【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

<   2017年 02月 ( 36 )   > この月の画像一覧

これは<12人のヴァイオリニスト>のメンバーとして活躍していた美佳さんのオリジナルアルバムです。
よく彼女のことを初期メンバーとか初代メンバーとして紹介してる文章を見かけるんですけど、正確に言うと彼女は結成当時のメンバーじゃありません。ファーストアルバムにも参加してません。
ただ比較的早い段階から参加してますし、長くグループに残って牽引役として頑張っていたのだから、実質的には初期メンバーと言っても差し支えないですかね。結成時のメンバーって三分の一ぐらいは一年ぐらいで脱退してますし。

e0033570_00232944.jpg収録されているのは「はじまり~Hope of the road~」、「あんたのおかげ」、「涙だけあたたかい」、「出会い」、「こんな日常」、「これから」の6曲。
トータルタイムも25分ほどなので、ミニアルバムという方が正確でしょうか。
<12人>からの盟友・藤﨑美乃さんも加わって全曲オリジナルで構成されています。

で、普通ならヴァイオリニストのソロアルバムだから、ヴァイオリン曲ばかりだと思うじゃないですか。
ところが6曲中5曲がヴォーカル曲!
彼女の美しい歌声が堪能できます。

しかもポップス調だったりジャズっぽかったりとバラエティに富んだものばかり。
逆にクラシック畑の人のアルバムにはあまり聴こえないかもしれませんね。
今後の活躍にも期待してます。


[PR]
by odin2099 | 2017-02-28 00:24 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
「昭和~平成」でこんなに変わった歴史の教科書とコピーがついてますけど、最近でも「鎖国」の表記がなくなったとか、「聖徳太子」が「厩戸王(聖徳太子)」になったりと日進月歩の感がある歴史ですが、この本は3年ぐらい前に買ったままになってたものです。

流石に内容は古いかなあと心配したんですが、ざっと紹介すると――

 最古の人類はアウストラロピテクスではない
 蘇我氏と物部氏の対立は仏教が原因ではなく政治的なもの
 倭寇に日本人は殆どいない
 北条早雲の前身は素浪人ではなく、れっきとした侍だった
 今川義元は文武に秀でた武将だった
 種子島に鉄砲を伝えたのはポルトガル船ではなく、中国人倭寇の船
 比叡山焼き討ち、延暦寺は少ししか焼けてない
 島原の乱は「島原・天草一揆」だった
 「由井正雪の乱」は「乱」ではなく「事件」に格下げ
 鎖国はなかった
 黒船来航は一年前から幕府は察知し、準備も進められていた

――等々、まだ大丈夫みたい。
e0033570_16533033.jpg
他にも近年では肖像画の問題がありますよね。
源頼朝も足利尊氏も武田信玄も、今じゃみんな別人判定ですもんね。

いやあ、これだから歴史は面白い。


[PR]
by odin2099 | 2017-02-27 19:55 | | Trackback | Comments(0)
e0033570_10233611.jpg待望の「宇宙戦艦ヤマト2199」の続編で、「さらば宇宙戦艦ヤマト/愛の戦士たち」と「宇宙戦艦ヤマト2」のリメイク。
時代設定は旧作では西暦2201年で、ヤマトがイスカンダルから帰還して一年後だったが、流石に復旧には早すぎるということで今回は3年後の2202年に変更。
しかし「2199」でヤマトが帰還したのは2199年12月、劇中で英雄の丘に旧ヤマト乗組員が集まるのは沖田艦長の命日という設定なので、このままでは物語が始まって程なく年越しを迎えそう…。

正式リリース前ということで詳細は控えるが――

いきなり地球・ガミラス連合艦隊とガトランティスとの艦隊戦からスタート。
軍国主義まっしぐら?
スターシャの願いに応えた波動砲の封印も、「あれは一戦艦の艦長の口約束にすぎず、地球全体の意思ではない」との傲岸不遜さ。何やらキナ臭い世界観が浮き彫りに。

ともあれ、ここで古代の成長ぶりを見せ、今ヤマトはどうなってるのかを点描して見せる。
「2199」シリーズよりも、「星巡る方舟」の延長線上にある古代だ。

テレサのメッセージも不特定多数へ向けての呼びかけではなく、ピンポイントの狙い撃ち。
これは後に出てくるであろうヤマトクルーの「反逆行為」への説得力を持たせる試み。
またテレサの存在はガトランティスだけでなくガミラスも知っているというのは、ヤマトクルーの立ち位置にも微妙に影響してきそうだ。

e0033570_10234616.jpg「2199」の始まりの時も期待より不安が上回っていたが、終わってみればオリジナル版よりも好きかもしれない、と改心したが、今回も同様。
というより全く白紙状態で公開を待っていた「2199」の時に比べ、既に「2199」という先例があるだけに危惧はより強い。

しかも、おそらく結末は違うだろうが、必要以上に「さらば宇宙戦艦ヤマト」のリメイクである点を強調した宣伝も、アンチ「さらば」派である自分にはマイナスにしか働いていないのだが(「さらば」と「ヤマト2」の知名度と人気を比較すれば、「ヤマト2」を前面に出すことは考えにくいのは致し方ないところではあるが)、少なくてもこの第一章を見る限りではとりあえずの不安は払拭された。

一応の区切りまで描かれた「2199」の第一章と違い、この「2202」の第一章は中途半端。一本の映画としては頂けないが、TVの1話と2話を繋いだだけなので多くは語るまい。

「第二章 発進篇」は6月24日の公開。
最終の第七章は来年秋の予定ということで、これから約一年半、ヤマトの新しい旅が始まる。


[PR]
by odin2099 | 2017-02-26 10:26 |  映画感想<ア行> | Trackback(5) | Comments(0)
NSAの秘密基地が襲撃され、16名のエージェントが殺害された。
辛うじて脱出したギボンズは服役中の元部下ダリアス・ストーンを脱獄させ、新たな<トリプルX>に任命し捜査を開始する。
事件の首謀者は国防長官のデッカートだった。
彼は軍縮政策を取ろうとする大統領以下の首脳陣を暗殺し、その罪をギボンズやダリアスに被せ、自らは合法的に大統領の座に就こうと画策していたのだ――!

e0033570_19394524.jpgヴィン・ディーゼルが降板し、ギボンズ役のサミュエル・L・ジャクソンと、武器調達係のシェーバース(演:ミヒャエル・ルーフ)のみ続投させ、アイス・キューブを新主役に迎えて製作された「トリプルX」の続編。
NSAのエージェントであるカイル・スティール役のスコット・スピードマンが副主人公格で、ダリアスの元カノ、ローラ(演:ノーナ・M・ゲイ)が一応のヒロインということになるのかな、出番は少ないけど。

ジャケットにデカデカと登場しているセクシー美女のチャーリー(演:サニー・メイブリー)がヒロインなのかと思いきや、彼女は実は悪役でやっぱり出番は多くはない。
初登場のシーンから見るからに胡散臭さ全開だったウィレム・デフォーは、やっぱり悪いデッカート長官役だった。

興行的に振るわなかったので日本ではDVDスルー。
まあ確かにアイス・キューブにヴィン・ディーゼルのような個性や存在感を求めても無理だし、わかりやすくなったものの、ストーリーも今一つ際立つものがないので手放しで褒めるというワケにはいかないが、それでも単純に「失敗作」の烙印を押してしまうのはちょっと勿体ない気が。

ただ前作の主人公ザンダー・ケイジを「ボラボラ島で暗殺された」なんて台詞一つで抹殺しちゃうのは、B級映画の続編にはよくある手だけどこのクラスで適用しちゃうのはどうなのかねえ。
本作のラストでもダニエルは健在だけど、ギボンズやスティール、シェーバースらは「さて次の<トリプルX>を探そう」という台詞で締めくくられるし。

ちなみに<トリプルX>はエージェントのコードネームじゃなく、ザンダー個人のニックネームじゃなかったか?

【ひとこと】
死んだ筈のザンダー・ケイジが主人公の「トリプルX/再起動」、どんな理屈をつけて戻ってくるのやら。


[PR]
by odin2099 | 2017-02-25 19:40 |  映画感想<タ行> | Trackback | Comments(0)
e0033570_23200214.jpgお城歩きの本ではありません。
あくまで城下町を散策した際のエッセイです。

村上市、行田市、朝倉市、飯田市、土浦市、壬生町、米子市、安中市、岸和田市、掛川市、西尾市、亀山市、木更津市、沼田市…etc、行ったことのある城下町は、「ああ、そんな感じだったなあ」と思い出します。

「オール讀物」で2010年から2014年にかけて掲載されたものに、書き下ろしをプラスして単行本化。
それを今回文庫化されたものを読んだのですが、ひょっとするとこれが生前最後に書かれた文章だったりするのでしょうか。
最後の原稿掲載が2014年2月号、単行本の出版が2014年6月、作者が亡くなったのは2014年3月ですしね。


[PR]
by odin2099 | 2017-02-24 23:20 | | Trackback | Comments(0)
e0033570_21355879.png前回がグレートマジンガーとゲッターロボの共演だったから、次はパワーアップしたゲッターロボGが出てくるのは当然と言えば当然なのだけれども、例えばグレートとマジンガーZの共演という選択肢はなかったものかな、とふと思った。

「仮面ライダー」シリーズではテレビでも映画でも1号と2号の共演とか、3人ライダー、5人ライダー揃い踏みというイベントがあったのだから、テレビでの共演に先んじてダブルマジンガーの共闘があっても、子供たちにはビッグイベントだったと思うのだけれども…後の「グレンダイザー対グレートマジンガー」なんかより。
もちろんZ、グレート、ゲッターが勢揃いならもっと良いんだけれどね。

ともあれグレートとゲッター共演第2弾は、まずはテレビではとっくに死んじゃってるムサシの最後の奮戦が見られます。
グレートが出撃出来ない隙をついて早乙女研究所を襲う謎の宇宙人。
「二度とゲッターロボは発進出来ん!」と高らかに宣言するものの、実はとっくに出撃していたゲッターチーム。
それを見て「誘いに乗ってきたな」…? なんか言ってることがヘンな宇宙人です。

「チェンジ、ゲッター1!スイッチオン!」の台詞は久々だっただろうリョウの一声で臨戦態勢に入るゲッターロボ。
ここで ♪ガンガンガンガン 若い命が真っ赤に燃え~て~ と主題歌が流れますが、2本のゲッター映画で主題歌が流れるのは実はこのシーンが最初で最後! 
前作はメロオケだけだったのよね。不遇なゲッターロボ…。
空魔獣グランケンに苦戦するゲッターでしたが、ムサシの捨て身の特攻攻撃で九死に一生…じゃないんですよね、ホントは。あれ、衝突しちゃってるんです。結果オーライ。

乱戦の最中の出来事ですが、自分を責めるリョウとハヤト。なのに早乙女博士の言葉は「人間には止めようとしても抑えられない個性の限界がある」って意味わかんないんですが。
ムサシがリョウとハヤトを庇って自爆したっていうのなら別ですけど、あれは出合頭の事故ですから。

e0033570_21384525.jpgともかく新ゲッターロボをいつの間にか用意していた早乙女博士、そして補助要員として訓練してきたベンケイの登用。訓練中にはリョウ・ムサシ・ベンケイとか、ベンケイ・ハヤト・ムサシとか、そんなフォーメーションも存在していたんでしょうか。想像するとちょっと凄いものがあります。

新ゲッター発進シーンに流れるのは挿入歌「われらのゲッターロボ」。
後にある二度目のゲッタードラゴンへの合体シーンにもこの曲のインスト版が流れ、本作においては完全にゲッターGのテーマ扱い。
というか、この曲って主題歌候補だったんじゃないかなあと長年疑っているのだが、真相は如何に。
「G」編になって作られたのは、この歌とエンディングに使われた「不滅のマシンゲッターロボ」の2曲だけでシングルレコードとしても発売されているが、当初主題歌も変えようということで作ったものの、結局オープニングはそのままにすると決められボツになったんじゃないのかなあ。

10倍パワーアップした新ゲッターだったが、光波獣ピグドロンには歯が立たず。せっかくのデビュー戦なんだから花持たせてやれよと思うのだけど、主役はグレートなんですね。
新兵器グレートブースターで形勢逆転…なんだけど、これってそんなに凄い武器かね。
ちなみにゲッターが止めを刺すのは「決戦!大海獣」で、グレンダイザー、グレートマジンガー、ダブルスペイザーを差し置いて「シャインスパーク」を決めてくれます(その後でちゃっかりグレートがサンダーブレーク見舞ってますが)。
e0033570_13023561.jpg
最後はしんみり、湿っぽく終わりますが、ムサシの復讐劇ということで首尾一貫。前作の展開を受けてのことか、両チームも仲良しで共闘もスンナリ。
上映時間の短い中、詰め込み過ぎではあるものの、しっかりまとめ上げている明比監督(クレジットは演出)の手腕は評価されるべき。

そういやベンケイは全然セリフがないのお。
e0033570_10001609.jpg
<過去記事>
http://odin2099.exblog.jp/22853288/


[PR]
by odin2099 | 2017-02-23 21:39 |  映画感想<カ行> | Trackback | Comments(0)
病気療養中だった彼女の復活を告げる、5年ぶりのニューアルバム。

なのですが…
去年の10月に発売されてすぐに購入して何度も聴いているのですが、どうにもピンとくるものがない…。
聴きこんでレビューします、なんて安請け合いしてしまったものの、今日まで延び延びになってしまったのは、なんてコメントして良いかわからなかったから。

収録曲は以下の通り
e0033570_21484964.jpg 1~7. ラプソディー・ジャパン(藤井眞吾) 
 8. 花は咲く(菅野よう子/小関佳宏編)
 9. 島の記憶~五島列島にて~(村治佳織)
 10~13. ≪コユンババ≫ 作品19(ドメニコーニ)
 14. 一輪のスノードロップ(村治佳織)
 15. 雨を見つける(村治佳織)
 16. バガモヨ~タンザニアにて~(村治佳織)
 17. カヴァティーナ(マイヤーズ)
初回限定版は「花は咲く」「雨を見つける」「カヴァティーナ」のミュージックビデオを収録したDVD付き。

オリジナル曲が多く、それが自分の好みと合わなかっただけなのかなあ。


[PR]
by odin2099 | 2017-02-22 21:51 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
e0033570_19282637.jpgタイトルに「仮面ライダーX」の文字がなく、「五人ライダー」。
ということは「仮面ライダーX」ベースとはいえ、五人ライダーは同格扱いの映画。
その証拠?に神敬介役の速水亮の出演シーンはトータルで1分半ほど。
あとは変身後のXライダーのみの登場で、殆ど「声優」としての出演作だ。

同じように歴代の四ライダーも変身後のみの登場。
1号、2号、V3はそれでもオリジナルキャストの藤岡弘、佐々木剛、宮内洋が「声優」として参加しているからまだしも、ライダーマンは山口暁(山口豪久)の都合が付かなかったのか、林一夫が代役を務める羽目に。
そのせいなのかどうなのかはわからないが、何故かこの4人の名前がクレジットにない。
前作「仮面ライダーV3対デストロン怪人」でも藤岡、佐々木の両名は「声優」のみの参加だったにも関わらず一枚タイトルで出てきていたのに何故なのだろう?
e0033570_19350942.jpgまた厳密に言えば、「仮面ライダー対ショッカー」と「仮面ライダーV3対デストロン怪人」からの流用とはいえ、一応は素顔で登場して変身シーンを披露してくれているのだから、その仕打ちはないだろうと思うのだが。

まあそんなつまらないことが気になるのは、映画そのものもつまらないからで、メインとなるゲスト子役の破壊的な棒読み演技や、天候が悪く屋内での撮影を余儀なくされたというアクションシーンのキレのなさ、妙に間延びした効果音等々、どうしてここまで?!というくらいのクオリティだ。
救いはゲストヒロイン水の江じゅんの美しさ。
といっても彼女、この作品の後ぐらいに引退してしまったのだなあ。

【ひとこと】
五人ライダー対コウモリフランケンのシークエンスに、ゴレンジャーの原型を見た。
e0033570_19384623.jpg
<過去記事>
http://odin2099.exblog.jp/22830421/


[PR]
by odin2099 | 2017-02-22 19:40 |  映画感想<カ行> | Trackback | Comments(0)
こういうのって結構信じちゃう性質なので、「偽史」とか「奇書」とか決めつけられるのはあんまり良い気分はしないのだが、人目を惹くキャッチーなタイトルということでとりあえず自分を納得させておく。

荒唐無稽だ、デタラメだ、と決めつけずに「もしかすると」「ひょっとすると」という観点からこういったものに興味を持つ人が、この本を切っ掛けに増えたとしたら面白いな、と思いつつ。

しかし取り上げる内容が広くて浅い。
e0033570_06303541.jpg「竹内文書」や「九鬼文書」、「東日流外三郡誌」、「日本国未来記」、それに「甲陽軍鑑」、「武功夜話」、「川角太閤記」や「東方見聞録」、果ては「成吉思汗ハ源義経成」などを同列に語るのは些か無理があるような…?
それもこれも、「こういった書物があるよ」というカタログとしてなら、まあいいだろう。

いくら自分でも、太古の昔に日本人の祖先が地球全域を支配し、モーゼやブッダやイエス、マホメッド、孔子らの偉人は皆日本で修業し、源義経は衣川で戦死せずに大陸へ渡りジンギスカンになり、徳川家康は影武者で、真田幸村は豊臣秀頼を奉じて薩摩へ逃れた――といった諸々を全て頭から信じている訳ではないのだから。

もっとも「歴史上の常識」とやらは近年ドンドン書き換えられているので、そう遠くない将来にこの中から「事実認定」されることが出てこないとは限らないな。
[PR]
by odin2099 | 2017-02-21 06:31 | | Trackback(1) | Comments(0)
e0033570_06272452.jpg映画が公開されたのは番組終了目前の時期。
ということは土曜の夜8時という遅い時間帯、しかもお化け番組と言われた「8時だョ!全員集合」の真裏という不遇な作品を、この機会に広くアピールする意図で作られたというよりも、そんな不遇な中でもある根強い人気が実現させたということだろう。
スケジュール的に余裕があったとも思えない中で鳥取砂丘ロケを行い、しかも立体映画!
これは「仮面ライダー」を凌ぐ破格の待遇。
それが逆に仇になっちゃって、再見やソフト化の機会になかなか恵まれないというのもまた不遇…。

e0033570_06283753.jpgこれ、もし今作ったとしたなら、おそらくクライマックスに新ヒーロー・キカイダー01を先行して登場させただろうね。
夏映画に次の仮面ライダーが、VSシリーズに次の戦隊ヒーローが出てくるのはお約束。劇場でデビューを飾らせて「次」へ興味を繋げようというのは戦略として間違ってはいない。
ヒーロー交代劇の先駆けともいえる「マジンガーZ対暗黒大将軍」はまだ公開前なので、それをやっていたら快挙だったか、それとも暴挙と叩かれていたのかも。
あるいはラストカットで、テレビに先行して強敵ハカイダーをチラッと映し、あれは何だ?と思わせるというのも手だったかも。

いずれにせよ、助っ人参戦なしで21体もの新生ダーク破壊部隊を葬り去ったキカイダーの強さ(あるいは再生されたダークロボの弱さ)が際立つ作品。
メインキャラクターは過不足なく登場するし(ミツコ、マサルの姉弟に光明寺博士、ハンペンこと服部半平、そしてプロフェッサーギル)、シリーズのフォーマットも一通り見せてくれるし、どんな番組かを紹介する上でも手頃な作品。
もっと多くの人の目に触れればいいのだけれども。

<過去記事>
http://odin2099.exblog.jp/22781641/
[PR]
by odin2099 | 2017-02-21 06:29 |  映画感想<サ行> | Trackback | Comments(0)

by Excalibur
ブログトップ