-rayのBOXも早々に買っていたんですが、ようやく観る時間が取れるようになりました。DVD版は2話で1枚ですが、Blu-ray版は4~5話で1枚になっています。先ずはDISC1を足かけ3日で鑑賞。
収録されているのは「シールド精鋭チーム誕生」、「084」、「グラヴィトニウム」、「裏切り者を救え」、「花のドレスの女」の5エピソード。


『アベンジャーズ』で描かれたニューヨーク決戦の「その後」が舞台で、死んだ筈のエージェント・コールソンが自ら選んだ少数精鋭チームを率い、様々な事件に挑んでいくというのが基本パターンです。
そのメンバーは元秘密工作員で実働部隊のグラント・ウォード、秘密基地を兼ねた巨大ジェット機のパイロットながら実は伝説の元特殊部隊員メリンダ・メイ、メカニック担当のレオ・フィッツ、生命科学の専門家ジェマ・シモンズに、凄腕のハッカー、スカイという顔ぶれで、6人の男女比が半々というのが現代っぽいですね。
第1話にはマリア・ヒル、第2話にはニック・フューリー(吹替キャストはなんと竹中直人!)もチョイ役ながら登場します。


お話は概ねスカイが中心になって進んでいきます。
シールドに挑戦するハッカーだった彼女は、これを切っ掛けにスカウトされてメンバー入りを果たすというのが第1話のストーリーですが、その後のエピソードにおいて時に不可解な行動をとる彼女は、ただの興味本位ではなく何らかの目的があってシールドに接近したことが徐々に明らかになっていきます。
果たして彼女の本心がどこにあるのか?が序盤のキーポイントになっているようです。


e0033570_22361296.jpgまた生死の境を彷徨ったコールソンは奇跡的に生還し、タヒチで静養していたことになっているのですが、そこには本人も知らない大いなる秘密が隠されているようで、これも気になります。『アイアンマン3』に出てきた「エクストリミス」が第1話から重要なアイテムとして扱われていますし、ヒドラの残党が暗躍していたりというのは<マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)>のフェイズ2としっかりリンクしていますね。


TVシリーズだから、低予算でショボイものになっているんじゃなかろうかという不安は杞憂に終わり、逆にそれを活かして<MCU>の隙間を埋めるような作品作りがなされ、世界観をガッチリと固めて行っている印象で、これは先が楽しみなシリーズです。逆にこのチームのメンバーが、映画の方にチラと出ても出てくれれば、更に世界が広がりますが、やらないかなあ。


【ひとりごと】
コールソンは長官に貸しがあって専用ジェット等を色々と改造しているようだが、それってキャップのトレーデイングカードの件かなあ、やっぱり。


【ひとこと】
「デング熱にはワクチンがない」という台詞、タイムリーすぎる。


[PR]
by odin2099 | 2015-02-27 22:38 | テレビ | Trackback | Comments(0)
『宇宙戦艦ヤマト2199/星巡る方舟』ORIGINAL SOUNDTRACK 5.1CH SURROUND EDITION

e0033570_22543234.jpgランティスから日本コロムビアへ、異例の発売中止騒動からメーカー変更して無事にリリースされた『宇宙戦艦ヤマト2199/星巡る方舟』のサントラ盤で、『追憶の航海』と違ってこちらは全曲新曲!新録音!(再演奏曲込みですが) 
初めて聴くメロディから、他の作品の他の場面で聴いた曲まで(苦笑)、あれやこれやのてんこ盛り~♪

「蛮族襲来」は以前にも書きましたけど、アキラさんが手がけたミュージカル『GANKUTSU-OH』を彷彿とさせるメロディで大感激だし、「テレサのためいき」とか「新銀河誕生」とか、もちろんもちろん「都市帝国」などなど盛り上がります。

しかーし、今回も「ブルーレイディスク・オーディオ」での発売です。なんでだ~。

意見具申!CDでも出してください!
CD化希望どころか、熱望・切望でございますよ。
やっぱりBlu-rayだと視聴環境に制約ありすぎ~(涙)。

ちなみに週末のコンサートのライヴ盤も出るらしいですが、こちらはCDとBlu-ray、両方のヴァージョンで出るみたい。わ~い。

[PR]
by odin2099 | 2015-02-26 19:20 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
『宇宙戦艦ヤマト2199/追憶の航海』ORIGINAL SOUNDTRACK 5.1CH SURROUND EDITION

e0033570_22542688.jpg主題歌『BLUE』を含めた全49曲を収録した『宇宙戦艦ヤマト2199/追憶の航海』のオリジナルサウンドトラック盤ですが――
問題なのはCDじゃなく、「ブルーレイディスク・オーディオ」だということ!

ウチにはBlu-rayプレーヤーもありますし幸いパソコンでも再生できますが、CDラジカセ等のオーディオ製品では再生できませんし、ウォークマンに取り込むことも出来ないという大変不便な代物。
高音質が売りのようですが、そんな高級なオーディオ装置なんて無縁ですし、気軽に楽しめないんじゃ意味なし。

ということで買ったはいいものの、現在は既存のサントラCD3枚からから、このサントラ盤の該当曲をピックアップしてプレイリストを作り、それをいつも聴いております。

ただCDには未収録の曲があるのが口惜しくて。
なんでCDで出してくれなかったんでしょうね。CDよりもBlu-rayを望むファンの方が多いとはとても思えませんが。

[PR]
by odin2099 | 2015-02-25 23:02 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

e0033570_22492574.jpgアニバーサリーイヤーなので、イベントやら旧作映画やら新作映画やら活発な動きを見せている「ムーミン」ですが、これは昨年ヤンソン女史の母国フィンランドで製作された長編アニメーション映画です。
小説版ではなくコミック版をベースにしたものだそうですが、キャラクターのタッチがヤンソンの描いた挿絵のイメージにかなり近いんじゃないかと思います。


お話はムーミン谷から船に乗ってリビエラへとやってきたムーミン一家の珍道中を描いたものですが、世間連れした一行の言動は、当人たちに悪気がないだけに余計苛立ちますねぇ。
掻き回されたリビエラの住民や観光客、ホテルの従業員の皆さんが気の毒で気の毒で…。
また「ノーカー・ノーマネー・ノーファイト」がコンセプトの「ムーミン」で、ギャンブルに興じてる姿を描くのは如何なものかなという気もします。
このシーン、原作にあるものかどうかは知りませんが。


e0033570_22494291.jpg吹替版のキャストは『楽しいムーミン一家』からスライド。
そのせいか「スノークのおじょうさん」が「フローレン」になってますが、日本製の『楽しいムーミン一家』の劇場版ではなく本国版なのだから、これはちょっと頂けません。
パペットアニメ版は普通に「スノークのおじょうさん」で通しているのに。


[PR]
by odin2099 | 2015-02-25 19:48 |  映画感想<マ行> | Trackback(2) | Comments(2)

e0033570_22464073.jpg「旧約聖書」の『出エジプト記』をリドリー・スコット監督が映像化。モーゼにクリスチャン・ベール、ラムセスにジョエル・エドガートン、セティにジョン・タトゥーロ、ヨシュアにアーロン・ポール、ヘゲップにベン・メンデルソーン、トゥーヤにシガニー・ウィーヴァー、ツィポラにマリア・バルベルテ、ヌンにベン・キングズレー。


荘厳な宗教映画のようなものかと思っていましたが、壮大ではあってもそういう要素は殆どないですね。
押しつけがましさもないというか、モーゼは「神の使い」に終始懐疑的な態度を取っていますし、明確に「神のメッセンジャー」として行動することもありません。また傍から見ると、モーゼは怪我をした後に精神面で異常をきたしたようにも、全てが妄想のようにも受け取れるようになっています。これは現代的な解釈でしょうか。


序盤のヒッタイト人との戦いや、終盤でのヘブライ人とエジプト兵との追いかけっこは戦争映画のようですし、ワニが暴れたり、魚が死んだり、カエルや蛆や虻が大量発生したり、雹が降り、イナゴが襲いという中間部の災害描写はディザスター映画の如し(やや怪獣映画のテイストも入ってますね)。娯楽映画の要素を詰め込んだ堂々たる娯楽大作という雰囲気の仕上がりです。


モーゼが英雄的な人物として描かれていないように、ラムセスも絶対悪の独裁者としては描かれていません。
自分に比べおそらく能力も秀で人望もあるモーゼに対して嫉妬に近い感情はずっと持ち続けていたと思われますが、それが単純に「モーゼ憎し」へとは繋がらず、兄弟同然に育ってきた相手に対し愛情を持ち続け、またどこかでずっと信頼の気持ちを持ち続けていたように描かれています。これがラムセスの甘えであり甘さで、結局は判断を誤らせたと言えなくもありませんが。


e0033570_22464833.jpgまた「神の使い」を称する少年が果たして本当に「神の代弁者」だったのか、だとすれば神の意志は奈辺にありしか、エジプト人だけでなくヘブライ人までも苦しめるその「真意」が明確に描かれていないのは不気味でした。「神」の解釈は微妙な問題なだけに、あくまでも観客の判断に委ねることを選択したのでしょう。製作サイドもある程度の道筋は持ち込んでいますが、独自の解釈を持ち込んで映画としてまとめようとはしていません。


ということでこの作品、神の奇跡や神に仕える英雄の物語ではなく、あくまでも人間モーゼの物語として描き切ったというのが独自色ということになるのでしょう。
しかし『出エジプト記』の表面をただなぞっただけという物足りなさもあります。「神話」でも「歴史」でもない中途半端さ。どっちかに思い切って舵を取り、ハッタリを効かせてくれた方が映画としてはより楽しめたでしょうに。


【ひとりごと】
奇跡の力で海を真っ二つ!…ではなく潮の満ち引きを利用して渡るシーンは良いですが、モーゼがヘブライ人を武装蜂起させたり、その報復でラムセスが容赦なくヘブライ人を処刑して……で無力さに打ちのめされるモーゼ。その間「神の使い」とやらは一切手を貸してくれません。
ファラオは頑なになり、でその後が怒涛の災害攻撃のオンパレードと情け容赦ないのはどうなんでしょうね。


[PR]
by odin2099 | 2015-02-24 20:03 |  映画感想<ア行> | Trackback(22) | Comments(6)

よく「子供向け番組だからといって手は抜いてません」「子供は正直で騙せません」というスタッフ、キャストのコメントを見かけますが、中には「ホントかなあ?」と思うものもしばしば。穴ぼこだらけのシナリオというかプロットを見せられると、「やっつけ仕事なんじゃないの?」と思わず言いたくなってきます。


e0033570_22421831.jpgこの映画は『仮面ライダーX』の劇場版ですが、タイトルに「Xライダー」の文字はなし。5人のライダーが対等って意味なんだろう。そのせいか主演の速水亮の出演場面は正味1~2分ってとこ。後は変身後しか出てきません。他のライダーも変身後しか出てきません。一応は各人単独のアクションシーンが(どういうわけかV3以外は)ありますけど、対等と言っても所詮はその程度です。


あ、申し訳程度に変身シーンが挿入されますが、それは『仮面ライダー対ショッカー』と『仮面ライダーV3対デストロン怪人』からの抜き焼き。ライダーマンはTVシリーズからのデュープですね。その分おやっさんが身体を張って頑張っています。
ゲストの水の江じゅんは『人造人間キカイダー』のミツ子さん、相変わらず綺麗な方です。


TVとは別班体制での撮影だったんでしょうかね、擬闘もいつもと雰囲気違うし、トランポリンを使ったアクションカットがスタジオ撮影で(これは天候不順のせいだとか聞きましたが)なんかヘンだし、効果音もマヌケだし……これを最後に劇場用の<仮面ライダー>新作が作られなくなっちゃったのもなんとなくわかる気がします。


ところでライダーマン以外はオリキャスが声を当ててる5人ライダーですが(ライダーマンは多分林一夫でしょう)、何故かノンクレジットです。今までは声だけの出演でもちゃんと一枚看板だったのにねぇ。
それにライダーマンが左腕にアタッチメントを付けて「俺は仮面ライダー4号!」とか見え切ってますけど、まさか偽ライダーマンじゃないよね?

過去記事はこちらこちら


[PR]
by odin2099 | 2015-02-24 20:02 |  映画感想<カ行> | Trackback | Comments(0)

e0033570_22131246.jpg<マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)>のおさらいも、やっと現時点での最新作まで来ました。
次の『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』公開は夏なのでまだかなり間が空きますが、その間はTVドラマ『エージェント・オブ・シールド』でもチマチマと見ることにしましょうかね。


しかし今のところこの『GOG』は、他の<MCU>作品とは切り離して扱った方が良いかも知れません。
サノスやコレクターといった再登場キャラクターはいますが、『アベンジャーズ』『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』を観てないからと言って詰まらないということはないし、インフィニティ・ストーンはなんぞや?と言われても「なんかわかんないけど超パワーを秘めたヤバい代物」程度に認識しておけばオッケーでしょう。とにかく世界観が違いすぎます。


むしろ『GOG』の関連作品として『ハワード・ザ・ダック』を観ておかなきゃいけないかも?――なんて思わされたラストシーン。今じゃルーカス・フィルムもマーベル・スタジオも共にディズニー傘下ですが、これはハワードも<MCU>に参加するという伏線?それとも単なるお遊び?
もしこういったお遊びが許されるなら、今後の作品で意味もなく色々なキャラクターが通りすがったりしたら面白いですな。ウルヴァリンがいたり、ゴーストライダーがいたり、パニッシャーがいたり、ブレイドがいたり……。


ルーカス・フィルムがディズニー傘下に入ったことで始動した『スター・ウォーズ』ですが、当然ディズニーとしてはもう一つのドル箱『インディ・ジョーンズ』もリブートを視野に入れてるワケですが、先ごろ新インディ役として本作の主演クリス・プラットの名前が取り沙汰されました。
これは先走ったファンの妄想か、それとも動きが具体化してきたということなんでしょうか。


まあ<スターロード>ことピーター・クィルは、ある意味『スター・ウォーズ』のハン・ソロみたいなキャラだし、インディアナ・ジョーンズみたいにお宝を狙ったりもしてるので、これはなかなか納得のキャスティングじゃないかなあと思ったりもしてます。
インディの若かりし頃の役か、さもなきゃインディの息子の成長した姿ならイケそう。少なくてもシャイア・ラブーフよりは

過去記事はこちら


[PR]
by odin2099 | 2015-02-23 22:15 |  映画感想<カ行> | Trackback(1) | Comments(0)
e0033570_22101298.jpg2002年に初版本、2006年に新装版が発売された写真集を復刻した「増補新装版」だそうです。
どっちも持っていなかったので今回購入。

セミヌードやヌードの写真がウリなんでしょうがそれがメインではなく、あくまで「ひし美ゆり子」をトータルで捉えたもの。そちらへの期待だけだとガッカリされるかも。

また『ウルトラセブン』関連のスチール、いわゆる「アンヌ隊員」の写真が一枚もないのはかえって希少価値かもしれません。
『オール・オブ・アンヌ』という別の写真集も出ていますので、純粋にアンヌ隊員に逢いたい方はそちらへどーぞ、ということなんでしょう。

帯には「清純な小悪魔」という表現がありますが、それはちょっと違うかなと思いつつ、やはりコケティッシュな魅力が「ひし美ゆり子」の持ち味なんだなあとは感じました。
[PR]
by odin2099 | 2015-02-23 22:11 | | Trackback(1) | Comments(0)

e0033570_19161952.jpg極秘実験で生まれたミュータントなカメ忍者と、犯罪組織フッドとの対決を描いたヒーローアクション物。TVに映画、実写にアニメにCGアニメ、とこれが何度目の映像化になるかわからない亀忍者の新作です。
当初日本公開はお正月映画を予定されていましたが、激戦を避けたのか正月第二弾(第三弾?)へずれ込みましたが、同ジャンルのライバルが少ないのでこれは戦略勝ちでしょうか。


監督のジョナサン・リーベスマン、プロデューサーのマイケル・ベイ共に大掛りな映画を得意とする組み合わせですが、その割に上映時間は100分程度と非常にコンパクト。しかし、これでもか!の物量作戦は健在なので物足りなさを感じることはないと思います。
そういやミーガン・フォックスはマイケル・ベイと和解したようで良かった良かった。


実は1990年に作られた実写版も観ているんですが、あちらには良い思い出がないんですよね。
アメリカ映画のフリをした香港映画だし(♪でんでんでんでん ぱぱらぱ~ でお馴染み?ゴールデンハーベスト製)、東洋の武術の達人二人(片方はその孫弟子)の遺恨試合がメインでカメ忍者くんたちは場繋ぎの狂言回しだし、相変わらず勘違いだらけの東洋趣味も違和感ありありだし…。


e0033570_19153621.jpgでも今回の映画版は王道のヒーロー映画っぽくてなかなか楽しめました。
ピンチの連続からの大逆転!主人公サイドは全員無事だし、悪役は如何にも生き延びましたって感じだし、最初はキモかったカメくんたちも途中から格好良く見えてきます。
続編製作も決まってるようですが、公開されたら観に行っちゃうかも。


【ひとりごと】
あれ?っと思ったらウーピー・ゴールドバーグ本人でビックリ?!
しかし相変わらずのタレント吹替はゲンメツ
出番が多い割にあんまり気にならなかった人もいますけど、こういうのは本当に本職に任せて欲しいと思いますし、もし起用したいのであれば徹底的にしごいてからにして欲しいと思います。
完成度を貶めるのは製作サイドに非常に失礼な行為。敢えて誰と誰とは言いませんけれどね。


[PR]
by odin2099 | 2015-02-22 19:18 |  映画感想<マ行> | Trackback(15) | Comments(6)
e0033570_19125958.jpg大野剣友会がアクションを担当していたり、小林昭二がレギュラー、悪のボスの声が納谷悟朗、ということからポスト『仮面ライダー』を目指した一本なのかなとも思うが、ヒーローが主人公の変身ではなく分身、つまり影が実体化したものというのが何ともユニークな意欲作。

しかし最初のうちこそ「分身」が明確に描かれ、カゲスター登場後には姿影夫の抜け殻描写もあったものの、シリーズが進むにつれそれがなくなって単純に「カゲスター=影夫」としか受け止められなくなってしまったのは残念。
まあ作品のテンポを良くしようとしてのことだろうけれど。

しかしこの劇場版、数年前に観直しているのに今回全然お話覚えていなかった…。
一応は劇場版らしいスケールの大きなお話をこしらえてたはずなのに、いざふたを開けてみると…というところか。
パンチラアクションにビキニ披露と頑張っている早川絵美だが、どうにもこうにも色気が足りない…。
[PR]
by odin2099 | 2015-02-22 19:13 |  映画感想<サ行> | Trackback | Comments(0)

by Excalibur
ブログトップ