【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

e0033570_2153339.jpgジャケット買いこそしなかったが、これもアーティストへの興味が先行して購入した1枚で、この人もJクラシックの、ビジュアル系と括られてしまう演奏家の一人。

フルートの音色は美しいけれども、退屈するから単独で聴くもんじゃない、なーんて思っていたのだけれども、このアルバムを聴いて認識を新たにした。単調なのかと思いきや、意外にフルートの音色って多彩なんだなぁ。それにピアノとのコンビネーションが効いているので、余計そう感じる。

ただしオリジナル曲があったりで、あまり知っているメロディがなかったのが個人的にはマイナス。といっても、本来なら有名である曲を知らなかった自分の方が悪いのだが。
[PR]
# by odin2099 | 2005-02-24 21:07 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
今日吹いたようです。
しかし内勤事務やってると、あんまり関係ないですね。朝晩は気温もさして高く感じなかったし、強風も目撃しなかったし。
それよりも職場内には風邪が流行っておりまして、バタバタ人が倒れて行きます(苦笑)。
こりゃ先に休んだ者勝ちですな。
残された人間にはしわ寄せが来るので、後になればなるほど休めないし。
今日みたいに気温が上がっても明日はまた下がるそうで、この気温の急激な変化が余計影響するようで。
そんな中、職場には只一人、今シーズン一度もコートを着ることなく乗り切りそうな人が・・・!
この人は営業なんですが、バイクに乗る時も上に何も羽織ることなく、そのまんまスーツ姿で出かけていきます。どんな身体構造してんだろ・・・?
[PR]
# by odin2099 | 2005-02-23 21:49 | 雑感 | Trackback | Comments(0)
TV放送終了後もOVAで続編や外伝が次々に作られてきたロボット・アニメ。
あまり見たことがないけれども、本放送から20年以上経った今でも根強い人気があるらしい。

それでも最近になって当時のノベライズが復刊されたのには驚いた。
しかも文庫で発売されていたものがハードカバーになって! 昨日書店で見つけてビックリ。

サンライズのロボット物というと一般には『ガンダム』の名前がすぐ挙がるだろうが、ある意味ではそれを凌駕する存在感と言えるかな。お見逸れしました。
[PR]
# by odin2099 | 2005-02-22 22:40 | アニメ | Trackback | Comments(0)
e0033570_15575063.jpg『邪馬台国はどこですか?』の早乙女静香と『九つの殺人メルヘン』の桜川東子、この二人のヒロインを主人公に据えたお馴染み歴史題材のミステリー。
両作品は連作短編だが、今回は長編小説になっているところが面白い。

きちんと両作品の後日談にもなっていて、『邪馬台国~』の舞台であるバー<スリーバレー>とそのバーテンダー松永はそのまま出てくるし、静香と電話のやりとりをする相手は名前こそ出て来ないものの宮田六郎だろう。
また東子が会いに行く、刑務所に服役中の元刑事というのは、やはり名前は出て来ないが『九つ~』の語り部である工藤に違いない。
そのあたり上手く両作品を絡めてあるが、そもそも『九つ~』には静香と思しき人物がゲスト出演していたのだから、その頃から構想があったのかもしれない。

徳川家の秘密が絡んだ殺人事件を、静香と東子の二人が解決していくという物語のはずなのだが、犯人探しとその動機、さらに本筋(?)の徳川家の秘密の解明は釈然としない。
二大ヒロインの暴走ぶりを楽しめれば良いというライトノベルなので、ミステリー・ファンにはあまりお薦めしかねる内容だ。
[PR]
# by odin2099 | 2005-02-22 22:04 | | Trackback | Comments(0)
e0033570_23224352.jpg『ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔<スペシャル・エクステンデッド・エディション>』

こちらも昨春一部で限定公開されているが、劇場で見るのは今回が初めて。
前作もそうなのだが、画面が所々青いというか緑っぽいのと、音がブチブチ切れるのが気になった。プリントの保存状態が悪いのか、それとも原版に由来するのかはわからないが、せっかくの劇場公開(実質的なファン感謝イベントだろう)に水を差した格好である。

それにしてもこの<三部作>は何度も見直しているのだが、その大半は日本語吹替版。今回のように字幕スーパー版で見ていても、キャラクターの台詞が自然と吹替キャストの声で聞こえてきてしまうのには参った。慣れというものは恐ろしい。

前作の<SEE>で好感度を上げたのはボロミアだが、今回はその恩恵に与ったのはその弟ファラミア。
<劇場公開版(CE)>では削除された回想シーンで、兄ボロミアや父デネソールとの関りが描かれたことによって、キャラクターに深みが出ることになった(それに比例してボロミアも人間ぶりが上がっている)。もう一人魅力を増したのは、”ローハンの盾持つ乙女”エオウィン。アラゴルンへの秘めた想いが強調され、より可愛らしい女性へと変貌している。

179分の<CE>から223分の<SEE>へ。より丁寧な語り口になった<SEE>が、本作においては”決定版”だ
[PR]
# by odin2099 | 2005-02-21 00:20 |  映画感想<ラ行> | Trackback(1) | Comments(0)
昨年春にも一度映画館に掛っていたが見逃したので、今回が初めての劇場での鑑賞と相成った。
178分から208分へ30分の拡張、この上映時間の長さは映画館で見るには現実的ではない、<劇場公開版(CE)>の意義はここにもある、と思っていたものだが、既に201分ある『王の帰還』が普通に公開されてしまった今となっては何ほどのこともない。ただDVDもディスク二枚に収められていることだし、途中休憩があっても良かったなとは思う。途中での入退場者の存在は、集中力を阻害するからだ。

e0033570_23232118.jpgホビット庄及びホビットへの言及が膨らまされたプレ・シークエンスから、<CE>よりも初心者に優しい配慮のあるこの<SEE>だが、注目したいのはやはりボロミアの復権だろう。
実際の時間配分はどうなのかわからないが、印象では一番出番が増えたように思うし、指輪を欲する気持ちの背後にある強い国民への愛情、そしてゴンドールの執政の息子として王位継承権を有するアラゴルンへの屈折した思いが強調されることによって、より魅力的な人物として表現されている。
公開版(CE)は公開版で好きだが、<SEE>には追加されて無駄だと感じる部分は殆どない
[PR]
# by odin2099 | 2005-02-21 00:10 |  映画感想<ラ行> | Trackback(1) | Comments(0)
予報では天気は回復して暖かくなるということだったが、結局一日中曇ってたというか、雨も降った。誰だ、外出時に傘は要りませんと言ってたお天気キャスターは?
おまけにちっとも気温上がらなかったし。

さて、今日は先日チケットを押えておいた『ロード・オブ・ザ・リング』連続上映というのを見に行った。
『旅の仲間』と『二つの塔』、それぞれ<スペシャル・エクステンデッド・エディション>での上映だ。

12時丁度から始まって2本見終わると20時20分、なかなかの苦行(?)だったが途中でこれが段々と快感に変わってくる(笑)。

実は先だって、自宅で『旅の仲間』『二つの塔』『王の帰還』の3作(但し<コレクターズ・エディション>で)をDVDで連続して鑑賞するという試みをしたのだが、これも一日掛りでグッタリしたもののやはり途中で快感に変わった。
一線を越えると、脳内麻薬が分泌されてくるってことなんだろうか。

来週は劇場で『王の帰還<スペシャル・エクステンデッド・エディション>』を見てくるが、それが終ったらいずれ、<スペシャル・エクステンデッド・エディション>で3作連続鑑賞にチャレンジするつもり。
まぁ他人には決してお薦めしない鑑賞法ではあるが。
『スター・ウォーズ』5作連続とかね。

元々女性客の方が多いということもあるんだろうけど、上映時間は長いし、劇場の女性用トイレは悲惨なことに。こればっかりはいつも同情しますな。
[PR]
# by odin2099 | 2005-02-20 22:41 |  映画感想<ラ行> | Trackback(1) | Comments(0)
起きたら雪景色でした。
その後雨へと変わりましたけど、今日は一日寒い。最高気温が4度とな。
ところが明日は天気が回復して、最高気温が12度とも14度とも言われてます。
これじゃ身体壊すよなぁ・・・。
[PR]
# by odin2099 | 2005-02-19 22:34 | 雑感 | Trackback | Comments(0)
昨日は暖かくて今日は寒い。
三寒四温とはいうけれども、こうも日々の寒暖の差が激しいとねぇ。
周囲にも風邪引きさんがいっぱい。ぶり返してこないように気をつけようっと。
ただ鼻がムズムズしてクシャミが出るのは、やっぱり花粉のせいらしい・・・?
[PR]
# by odin2099 | 2005-02-18 21:37 | 雑感 | Trackback | Comments(0)
昨日の地震、職場には「寝てて気付かなかった」という娘がいたのには驚いた。
うちなんかよりも遥かに震源地に近いのに・・・!
大物なのかも知れないけど、一歩間違えると死ぬど(爆)。
[PR]
# by odin2099 | 2005-02-17 21:05 | 雑感 | Trackback | Comments(0)
朝方地震がありました。こちらでは震度4だったのかな、ちょっと記憶にないくらい激しく揺れました(時間帯が時間帯だけに、余計そう感じたのかも)。
で、知っている人は知っているし、そうでない人も想像ついてるでしょうが(笑)、うちは所狭しと物が置かれているんですが、いろんなものがドーッと倒れてきてあわや生き埋め状態・・・。
寝ている上に物が落っこちてきて圧死しそうになったとかいうんじゃないんですが(苦笑)、崩れたり散らばったりで部屋から脱出出来なくなるところでした(やや大げさ)。
おかげで早朝から大掃除する羽目に陥り、一日中グッタリ。日頃の整理整頓は大事ですが、場所がないんだよなぁ・・・。まぁ色々と考えてはいるんだけど。

  × × × ×

旧ブログへのトラックバック
[PR]
# by odin2099 | 2005-02-16 21:47 | 雑感 | Trackback | Comments(0)
e0033570_0172869.jpgヴィヴィアンとマーリンの姦計により、異父弟アーサーと結ばれ、その子を宿すモーゲン。
一方のアーサーはグウェンフウィファルを妃に迎えるが、彼女はアーサーの側近ランスロットに惹かれ・・・というのは”伝説”通りの展開なのだが、子供がなかなか出来ないからといってアーサーとグウェンフウィファルとランスロットの3人で、というのは・・・・・。

また彼女が単なる我侭でDQNにしか思えず、段々と展開に付いていけなくなってきた。
これが女性ならではの小説ということなのだろうか?
[PR]
# by odin2099 | 2005-02-16 06:30 | | Trackback | Comments(0)
なんだか不人気みたいですね~。
あんまり告知されてなかったようだし、そもそも愛知博自体がやっぱり認知度低いんだろうなぁ。
結局一枚貰っちゃいましたが、財布に入れておくとそのまま使ってしまいそう(苦笑)。
どうやら自販機はそのまま使えるみたいだし、ATMでも入金出来るらしいっす(爆)。
[PR]
# by odin2099 | 2005-02-14 22:29 | 雑感 | Trackback | Comments(0)
とうとう99巻まで辿りついた。当初の完結目標”全100巻”まであと「1」!

といっても一向に完結する兆しは無く、しかも作者は既に101巻まで書き上げてるそうなので作品的には節目でもなんでもないけど、でも刊行から四半世紀以上、僕が読み始めてからも軽く20年以上経ってるわけで、それはそれで凄いことだ。

とりあえず100巻目が出たら、個人的にはささやかなお祝いでもするかな。
[PR]
# by odin2099 | 2005-02-13 21:16 | | Trackback | Comments(0)
「愛・地球博」の記念硬貨が出ましたが(一般には14日から配布されるはず)、あんまり特徴のないデザインですなぁ。
まぁ記念硬貨なんてそんなもので、デザイン云々よりも限定品ってところに価値があるんでしょうが。
しかし偽造500円硬貨が話題になってる昨今、こんなもの持ってると偽物だと疑われたりして・・・?
(意外に多いんですよね、500円の記念硬貨を実際に使っちゃう人って。しかも自販機で使えるものもあるし)
とりあえず僕はいりません(苦笑)。
以前は何枚か(何種類か)持ってたりもしたんですが、最近はとんと興味ナシです。
[PR]
# by odin2099 | 2005-02-12 22:42 | 雑感 | Trackback | Comments(0)
吉野家が、一年ぶりに一日限りの牛丼復活!ということで話題になっております。
どんなもんかなぁと近所のお店を覗いてみたんですが、販売開始の11時には既に店の前に200メートルくらい行列が出来ておりました。恐るべし・・・。
話の種に食べてみようかなとも思っていたけど、そこまで並ぶ根性がなくて断念。味は同じだったのかな。すき家も松屋もなか卵も代替素材で復活させているけど、やっぱり味が落ちるもんな~。
あ~あ、未練タラタラ。
[PR]
# by odin2099 | 2005-02-11 20:00 | 雑感 | Trackback | Comments(0)
うちの職場の新商品、内部的には何の知らせもないうちにマスコミで発表。
驚きましたよ、昨日通勤途中で読んでいた新聞で職場の名前を見つけた時は。
その日のうちに申し訳程度の説明を記したFAXが本部から届いたんですが、正式な取り扱い要綱やチラシの類は一切なし。
TVでも取り上げられたらしく、お客さんからの問い合わせも来たりしたんですが、何と答えて良いものやら。

そして今日は、各局のニュース番組でチラホラ取り上げられたりしていたので皆で見ていて、「そうか、こういう商品なのかぁ」「ふーん、こうやって取り扱うんだ」と逆に教えられる始末・・・。
一体どうするつもりなのかねぇ。来週早々には取り扱いが始まるそうなんですが。

ちなみにこれ、取り扱いには物凄い手間暇かかるので、現場的には非常に不評です(苦笑)。「事件は現場で起こってるんだ!」じゃないけど、もうちょっと配慮が欲しいとは思うものの、いつものことだからなぁ。
ダサダサのネーミングは、うちのトップの会心の作らしいんですけどね・・・(汗)。


昨日といえばサッカーの試合。
平均視聴率は47.2%、瞬間最高視聴率は57.7%!
これテレ朝だけの数字だから、NHK-BSでもやっていたことを考えると実際の数字はもっと上がるんでしょうね。
自分もBSで見てましたし。
[PR]
# by odin2099 | 2005-02-10 20:50 | 雑感 | Trackback | Comments(0)
厳戒態勢の中で行われた今日の対北朝鮮戦。
一体日本中でどれくらいの人が見ていたのか知らないけど、ご多分に漏れず僕もTVで観戦。
といっても殆ど後半だけ、しかもながらで見ていただけなんだけど、なんだかイライラさせられる試合だったなぁ。まぁ勝ったから良かったけど。

それにしても今回はマスコミ含めてみんな騒ぎ過ぎ。
もうちょっと落ちついても良かったんじゃないのかねぇ。
とはいうものの、今度のアウェーで行われる北朝鮮戦は不気味だな、とは思ってる。今回日本が勝っちゃってるし。
ホント、付合い難い国だこと。

  ×  ×  ×

ここ2~3日、鼻がムズムズするし、目も痒くなってきた。
いよいよか・・・!?
[PR]
# by odin2099 | 2005-02-09 22:10 | スポーツ | Trackback | Comments(0)
新聞・雑誌をため続け、遂にはアパートの床が抜け落ちる――という事件が起こりましたが、なんだか他人事じゃないなぁ。
以前住んでいたマンションの押入は本の重みで歪んでいたし、今住んでいる所もかなりヤバイ・・・。
でもなかなか捨てられないんだよなぁ。
前回の引越しの時は(自分としては)かなり思いきって大処分したつもりだけど、結局物が納まりきれずにいるし、それに処分して後悔したものも数知れず。
そろそろまた片付けなきゃいけないんだけど、どうしよう?

 × × ×
旧ブログコメント:

>私も

夕べ父親に、「あの本なんとかしないと床が抜けるぞ!」って、言われちゃいました。
私も、家の立替えの時にかなりの本を処分したのですが 誤って売ってしまったものがあったり 捨ててしまってから
古本屋で高額になっているのを知ったりして落ち込みました。
でも、やっぱり片付けないとな~そろそろ。
今週末にでも、少しずつ雑誌を整理しないと。

 by MIHO   Wednesday, 09, Feb 13:04

[PR]
# by odin2099 | 2005-02-08 22:14 | 雑感 | Trackback | Comments(0)
2/26から劇場公開される<スペシャル・エクステンデッド・エディション>
今日から座席指定付きの前売り販売が始まるというので映画館へ行ったんですが、大行列。
寒空の中、一時間半も並ぶ羽目に。
前売り販売そのものは既に始まっているんですが、当日は全席指定になるので早めに取っておこうというのは誰しもが思うこと。それにしても都内ではここでしか上映がないとはいえ、この人気は凄いです。

e0033570_23143774.jpg本当は今日から『旅の仲間<SEE>』の上映が始まったので、これを見るついでにチケット取っておこうかな、と出かけたんですが、肝心の『旅の仲間』の方も行列出来てたので、ビビって断念(こちらは全席自由席)。
仕方ないので再来週の『二つの塔<SEE版>』との二本立ての指定席を押えました(二本立ても全席指定)。

三作ともDVD持ってるけど、やっぱり大きなスクリーンで体験したい!!と思い立ってのチケット入手ですが、ちょっぴり後悔・・・。体調、大丈夫かなァ。
やっぱり二本立ては無謀だったかも・・・。
[PR]
# by odin2099 | 2005-02-05 19:57 | 映画雑記 | Trackback | Comments(0)
比較的暇だった一月も先週辺りから徐々に忙しくなり、今週は月末月初を挟んでかなりドタバタしてます。おまけに研修やら有給消化やらで人が少ないこともあって、知らず知らず身体がドッシリと重たく感じます。昨日は結構早く帰宅したのに、何するでもなく九時前には就寝してしまいました。それで朝まで目が覚めなかったんだから、やっぱり疲れているのかなぁ。
これで来月からは人が減るらしいし、再来月には更に・・・って話を聞くと「カンベンしてくれ~!」と叫びたくなります。これ以上受持ち増やされると、どっかで絶対潰れるって。まぁここで愚痴っても仕方ないんですが・・・。
[PR]
# by odin2099 | 2005-02-03 21:23 | 雑感 | Trackback | Comments(0)
e0033570_22272729.jpg<スペシャル・エクステンデッド・エディション>のDVDを買ってきました。
50分追加の本編は4時間10分!映像特典は8時間近く!!
当分見る時間ないけど(苦笑)、早く手元に置いておきたくて。
でも、これで『ロード・オブ・ザ・リング』も全て完結なんだなぁ、しみじみ・・・。

それにしても決して安いとは言えないソフトなのに、結構売れてますねー。
正式な発売日は明日なんだけど・・・。
[PR]
# by odin2099 | 2005-02-01 23:23 | 映画雑記 | Trackback | Comments(0)
各地から大雪の便りが届いてますが、何故かこちらは多少寒さが緩んだ気がします。
まぁ本格的な寒さはこれからなんでしょうけれども。

さて、明日から二月。2005年も既に1/12が終了です。あ~あ。
[PR]
# by odin2099 | 2005-01-31 22:22 | 雑感 | Trackback | Comments(0)
昨日も寒かったけど、今日は風が強くて更に寒い!
もう外出する気になんか、なんないもんねー。冬眠してやる
[PR]
# by odin2099 | 2005-01-30 21:24 | 雑感 | Trackback | Comments(0)
”交換日記”の話題が相方さんの方に出てますが、その経験はありません。
もっとも高校時代は授業中・放課後問わず(?)、随分落書きやら何やら、やたらとメモを廻したりしていたので、これが実質的に”交換日記”みたいなものだったのかなぁ。

”文通”の方はやってました。
高二の夏に一人旅をした時に知り合った愛知県在住の同い年の奴で、多いときは週に二通とかそういうペースで。殆ど日記みたいなもんですね。大学入って、その後就職活動してる頃から何となく疎遠になり、それっきり。元気でやってるかな。


元気といえば、昨夜は久々に同期を中心に昔の仕事仲間が集まっての飲み会でした(今はみんな部署がバラバラ)。
ヘンな表現だけれども、すっごい楽。ここ読んでる人もいるだろうから書いときますが(笑)、またやろーね。
おかげで今日はヘロヘロ~。そんなに飲んだつもりはないんだけどな・・・。
[PR]
# by odin2099 | 2005-01-29 18:20 | 雑感 | Trackback | Comments(0)
相方さんがこだわっているので(笑)、昨日一個買ってみた。
ようやっとこちらでも発売になったからだが、出てきたのは『少年画報』昭和40年1月号
いやぁ~懐かしかった・・・わけはない、まだ生まれる前だ(爆)。

でも間違いなく、この延長線上にある雑誌を子供の頃には読んでいたなぁと思い出した。
子供の頃読んでいた雑誌で、今でも刊行が続いているものはあるけれども、その内容はまるで別雑誌。
いつから子供向け雑誌の雰囲気って変わっちゃったんだろう?
[PR]
# by odin2099 | 2005-01-26 22:55 | 雑感 | Trackback | Comments(0)
e0033570_22243834.jpgボーティガンとマーリンの出会いから、アーサー王の死までをまとめた一篇。

有名どころのエピソードは大体押えてあり、手っ取り早く<アーサー王伝説>の全貌を知るには良いかなと思ったのだが、「トリスタンとイゾルデ」など幾つかのエピソードを割愛したということは、抄訳版ということになるのだろうか。

巻末の解説には訳者の物凄い意気込みというか自画自讃ぶりが伺えるが、登場人物の心理描写も皆無に近く、一つ一つのエピソードの分量も短いので物語としての読みではない
これが原書に由来するものなのか、それとも翻訳の関係なのかは定かではないが、子供向けとしてもあまり親切とは言えないように思う。
[PR]
# by odin2099 | 2005-01-26 20:47 | | Trackback | Comments(0)
今日は仕事帰りに、ピアニストの稲葉瑠奈とヴァイオリニスト松井利世子のジョイント・コンサートへ。

e0033570_23105580.jpg平日の、しかも小さいホールでのコンサートということで半分諦めかけていたんだけれども、仕事も早く終ったし、イチかバチかの当日券狙いで行ったところ、たまたま結構良い席が取れてラッキー。生で見た二人は綺麗だった
モデル出身の稲葉瑠奈がスレンダーなのは有名だけど、松井利世子も写真で見るのとは違って驚くくらいほっそりしている。この身体のどこにパワーがあるんだろ。

それにしても、なんでこの二人がコンビ組んでコンサートやってんのかなあと思っていたんだけど(今回が2度目のジョイント)、どうも同じ事務所の所属みたい。
年齢的にも丁度ピッタリのようで(同級生らしい)、このビジュアル系コンビ、なかなか良いかも。
e0033570_17293816.jpg
「ボクのわたしの 見て歩る記」より転載
キリっとした美人タイプの稲葉瑠奈(ピアノ)、親しみやすい可愛い系の松井利世子(ヴァイオリン)、という対照的な二人によるジョイント・コンサート。ただ二人とも細い。モデル経験のある稲葉瑠奈はともかく、写真で見るとぽっちゃりした感じかなと思っていた松井利世子が想像以上にほっそりしていてビックリ。この身体のどこに、という感じで演奏はパワフルだったのだが。

さてこのビジュアル系二人が組むのは昨春に続いて二回目だが、この組み合わせ誕生のきっかけは事務所が同じということにあるようだ。プロフィールを見ると二人は同級生になるみたいだが(松井利世子が’80年10月生、稲葉瑠奈が’81年1月生)、出身地も学校も違うようなので他に接点はなさそう。それ以外の共通項といえば、二年ほど前にCDデビューしながら売行きがさほど芳しくなかったのか未だに二枚目のアルバムが出ないこと。それなりにコンサートやリサイタルを行ったり、イベントやTVへの出演などをこなしているようだが、今一つ抜けきれないことだろうか。派手な活動を控えているのは当人たちの希望や事務所の方針なのかもしれないが、今回のコンサートの客の入り具合から考えても少々寂しい。ちなみに今回のコンサートは平日とはいえ、400名程度の小ホールで7割程度の入り。しかも客層には友人・知人・関係者の占める割合が少なくなさそうで、あちらこちらで挨拶したり昔話(?)に興じる姿が散見された。となると、二人を組み合わせて相乗効果を狙った事務所主導のジョイントということにもなりそうである。

肝心の演奏は、というと正直言って門外漢の目から見てもあまり上手いな、とは言えない状態。特に松井利世子は音をハズして途中から演奏しなおすなど、最後までチューニングを盛んに気にしていたのは頂けない。プロだから絶対にミスをしてはいけないとまでは言わないし、ハプニングも生ならではだと思うのだが、なんとなく緊張感の糸が切れたように思えてしまったのは残念。
また、コンサートの構成自体にも一考の余地あり。というのはコンビの演奏、ソロの演奏を取り混ぜているのだが、その都度暗転してセッティングし直しているので、会場の雰囲気がどうしても途中で切れてしまうのだ。その間はどちらか、あるいは二人揃ってのお喋りでもあれば、もっと観客も盛り上がると思うのだが・・・。

とはいえ、彼女たちより上手い演奏家はもっといるだろうし、もっときちんとまとまったコンサートもあるだろうけれども、やはりこの二人の組み合わせには華がある。もっと回数をこなしてコンビネーションがしっくりくるようになれば、大化けも夢じゃないはず?! このビジュアル系コンビ、次回も応援したい。

[PR]
# by odin2099 | 2005-01-25 23:09 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
e0033570_14395230.jpg『ニーベルンゲンの歌』を全部読むのは大変だし、オペラ『ニーベルングの指環』を通しで見る(聴く)根気はないし、と横着者が探し出してきた1冊。

ブリュンヒルト伝説、ブルグント伝説から「歌謡エッダ」、「ヴォルスンガ・サガ」、「ティードレクス・サガ」など様々な伝説・伝承を経て、ドイツの中世英雄叙事詩『ニーベルンゲンの歌』が成立していく過程、そしてそれを踏まえた上でワーグナーが楽劇『ニーベルングの指環』四部作として結実させていく流れを、順を追って解説してくれる。

302頁で¥1,000(!)と文庫本としては値が張るが、講談社学術文庫という性格を考えれば致し方のない面も。ハードカバーの豪華な研究書と違って、手軽に手に取れるし。
[PR]
# by odin2099 | 2005-01-24 22:01 | | Trackback | Comments(0)
DVD買いに行ったんだけど、通常の<劇場公開版>がどこにも置いてない?!
<ディレクターズ・カット版>は山積されてるのに・・・何故だぁ~!!
(一応HMV、タワーレコード、ビッグカメラ等々を数店舗回って見ましたが)
まぁ本来なら別々に売り出すんじゃなく、両方見られるような仕様にして出すべきだと思うけどね、商売あくど過ぎ!

e0033570_23125643.jpg特典映像には「もうひとつのエンディング」が収録されてるけど、こっちの方が良いなぁ。
おまけとして付けるんじゃなく、<ディレクターズ・カット>はこれを採用してくれれば良かったのに・・・。

そうそう、先週の『世界ふしぎ発見!』、トリスタン役のマッツ・ミケルセンが出ていて驚いた。
テロップ出なきゃ誰も気付かない上、ほんの一瞬なので見逃した人も多いだろうに。
もっとちゃんとしたゲスト扱いしてやれよ~。
[PR]
# by odin2099 | 2005-01-22 20:12 | 映画雑記 | Trackback | Comments(0)

by Excalibur
ブログトップ