【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

<   2016年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧

クリス・パイン演じるジェイムズ・T・カーク以下リフレッシュされたクルーにすっかり慣れてしまいましたが、新作を観た後でオリジナル・キャストはどうだったっけ?と、1979年に製作された劇場版第1作のDVDをセット。

e0033570_21233307.jpg実はDVDは2ヴァージョンあって、今回は初めて観る<ディレクターズ・エディション>を選択。上映時間でいえば132分の劇場公開版に対して、こちらは136分と4分長くなっていますが、追加されたシーンだけでなく削除されたシーンもあるので単純には比べられませんね。
そういえば最初にビデオソフトとしてリリースされたのも劇場公開版より長い<完全版>とやらでしたが、一体何ヴァージョンあるのやら。どうやら1983年TV放映版というのもあるようなので、少なくても4ヴァージョンはあるみたい。

しかしこの映画、正直言うとあんまり面白くありません。
お話が観念的すぎるんですよね。
それにヴィージャーとクリンゴン艦隊が遭遇するシーン、カークがスコットと一緒に改装されたエンタープライズを視察するシーン、転送装置の故障に伴う悲劇的なシーン、デッカーに代わってカークが指揮を執っての出航シーン、ヴィージャー内部を探査するシーン…
e0033570_21224258.jpg何れも特撮の見せ場ですし、作り手としてもじっくり見せたいシーンでもあるでしょうが、よほど思い入れが強いファンじゃなければ冗漫にしか映らないんじゃないでしょうか。地球の危機が目前に迫り焦って出航しようとしてるカークですが、エンタープライズ発進までに全体の四分の一を使うこともないような。

またゴリ押しに近い形(だったのかどうかは実際のところ描かれてないのでわかりませんが)で現場復帰したカークと、降格させられてしまったデッカー副長(前艦長)との確執や、久々の任務の者や新たなメンバーもいるからでしょうかドタバタ、ギスギスしてるクルーとか、艦内の雰囲気がかなーり悪そう。ハッキリ言ってカーク、かなり嫌な奴になってますしね。
まあ2作目以降はそこら辺また変わってきますので、そのうち見直してみましょうか。


[PR]
by odin2099 | 2016-10-24 21:24 |  映画感想<サ行> | Trackback | Comments(0)
e0033570_21085388.jpgダース・ベイダーは故郷の地タトゥイーンに降り立った。
ラーズ家、そしてオビ=ワン・ケノービの家を訪れ、更にボバ・フェットとの対決の痕跡も辿ったベイダーは、息子ルーク・スカイウォーカーを探し求める。
一方ベイダーの命を受けたドクター・アフラは、とある情報を入手しナブーへと向かい、アミダラが死ぬ前に息子を出産していたことを突き止めるのだった。

「スター・ウォーズ/ダース・ベイダー」の続編で、引き続き著者はキーロン・ギレン(ライター)とサルバドール・ラロッカ(アーティスト)。
「新たなる希望」と「帝国の逆襲」との間の知られざるエピソードを描いているが、こういうのは如何に本編とマッチさせるのかが最重要。
あまり新しいキャラクターを出したり、大きな事件を起こしてしまうと整合性が取れなくなってしまうのだが、そろそろその辺りが気になりだしてきた。


[PR]
by odin2099 | 2016-10-23 21:11 | | Trackback | Comments(0)
e0033570_22523862.jpg人類初の5年間に及ぶ調査飛行の任務を帯びたエンタープライズ、その旅もまもなく3年目に入ろうとしているが、カークはモチベーションの低下を感じ、スポックを後任にし宇宙基地の副提督への転属希望を出していた。一方のスポックも、バルカン人の再興を願い軍を去る決意を固めていた、そんな最中――。
補給のため立ち寄った宇宙基地ヨークタウンで未知の異星人と遭遇し救援要請を受けたカークは、未だ人類が足を踏み入れたことのない宙域へと向かった。だがそこへ船籍不明の宇宙船が現れ、その攻撃を受けたエンタープライズは大破し、惑星アルタミッドへと墜落する。

エンタープライズを襲った異星人クラールは、エンタープライズに保管されていた古代の遺物を狙い、罠を仕掛けていたのだ。船を脱出したウフーラやスールーたちはクラールの捕虜になってしまう。
散り散りとなったクルーたち。
カークとチェコフは撃墜されたエンタープライズに戻り仲間たちと連絡を取ろうとし、マッコイは重傷を負ったスポックを助け、そしてスコットはクラールたちと敵対している異星の女戦士ジェイラと邂逅。やがて合流を果たした彼らは、囚われのクルーたちを救出しようと計画を立てる。

e0033570_22525240.jpg昔のテレビシリーズは良く知らないし、劇場版も映画館できちんと見てる作品少ないし、という感じだったのだけれども、リブートされてからのシリーズはすっかりお気に入り。で、最新作の公開も心待ちにしていたけれど、米国から3カ月遅れなんて酷いよねえ。

前2作を監督したJ.J.エイブラムスは「スター・ウォーズ」で忙しいからプロデュースに専念し、新監督はジャスティン・リンに交代。でもメインキャストは同じだし、アクション満載で今回も愉しんだ。

カークにスポック、マッコイ、スコット、チェコフ、ウフーラ、スールーとメインクルーそれぞれに見せ場があるし、スポックとマッコイがコンビを組んで悪態つきながら奮闘するのは、これはオリジナルらしい展開なのかな。
なかなかピンとこなかったクラールの目的も、謎解きが進むにつれて「ふむふむ、そういうことか」と肯定はしないけれどひとまず納得。その一方でレナード・ニモイの逝去を受けて、劇中でも「老スポック大使の死」をポイントに据えるなど、ドラマ部分も抜かりはない。
気になるといえば、3作とも敵の動機が「復讐」という点で共通していることかな。もう少し差別化して欲しいものだが。

リブート版もこれで3作目だけど、既に4作目の製作も決定(クリス・ヘムズワースがカークの父役で再登場するんだとか)してるし、当分は愉しませてくれそうだなあ、「スター・トレック」。
久々のテレビシリーズ新作(といいつつ実態はネット配信ドラマ?)も始まるし、シリーズ誕生50年という節目の年は上々?

でもニモイ、そしてチェコフ役アントン・イェルチンの訃報はショック。
映画はこの二人への献辞が出て終わる。。。

【ひとこと】
ところでスールーが同性愛者って設定、本当に必要なのか?
同性のパートナーと娘(デボラ?)が出てくるシーンはあまりに唐突だし、事前情報なしだと何を意味してるのかわからない気もするし、何よりもカットしても映画の展開には全く影響ないと思うんだけど…?


[PR]
by odin2099 | 2016-10-22 22:58 |  映画感想<サ行> | Trackback(18) | Comments(4)
これも新作公開前の「おさらい」シリーズですな。
「ハリー・ポッター」の6作目、前作のシリウスに続いて遂にダンブルドア校長が~!

e0033570_23074731.jpg今までハリーたちが暮らしていた世界は、我々の棲むのとは別の世界という感じで進んできましたが、今回は現実世界というか人間界(マグルの世界)にも堂々と死喰い人(デス・イーター)が出現。
ヴォルデモードの復活で、いよいよのっぴきならないところまで来てるんだなあというのを冒頭から見せてくれます。

それにいつになく暗く昏いドラコ・マルフォイ。
今まではハリーにちょっかいを出すものの、結局は逆にやり込められていた情けないマルフォイが、いよいよハリーの好敵手に?!という雰囲気を醸し出してきています。
やるなあ、マルフォイ。でもどことなくめそめそしてるのが気になるぞ。

e0033570_23064696.jpgその重たく「どシリアス」なお話とバランスを取るためなのか、やたら派手で複雑怪奇なハリーたちの恋愛模様。
くっ付いたり離れたり、ハリーって今何歳の設定だっけ?

ともあれ、原作小説を離れ独立した映画作品としての見応えはかなり増してきた本作、結末までを知ったうえで見直すと、アラン・リックマンの深みのある演技は素晴らしいものがありますなあ。

【ひとりごと】
映画の序盤でハリーとデートしそこなった女の子、ちょっと気になるな。

<過去記事>
http://odin2099.exblog.jp/13917716/


[PR]
by odin2099 | 2016-10-21 23:10 |  映画感想<ハ行> | Trackback | Comments(0)
結構忘れてるもんですねえ、アセアセ…。

お次は「スター・トレック/イントゥ・ダークネス」
去年に引き続き2作を連続で再観賞しました。

e0033570_22543698.jpgこれはメインキャストの若返りが、良い方に作用した続編です。
旧来の「スター・トレック」ではなかなかお目にかかれなかった、カークやスポックの身体を張ったアクションを目にすることが出来ます。
オリジナルクルーにはこの芸当は無理ですもんね。

加えてベネディクト・カンバーバッチの太々しいこと。
前作の悪役はどうも女々しくて物足りなく感じていましたが、今度は相手にとって不足なし。
いや、エンタープライズのクルーたち、場面によっては負けてるぞ?

前作のラストでめでたくキャプテンに就任し、新しい冒険の旅に出たカーク。
でも真の冒険の旅はまだまだこれからだったんですね。
本作のラストで、ようやく5年間の調査飛行に。
これで最初のTVシリーズに繋がるわけで、ここからが本当の「スター・トレック」の始まりだ~。

ところでJJの監督作は「M:i:III」、「SUPER8」、それに「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」と全部見てますが、自分の感性と合わないのか、どれもこれもモヤモヤしてしまいます。
でもこの正続2本の「スター・トレック」は文句なしに面白いですね。
期待値が低かったということもあるんでしょうが、「スター・ウォーズ」より「スター・トレック」の方が向いてるんじゃないの、JJ?

そういや今度の新作「スター・トレック/BEYOND」、吹替版での公開はないみたいなのが残念。
吹替のキャスト陣は気に入ってるし、エンタープライズ内での掛け合い漫才は、字幕よりも吹替の方が愉しめるんですがぁ。

そして「天使と悪魔」
こちらは公開以来なので、7年ぶりの再観賞。

e0033570_22533650.jpg「ダ・ヴィンチ・コード」以上に省略が多いので、原作知ってると「あれがない」「これもない」が気になりますが、適度にお話忘れてますので、初鑑賞の時よりも楽しめました。
それでも犯人の意図・目的がよくわかりませんねえ。
原作だと動機の部分は割とハッキリしているんですが、そこのところをバッサリ切り捨ててしまっているので映画だけ見てると単純に「権力を握りたかったの?」と思えてしまうのがちょっと残念。
屈折した愛情表現の発露なんですけどね、ホントは。

さてこのシリーズ、前作だとイアン・マッケランにジャン・レノ、本作だとユアン・マクレガーとステラン・スカルスガルドという具合に、イメージ通りというかイメージを逆手にとったというか、なかなかキャスティングが巧いですね。
これで「騙された」と思うか、それとも「うん、納得」と受け取るかは鑑賞者次第でしょうけど、娯楽作として必要な味付けなんじゃないかなと思います。
新作「インフェルノ」ではどうなっていることやら。

その「インフェルノ」、「スター・トレック」と違ってこちらは吹替版が公開されるらしいので、一安心。
一抹の不安と言えば、今回は原作小説を読んでいないことですか。
映画化されていないシリーズ3作目の「ロスト・シンボル」までは読んだんですけどね。時間切れなので諦めました。


[PR]
by odin2099 | 2016-10-20 22:58 | 映画雑記 | Trackback | Comments(0)
シリーズの新作を見る前に旧作をおさらいしております。

まずは「スター・トレック」

e0033570_22223691.jpg昔のTVシリーズを知らない身としては、「スター・トレック」というと高齢者クルー。カークもスポックもマッコィも、もういい大人。
これで宇宙を舞台にした大冒険活劇をやろうとするのは、ちょっと違うなあというのが正直な気持ちです。

例えていえば「宇宙戦艦ヤマト」。
これを沖田艦長や徳川機関長、真田技師長メインで進めるとしたら、結構キツイんじゃないかなあ。
やっぱり古代や島、雪が元気に頑張って、それを沖田艦長以下ベテラン乗組員が支えるから面白い、と思うんですよ。

TVの「スター・トレック」だってそうだったはずで、それを考えるとオリジナルクルーに拘って作品数を重ねるというのはやはり無理があったということ。
思い切って若手にシフト、しかも新メンバーを出すのではなく思い切ってオリジナルクルーを若返らせたのは大英断でした。
若いクルーが無茶をやる、それだからこそ宇宙大冒険活劇が生きてくると思うんですよね。
古くからの熱いファンには色々と思うところがあるでしょうが、浅いファンなだけにこのリブートは諸手をあげて賛成です。

しかも実はリブートでもリメイクでもなく、しっかりと従来の作品群の「続編」としての位置づけも失っていないというのも素晴らしいところ。

続いて「ダ・ヴィンチ・コード」

e0033570_22225642.jpgかれこれ、もう10年も前の作品になるんですね。ついこの前見たような気持になっていましたが、今回10年ぶりに見直し。
いや、7年ほどまえに<エクステンデッド版>を見てました。

細かい部分は忘れちゃいましたが、誰が敵で誰が味方か、そして二重三重の謎解き。
あれだけの情報量を持つ原作小説を、よくぞまとめたなあという点では感心しきりです。
導師やら司教やらの目的はなんだかよくわかんないなーというのはマイナス部分ではありますが、小説を読んでるだけではピンと来ないところを視覚化してくれているのは大きなプラス。

「最後の晩餐」の解釈も、ああやって見せてくれると「ひょっとして?」という気持ちになります。
まあ些か親切すぎるという気もしますが。

しかし相変わらず気になるのはトム・ハンクスの変な髪型ですねぇ。


[PR]
by odin2099 | 2016-10-19 22:26 | 映画雑記 | Trackback | Comments(0)
e0033570_23455855.jpg公開前は賛否両論だったけれど、蓋を開けてみれば意外な大ヒットとなった「スーサイド・スクワッド」

<DCフィルムズ>としては3作目になりますが、「マン・オブ・スティール」のハンス・ジマー、「バットマンVSスーパーマン/ジャスティスの誕生」のハンス・ジマー&ジャンキーXLに続いて音楽を手掛けたのはスティーブン・プライス

ちょっと<ダークナイト・トリロジー>を彷彿とさせるような、いわば「バットマン」っぽいスコアはちょいとお気に入り。
映画本編同様、音楽ももっともっと話題になって欲しいところなんですが…まずCDが見当たらない。

e0033570_23460770.jpg「スーサイド・スクワッド」のサントラとして店頭に並んでるのは「THE ALBUM」と題されたコンピレーション・アルバムの方なんですよね。→コイツです。
でもどんなに豪華アーティストの共演を謳おうが、個人的には昔から歌曲集が苦手。こっちしか出ないとガッカリするのが常ですし、まず買いません(今回は買っちゃったけど)。

で、探したところ、出てましたよスコア盤。
店頭では見かけなかったので密林でポチっとしましたけど、うん、やっぱり良い。
国内盤が出ないのは残念だけど、せめて輸入盤は店頭に置いて欲しいよ~。
他の<DCフィルムズ>作品やマーベルの作品は、タワレコなどの店頭で輸入盤見かけるんですけどねえ。
やっぱり歌曲集の方しか売れないと思ってるのかなあ。
[PR]
by odin2099 | 2016-10-08 23:50 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
気になったので買っちゃって読んじゃいましたけど、なんで今「マリン・エクスプレス」なんでしょう???

e0033570_22022641.jpg「海底超特急マリン・エクスプレス」といえば1979年の夏、2回目となった「24時間テレビ」の目玉として放送されたスペシャルアニメ。
まだビデオなんか普及してない時代だから、日曜の朝、早起きして見ましたよ~(実際はそんな早い時間じゃなかったけど、きちんと食事を済ませてテレビの前に正座?して)。

手塚センセは以前どっかで「オリエント急行殺人事件」を意識したとかコメントしてたように記憶してますが、同じように列車内で殺人事件が起こり、さてどうなるかと思っているとイキナリ古代ムー大陸にタイプスリップしちゃったりでかなり混乱した記憶があります。

で、そんな「マリン・エクスプレス」をセンセ直筆の絵コンテを元にアシスタントだった池原しげとがコミカライズということなんですが、実際はかなりのオリジナル要素が加わるようで。
e0033570_22085319.jpgまた第1弾の「100万年地球の旅バンダーブック」でも、第4弾「ブレーメン4/地獄の中の天使たち」でも良かったと思うのですが、作品選定の決め手となったのはなんだったんでしょうね。
一番資料が充実していたとか?

ともあれ、全3巻で完結らしいのでちょっと楽しみに待ってようと思います。
センセのデビュー70周年企画の一環だそうです。


[PR]
by odin2099 | 2016-10-07 06:07 | | Trackback | Comments(0)
早瀬あや写真集「PERFECT」
e0033570_22024381.jpg
この方はレースクイーンなんですね。
雑誌のグラビアで見て「攻めてるなあ」と思ったのですが、写真集もなかなか「攻めてる」感じがします。
露出で言えば手ブラのセミヌード止りですが、挑発的な表情やポーズは良いですね。
顔立ちはちょっと癖があると思いますが、ハマる人はハマるでしょう。
撮影時は22歳。まだまだ「次」がありそうですね。

杉原杏璃写真集「ANRI」
e0033570_22030857.jpg
最近は出す写真集出す写真集が「過去最大露出」を謳っているように思いますが、今回はカーテン越しながらバックショットのフルヌード、というのが「過去最大」ということなんでしょう。
他にもベッドでシーツに身をまとって、というショットもありますが、こちらの彼女は撮影時には33歳ですか。なんとなく頭打ちという感じもしないでもありません。
今さらヘアヌード解禁などということはないでしょうから、どこまで小出しにして引っ張って行けるかでしょうね。

平嶋夏海写真集「ナツコイ」
e0033570_22020094.jpg
彼女はスキャンダル絡みで脱退したAKBメンバーだそうです。
主演映画ではAV女優役ということなので、今後ビデオ映画などでも声がかかるかもしれません。
この写真集では手ブラに留まらず、ヘアはおろかバストトップさえ見せてはいないもののフルヌードに挑戦しているだけに度胸はありそうです。
深夜帯のドラマやR15ランクの映画など、案外色々と声がかかりそう。
あとは本人がどこまで貪欲に取り組んでいくか、でしょうね。
[PR]
by odin2099 | 2016-10-06 22:06 | | Trackback | Comments(0)
e0033570_22053186.jpg小学館ジュニア文庫から出た映画「真田十勇士」のノベライズ。

舞台版ではなくあくまでも映画版準拠で、ストーリーの運びも映画とほぼ同じ。各キャラクターの台詞も映画とほぼ同じ。完成作品ではなくシナリオを元に起こしているのだろうから、これが原型だったのかもしれない。

ジュニア小説なので読み応えという点では満足できない人もいるだろうけれど、映画のお話が気に入ってる人ならそれなりに愉しめるだろうし、一時間足らずで映画を追体験出来るのは悪くない。

ラストには、映画ではエンドロールに被せて紙芝居の要領で紹介されていた「その後の十勇士」の物語にも触れているのは嬉しい。
映画と違って小説版では人数が増えたりはしないけれど(映画版だと「真田十三勇士」?になる)、各地を転戦する佐助たちの物語は、何らかの形で独立した作品として発表して欲しいくらい。
真田幸村や豊臣秀頼の生存伝説は数あれど、これを堂々と映像化や舞台化をしたケースは寡聞にして知らないし。


[PR]
by odin2099 | 2016-10-05 06:04 | | Trackback | Comments(0)

by Excalibur
ブログトップ