【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

新作公開に合わせシリーズ全部を見直す余裕も、またその気も起きないんですが、そんな時に有難いのが総集編の存在。
まだ気が早いですが「宇宙戦艦ヤマト2202/愛の戦士たち」も完結した暁には総集編が作られるでしょうか?

e0033570_20304536.jpgさてさてかなりしつこいくらいに見直してるこの作品なんですが、あれ?あんだけ見てるのに意外に覚えてない???
最後に見てから1年半以上はゆうに経ってるんですが、こんなシーンあったっけ?こんな繋ぎ方だったっけ?と心もとない有様。
老化現象、やばいですね。。。

カットされたり変更されたり色々と不満点については過去につらつらと書き連ねてきましたが、今となってはどうでもよくなってきてます。
といっても投げやりになっているのではなく、勝手に脳内補完されちゃうんですね。
なので、みんなあった気になっちゃいます。自己修復機能みたいなもんでしょうか。

ヤマト発進から冥王星攻略、七色星団の決戦、ガミラス本星の攻防に加え、異次元断層の話やらバラン星(モドキ)にビーメラ星のエピソードも詰め込んでるのに、旧作パート1総集編映画とランニングタイムがほぼ一緒というのも不思議ですね。旧作はブツ切りな上にいっぱいいっぱいな印象がありますが、こちらは何とか一本の映画として見られるようになってます。
こういうのを見てしまうと、旧作パート1も新しく総集編作り直してくれないかなあと思ったり…?

さて待望の「2202」は、この総集編からもOKなお話なのか、それともきちんと本編というかシリーズ全話を見ておかないと矛盾点やら不明点やらが出てしまうのか、そんなイジワルな楽しみ方も出来そうです。

【ひとりごと】
沖田艦長ってば、二言目には「敵中に活路を見出すのだ!」しか言ってなくないか?

<過去記事>
http://odin2099.exblog.jp/23203784/


[PR]
# by odin2099 | 2017-02-10 20:31 |  映画感想<ア行> | Trackback | Comments(0)
e0033570_20574801.jpgミケランジェロ・アントニオーニが執筆した短編小説を、ヴィム・ヴェンダースを共同監督に迎え、自ら監督したオムニバスドラマ。
主人公というか、狂言回しはジョン・マルコヴィッチ扮する「映画監督(私)」で、彼が映画の題材を求めて旅をする、という構成。

「ありえない恋の物語」は、旅先で魅力的な女性と知り合い恋に落ちる青年の物語。互いに惹かれながらも何も起きず、数年後二人は偶然に再会するのだが…。
結局青年は彼女を抱くこともせず再び別れるのだが、正直いってこの心情がわからない。
何か純粋な想いがあるのかもしれないが、女性からすると単に弄ばれたように感じるのではないだろうか。
美しい女教師にイネス・サストル、青年にはキム・ロッシ=スチュアート。
絵にかいたような美男美女っぷりで、イネス・サストルのヌードは特に美しい。

「女と犯罪」は、映画監督の実際の体験談ということになるのだろうか。
自分の父親を殺したという女性と出会い一夜を共にするというお話で、この女性役がソフィー・マルソー
映画全体のキービジュアルにソフィー・マルソーが起用されていることからもわかるように、この映画そのものの最大の見どころが彼女のオールヌードといっても過言ではないだろう。
ただそれが、ジョン・マルコヴィッチとの大胆な絡みのシーンというのがどうにも…。
女性は自らの罪を告白し、男はそれを聞くが彼女から去る(逃げる)という結末で、最後にくどくどとその言い訳を独白するが、「映画監督」としてその姿勢は如何なものか。

3つめのエピソード「私を探さないで」は、妻ファニー・アルダンがありながら、若い女性キアラ・カゼッリとも関係を持つピーター・ウェラーの話と、忙しさにかまけて過程をないがしろにしてきた男ジャン・レノが妻に逃げられる話の二本立て。別々のお話のように見えて、最後には夫の元を去ったファニー・アルダンが、賃貸アパートの広告を見てジャン・レノの家にやってくるという形で繋がる。
毎回毎回反省の言葉を口にしつつも好き勝手やってるうちに、妻に三下り半を突きつけられる男の方はまだわかるが、仕事人間で愛想を尽かされる男はちょっと気の毒。夫婦のあり方の多様性を描いているのかと思いきやそうでもなさそうだし。
その中ではレイプまがいのピーター・ウェラーとキアラ・カゼッリのSEXシーンにインパクトあり。

その後で画家のマルチェロ・マストロヤンニと、その友人ジャンヌ・モローの断章的な短いエピソードを挟み、最終エピソード「死んだ瞬間」へ。
謎めいた女性イレーヌ・ジャコブに一目惚れしたヴァンサン・ペレーズが必死に彼女を口説こうとするが、彼女は明日修道院へ入ると告げる、というお話。単に若いアンちゃんがナンパに失敗したってだけではあるのだが、舞台装置として教会を用意し、神を持ち出してくるとそれが高尚なもののように映る。
メインキャストの中でイレーヌ・ジャコブだけ脱いでいないのが残念。

映像は美しいし、出てくる美人女優の裸は沢山拝めるし、雰囲気も良いのでそれなりに愉しめるのだが、今回が何度めかの観賞なのだがお話としては理解できない。
第2話を除けば、「私」が耳にした話を再構築しているというフィクションの体裁なのだろうが、あまりに現実離れしてる、いや良く言えば幻想的すぎる第2話すらも「私」の妄想と受け取ることも出来るというあやふやさ、不確かさが微妙な居心地の悪さを醸し出しているのだろうか。
お目当てのシーンだけ早送りして見る、という鑑賞方法もありなのかもしれない。


[PR]
# by odin2099 | 2017-02-09 21:00 |  映画感想<ア行> | Trackback | Comments(0)
e0033570_19572315.jpg全仮面ライダー映画の中で最高傑作!――と言ってしまうと色々と語弊があるけれど、昭和期のライダー映画の中では一、二を争う出来栄えだろう。
まあ他に比較する作品がちょっとアレだけど…

先日書いた通り、四国ロケを敢行したルートは後の「秘密戦隊ゴレンジャー/爆弾ハリケーン!」とほぼ同じ。
そのどちらの作品にも参加してるのは、これは偶然なんだろうけれどミスター・ヒーロー宮内洋。
見得の切り方などちょっと時代劇テイストだが、単に動けるとか、果敢にスタントに挑戦するだけじゃなく、常にカメラを意識してアングルなどを十分に心得た殺陣が出来る、こういうのをアクションスターと呼ぶんだろうな。
ちなみにまだこの頃は「ヘンシン、ブイスリー!」ブイスリァ!とは叫んでない。

e0033570_19282637.jpgタイアップ色が強すぎるのはこの映画の欠点だけど、そこはスポンサーだから我慢するとして、ちょっと残念なのは1号と2号があっさりと登場すること。
もうちょっと劇的に出てきて欲しかったなあ。

それに欲を言えば声だけじゃなく、変身前の二人も演じて欲しかった。
それに純子さんのビキニ、可愛いんだけどちょっとしか映らない……。

【ひとこと】
秘密の地図、勝手に高知城の天守に隠しちゃってるけどいいの?
e0033570_19350942.jpg
<過去記事>
http://odin2099.exblog.jp/22797255/


[PR]
# by odin2099 | 2017-02-09 19:43 |  映画感想<カ行> | Trackback | Comments(0)
8作目となった「ゴジラ」シリーズ、転換期(と呼んでいいのかな?)の作品。

始まって1分足らずでゴジラ登場は、これまでの最短記録。
このシーンではハヤタ隊員:黒部進がチラっと出てくるけど、当時の子どもたちは劇場ですぐに気付いたのかな。
またその相棒として出てくるのが、前作では主役級の一人だった当銀長太郎というのがなんとも…。
まあこの人はバイプレーヤーとして活躍した方ですがね。

e0033570_19190255.jpgそして主役は高島忠夫、そして久保明、平田昭彦、佐原健二、土屋嘉男と東宝特撮お馴染みの顔ぶれがズラリでオールスターキャストの趣き。
トータルの出演者が少ないだけに可能となった配役、と考えるのは早計だろうけれど、各人がそれぞれの持ち味を発揮し、要するにイメージ通りのキャラクターを演じているのもファンには嬉しいところ。例外は高島忠夫だろうけれど、これはこれで希少価値だろう。
グアム島ロケを行ったとのことなので、それなりに予算は潤沢だった?

それにしてもミニラはキモい。
キモカワイイ、なんて言えない。ホントにキモい。
またカマキラスやクモンガは生理的嫌悪感を抱かせる。
従来の東宝怪獣にはない感覚、といっても怪獣じゃなくて大きな虫なんだけどね。
面白い映像にはなっているのだけれど、クモやカマキリ相手のゴジラはちょっとねぇ。もっと怪獣らしい相手と戦わせてあげたかったかったもの。

そして今回も最後は「ゴジラ可哀想」なのは違和感あります。
怖がられる対象からアイドルに。
ということで最初に書いたように、ゴジラも転換期なワケです。

【ひとこと】
今回のゴジラも、幾つかのショットで視線が上の方を彷徨っておるな。
まあ同じ着ぐるみの流用なんだろうけれど。

<過去記事>
http://odin2099.exblog.jp/7080119/


[PR]
# by odin2099 | 2017-02-08 19:19 |  映画感想<カ行> | Trackback | Comments(0)
e0033570_20182938.jpg鉄竜会が仕切る賭博船が爆破され、組長が死んだ。犯人はホークというコードネームを持つ殺し屋だが、既に死んだ筈で「バミューダの亡霊」と呼ばれていた。船にはルパン三世、次元大介、峰不二子が金目当てで密かに乗り込んでおり、ホークのターゲットは彼らだったのだ。組長のボディガードとして雇われていた五エ門は一度はホークを追い詰めたものの、逃げられてしまう。
ホークはなおも執拗にルパンたちを狙い、公安の銭形警部もルパンとの繋がりを直感しホークを追う。そして屈辱を味わった五エ門もまた、ホークを仇と付け狙う。
そして五エ門とホークが再び対峙する時がやってきたが…?!

「次元大介の墓標」に続く第二弾で、「峰不二子という女」から始まる「LUPIN THE IIIRD」シリーズとしては第三弾。
この調子だと第四弾、第五弾もありそう。次にフィーチャーされるのはルパン本人か、それとも銭形警部か?
前作同様OVAの先行お披露目という体裁で、一本の作品ではなく前後編を続けて上映する形式。

このシリーズの特徴としては、まだ仲良しグループの「ルパン・ファミリー」結成前ということ。
ルパンも次元も五エ門も不二子も、みんな自分の好き勝手につるんだり敵対したり。馴れ合いじゃないこの関係、いいなあ。また銭形もルパンにやられっぱなしのコミカルさは影を潜め、酸いも甘いも噛み分けた切れ者として出てくるので渋くて格好良い。

e0033570_20183945.jpg前作はかなり出来過ぎな感があったのに比べると、本作は数段落ちる。
こちらも自然と期待値を上げてしまっていたが、ホークが不死身な理由、そのホークにルパンたちの抹殺を指令した黒幕の正体など気になる謎解きは一切ないし、五エ門のストイックさを強調する為か殺伐としたシーンが多く、多少なりともグロテスクな描写があることには閉口した。
まあいつものルパンは年に一回のTVスペシャルやら、一昨年から昨年にかけて放送されたシリーズやらで楽しめば良いので、きちんと差別化は図られているからこれでもいいのだろうが。

ところで見ていて一番気になったのは声!
ルパンと次元の二人は今すぐ変えて欲しい。
本家を越える年数を演じながら一向に進歩しない物真似ルパンと、老いを隠せず衰えぶりが気の毒になってくる次元は辛すぎる。


[PR]
# by odin2099 | 2017-02-07 20:19 |  映画感想<ラ行> | Trackback(2) | Comments(2)
e0033570_19154096.jpg加羽沢さんがこんな企画モノのコンサートを始めていたとは知りませんでした。今回が何回目になるんだろう?
ゲストにヴァイオリニストの藤﨑美乃さんを迎えてのコンサート、ティアラこうとうまで行ってきました。
このホール、行くのは多分3回目くらいなんですけど、毎回行き方に悩みます。。。

最初の二人の挨拶聞くまで気付きませんでしたが、そうか、「みの&みの」コンビだったんですね。
12人のヴァイオリニストのメンバーだった美乃さんは、既に美濃さんとも何度か共演した仲。
息もぴったりで、最初から最後まで爆笑させて頂きました。
ヴァイオリニストのイメージは?ということで、お二人ならではのイニシャルトーク。
もちろんT嶋さんが誰のことなのかなんて全然わかりません。

打ち合わせ通りなのか、いきなりの無茶ぶりだったのか、各コーナーの自由な流れ。
途中で進行や次に演奏する曲を忘れるなど相変わらず自由な美濃さん健在。
また見た目と裏腹に?意外に仕切る能力に長けた美乃さんとの組み合わせは、なかなかの相乗効果。
グダグダになる一歩手前で踏みとどまり、もう2時間があっという間。
いや実際のところ、時間オーバーしたんじゃなかろうか。
第1部は50分くらいでしたが、第2部は70分近くやってましたからねえ。

e0033570_19154742.jpgヴァイオリンで大事なのは「魂柱」…初めて聞きました。
ビブラート、ピチカート、フラジオレット、ポルタメント…奏法の解説はお約束ですね。
ららら♪クラシック」で「カッチーニのアヴェ・マリア」を取り上げた際に、実はこの曲がカッチーニの作曲じゃないことにショックを受けた話。
同じくサラサーテは手が小さいことがコンプレックスで、それを逆手に取って「ツィゴイネルワイゼン」の超絶技法に盛り込んだ話云々、ふむふむと聞いておりました。

面白いなあと思ったのはバッハの「G線上のアリア」の徹底解析で、G線ってなんぞや?という話から始まり、これを演奏途中で本来の調に戻して変化を味わう、なんていうことをやってみせたり、同じように「ロマン音階」を説明するのに「およげ!たいやきくん」を使い、普通の状態とロマン音階に変えたものを弾き比べたり…こういうのはわかりやすいですねえ。
リクエストコーナーは相変わらずお見事!

「授業」らしく、オープニングはチャイム、エンディングは「起立、礼、着席」で終わるのも斬新なコンサート。
次回は6月の予定だそうですが、是非とも行きたいもんです。

アンコールは「朧月夜」、それにもう一曲は「演奏しないつもりだった」(?)という「リベルタンゴ」でした。
[PR]
# by odin2099 | 2017-02-06 19:17 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
恒例となりつつある<MCU>作品の公式コミック作品、「プレリュード」シリーズの最新刊。

e0033570_07560877.jpgウィル・コロナ・ピルグリム:作、ホルヘ・フォルネス:画による新作「ドクター・ストレンジ:プレリュード」と「ドクター・ストレンジ:プレリュード インフィニティ・コミック」の#1、それに映画版の元となった「ドクター・ストレンジ:ジ・オース」#1の他に、最新シリーズ「ドクター・ストレンジ(2015)」の#1、ドクター・ストレンジの初登場となった「ストレンジ・テイルズ」#110、そのオリジンが描かれた「ストレンジ・テイルズ」#115、それに代表作とされる「マーベル・プレミア」#14を収録。

「プレリュード」には一切ストレンジは登場せず、映画が始まる前の物語で、カエシリウスが何故エンシェント・ワンの元へやってきたのか、彼の目的は何かなど映画本編では今一つわかりづらい部分を取り上げている。
例によって短編だし、さほど面白い筋立てとも言えないのだが、映画やキャラクターを補完するためには必要か。
e0033570_07570953.png

[PR]
# by odin2099 | 2017-02-05 07:58 | | Trackback | Comments(0)
e0033570_20131518.jpg高名な建築家の伊織は秘書の笙子と愛人関係にあり、妻や娘とは別居中だった。
そんなある日、かつての教え子だった霞と再会し、彼女とも愛し合うようになる。霞は画廊を営む年の離れた夫と、その娘かおりと暮らしていた。
伊織の変化に気付いた笙子は寂しさから同僚と浮気し、一方の伊織はますます霞にのめり込んでいく。
やがて伊織と妻の離婚が成立。晴れて笙子と再婚しようとするが、彼女は伊織に別れを告げる。口汚く彼女を罵る伊織だったが、もう既に彼女の気持ちが自分から完全に離れていることを悟り、諦めてその場を立ち去る。
今度は霞との新しい関係を築こうとした伊織だったが、その待ち合わせの場に現れたのはかおりだった。
初めは二人を応援していたかおりだったが、やがて霞を失うのではという恐怖から全てを父に話したことで、二人の関係が終わったことを伝えに来たのだ。
「抱いて」と迫るかおりだったが、伊織はこれを拒否。一人になった伊織は失った二人の女性に想いを馳せるのだった。

地位も名誉も手に入れた男が次々と女性をものにするが、最後には全てを失ってしまうというお話で、渡辺淳一の原作を荒井晴彦が脚本し、根岸吉太郎がメガホンをとった。
出演は秋吉久美子、沖直美(現・沖直未)、岩本千春、岸部一徳、丹波義隆、池田満寿夫、池部良、木内みどり、津川雅彦。
この津川雅彦演じる主人公が、パワハラ、セクハラなんのその、自分勝手でもうどうしようもない男で、見ていても全く感情移入は出来ず、ラストに至ってはざまーみろ!という感じなのだが、その分ポルノ映画と見紛うばかりのベッドシーン連発で、女性をとっかえひっかえなのは実に憎たらしい…いや、羨ましい。

ということでみどころは先ず第一に秋吉久美子のヌード。撮影当時は30歳くらいだろうか、全編通してかなりの頻度で脱ぎまくっている。また和装姿で登場するシーンが多いがこれが実にしっとりとした美しさで、彼女を見るためだけでも鑑賞料金払っても文句ないと言えるくらい。
準ヒロイン格の沖直未は撮影当時25くらいだと思うがやはり大胆なラブシーンを演じ、まだデビュー間もない時期だったと思われる岩本千春は20歳なるならずの頃だと思うが、これまた初々しいヌードを披露、と至れり尽くせり。
お話自体は理解不能でサッパリだけれども、商売としては十分にアリだ。

【ひとりごと】
今回四半世紀ぶりに見直したけど、結構覚えてるのでビックリ。
それだけ秋吉久美子や岩本千春のヌードってインパクトあったんだなあ。。。


[PR]
# by odin2099 | 2017-02-04 20:15 |  映画感想<ハ行> | Trackback | Comments(0)
e0033570_19232308.jpg大阪城や名古屋城など都市部にある巨大城郭の跡地に行った後、皇居を訪ねてみるとどうしても感じる物足りなさ。
そう、皇居というか江戸城址には天守がない!

お城の魅力は何も天守だけじゃなく、櫓や堀、石垣、土塁などなど楽しみ方は色々だろうけれど、専門家やマニア相手ならいざ知らず、一般の観光客に幅広くアピールするのはやはり天守の存在。

ということもあって江戸城の天守再建計画は応援してるわけですが、こういう本を現職の参議院議員が書く、というところがユニーク。

全面的に賛成ではないですが、ハードルは高いと思いますけど実現して欲しいものです。
[PR]
# by odin2099 | 2017-02-03 19:24 | | Trackback | Comments(0)
先日、いきなり「マジンガーZ」の新作劇場アニメ製作が発表されてビックリ!
「マジンガーZ」といえば、漫画では「マジンサーガ」「Zマジンガー」と二度のリメイクが行われ、他の作家による作品もあるし、アニメ作品としても他社から「マジンカイザー」や「真マジンガー/衝撃!Z編」としてリメイクされているが、今度の作品はオリジナルのTVアニメ版を手掛けた東映アニメーションが製作ということで非常に気になっている。
e0033570_13065455.jpg
といっても自分にとっての「マジンガーZ」はTVアニメ版及びそれに準じた<東映まんがまつり>版に尽きるので、どんな作品であろうと満足することはなさそう。
もしこのアニメ版の「その後」ということから感泣モノだが、変に世代交代して主人公が兜甲児の子供とかいうのであれば願い下げだ。
e0033570_13073970.jpg
まあそんなことより、この作品をもう一度スクリーンで見たいなあ。
e0033570_13075029.jpg
e0033570_09592416.jpg――と思うほど色褪せない傑作(当社比)。
コメディパートを担いながらも漢気を見せるボス。
甲児の身を案じながら、何も言えずに走り去るさやか。
弟シローのために大量の輸血をし、更に満身創痍なマジンガーZを駆って出撃する甲児。
そしてミケーネの戦闘獣軍団の前に、なすすべもなく崩れ落ちる鉄の城…
ここで号泣。

そこで満を持して颯爽と駆けつける偉大な勇者。
「マジンガーZが斃れる。見殺しには出来ん!」
…って、自分の息子なんだからとっとと助けろよ、と予言者(実は死んだ筈の甲児のお父さん)にツッコミをいれつつも、ひたすら格好良いグレートマジンガーの姿に見惚れてしまう。
この作品を凌ぐロボットアニメは未だに作られていない。

【ひとこと】
事件は甲児の誕生日に始まるが、公開時期からすると甲児は7月下旬の生まれ、しし座なのかな?
また甲児とシローは同じ血液型らしいが、公式設定?によると甲児はAB型だそうな。
あれ?「グレンダイザー」ではO型って言ってなかったっけ?
e0033570_10001609.jpg
<過去記事>
http://odin2099.exblog.jp/22781650/


[PR]
# by odin2099 | 2017-02-02 19:27 |  映画感想<マ行> | Trackback | Comments(0)
浅川梨奈ファースト写真集「なないろ」
e0033570_19335081.jpg
1000年に1人の童顔巨乳!」というのがキャッチコピーなんだそうです。
そういや本人のインタビュー記事読んだことがありますが、自分でもそんなこと言ってたっけ。
SUPER☆GiRLSというアイドルグループのメンバーとして活動してるようですが、ここのところ「14の夜」、「咲-Saki-」と出演作品が相次いで公開されているので、そのタイミングを狙っているのでしょう。
とにかく全編ビキニの写真ばっかり。
こういう、自分もスタッフも「売り」を心得てる写真集というのは潔いですね。
ファンの期待を裏切らない内容になっていると言えそうです。
しかし彼女ってまだ17歳なんですねえ。
10年後にこのルックスだったならともかく、「童顔」を強調するのはまだまだ早すぎる気が…。

片山萌美写真集「裸芯」
e0033570_19332335.jpg
確かにヌード写真集と呼んでも差し支えない露出だとは思います。
しかしここまで脱いでいながら、頑なにバストトップとヘアを隠す拘りはなんなんでしょうか。
実際、薄物をまとっているショットではほぼ丸見えなのに、一糸まとわぬショットになると修正が入るのはどうにも解せません。
逆に徹底的に死守するのであれば、端から見えないような工夫をすべきでしょう。
不自然に加工した写真ほど興醒めなものはありません。
ファンにとってもちょっぴりガッカリ、ではないでしょうか。

滝口ひかりファースト写真集「tackey,lucky,ducky!」
e0033570_19342445.jpg
こちらは「2000年に一人の美少女」だそうです。
アイドルユニットdropのメンバーで、「恥じらいビキニ&初めてのセクシー」がポイントのよう。
ビキニのショットがメインで、ルックスも正統派の美少女、アイドルという感じで手堅くまとまっているなあという印象ですが、実はもう22歳なんですね。彼女の方がよほど「童顔」と呼ぶに相応しいかな、と。
それにこのぐらいの年齢のアイドルの写真集を売るに際して、「恥じらいビキニ&初めてのセクシー」をメインというのはどうなのかなあという気がしないでもありません。
ただ彼女のイメージ的にはまだまだOKかなあとは思いますが。


[PR]
# by odin2099 | 2017-02-01 19:36 | | Trackback | Comments(0)
e0033570_19282637.jpg劇場用新作「仮面ライダー」の2作目。
前作「仮面ライダー対ショッカー」と合わせて「いいとこどり」すると大傑作が生まれそうな気がします。

前作は1号と2号、ダブルライダーの共演が売りでしたし、大集結する再生怪人部隊が圧巻でした。
ただアクションはモタモタしてたり、お話の組み立てには粗があったりしてたんですが、逆に今回は変身前、変身後どちらもアクションが充実。

e0033570_20052170.jpg富士の裾野で一大ロケーションを敢行し、バイク戦、騎馬戦など趣向をこらし、再生怪人も一挙に出てくるのではなく、次から次へと襲ってくるという具合に変化があります。滝和也も本郷猛も実に強そうに見えるので、例えショッカーに襲われても安心して逃げられそうです。
その反面、映画というお祭りならではの要素として、まだテレビでは実現していなかった新1号と新2号の共演、なんていう目玉を用意してくれていても良かったんじゃないかなあ、とも思います。

ということで折衷すればホントに面白いものが出来そうなんですがねえ。

<過去記事>
http://odin2099.exblog.jp/22776159/
e0033570_19350942.jpg

[PR]
# by odin2099 | 2017-01-31 19:23 |  映画感想<カ行> | Trackback | Comments(0)
コジラ版「若大将」シリーズなどと呼ばれたりもしている通算7作目。

海で遭難した兄を探しに田舎から出て来たあんちゃんが、偶然知り合った大学生や金庫破りを巻き添えにして勝手にボートで船出。
嵐に遭い、更に怪獣エビラに襲われボートは壊れ、ようやく島へと辿り着いたと思ったら、そこには悪い「赤い竹」という連中がいて、しかも近くの島民を掻っ攫って来て重労働を科していた。
辛うじて脱出した島民の美女と仲良くなって聞いてみると、彼女たちはインファント島の住人達。そしてどうやらその島には、難船の生き残りの兄がいるらしい。
なんとか「赤い竹」を出し抜いて、インファント島の人たちを救い出して、と思ってると、なんと島にはゴジラが眠っていた…!

ということで前作までとはガラっと違った作風。
お話も殆どこのレッチ島に限定され、怪獣映画の醍醐味でもある都市破壊などのスペクタクルシーンは愉しめない。
ゴジラは人間の都合で眠りを覚まされ「赤い竹」やエビラと対峙させられるが、当人にしてみりゃ勝手に敷かれたレールの上を走らされた結果、不本意ながら相手をしてるといったところ。

金庫破り役の宝田明の軽妙な演技や、砂塚秀夫、当銀長太郎、それに「赤い竹」の平田昭彦や田崎潤ら濃いメンツの印象が強く、これまた怪獣映画らしからぬ雰囲気。
ヒロインの島娘・水野久美も良かったんだけど、エビラはともかく、ゴジラもモスラもなかなか出てこないので、お子様向けとは些か言いかねる面が。

e0033570_20021127.jpgモスラの代弁者、小美人は今回も出てくるが、キャストはザ・ピーナッツからペア・バンビに交代。
誰それ?って感じだけど、実はザ・ピーナッツよりも先にデビューしてる当時の人気者だったという話。
「へー?!」だけどね。
ただザ・ピーナッツに比べると、メイクのせいもあるのかもしれないが、より南洋の島の妖精っぽい気がする。

さんざ人間どもに利用されるゴジラだけど、その分登場人物たちは感情移入しちゃったらしく、最後はもうすぐ爆発する島から「逃げろ~!」の大合唱。
結局助かって一同ヤレヤレと胸をなでおろす一幕も。
ゴジラの正義の味方化はこのあたりから始まるんだな。

ちなみにこの作品、元々「ロビンソン・クルーソー作戦/キングコング対エビラ」というキングコング主演作として用意されたもの。
アメリカ側が難色を示したためにボツになり、代わりに「キングコングの逆襲」が作られ、一方ボツになった台本は主役をゴジラに書き換えて使われたというワケ。作風の違いはこんなところにも原因があるんだろう。

【ひとりごと】
着ぐるみの造形のせいなのか、それとも劣化したからなのか、本作のゴジラは終始顔が(顎が)上がってるような。
常に上の方を見つめてるようで、視線が定まってないのが気になるな。

<過去記事>
http://odin2099.exblog.jp/9797892/


[PR]
# by odin2099 | 2017-01-30 20:11 |  映画感想<カ行> | Trackback | Comments(0)
VOL.2にはEPISODE5「火の海」、6「濡れ衣」、7「スティック」の3篇を収録。

e0033570_21044155.jpgフィスクの不興を買い、壊滅させられるロシアン・マフィア。
マードックはそのボスを助け、フィスクの悪事の証人にしようとするが、逆にフィスクは街に起こした災厄の罪をマードックに被せようとする。
警察に追われるマードックは、何とかしてこの窮地を脱しようとするが…。
またユーリックの元で独自の調査を進めているカレンは、結果的にフォギーを巻き込むことに。
点と点が一つずつ繋がりを見せはじめ、チームでありながらお互いに極秘に行動しているマードック、それにフォギーとクレアがそれに気づくのはいつのことなのか。

マードックとクレア、フィスクとヴァネッサ、フォギーとカレン?とラブロマンス風味を加味しながら、街のため他人のためといいつつ、結局は己のためが行動原理の男女のドラマは折り返し地点へ。
またマードックの師スティックが登場することによって、そのバックボーンの一端が明かされるのも興味深い。
そしてこのスティックがまた別の裏世界と関係を持っているようで、なかなか一筋縄でいかないキャラクターなのも、「次」の展開を期待させる。
e0033570_15065644.jpg

[PR]
# by odin2099 | 2017-01-29 15:13 | テレビ | Trackback | Comments(0)
e0033570_21212342.jpg傲慢な性格ながら天才的な技量を持つ外科医スティーヴン・ストレンジ、だが彼の栄光は突如終わりを告げた。
交通事故に遭い一命を取りとめたものの、彼の両手はその機能を失ってしまったのだ。
度重なる手術にリハビリを繰り返しても全てが徒労に終わり、彼は自暴自棄になる。だが奇跡的に快復した重症患者がいることを知り、一縷の望みを託し彼を癒したという謎の場所を探しネパールへと向かう。
そこで彼はエンシェント・ワンと出会い、この世には物理的なものばかりではない、常識では計り知れない神秘的なものがあることを知り、魔法の修業へと入るのだった。

<マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)>の第14弾。
本国アメリカでは昨年の11/4に公開されたが、わが国ではまさかまさかの約3カ月近く遅れの1/27までお預けを喰らうことになった。
一時は昨年12/10に公開という非公式情報も流れていたが、配給元のディズニーとしては次週12/16より上映される「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」に注力したかったのであろう。
ならば11月中に日米ほぼ同時公開してくれれば良いのに、と思わないでもないが、こちらは11/23から公開となった「ファンタスティックビーストと魔法使いの旅」との魔法被りを避けたものと思われる。

<MCU>の作品群の魅力は振り幅が広いこと。
メカニカルな「アイアンマン」の次にバイオテクノロジーの「インクレディブル・ハルク」、神話世界に足を踏み入れた「マイティ・ソー」もあればアナログなミリタリーテイストの「キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー」あり、お祭り騒ぎの「アベンジャーズ」の後には内省的な「アイアンマン3」があり、シリアスなサスペンス物「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」の後に陽気な宇宙冒険活劇「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」、大風呂敷を広げた「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」の次は、子供部屋が戦場になる「アントマン」といった具合。
今回も前作「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」とは180度違ったテイストの作品を用意している。それでいながら同じユニバースとしてのまとまり感は保ってるのだから凄いことだ。

そしてこの作品はとにかく驚きの映像の連続。技術の発達が可能にした幻想的なビジュアルの数々には目を奪われずにはいられまい。
正直に言うとキャラクターの設計や物語の展開には些かなりと疑問符が付く。
ティルダ・スウィントン演じるエンシェント・ワンは年齢・性別を超越した魅力を秘めているものの、その行動原理や目的は必ずしも肯定できるものではないし、悪役となるマッツ・ミケルセン扮するカエシリウスも師や仲間へ反旗を翻すに至った動機付けが弱く(前日譚となる公式コミックを読むとその理由がもう少し明確になるのだが)、何故この両者が対立しなければならないのかがわかりにくい。

e0033570_21210996.jpgだがそれもこれもベネディクト・カンバーバッチが体現したドクター・ストレンジという、単純なようでいて複雑な主人公の圧倒的な存在感の前には些末なことに思えてくるから不思議だ。
このキャラクターも十二分に描かれているとはいえない部分もあるにはあるが、演者のキャラクター造形が一貫してぶれていないため、他の全てを内包し凌駕するだけのパワーを発しているように感じられるのだ。
スティーヴン・ストレンジは間違いなくこのユニバースの中で、トニー・スタークやスティーヴン・ロジャースと並び立つ存在になるだろう。

ところでこの作品は時系列的には<MCU>のどこに位置するのだろうか?
「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」の中ではインサイト計画のターゲットとしてストレンジの名前が挙がっているが、これが魔法使いとして覚醒した後だとするならば「アベンジャーズ」か「アイアンマン3」あたりと同じ時期の物語となりそうだし、前日譚コミックではダークエルフについて触れている箇所もあるので、そうなると「マイティ・ソー/ダーク・ワールド」よりは後ということになる。
またエンドロール後のオマケ映像からすると「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」と同じ頃か?という推測も出来るのだが…。

またこのエンドロール後のカメオ出演、公開前からトニー・スタークが出てくるんじゃないかと話題になっていたが、まさかこの人だったとは。
それに本国公開からこれだけ経っても情報が洩れてこなかったことにも感心する(自分は吹替版のキャスト一覧を見た時にわかってしまっていたが)。
おそらくこのシーンは次の次の次の<MCU>作品とリンクするシーンだと思うが、今から公開が楽しみだ。本国では今年の11月公開なので、今回の「ドクター・ストレンジ」と同じ轍を踏まなければ年内には見られるだろうが、やはり今年もその後に「スター・ウォーズ/エピソード8」が控えているだけに似たような処置を取られるのではないかと心配ではある。

【ひとりごと】
原作コミックの設定や内容を知らなかったので、エンドロール後の二つ目のオマケ映像は驚きだった。
原作ファンからすれば「やはりこうなるのか」と思ったのかもしれないが、純粋に映画だけを見ていると実に意外な展開。
ただこれを今後の「アベンジャーズ」で拾うのか、それとも単独の「ドクター・ストレンジ2」で描くのかでは扱いが随分と違ってくるだろう。単独の続編の方が良さそうだが、今のところ正式決定は下されていないだけに今後の情報を待ちたい。

【ひとこと】
冒頭の方でストレンジにもたらされる患者の情報の中に「落雷の直撃を受けた女性患者」というのがあるのだが、これが「キャプテン・マーベル」の伏線ではないかとの噂が。
映画公開は約2年後だが、あり得ない話ではない。
e0033570_21364717.png


[PR]
# by odin2099 | 2017-01-28 21:45 |  映画感想<タ行> | Trackback(16) | Comments(3)
予告通り?<スーパー戦隊>シリーズにも手を出しました。
シリーズとしての初の劇場版で、TVシリーズの第58、59話と同時進行で撮影された由。
ただ人気作品故に2年も放送されたとはいえ、劇場版が製作されたのが番組が始まってから1年3カ月ほど経ってからというのは異例ですねえ。
そういや本放送中にも数回再放送を運ぶくらいだったから、製作スケジュールはかなりタイトだったのかも。

e0033570_19341605.jpgゴレンジャー御一行は黒十字軍の秘密計画を追って四国へ。
さんふらわあ号に乗って、ホテル奥道後に泊まり、というのはその3年前に作られた「仮面ライダーV3対デストロン怪人」と同じコース。こういうのも比較してみると面白いですね。
ただ、人目につかないように移動したいなら、さんふらわあに乗るよりバリドリーンで乗り込む方がたやすい気もしますけど。

船上のプールではビキニのセクシー美女が登場。
ちなみにペギー松山はワンピース、それに連絡員007号は上に羽織ってしまって見せてくれないのが残念。鹿沼絵里はこの後はポルノ映画とかで活躍するんですが…。
ただ問題なのがこの美女が黒十字総統の変装した姿だということ。
違う意味で目立っちゃってますけど、なんでわざわざ総統自ら乗り込んでくるのやら。

この謎の美女を演じたのは風間千代子という女優さんで、「脱走遊戯」や「激突!殺人拳」、「前科おんな/殺し節」、「夜のならず者」、「脱走遊戯」、「青い性」、「女番長ブルース/牝蜂の挑戦」などに出演してるようなので、アクションやエロティックさを売りにした作品中心の活躍だったのでしょう。

e0033570_19335896.jpg劇場版ならではの再生怪人軍団といったお約束の展開はないものの、劇場版のみの新怪人は登場。その名も「鋼鉄剣竜」というのですが、これはちょっとスペシャルなネーミング。
何がスペシャルかというと、TVシリーズに出てくる怪人たちは皆「○○仮面」、という具合に名前に「仮面」の文字が付くのがネーミングルールなんですが、それとは外れているんです。
番外怪人というか、特別な怪人という雰囲気がネーミングからも伝わってきます。こういうのが嬉しいんですよねえ、子どもにとっては。

そういえばこのホテル奥道後、その後は経営不振に陥り、今は「奥道後 壱湯の守」としてリニューアルオープンしてるようです。
危険なアクションの舞台となったロープウェイは休止、金閣寺そっくりの錦晴殿も土砂崩れで流失してしまったんだと。
あちらに行く機会があれば、ちょっと覗いてみたかったな。
e0033570_19490741.jpg
<過去記事>
http://odin2099.exblog.jp/22802362/
[PR]
# by odin2099 | 2017-01-27 19:37 |  映画感想<ハ行> | Trackback | Comments(0)
先日の松方弘樹の訃報には驚きました。
闘病中なのは知っていましたが、そこまで深刻な病状だったとは…。
そこで、久しぶりに見てみようかなと思いつつも、昨年の真田ブームに際してはタイミングを逸してそのままになってしまっていたこの作品を、追悼も兼ねて見直すことにしました。

e0033570_19492659.jpgさてこれは、東映が「柳生一族の陰謀」「赤穂城断絶」に続く<復活時代劇シリーズ>(?)の第3弾として用意した作品でして、主役の真田幸村役の松方弘樹をはじめ、寺田農、あおい輝彦、ガッツ石松、森田健作、火野正平、岡本富士太、真田広之、秋野暢子らが真田十勇士に、御大・片岡千恵蔵が幸村の父・昌幸を、梅宮辰夫が兄・信之を演じ、更に淀君役に高峰三枝子、加藤清正に丹波哲郎、大野治長に戸浦六宏、後藤又兵衛に成田三樹夫、豊臣秀頼には小倉一郎を配し、他にも浜村純、金子信雄、小林昭二、曽根晴美、梅津栄、萩尾みどり、香川良介、江波杏子、上月左知子、桜町弘子ら豪華な顔触れを揃えた大作になっています。
前2作で主演を務めた萬屋錦之介は特別出演とクレジットされていますが、脇に回って実にしぶとく憎々しげな徳川家康を怪演。その扱いは「忠臣蔵」映画における吉良上野介のような感じですが、流石の貫録を見せてくれます。

「柳生一族の陰謀」も史実をひっくり返した大胆なアレンジが話題になっていましたが(「夢だ、夢だ、夢でござる!」)、この作品では更に踏み込んでいて、単なる時代劇ではなくSF映画と呼んでも良いような怪作に仕立て上げてしまってます。
特撮監督としてわざわざ矢島信夫佐川和夫の二枚看板がクレジットされていますしね(同じ東映で「バトルフィーバーJ」を手掛けていた頃ですかね)。

冒頭からいきなり妖星は飛来するわ、真田丸は浮遊するわ(幻覚ですが)、ラストシーンで今度は猿飛佐助が妖星と化して飛び去ってゆくわ、と書くと「それ一体何のお話?」と思われるかもしれませんが、そういう映画なのだから仕方ありません。
しかもこれらの要素が肝心の物語と有機的に結びついているかというと、お世辞にもイエスと言える状況ではなく、単に奇を衒った小道具でしかないというのがどうにも。

集団の馴れ合いではなく、個々の、ぶつかり合う人間として描かれている十勇士の姿など、見るべき点もあるのですが、そうは言っても十勇士個々の出自・過去がドラマに厚みを増しているのかといえばノーですし、清海が女性である(しかもその正体は「ジュリアおたあ」!)必然性はあるのかといえば、これは女性キャストを増やす方便でしかないですし、ぶっちゃけ途中でだれてくるのも確かなんですよねえ。

結局製作者たちは、どのような層をターゲットにしてどのような映画を作りたかったのかが不明という点では正に怪作で、そういえばこれってヒットしたんでしたっけ?
<復活時代劇シリーズ>はこの後に第4弾として「徳川一族の崩壊」という作品が作られていますが(これだけ未見です)、それで打ち切りになってしまいました。

【ひとりごと】
冒頭の妖星=佐助=ラストの妖星、しかも初登場シーンは猿の姿(見間違いという解釈?)ということから佐助は宇宙人だった(!)という解釈をしてる人が多いでしょうし、自分もそう考えていた時期もあったんですが、だとすると戸沢白雲斎の元で修業して、という件と矛盾してしまうんですけど…?
まさか「草の者=宇宙人」とするには無理がありすぎるしなあ…。

[PR]
# by odin2099 | 2017-01-26 19:52 |  映画感想<サ行> | Trackback | Comments(0)
<東映まんがまつり>の作品は短編、中編が主なので、時間が空いた時なんかに見直すには丁度良いですね。
「マジンガー」を見ると「ライダー」も見たくなります。
次は「スーパー戦隊」かな。

e0033570_19412926.jpgさて記念すべき「仮面ライダー」劇場版第一作。同じ「ライダー」映画でも、「平成ライダー」とはまるで雰囲気違いますね。
あっちが大人向けでこっちが子供向けだとも思いませんが、同じシリーズの作品とは思えないほど隔たりを感じます。
これは作り手だけでなく、受け手の意識の変化もあるんでしょうけれども。
それが良いことだったのか悪いことだったのかの判断は、次の次くらいの世代にお任せしたいと思います。

佐々木剛、藤岡弘、天本英世、小林昭二…と今見ても色あせない良い俳優さんが揃ってますね。
昨今のライダーにはない、一文字隼人、本郷猛、あるいは滝和也の頼れるアニキっぷり。
メイクやライティングだけでない、圧倒的な存在感で恐怖を体現する死神博士。
ライダーも子供たちも等しく扱ってくれる立花のおやっさんの包容力。
今はもう再現できませんね。というか、作り手側にも再現するつもりはないでしょうし、今の子供たちには受けないかもしれません。
でも良い年したリアルタイム世代が今のライダーに物足りなさを感じるのは、こうした部分なんですよねえ。

e0033570_19282637.jpgこの頃の作品はオールアフレコだと思いますが、台詞と口パクが合ってないショットがチラホラ。撮影時と台詞、変えたんですかね。
空中回転の最中、脱げかけたマスクを押さえる1号ライダー。
撮影時に気付かなかったのか、NG出してる余裕のない現場だったのか、どちらでしょう。

それらの粗を含めての昭和の「仮面ライダー」でした。

【ひとこと】
「大人しく退散したまえ!」
ショッカーの改造人間に対し、紳士的に振る舞う本郷猛が格好良いですな。
e0033570_19350942.jpg
<過去記事>
http://odin2099.exblog.jp/22765720/


[PR]
# by odin2099 | 2017-01-25 19:36 |  映画感想<カ行> | Trackback | Comments(0)
しばらく「宇宙戦艦ヤマト」から意識的に距離を置いていましたが、そろそろ「ヤマト」モードへ切り替えねば。
そのためにちょっと敬遠していたこの作品を引っ張り出してきました。
「さらば宇宙戦艦ヤマト」……

e0033570_20254741.jpg「宇宙戦艦ヤマト2199」の続編は作って欲しかったのですが、正直言って「さらば宇宙戦艦ヤマト」のリメイクは望んでいませんでした。
もちろん「2199」でガトランティスをあれだけ引っ張った以上、その続編が対ガトランティス戦になるのは必然でしょうが、場合によっては「新たなる旅立ち」や「ヤマトよ永遠に」の要素を借りてきてもかまわないので物語は別物にして欲しかったのです。
結局はこの「さらば」と「宇宙戦艦ヤマト2」を新解釈を交えながらもかなり忠実にトレースするような話も伝わってきていますが、それは自分の望む「新しいヤマト」とは違いそう。
期待と不安の入り混じった気持ちで、来月の新しいヤマトの旅立ちを見送ることになりそうです。

新造戦艦アンドロメダの記念式典、雪は長官のお供で出席してますが、長官秘書としての公務ですよね?
私服で参加してるけどいいの?

瞬間物質移送機!デスラー戦法か?!
いやいや、そりゃ七色星団の決戦におけるドメル将軍の戦法でしょ?
むしろその後で小ワープでデスラー艦に接舷し、白兵戦を挑む君たちの戦法の方がデスラー戦法っぽいけれど…。

デスラーの言い残した白色彗星の弱点「渦の中心核を狙え!」
…結局この攻撃は役に立ったんでしょうか?
まあカムフラージュの彗星を吹き飛ばして都市帝国の全容を露わにはしましたが、それで止めを刺したとか戦局が有利になったとは必ずしも言えませんねえ。

地球への帰路を急ぐあまり、度重なるワープを行うヤマト。
雪の容態が悪化したのはそのためだな。

ズォーダー大帝陛下、一人称「私」と「俺」が混在してますよ。
地球語(日本語)に不慣れなのか、翻訳装置が故障してるか、そのどちらかでしょうね。

沖田艦長の亡霊に唆され、ヤマトでの特攻を決意するヤマト。
…って結局ヤマトは何をしたの?
反物質のテレサが一緒に突っ込んで行ってくれたから超巨大戦艦倒せたんだよね?
干渉しないと言ってたテレサをその気にさせたのが、ヤマト特攻の最大の功績?

「宇宙戦艦ヤマト2202/愛の戦士たち」では、こういったツッコミは無用になっているといいなあ。

<過去記事>
http://odin2099.exblog.jp/2794886/


[PR]
# by odin2099 | 2017-01-24 20:26 |  映画感想<ア行> | Trackback | Comments(0)
年末から始めた<MCU>のおさらいはここまで。
いよいよ最新作「ドクター・ストレンジ」の公開も間近です。これまでとは一線を画する作品になっているようで愉しみ楽しみ。

e0033570_21272361.jpg冒頭から重苦しい展開が続きます。これまでアベンジャーズが「護ってきた」「勝利を収めた」と思ってきた戦いが、実は大きな悲劇を生み出していたことが明らかになるからです。

いみじくもスティーブが「すべては救えない」と呟きますが、確かにアベンジャーズは多くの人々を救ってきたものの救えなかった命は決して少なくはないですし、またアベンジャーズが介入したことによって逆に命を落とすことになってしまった人たちもいるのでしょう。
ヒーロー物を突き詰めた場合に出てくる「正義とは何か」「何が正義か」は避けて通れない問題ですし、<MCU>もそれを避けず、むしろ正面から堂々と描くことを選びました。
スティーブとトニー、二人に代弁させる形で。

ただそれでも映画そのものが終始暗いムードに包まれているかと言えばそうではなく、それはキャラクター同士の軽妙なやり取りだったり、信念を貫き通そうとする真っ直ぐな姿勢に爽快感を覚えるからだったり、これまでの作品群が積み上げてきた軌跡の上に成り立つ世界だからでしょう。
いきなりこれを見せられたらカルト作品にはなっても、全世界大ヒットの娯楽作品にはなり得なかったでしょうなあ。

<過去記事>
http://odin2099.exblog.jp/24343761/
[PR]
# by odin2099 | 2017-01-23 21:29 |  映画感想<カ行> | Trackback | Comments(0)
「マジンガーZ」と「デビルマン」を共演させようと考えた人は誰なんでしょうね。
「激マン!」などを読む限り、少なくても永井豪&ダイナミックプロ側からの持ち込みじゃないようですし、後々までの影響を考えると凄いことだったんだなあ、と。
「キングコング対ゴジラ」「座頭市と用心棒」ともちょっと趣きが違うし。
e0033570_13095890.jpg
この作品はテレビで「マジンガーZ」が始まって9カ月近く経過した時期に公開されてますが、ようやく自分も「マジンガーZ」を見始めた頃でした。
この時間帯、裏で「アイアンキング」を見ていたんですよね。
なのでこの作品だけ劇場で見てません…。
e0033570_13100923.jpg
e0033570_09592416.jpgワイド画面を意識したレイアウトが多々飛び出すだけに、是非ともおっきなスクリーンで見たいもんですが、何かそういう機会がこないもんですかねえ。
え?ドリパスでリクエストしろ?

それにしてもこの作品、デビルマンもデーモン族も大口叩く割に弱い弱い。
どっちも双方にとってあまり役に立ってるようには見えません。
ドクターヘルも余計なことをせず、ひたすら物量作戦で光子力研究所とマジンガーZを攻めた方が勝機があったんじゃないのかなあという気もします。

なんか「生身より鉄の方が信頼できる」という、某トニー・スターク氏の発言を思い出しました。
e0033570_10001609.jpg
<過去記事>
http://odin2099.exblog.jp/22771769/
[PR]
# by odin2099 | 2017-01-22 10:02 |  映画感想<マ行> | Trackback | Comments(6)
「ゴジラ」もこれが6作目。
そしてシリーズとしても一区切りで、次回作からスタッフやキャストの入れ替わりがあったり、作風の変化があったりで、これまでの「ゴジラ」物に親しんだ目からするとちょっと違和感があるんじゃないかと思います。

さて今回の作品、リバイバル公開の時には「キングギドラ対ゴジラ」なんていう風に改題されちゃいましたが、前作に出て来たキングギドラとのリターンマッチ戦となっております。

e0033570_18491237.jpgところでキングギドラっていうのは、「ゴジラ+ラドン+モスラ」なんだと思うんですよね、三つ首ですし。この三大怪獣に拮抗しうる、あるいは凌ぐ強さ、キャラクター性などを求められて誕生した存在なのだと。
前作「三大怪獣 地球最大の決戦」でも、ゴジラやモスラ単独では勝てないかもしれない相手だから団結が必要、というのが後半では執拗に説かれ、はたして三大怪獣が共闘出来るのかがサスペンスを盛り上げる要素になっていました。
結果は抜群のコンビネーションを発揮した地球怪獣連合軍の前にキングギドラは撤退しますが、それでも完敗というわけではありませんでした。

そんなキングギドラが再び登場するのが本作ですが、対するのはゴジラとラドンの二大怪獣。明らかに格落ちです。
その前に再び屈してしまうキングギドラ。ゴジラやラドンが強かったというより、キングギドラが弱体化したなあという印象の方が残ってしまうのですが。

地球人相手に一芝居打って、キングギドラのみならずゴジラとラドンを手中に収め、宣戦布告するX星人たち。
見るからに胡散臭そうな連中ですが、そのネタバラシはもう少し引っ張って、サスペンス要素を加味してミスリードを誘っても良かったような…?。子どもへの配慮なのか、わかりやすさを優先したんでしょうけれども、ちょっと勿体ないような気もします。
ただ今一つわからないのが、X星での最初のキングギドラ襲撃シーン。
あの慌てぶりは二人に見せつけるための芝居? それとも一時的にコントロールを失うという想定外の事象の発生?

ラストシーンではもう一回X星に行け、徹底的に調査せよと命令されちゃう富士とグレンですけれど、この物語後のX星はどうなっちゃったんでしょうかねえ。
X星人の残党を始末し逆に地球の植民地化し、優れたテクノロジーを我が物にしてしまったのかしらん?

<過去記事>
http://odin2099.exblog.jp/9409056/


[PR]
# by odin2099 | 2017-01-21 18:51 |  映画感想<カ行> | Trackback | Comments(0)
エピソード2「クローンの攻撃」とエピソード3「シスの復讐」の間を埋めるスピンオフ作品で、劇場公開されたパイロット版に続き、TVシリーズとして放送された。
エピソード2と3の間を描く作品としては「スター・ウォーズ:クローン大戦」という先行するTVアニメシリーズがあるが、リメイクではなく新たに作られたCGアニメ作品。
「クローン大戦」の方は、ルーカスフィルムがディズニーに買収され、エピソード7以降の製作が決定した時点でカノン(正史)からレジェンズ(番外編)扱いになったが、この「クローン・ウォーズ」はそのままカノンとして認められている。

DISC1には7つのエピソードを収録。

e0033570_20340699.jpg「待ち伏せ」
戦略上の要衝を共和国の保護下に置くため、マスター・ヨーダは自らトイダリアンの王との交渉の場へ。しかし先手を打ったドゥークー伯爵はアサージ・ヴェントレスを送り込み待ち構えていた。

シリーズ第1話はアナキン・スカイウォーカーもオビ=ワン・ケノービも登場せず、メインとなるのはヨーダとクローン・トゥルーパーたち。
クローンといえども彼ら一人一人には個性はがあるのだと語るヨーダ。ジェダイとクローン兵の結びつきが強ければ強いほど、後の「オーダー66」の悲劇性が高まってゆく。

「マレボランス襲来」
共和国艦隊が全滅させた分離主義勢力の新兵器を探るべく、ジェダイ評議会はマスター・プロ・クーンを派遣するが、彼の乗る艦もまたグリーヴァス将軍率いる艦隊の餌食となってしまう。アナキンとアソーカ・タノは彼らの救出に向かうが…。

第2話でようやくアナキン、オビ=ワン、アソーカらメインキャラクターたちが登場。
救出作戦を却下され、評議会に激しく食って掛かるアソーカ。彼女にとってマスター・プロは命の恩人だったことが判明。珍しく評議会の指示に従うアナキン、と思いきや…正にこの師匠にこの弟子あり。
今回もジェダイとクローン兵との絆を描いたエピソードで、ドロイド兵を消耗品として扱う分離主義勢力と、あくまでクローン兵を仲間として扱うジェダイとの違いが浮き彫りになる。

「マレボランスの影」
新兵器イオン砲を搭載した恐るべき戦艦マレボランス。アナキンはグリーヴァス共々この戦艦を葬り去る作戦を立案、自らシャドウ中隊を率いて出撃するが、一機また一機と犠牲者が出てしまう。
その間にグリーヴァスは攻撃目標を共和国軍の医療ステーションに定め、刻一刻とステーションは危険にさらされていく…。。

アナキンはパイロットとしても超一流で、彼の技量をもってすれば攻撃も容易かったのかもしれないが、彼が率いるシャドウ中隊のメンバーはそうではない。”超人”である自分と”凡人”であるその他の人との違いを、もちろん頭ではわかっているのだろうが感覚ではなかなか理解できないのがアナキンの限界でもある。

e0033570_20343264.jpg「撃破!マレボランス」
共和国軍はグリーヴァス将軍の乗るマレボランスを追い詰めるが、その宙域にアミダラ議員とC-3POの乗る艦が現れ、囚われの身となってしまう。彼女は罠にはめられたのだ。
アナキンとオビ=ワンは彼女を救出するべくマレボランスへと潜入するが…。

ここまでは3話連続のストーリー。
アナキンとオビ=ワンが敵艦に潜入という「シスの復讐」の冒頭部分を連想させるシチュエーション。あの時と同様に軽口を叩く師弟の名コンビぶりが楽しい。
今回グリーヴァスと対峙するのはオビ=ワンだけだが、「シスの復讐」がアナキンとグリーヴァスの初対面ということなので、これは致し方ないところだろう。パドメの女戦士ぶり(オビ=ワン曰く「議員にしておくのは惜しい」)も描かれるが、3POのトラブルメーカーぶりは相変わらず。

「ルーキーたち」
クローン戦争が激化するにつれ、十分な訓練を受けずに現場に派遣されるクローン兵士も増える。そんな新兵が大半を占める辺境の基地に、グリーヴァス将軍が奇襲をかけた。一人また一人と兵は斃れ、遂に基地は分離主義勢力に占拠されてしまう。
そこへ基地視察に訪れたコマンダー・コーディとキャプテン・レックスが合流。彼らは新兵を奮い立たせて、見事に基地を奪還することが出来るのか?!

オビ=ワンもアナキンも前線から離れたところにおり、クローン兵士たちだけで物語が進行する。
クローンと言えども経験値や性格の違いがあり、十羽一絡げな無個性な存在ではないということにスポットが当たる。クローン兵士たちを掘り下げれば下げるほど、後の悲劇性が高まっていくのは計算通りなのだろう。

e0033570_21283837.jpg「消えたドロイド」
劣勢に立たされた共和国艦隊に撤退命令を出すオビ=ワン。しかし指揮を執るアナキンにはグリーヴァスを打ち破る秘策があった。小惑星帯に誘い込むことに成功したアナキンは、キャプテン・レックスに奇襲をかけさせこれを撃退。逃走するグリーヴァスを追ったもののアナキンの機体はコントロールを失い、辛うじてレックスに助け出される。だが同乗していたR2-D2は行方不明となってしまう。
R2に固執するアナキンをオビ=ワンは諫めるが、実はR2のメモリーは消去されておらず、もしこれが分離主義勢力の手に亘れば共和国の軍事機密が筒抜けになる。アナキンとアソーカは代わりに配備された新型のR3-SRを伴い、R2の捜索に乗り出す。
途中で廃品回収業者ガー・ナクトの貨物船と遭遇するが船内にR2の姿はなく、アナキンはグリーヴァスの基地探索へ。
だがガー・ナクトは密かにR2を回収し、グリーヴァスに売り渡す手配を整えていたのだ。
一方のアナキンはR3-S6のミスによりグリーヴァスに現在位置を知られ、窮地に陥ってしまう。

いくら重要機密が記録されているからと言って、アナキンのR2-D2への執着具合は傍から見れば異常なのだろう。
自作のC-3POの扱いがぞんざいなのに比べてもそれは際立つが、これはパドメから贈られた物ということもあるのだろうか。いずれにせよ、後のアナキンの悲劇の萌芽はここにもある。

e0033570_20362900.jpg「ドロイドの決闘」
グリーヴァスの秘密基地を捜索中のアナキンは、R2-D2のものらしき通信をキャッチし、その発信源を突き止める。オビ=ワンからの待機命令を無視し、アソーカ、レックスらと基地に突入するアナキン。爆破はアソーカたちに任せ、自分はR2の捜索へ。
そのR2は今まさに分解され、そのメモリーを抜き取られようしていた。無事にR2と合流を果たすアナキン。
その頃、基地内への潜入を築かれたアソーカたちは苦戦していた。爆薬セットをレックスに託し、時間を稼ぐべく一人グリーヴァスに立ち向かうアソーカ!

アソーカに対して偉そうなことを言ってるアナキンも、R2-D2のこととなると我を忘れて一直線。成長しているようでいて、実はちっとも成長しておらず、逆にこういう時にアソーカの成長ぶりがうかがえる。
前回のエピソードでも的確に艦隊指揮を執る場面があったりで、アナキンのような執着心や我の強さがない分、そののびしろも大きいのかも知れない。
悪徳商人ガー・ナクトの台詞によれば、R2-D2は一度もメモリー消去が行われていないとのこと。
<スター・ウォーズ・サーガ>を最初から最後まで見守るのはR2の役目なのだろうか。
[PR]
# by odin2099 | 2017-01-20 20:43 | テレビ | Trackback | Comments(0)
「ゴジラ」シリーズの5作目で、単独主演作からゲスト主役を招くようになり、この作品ではグループのセンターという位置付けになりました。
年に2回もゴジラ映画が封切られたのはこの時が唯一ですね。
<東宝チャンピオンまつり>は春夏冬の年3回興行でしたが、新作は1本で残りはリバイバル作品の上映でしたから。

この作品は明らかに前作「モスラ対ゴジラ」の続きとなっています。
モスラが過去にゴジラと対決し、勝利を収めていること。
その時の勝者である双子だったモスラの片割れが死んでしまったこと。
これを前提にお話は進んでいきます。

ただし共通する登場人物などはいません。
なまじっか小泉博とか別の役で続けて出てきますのでややこしいややこしい。
まあ「モスラといえば小泉博」といったところで、「モスラ」「モスラ対ゴジラ」そしてこの「三大怪獣」と3作連続で出演。さらにその後「ゴジラ×モスラ×メカゴジラ/東京SOS」にも律儀に出てきてくれています。

e0033570_19442511.jpgそれにしてもこの作品、以前にも何度か書いてると思いますが、これでもかこれでもかという詰め込み具合が凄まじいですね。
しかもその一見何の繋がりもなさそうな要素が、後に有機的に繋がっていく様は圧巻。快感すら覚えます。
場面転換も小道具の使い方も見事で、関沢脚本・本多演出恐るべし!といったところでしょうか。
見せ場もタップリで、怪獣映画の全てがここにある!
…というのは言い過ぎでしょうか。

【ひとりごと】
モスラの代理人、小美人役のザ・ピーナッツは本作がシリーズへの最後の出演(小美人自体は設定を変えたり、俳優さんを変えたりで後の作品にも出てきますが)。それもあってか宮川泰センセの新曲を引っ提げて登場します。
宮川メロディと伊福部大先生の音楽には相容れるものがなさそうなのですが、最初のうちこそ違和感あるものの、徐々に馴染んでくるのはさすが稀代のメロディメーカー!

<過去記事>
http://odin2099.exblog.jp/9541676/


[PR]
# by odin2099 | 2017-01-19 19:47 |  映画感想<カ行> | Trackback | Comments(0)
e0033570_19501537.jpg今年は新しいアーサー王伝説にまつわる映画が観られそうですが、現時点で最新の大作として作られたアーサー王物を久々に見直しました。中世の騎士物語ではなく、ローマ帝国に使えたサルマート騎士団のお話です。
時代設定は西暦467年、実在のアーサー王にはこれが一番近いんだそうです。

華やかさとは無縁で、アーサー率いる円卓の騎士たちも煌びやかイメージはなく、泥臭く、無骨。
マーリンは魔法使いではなく蛮族の指導者、グウィネヴィアも貴族のお姫様ではなく蛮族の娘です。
そして出演しているのも大スターではなく、地味な役者さんたち。
おそらくヒットはしなかったんでしょうね。

でもこの出演者、今考えると何気に豪華。
円卓の騎士を演じているのはアーサー/クライヴ・オーウェン、ランスロット/ヨアン・グリフィズ、ボース/レイ・ウィンストン、ガラハッド/ヒュー・ダンシー、ガウェイン/ジョエル・エドガートン、トリスタン/マッツ・ミケルセン、ダゴネット/レイ・スティーヴンソンと何れもその後の活躍が目覚ましいです。
グウィネヴィアは「パイレーツ・オブ・カリビアン」に続いてヒロインに起用されたキーラ・ナイトレイですし、サクソン軍を率いるセルディックにはステラン・スカルスガルドという布陣。
今このメンバーを揃えようとすると、出演料だけでなくスケジュール調整などかなりの困難を伴いそうです。

最初から死亡フラグ、全員玉砕フラグが立ちまくりの物語なのですが、7人の円卓の騎士中で亡くなるのは3人だけということは、かなり高い生存率と言えるでしょうか。
最後はアーサーとグウィネヴィアの結婚式で、これでブリテンが統一されたというハッピーエンドを迎えるのですが、実はDVDには「もうひとつのエンディング」というものが収録されていて、これがなかなか良いムード。
テスト試写の際の反応を見てハッピーエンドの方を採用したそうですが、これはちょっと勿体なかったと思います。

またハッピーエンドを選んだということは、物語の最後で誕生した「キング・アーサー」を主人公とした物語が真に始まるということを意味しますが、続編などの声も聞こえてきませんし(そもそも企画があったのかどうかもわかりませんが、それを匂わせる終わり方ではあります)、なおさらしんみりムードで終わった方が感銘を与えたように思います。

公開当時はかなり期待値が高かっただけに失望も大きかったのですが、改めて見直してみると、結構好きな映画かもしれません。
主題歌含めてハンス・ジマーの音楽も傑作の一言。
もっと色々な人に見て頂きたかったなあ。

<過去記事>
http://odin2099.exblog.jp/5508960/


[PR]
# by odin2099 | 2017-01-18 19:53 |  映画感想<カ行> | Trackback | Comments(0)
「ゴジラ」4作目。この辺から毎年新作が作られるようになりますので、ゴジラ絶頂期と呼んでも差し支えないのだろうと思います。

「キングコング対ゴジラ」ラストで熱海城をぶっ壊した二大怪獣はそのまま海へ転落。コングは泳ぎ去って行きますが、ゴジラは消息不明なままでした。
今回のゴジラは倉田浜干拓地から出現しますが、モスラの卵が漂着した静之浦海岸は静岡県らしいので、一応は連続性がありそうです。

また単独作品「モスラ」の続編という側面もあり、今回最初に登場するのは「モスラ」で幼虫から成虫になった個体だろうと思われますが、登場人物の反応を見るとどうもモスラが既知の存在なのか未知の存在なのかがハッキリしませんね。モスラという怪獣は(一部では)知られているとしても、あの作品のように東京を蹂躙したワケではないのかも。

e0033570_20091139.jpgこの作品ではインファント島からやってきた小美人の懇願を受け、新聞記者の酒井、カメラマンの純子、それに三浦博士が説得したにもかかわらず、虎畑や熊山はモスラの卵を返さない。その一方でゴジラの脅威から日本を守るため、モスラの助力を請おうと酒井たちがインファント島を訪れるが、一旦は拒絶される、という展開が描かれます。

が、なんで酒井たちが責められるのかがどうも納得いかないんですよね。
卵を返せなかったのは彼らの責任じゃないし、度重なる水爆実験でインファント島が荒廃したのは酒井たち、否日本人のせいではないのですから。
唯一の被爆国である日本人だから免罪符がある、とは考えてませんが、全ての代表を彼ら3人に重ねるのはちょっと無理があったんじゃないのかなあと思うのです。如何でしょう?

ところで本作の予告では「モスラ親子の共同作戦なるか?!」というナレーションが被り、空中から成虫モスラが、地上からは幼虫モスラがそれぞれゴジラに対して攻撃を仕掛けているように見せてますが、実際は成虫が死んだ後で卵から幼虫が孵るので親子の対面はなし。
これ、過剰広告じゃありませんかねぇ???

<過去記事>
http://odin2099.exblog.jp/19493361/

[PR]
# by odin2099 | 2017-01-17 20:12 |  映画感想<カ行> | Trackback(1) | Comments(0)
『動物戦隊ジュウオウジャーVSニンニンジャー/未来からのメッセージ from スーパー戦隊』(2016)

e0033570_21070351.jpgジュウオウジャーたちの前に、彼らを「スーパー戦隊を騙る妖怪」だと信じるニンニンジャーが現れ、2大戦隊は激突。そこへ一人の少年が現れた。
彼は未来から来たと語り、明日ジュウオウジャーとニンニンジャーは全滅し、スーパー戦隊の歴史が終わってしまうのだという。
事情を知ったジュウオウイーグル=風切大和とアカニンジャー=伊賀崎天晴は何とか戦いを止めさせようとするのだが――?!

毎年恒例の<スーパー戦隊VSシリーズ>、公開初日に観てきました。中盤までガチで両戦隊が死闘を繰り広げるという展開は珍しいですね。
最初から最後まで殆どがアクションシーンと言っても良いくらいの映画ですが、見せ方に工夫があるので飽きはしません。「ジュウオウジャー」も「ニンニンジャー」も作品自体は良くは知らないのですが、知らないは知らないなりに愉しめました。
物語の比重はニンニンジャーがゲスト出演というより対等、いやむしろニンニンジャーの方が目立ってる印象があり、これまた異色。

未来から来た少年は天晴の息子・快晴で、天晴と父・旋風との親子三代のアカニンジャー揃い踏みと、歴代スーパー戦隊のレッド戦士勢揃いが売りですが、歴代の38大レッド大集合の方は別にいらなかったかな。
代表してメッセージを贈るのは初代アカレンジャーではなく、超獣戦隊ライブマンのレッドファルコン。
鳥繋がりということでオリジナルキャストの嶋大輔を呼んできてますが、それだけなのがちょっと勿体ない感じがします。

そして初お披露目となった新戦隊「宇宙戦隊キュウレンジャー」ですが、思っていたのとは随分とイメージが違う…。
このままだと今年も番組視聴はスルーかなあ???
逆に「ジュウオウジャー」と「ニンニンジャー」は見てみたくなりました。そのうち挑戦しようかな。

【ひとりごと】
エンディングダンス、伊賀崎風花役の矢野優花ちゃんの動きが相変わらずキレッキレ。
本家ジュウオウジャーのメンバーよりノリノリ。凄いもんですね、彼女は。


[PR]
# by odin2099 | 2017-01-16 21:10 |  映画感想<タ行> | Trackback(1) | Comments(0)
アラスカの過酷な自然の中で暮す若い母親クマのスカイと、母親べったりの甘えん坊アンバーに好奇心旺盛でやんちゃなスカウトという2頭の子グマに密着したディズニー製のドキュメンタリー映画。

e0033570_23082943.jpgここでは生まれた子グマのうち、三分の一しか成長して大人になることが出来ないというのだそうです。
スカイは一生懸命に、自分の持つ生きるための知識を子どもたちに伝えようとしますが、スカウトもアンバーも好き勝手に行動するので目が離せません。
そして子グマたちをつけ狙う多くの目。時にはそれはお腹をすかせた同胞のクマの場合もあります。スカイはそういった危険からも子どもたちを守らねばなりません。

撮影は2年間に亘って行われたようですが、その中で2頭の子グマが少しずつ成長していく過程が捉えられています。
ただこういうドキュメンタリー映画を見る時にいつも思うのが、はたして同一の個体をずっと追い続けているのだろうか、という疑問。
撮影スタッフはどうやって同一個体を追い続けることが出来るのか、スタッフ自身にはきちんと他の個体との識別は出来ているのかということと、例え何頭かの映像を繋ぎ合わせて思うようなストーリーに仕立てても、素人の観客にはわからないだろうから、そこに作為が入り込む余地はないのか、ということの二点。

まあ疑いだせばきりがないですが、次々と忍び寄る魔手をかいくぐる親子にはハラハラドキドキさせられますし、のんびりくつろいでいる姿は実に可愛らしく、癒されます。
それだけでもこういったドキュメンタリー映画の存在意義はあるのかな、と思う次第です。


[PR]
# by odin2099 | 2017-01-15 23:09 |  映画感想<カ行> | Trackback | Comments(0)
e0033570_09172407.jpgゴセイジャーの映画にシンケンジャーが客演という形ではありますが、「侍戦隊シンケンジャー」としても3本目、最後の作品です。
今回、正直言うと「天下分け目の戦」「VSゴーオンジャー」はながら観していた部分もあったんですけれど、この映画だけは最初から最後までのめり込んで観てました。
「シンケンジャー」3本の中で一番面白いですし、<スーパー戦隊VSシリーズ>の中でも上位を占めるのは確実。それにプラスして、「これが最後のシンケンジャー」ということでの思い入れも強いです。

<VSシリーズ>は最初は対立で途中から共闘か、最初から共闘か、のどちらかのパターンに分けられますが、この作品は序盤は友好ムード、その後分裂し、クライマックスでは共闘という珍しいケースです。
まず志葉丈瑠とアラタがすぐに打ち解け、丈瑠は他のゴセイジャーのメンバーと少なくとも悪い雰囲気は作りません。前作の「VSゴーオンジャー」では率先して?対立ムードを作っていたことから考えるとその成長ぶりが実に頼もしいです。

その後は外道に堕ちるということで出番が少なくなりますが(松坂桃李のスケジュールの関係もあってのことらしいですが)、それでも変身後のシンケンレッドとのイメージが持続してることもあって、最後まで存在感は持ち続けます。
殿不在のシンケンジャーを引っ張るのは池波流ノ介で、演じる相葉裕樹の芸達者ぶりが光ってます。
実際、新人ばかりだった「シンケンジャー」の中にあって、演技面で皆を引っ張っていった彼の功績は大きかったと思いますね。ゴセイジャーたちとの橋渡しも彼あればこそ、でしょう。

相変わらずの音楽の魅力に支えられての娯楽活劇で、<スーパー戦隊>で劇場にもう一度足を運んだのはこの作品が初めて。
しかし丈瑠が外道に堕ちる、ということだけは納得いきませんねえ。ちゃんと戻ってきてくれたことを考えれば、せいぜい「洗脳」でしょう。
ブレドランがメンバーを動揺させようと大げさに吹聴したのかな?

【ひとこと】
相馬圭祐が体調不良で長期休業中というのがちょっと心配…。

<過去記事>
http://odin2099.exblog.jp/22353234/


[PR]
# by odin2099 | 2017-01-15 09:20 |  映画感想<タ行> | Trackback | Comments(0)
「ゴジラ」の第3弾です。
この作品の存在を知ったのはラウレンティス版「キングコング」がやって来たころだったのですが、まだシリーズの製作順とかを知らなかったので、ゴジラは色んな怪獣と戦った上で言わば頂上決戦としてキングコングと対決したに違いないと思っていたものですが、意外にもアンギラスに続く2戦目の対戦相手でした。
その後でゴジラはモスラやラドンやキングギドラと激闘、一方のキングコングは他の対戦相手がいない(ゴロザウルスやメカニコングは除く)と知った時は驚きました。
「日米怪獣王者の激突」…というほどじゃないじゃん。
もっとも当時のキングコングの知名度とか興行価値は今とは比べ物にならないくらい凄かったんでしょうけれども。

さて、前作「ゴジラの逆襲」のラストで神子島で氷漬けにされたゴジラは北極海の氷山から復活します。
神子島って多分北方領土あたりか、さもなきゃもろにロシア領にありそうですが、辻褄があってるんだかあってないんだか。
そして「巨大なる魔神」キングコングはソロモン諸島のファロ島から日本に連れてこられます。
北から南から二大怪獣の激突!

しかし人間側のドラマが濃すぎて(そしてコメディ色が強すぎて)、映画としては面白くても怪獣映画としてはイマイチ、というのは過去にも書きましたね。昔からファンの間で評価が高いようなので、そんなことを言うのは申し訳ないんですが。
とにかく高島忠夫、藤木悠、有島一郎のトリオは濃すぎます。準主役の佐原健二も霞んじゃうくらい。

e0033570_00101724.jpgそしてヒロインの浜美枝も、川に浸かってびしょ濡れになったり、コングに浚われたりでかなりボロボロにされているので強く印象に残ります。あのスクリーミングヒロインっぷりはお見事。
もっとも個人的には友人役の若林映子の方が好み。
どちらかというと妖艶なイメージのある女優さんですが、この作品では可愛らしい女の子を好演してます。
どうせならただの友人じゃなく、高島忠夫の恋人役かなんかにして、もっと出番を上げても良かったんじゃないかなあ、なんて思ってしまうほどです。

ともあれ作品は大ヒット。
「ゴジラ」はドル箱シリーズとなるのでした。

【ひとりごと】
「巨大なる魔神」を「きょだいなるましん」と呼ぶのは「どーもピンとこねえなあ」。
「ましん」じゃなくて「まじん」でしょ、普通。
麻疹じゃないんだから…。

<過去記事>
http://odin2099.exblog.jp/8958172/


[PR]
# by odin2099 | 2017-01-15 00:11 |  映画感想<カ行> | Trackback | Comments(0)

by Excalibur
ブログトップ