【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

<   2016年 01月 ( 35 )   > この月の画像一覧

サム・ライミ版に比べるとスパイディのコスチュームが鮮やかな青と赤。
それに全体的にNYも明るい雰囲気がある。

e0033570_08195919.jpgピーターとグウェンのラブラブっぷりも微笑ましい。
その後に破局が報じられたりしたが、前作の時からアンドリュー・ガーフィールドとエマ・ストーンは私生活でも恋人同士なのは知られていたから、何だか見ているこちらも気恥ずかしくなるくらい。
だからこそグウェンが死んでしまう結末は、より悲劇性が強調されることに。

今回は原作におけるピーターのもう一人のガールフレンド(そしてサム・ライミ版のヒロイン)であるメリー・ジェーン・ワトソン(MJ)の登場も予定され、実際にシェイリーン・ウッドリーがキャスティングされて撮影までされたもののカットになってしまったが、これも悲劇性をより高めるためだったのだろうか。
もしグウェンを喪って悲しむピーターの傍らにMJがいたりして、それが立ち直りの切っ掛けとなったとしたら、ピーターが移り気に見えてしまうかも知れない。
幻に終わった3作目で新たなヒロインとしてMJが出てくるなら、少しはそういったショックも和らいだかも(サム・ライミ版では逆に3作目にグウェンが出てくるが、扱いがちょっと中途半端)。

それにしても、返す返すもこの2作目でシリーズが打ち切りになってしまったのは残念。
ピーターの両親については本作で幾つかの謎が明かされたものの、まだまだオズコープ社との繋がりや、オズコープ社そのものが抱える闇の部分がベールに包まれたままだ。
ハリー・オズボーンのその後も気になるし、例えば今製作中のアニメーション映画版などでこれらの設定を拾ってくれないものだろうか。

見ているとエンドロールの途中で急に画像が乱れる場面がある。
確か劇場公開時にはこの部分に、唐突に「X-MEN/フューチャー&パスト」の本編映像(ベトナム戦争時にミスティークが軍事キャンプへ潜入し、ストライカーの元からミュータントたちを開放する場面)が挟み込まれていたのだったっけ。
これは何のアナウンスもない、あまりに不親切なもので、変に勘繰った観客もいたのではなかろうか。

【ひとこと】
ピーターの携帯の着メロは、その昔放送されていたアニメ版「スパイダーマン」のテーマ曲。
サム・ライミ版三部作でも随所に使われていた。

【ひとりごと】
フェリシティ・ジョーンズ演じるセクシーなハリーの秘書フェリシア、出番が少ないけれど今後重要なポジションを担いそうだったのに勿体なかった。
e0033570_21522111.png
<過去記事>
http://odin2099.exblog.jp/21933864/


[PR]
by odin2099 | 2016-01-31 08:22 |  映画感想<ア行> | Trackback | Comments(0)
e0033570_17543657.jpg前作「ザ・ファースト・アベンジャー」もペギーやらバッキーやらの仲間に囲まれ、集団ヒーロー物のリーダー然としていたスティーヴですが、今回もナターシャやサムらと組んで行動しています。
次の「シビル・ウォー」も売りが「キャプテン・アメリカVSアイアンマン」ですから、トニーやソーのように押し出しの強いキャラとはいえないキャップの単独主演映画というのはなかなか難しいのでしょう。

さて、<MCU>最高傑作などとも呼ばれていたこの作品、ウィンター・ソルジャーの設定にはSF性を感じますが、他の部分は地に足の着いたというか、それでも他の作品に比べると現実世界に即したリアリティを感じます。
次の「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」が地球が殆ど出てこない宇宙の大冒険活劇ですから、ユニバースと呼ぶに相応しい世界観の広さがありますね。
まあ仮にこの作品と「ガーディアンズ~」しか見てない人がいたら、二つの作品世界が繋がってるとはとても信じられないでしょうが。

しかしこの作品のナターシャはかなり積極的。
敵の目を欺くためとはいえ、人前で堂々とスティーヴとキスするし、やたらと「あの子を誘いなさい」「この子とデートしなさい」と世話焼きたがるのはなんでだろう。
まあそれとは関係なくスティーブは、エージェント13ことケイトとくっつくかも?だけど。

ところでペギー・カーターって何歳?
スティーヴより年上だろうから100歳くらいなのかな。
e0033570_21522111.png
【ひとこと】
ゲイリー・シニーズが出演してるらしいけど何の役だろうと思っていたら、スミソニアン博物館のナレーターだったとは…!
e0033570_20215959.png
<過去記事>
http://odin2099.exblog.jp/21908585/
http://odin2099.exblog.jp/22388034/
http://odin2099.exblog.jp/22812405/
[PR]
by odin2099 | 2016-01-30 17:57 |  映画感想<カ行> | Trackback | Comments(0)
WOWOWで放送していたヴァージョンで見ました。
クリストファー・リーブが主演した4本の中ではこれが一番の傑作だと言われておりますが、結構ツッコミどころもいっぱいありますね。

地球の近くにファントムゾーンが漂ってる偶然に、たまたま近くでスーパーマンが核爆弾を爆発させちゃったという偶然、偶然に偶然が重なって3悪人が復活してくるというのが本作の粗筋なんですが、もうちょっと上手く理由付けをして欲しいものです。

e0033570_19585114.jpgせっかくスーパーマンと同等の力を持つ3悪人との対決も、なんだか頭悪いです。物ぶつけたり、眼から怪光線、口から突風、おまけにろくに組みもしないでどつきあい。
マンガらしいといえばマンガらしいと言えなくもないですが、今だったらこんな緩いアクション描写はパロディやコメディを除けば許されないでしょうね。
それに最後、3悪人はどうなったのでしょう?
氷の中に落下して…それで絶命?

また「二度と戻れない」と言われたのに能力を手放して平凡な人間としての暮らしを選んだカル=エルが、3悪人の出現にあっさりと元に戻るというのも都合が良すぎます。
考え出すとどんどん白けちゃいますねえ。ま、それでも面白いんですが。

e0033570_20503839.jpgさてこの作品、前作と同時進行で撮影されていたのは有名な話で、どうせヒットするだろうから効率よく続編も作っちゃおうという作戦です。プロデューサーのサルキンド父子は以前にも同様に「三銃士」と「四銃士」を一緒に撮ったことがありますが、この時は一本分のギャラしか払わずに揉めたんだとか(長くなったから二本に分けたということではなく、最初から二本撮るつもりだったけれど、出演者には一本だと言ってたらしい)。
今回は端から二本を一緒に作るよということで始めたようですが、どういうわけか監督リチャード・ドナーが途中で降板しちゃって、この続編はリチャード・レスターが監督として登板。
これまた最初から監督2人で手分けしてスケジュールを楽に、ではないそうな。

まあ同時製作だったからか前作からのフッテージがかなり流用され、前作のみの出演者もチラホラ拝見出来るのですが、スーパーマンのお父さん=マーロン・ブランドだけは出てきません。
流用っぽいショットもお母さんだけで撮り直してるみたいですが、これは少ない出番でもブランドに多額のギャラを持って行かれちゃうからかしらん。
そういや音楽もジョン・ウィリアムズじゃないのは、やはり製作費を押さえるためなのかなあ(メインテーマのメロディなどはそのまま使われてますけど)。

【ひとりごと】
スーパーマンの能力を失ったクラーク・ケントに、はたしてロイス・レーンは愛を感じるのかな?

【ひとこと】
最後にチンピラをやっつけるのが好き。

<過去記事>
http://odin2099.exblog.jp/3571350/
[PR]
by odin2099 | 2016-01-29 20:03 |  映画感想<サ行> | Trackback | Comments(0)
e0033570_20164499.jpg冒頭にパタパタパタ…とコミックのコマが表示されるお馴染み「マーベル・スタジオ」のタイトルロゴ。
各社のタイトルロゴには独自の音楽が付けられてるケースが多いですが、この作品から専用の音楽が出来ました。「マイティ・ソー/ダーク・ワールド」のサントラ盤にも「マーベル・スタジオ・ファンファーレ」という曲名で収録されています。
これは映画の始まりだけじゃなく、DVD&Blu-rayのメニュー(?)でも流れる名詞みたいなものですね。

さて、「マイティ・ソー」の第2弾。
間に「アベンジャーズ」挟んでますが、ホームグラウンドに帰ってくるとやっぱり雰囲気違いますね。
史劇っぽいというか、中世の騎士物語っぽいというか。
個々の作品ではかなり振り幅広いのに、それでもバラバラな感じがないのが<MCU>の凄さかも。

そういや今回は色々な世界を経巡ってますけど、ビフレストも無事に修理されたんですかね。
前作ラストではかなり絶望的な雰囲気だったし、「アベンジャーズ」の時はなんでソーが地球(ミッドガルド)に来られたのかの説明がなかったように思いますが(オーディンの力?)。
そのあたりはあんまりツッコんじゃいけないのかな。

ツッコミといえば、何度見てもわからないのが、ロキの本心。
どこまでまやかしで、どこから本心なんだろう?
マレキスとの戦いでもソーとはどの程度打ち合わせをしたのかとか。
まあ謎は謎のままの方がロキらしくていいんだろうけど。
「エイジ・オブ・ウルトロン」ではしれっと地球上にいた(この作品のラストで戻ってきてからずっといるんですかね)ソー、最後にはまたどこかへ行っちゃいましたが第3弾ではどんな活躍を見せてくれるのでしょうか?
どうやらハルク=ブルース・バナーが準主役級で出てくる一種のバディムービーになってるという噂ですが…。
e0033570_21522111.png
【ひとりごと】
オマケシーンがこれでもか!と出てくるようになったのはこの作品からですかね。
しかも次作「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」ではなく、次の次「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」への伏線というあたりがニクイ。
これじゃあ続けて見なきゃいけない気分になりますねぇ。
e0033570_20215959.png
<過去記事>
http://odin2099.exblog.jp/21640222/
http://odin2099.exblog.jp/22378878/
http://odin2099.exblog.jp/22812405/


[PR]
by odin2099 | 2016-01-28 20:24 |  映画感想<マ行> | Trackback | Comments(0)
e0033570_19233622.jpg<スター・ウォーズ>ほどじゃないけれど、<インディアナ・ジョーンズ>も気になるシリーズ。
ルーカス・フィルムをディズニーに売却した際には<SW>だけじゃなく<インディ>の続編の権利込みだったので、スピルバーグも乗り気のようだし余程のことがなければ新作が作られるのは間違いなさそう。
後はいつ作るかで、<SW>の新たな三部作やスピンオフが落ち着く2020年以降になるのか、それとも<SW>と並行して進めるのかが問題。
スピルバーグ自身は「ハリソン・フォード以外のインディはあり得ない」みたいな発言をしていたけれど、「フォースの覚醒」見る限りでは「クリスタル・スカルの王国」みたいにメインを張らせるのならば急いだ方が良さそう。
ディズニー・サイドとしては、<SW>のスピンオフで若きハン・ソロを描くのと同じように若い役者にバトンタッチさせるつもりなら、じっくり腰を落ち着けてでも良さそうだけど。

さて、「エクスペンダブルズ3」への客演、「フォースの覚醒」主演で、まだまだアクションスターとして(?)頑張ってるハリソン・フォード、その第一作を観直した。
<SW>もそうだけど、やっぱり<インディ>も一作目が至上。
特に紆余曲折ある<SW>に比べると、<インディ>は二作目以降ほぼ下降線を辿ってる印象がある。あ、個人的には二作目より三作目の方が好きだけど。
「フォースの覚醒」の枯れたハリソンも良いのだけど、この頃のギラギラしたハリソンはまた格別。
「パトリオット・ゲーム」などを見ると案外動けない人な気がするけど、この時は本当にタフガイに見えるもんなあ。

e0033570_19232648.jpg【ひとこと】
今回はBlu-rayだったので新録の吹替版(WOWOWで放送する時に作ったやつ)で見たけど、これはちょっとなあ。
マリオンは以前と同じ土井美加だけど、インディは「クリスタル・スカルの王国」に合わせた内田直哉。
慣れろと言われても、これは無理。
逆にWOWOWは「クリスタル・スカルの王国」を村井國夫で新録すべきだったのに!

<過去記事>
http://odin2099.exblog.jp/4518599/
[PR]
by odin2099 | 2016-01-27 19:26 |  映画感想<ラ行> | Trackback | Comments(0)
e0033570_20015902.jpg「ウルヴァリン/X-MEN ZERO」に続く、ウルヴァリンを主役に据えたスピンオフの第2弾。
といっても前作の続編ではなく、時系列的には「X-MEN/ファイナル・デシジョン」の続き。つまりウルヴァリン二部作は、正編のX-MEN三部作の前と後に位置してサンドイッチする形になっている。
現在ウルヴァリンの3作目を製作中だが、ヒュー・ジャックマンはその作品に置いてシリーズからの卒業を宣言。その前に本人の希望通り「アベンジャーズ」と共演させてあげたかったな。

今回の作品の舞台は日本。
スクリーンに日本が映し出されると、途端に近未来感、SF感が薄れてくるのは、見慣れた光景に痛烈に日常を意識させられるからだろう。
外国人にはこの日本の風景、どう映るんだろうか。
日本人みたいに現実に引き戻されることはないだろうが、かといって「日本、すげー!」とはならないんだろうなあ。
まあこちらも日本人に見えない日本人が右往左往してると、「あ、やっぱり勘違いハリウッド映画か」なんて思ってしまうのだけれども。
例によってお話は自分好みではないものの、X-MENの中では上位の部類。

エンドロールの後のオマケシーンは何故か本編の2年後。
マリコやユキオはどうなったんだろう?とちょっと気になる。
ユキオは「あなたのボディガードよ」と言いながらウルヴァリンに付いて行ったんじゃなかったっけ?
そして復活してくるマグニートーとプロフェッサーX。
プロフェッサーなんて死んだ筈なのに(一応”復活”することは匂わせてはいたけれど)しれっと登場。
何やら大変なことが起りそう、というのは次回作「フューチャー&パスト」への前フリってことなんでしょうね。

【ひとこと】
エンドクレジット、日本人スタッフ名が漢字表記。
あれ、劇場公開時からそうだったっけ?
e0033570_21522111.png
<過去記事>
http://odin2099.exblog.jp/21072478/


[PR]
by odin2099 | 2016-01-26 20:05 |  映画感想<ア行> | Trackback | Comments(0)
e0033570_22273938.jpgルガシュ王国の至宝”ピンク・パンサー”が盗まれた。
4年前の盗難事件での実績を買い、王国はクルーゾー警部に捜査を依頼する。失敗を重ねたクルーゾーは巡査に降格させられており、今またドレフュス主任警部から6か月間の停職を言い渡されたところだったが、この非常事態に警部に復帰することとなり勇んでルガシュ王国へと乗り込む。
現場に残された白い手袋からクルーゾーは、今は引退した”怪盗ファントム”ことチャールズ・リットン卿を犯人だと睨み変装してリットン夫人に接近するが、すぐに正体を見抜かれ逆に南フランスからスイスへと夫人に振り回される羽目になってしまう。
一方、濡れ衣を着させられて憤慨するリットン卿は、自ら真犯人探しに乗り出しルガシュ王国へ潜入する。

ピンクの豹』、『暗闇でドッキリ』、番外編的な『クルーゾー警部』に続くシリーズとしては通算4作目。
『ピンクの豹』の続編ということになるのだろうが、リットン卿の配役が交代していたりで連続性は薄く、ドレフュス主任警部やクルーゾーの使用人ケイトーが引き続き登場するなど物語のパターンとしては『暗闇でドッキリ』の続きという部分が大きい。
劇中では4年前の盗難事件と言っているが、『ピンクの豹』が公開されたのは12年も前だ。しかも事件を解決どころか、クルーゾーは怪盗ファントムの罪を着せられ逮捕されている。
ちなみにテレビで何度も放送されていて、おそらく自分がシリーズの中で初めて見たのはこの作品。

しかし昔はバカバカしく楽しめたものだが、今見ると繰り返しのコテコテのギャグは爆笑を通り越してイラつく。
虐げられてるクルーゾーに共感するより、むしろドレフュス主任警部に感情移入してしまい、お気の毒にと思ってしまう。
結果オーライで評価されるクルーゾーは「ドジで不器用」どころか案外「要領の良い」「世渡り上手」なのかも?!

【ひとこと】
リットン夫人クローディーヌを演じたカトリーヌ・シェルがなかなかチャーミング

【ひとりごと】
その昔聴いていた「神谷明のオールナイトニッポン」、その番組内に「明のショート・ショート・ショート」というドラマのコーナーがあり、そのテーマ曲が当時からずっと気になっていたのだが、かなり後になってこの映画のサントラだったことがわかった、という思い出がある。


[PR]
by odin2099 | 2016-01-25 06:05 |  映画感想<ハ行> | Trackback | Comments(0)
『手裏剣戦隊ニンニンジャーVSトッキュウジャー THE MOVIE/忍者・イン・ワンダーランド』(2016)

e0033570_11430736.jpgシャドーラインの生き残り闇博士マーブロは牙鬼軍団と手を結び、伝説の忍者の闇クローンを作りだすためにニンニンジャーをおびき出すが、寸でのところでトッキュウジャーに救われる。
だが一人、天晴だけは捕えられて闇アカニンジャーが誕生、忍タリティを奪われた天晴はこのままでは消滅してしまう?!
ニンニンジャーはトッキュウジャーと共に、天晴を助け出すために闇の世界へ――!

毎年恒例<スーパー戦隊VSシリーズ>の最新作。
第1作「オーレVSカクレンジャー」が1996年製作なのでもう20年、すっかり定着してきました。

「ニンニンジャー」は劇場版やSP以外は見てないし、「トッキュウジャー」も実は終盤(残り数本で…)で脱落しちゃってるんですが、そういった予備知識なしでも何とかついて行けるのが<スーパー戦隊>の懐の広さ!?
<平成ライダー>ではこうはいきませんねえ。

女の子が2人いる戦隊同士の組み合わせは久しぶり。やっぱり華やかになりますね。
トッキュウジャーの2人(小島梨里杏・森高愛)は相変わらず可愛いし、山谷花純はアクション含めて安定してるし、最初の頃は失礼ながらヘンな顔だなあと思ってしまった矢野優花もドンドン可愛く見えてきました。
アクションも、ニンニンジャーの6人がみんな頑張っていたし、トッキュウジャーでは何といっても横浜流星の動きが別格。短いながらも見応えありでした。

2大戦隊共闘の流れというか、ニンニンジャーへのトッキュウジャーの絡ませ方も自然。
各人の見せ場もそれなりにあり(コスプレや女装はお約束?)、お話そのものもオーソドックスに展開するので、派手さに乏しく盛り上がりにも若干欠ける面もあるものの、落としどころもしっくりくるので見やすい映画になっているのでは?
その分両戦隊もしくはどちらかの戦隊に強い思い入れがある人には物足りなく感じるのかも知れませんが。

新戦隊「動物戦隊ジュウオウジャー」の出番も、ここで来るな、と思ったところできっちり登場。あの「キョウリュウジャーVSゴーバスターズ」におけるトッキュウジャーのような、奇を衒ったシーンではありません。
そういえば今回は太秦での撮影はなかったようですが、代わりに選ばれた(?)のは日光江戸村だったようで。<戦隊>では珍しいのかな。
個人的には和光市民文化センター(サンアゼリア)が出てきたのでビックリ!

【ひとこと】
<スーパー戦隊><平成ライダー>共に、劇場版となるとお笑いタレントさんの起用が目立ちますが、これも善し悪しですね(個人的には納得できたキャスティングは皆無ですが)。
今回もあるんですけど、癖のある喋り方でハッキリ言って何を言ってるのか台詞が聞き取れない箇所が幾つか…。


[PR]
by odin2099 | 2016-01-24 11:46 |  映画感想<サ行> | Trackback(3) | Comments(2)
e0033570_16293500.jpgフェイズ2へ移行した<MCU>の第一弾。通算では7作品め。
フェイズ1もフェイズ2も6作品ずつだったのは単なる偶然なのか、それとも元々考えられていたものだったのか?
でもフェイズ3は6作品じゃ済まなそうなので、多分偶然なんだろうなあ。

今のところ「アイアンマン4」はアナウンスされていないので、アイアンマン=トニー・スタークの物語としてはこれが一応の完結編ということになるのだろう。
もっともこの後も「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」で色々とやらかしてくれたし、「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」ではおそらく準主役級の扱いだろうから落ち着くどころの話じゃない。
気になるのはロバート・ダウニーJr.がいつまで出演してくれるかで、「アベンジャーズ3」までは何とかお願いしたいところ。
別人が演じるトニー・スタークは見たくないなあ。

スケールの大きな「アベンジャーズ」の後で、パーソナルな戦いになった「アイアンマン3」、その発端となる過去の回想シーンでトニー・スタークの命の恩人インセンがちょこっと出てくるのは嬉しいサプライズ。
こういう細かいネタを拾ってくれるのは嬉しい。しかも単なる通行人ではなく、いわば今回の物語の水先案内みたいな役回りだから「小さいけれど大きな役」とも言えよう。
エンドロールはシリーズ3作の名場面集なのは、これはこれで完結編っぽくて良い。

しかしスケールが大きくないと言っても、NY決戦ほどではないにせよ大統領が脅迫され、拉致監禁され、多くの犠牲者が出たのだから、シールドが一切絡まないしキャップもブラック・ウィドウやホークアイも出てこないというのは些か不自然かな、と繰り返し見ているうちに思うようになってきた。この頃みんな何やってたんだろう?
TVシリーズ「エージェント・オブ・シールド」の第1話はこれの後日談になるんだろうし、シールドが内部崩壊するのはもうちょっと後だから誰かしら動いていても良さそう。
その代わりと言っちゃなんだがブルース・バナーが出てくるものの、これはホントのお客さんでお話とは全く無関係だしなあ。
そういやこのエクストリミスの研究って、バックにオズコープ社がいたとしても不思議じゃないような。
「アメイジング・スパイダーマン」のコナーズ博士も人体組織の再生の研究をしていたんだしね。上手くすればそういうところで繋げられたんじゃないかなあという妄想は募る。

【ひとこと】
アイアン軍団って質より量? 
割とあっけなくやられちゃうんだけど、遠隔操作などでは限界がありトニーが着てナンボってことなのかな。
e0033570_21522111.png
<過去記事>
http://odin2099.exblog.jp/20390584/
http://odin2099.exblog.jp/22358604/
http://odin2099.exblog.jp/22781660/
[PR]
by odin2099 | 2016-01-23 16:32 |  映画感想<ア行> | Trackback | Comments(0)
日本アニメーション40周年記念「シンドバッド三部作」の第2弾。確か最初は昨年12月公開の予定だったと思ったが、本年1月にずれ込むことに。

e0033570_20435021.jpg嵐で損傷した船の修理で、とある島へ立ち寄ったシンドバッドたち。しかしサナはこの島に魔法のランプがあるという。早速島の探検を始めるシンドバッド、サナ、そしてアリ。
水の上を走る神秘的な青い馬や巨大な足跡を見つけるが、そこにサナを追ってきたダールたちの魔の手も迫る!

前作には空飛ぶ絨毯が出てきたが、今回は魔法のランプと「シンドバッド」物らしいアイテムが次々に登場。といっても劇中でも語られる「アラジンと魔法のランプ」のランプとは関係ないらしい。
他にも一つ目巨人サイクロップスやら巨大な魚やらファンタジー寄りのキャラクターが出てくるが、もしかするとハリーハウゼンの映画シリーズのテイストも取り込もうとしているのだろうか。

シンドバッド、サナ、アリ、それにラザック船長らが平板で、悪役陣にも凄みがないので淡々と物語が進む印象なのが残念なのだが、懐古趣味と言われようがこういう王道を行く少年少女向けの冒険活劇はこれからも作られなければならないと感じている。

今回はダールたちの上に立つ首領ともいうべき存在のガリブが登場。
いよいよ物語が完結する第三部は5月の公開予定だ。

【ひとこと】
宮下新平監督は昨年の夏ごろに体調を崩し、そのまま暮れに亡くなられたとのこと。
完結編は是非とも見応えのあるものにして欲しい。


[PR]
by odin2099 | 2016-01-22 20:50 |  映画感想<サ行> | Trackback | Comments(0)

by Excalibur
ブログトップ