【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

タグ:コナン・ドイル ( 16 ) タグの人気記事

モリアーティ教授の一味にいる匿名の人物から、ホームズの元へ届いた暗号で認められた手紙。それを解読したところによると、とある田舎に住む紳士の身に危険が迫っているらしい。そこへスコットランド・ヤードの警部が現れ、件の紳士が昨夜殺害されたので助力を願いたいとの申し出が。早速ホームズは、相棒のワトスンを伴い現地へと飛んだ――。

e0033570_6165378.jpg3ヶ月毎の刊行というペースだった<新訳シャーロック・ホームズ全集>も、とうとう全9巻完結となりました。これまでもホームズ物のパロディ、パスティーシュの類は何冊か読んできましたが、もうこれから新しく読むことの出来るのは”贋物”しかない、というのはかなり寂しいことです。
小説としては、「面白かった」と思える作品は実はそれほど多くはないのですが、ホームズやワトスンといったキャラクター、それに独特の世界観には大いに惹き付けられるものがありましたので、これからはどんなに優れた作品に出会おうとも所詮は紛い物なのだなと思うと残念ですね。

この作品は発表順としては7冊目となります。ホームズ最後の事件という訳ではないのですが、長編作品としては最後ということでこの全集では一番最後の配本となったようです。
前半と後半、二部構成になっていて、前半はホームズにとってリアルタイムで起った殺人事件を解決するまでのお話。そして後半では過去に遡って、今回の事件が起った因縁話が披露されています。最後に付いたエピローグを除くと後半ではホームズは一切登場せず、全体の分量も後半の方が長いので、ホームズの印象は若干薄めになっています。そして物語としても前半部分のトリックよりも、後半部分のどんでん返しの方が組み立ても上手くいっており、面白いと思います。ということは、独立した作品としてもホームズのシリーズ物の一冊としても、あまり出来は良くないということになりますが、意外性と言う点ではシリーズでも上位に来るのではないでしょうか。
[PR]
by odin2099 | 2008-02-08 06:18 | | Trackback | Comments(0)
著者は『スター・ウォーズ』スピンオフ小説などを手掛けたケヴィン・J・アンダーソン。というわけで単なるノベライズにはとどまらず、原作コミックや原典小説からの引用も多く小説としての面白さも追求した作品に仕上っております。他人の褌で勝負するのは得意ということなんでしょうか。映画を補完するだけではなく、別の楽しみも与えてくれるという点では、正にノベライズの鏡のような作品で、是非映画とセットで楽しむことをお奨めします。

・・・と、これで終るのもナンなので、以下は原作コミックや映画版との相違点をメモしておこうと思います。
ネタバレ全開ですので、これから読む・見るという人はその後でお目にかかりましょう。

e0033570_11241656.jpgさて今回の超人同盟のメンバーは7人。これは『七人の侍』や『荒野の七人』を意識した数字でしょうね。
アラン・クォーターメイン、ネモ船長、ミナ・ハーカー、ジキル博士とハイド氏、透明人間は原作通りですが、ドリアン・グレイとトム・ソーヤーは映画オリジナルの追加メンバー。特に唯一のアメリカ人であるトム・ソーヤーは、アメリカ人観客向けに追加されたようで、成長してアメリカの諜報機関員になっているという設定になっています。またこのノベライズ版によると、ファントムの犠牲になった諜報員仲間だった親友の仇討ちが目的で、その親友というのが当然というべきかハック・フィンだということが終盤で明かされます。再三、故郷のミシシッピー川に触れるのもノベライズならではの描写でしょう。

もう一人の追加メンバーであるドリアン・グレイはミナ・ハーカーと元恋人同士という関係ですが、こちらの詳細は語られずじまいに終ってます(夫である『吸血鬼ドラキュラ』の主人公ジョナサン・ハーカーとは死別ということのようですが、原作では離婚)。ちなみに原作コミックでは、ミナがチームリーダーであり、ドリアン・グレイは肖像画としてチラっと登場して(?)います。

キャラクターが違っているのは透明人間の正体で、原作コミックに出てくるのは原典の主人公ホーリー・グリフィンその人なのですが、映画及びノベライズではロドニー・スキナーという別人で、透明薬を盗んだコソ泥。しかしノベライズでは実は英国諜報部員だったというオチがつきます。映画にもこういったどんでん返しがあればもっと面白かったでしょうに。
キャラクターが違うといえばクォーターメインもそうで、原作コミックでは阿片中毒の憐れな老人・・・まぁこの設定ではショーン・コネリーは出演を承諾しなかったかも知れませんがね。
ハイド氏にはエドガー・アラン・ポーの『モルグ街の殺人』の獣人のイメージが意図的に重ね合わされていますが、原作コミックにはその主人公オーギュスト・デュパンも登場、ノベライズにも名前がチラっと出てきます。

メンバー以外の重要人物としては何といっても。このコードネームは勿論「007」シリーズの上司から来ているわけですが、その正体がジェームズ・モリアーティ教授なのは原作コミックと同じです。言わずと知れたコナン・ドイルの産み出した名探偵シャーロック・ホームズの宿敵で、”犯罪界のナポレオン”と呼ばれている人物ですが、原作コミックにもノベライズにも原典から、ホームズとモリアーティの有名なライヒェンバッハの滝での対決場面の引用があります。
原典では両者ともに滝壺に落ちて死んだものと思われ、実際コナン・ドイルは一度はここでシリーズ打ち止めを画策したものの、結局は読者からの要望が強く目出度くホームズは復活するのですが、この作品内では逆にモリアーティは一命を取り留めたものの、ホームズは生死不明のままです。
また原作コミックではMの頭文字から、ミナはその正体をホームズの兄マイクロフト・ホームズだと考えていたのですが、ラストでモリアーティに代ってマイクロフト・ホームズが新たなMとなり第二部では彼が指令を下すようになります。
そしてその仮の姿ファントムですが、ノベライズではちゃんとガストン・ルルーの『オペラ座の怪人』にも言及しているあたり、アンダーソンの芸の細かさを感じます。

ノベライズにはもう一人、キャンピオン・ボンドという英国諜報部員がラストに出てきますが、これは原作コミックにも登場している人物。名前からある有名キャラクターとの血縁関係が類推されますが(一応、祖父という設定のようです)、権利関係問題もあって言及はされておらず、映画では出番が丸ごと割愛されたようです。ピアース・ブロスナンやティモシー・ダルトンあたりがカメオ出演でもしてくれていれば、もっと面白くなっていたでしょうね(予算を考えればジョージ・レイゼンビーとか)。

物語の展開は映画とノベライズに大差はありませんが(もっとも原作とは殆ど違う話になっております)、映画では一切オミットされた、世界大戦回避を目的とした秘密会議のためにベニスに集められた各国代表の右往左往ぶりがなかなか楽しめます。これがないため映画はヤケにスケールが小さく感じられてしまうのですが、二時間足らずでまとめるためには致し方なかったのでしょう。

そして決定的に違うのはラスト・シーン。
映画版では亡くなったクォーターメインをアフリカに埋葬。皆が去ったあと呪術師が現れ、もしかするとクォーターメインは生き返るのか?と思わせるカットで終わります。これは物語前半部分に出てくるクォーターメインのセリフ「『アフリカが私(=クォーターメイン)の生命を奪うことは決してない』と呪術師が祝福してくれた」を受けたものですが、ノベライズ版では火星に異常な現象が起こったので、また皆の力を借りたいというボンドの説得に耳を貸さず、クォーターメインを埋葬すべくアフリカへノーチラス号で旅立つところで終わっています。
原作コミックの第2部ではこのH・G・ウェルズの『宇宙戦争』を元に、同盟の連中は火星人を相手に奮闘するのですが(しかも同じウェルズの『ドクター・モローの島』のモロー博士まで重要な役どころで出てきます)、ハッピー・エンド風の映画版とこのノベライズ版、どっちがワクワクするかというと・・・ねぇ?
[PR]
by odin2099 | 2007-11-18 11:33 | | Trackback | Comments(0)
e0033570_0163827.jpgアラン・クォーターメイン(H・R・ハガード『ソロモン王の洞窟』他)、ノーチラス号のネモ船長(ジュール・ヴェルヌ『海底二万里』他)、ミナ・ハーカー(ブラム・ストーカー『吸血鬼ドラキュラ』のヒロイン)、ロドニー・スキナー(H・G・ウェルズ『透明人間』の主人公である科学者から、透明になる薬を盗んだ泥棒という設定)、ドリアン・グレイ(オスカー・ワイルド『ドリアン・グレイの肖像』の主人公。本人の代りに肖像画が歳をとる)、トム・ソーヤー(マーク・トウェイン『トム・ソーヤーの冒険』他)、ヘンリー・ジキルとエドワード・ハイド(R・L・スティーヴンソン『ジキル博士とハイド氏』)といった19世紀末の古典的名作の登場人物たちが一堂に会し、世界大戦を勃発させようと目論むファントムと名乗る怪人物(元ネタは勿論ガストン・ルルーの『オペラ座の怪人』から)に挑戦する、という聞いているだけでワクワクするような冒険物語。原作はアラン・ムーアのグラフィック・ノベル。

e0033570_0165878.jpg原題は「ザ・リーグ・オブ・エクストラオーディナリー・ジェントルメン」で、直訳すれば「超絶紳士同盟」。映画本編では「超人紳士同盟」と称されていたようだが、「誰ひとり、ただ者じゃない。」というコピーに偽りはない。しかも彼ら同盟を招集し、指令を与えるのがという人物なのも面白い。Mといえば『007』シリーズでジェームズ・ボンドの上司のコード・ネームでもあり、主演のショーン・コネリー(初代ボンド役者だ)繋がりで考えればニヤリとすること請け合い。しかも物語後半部分の展開では、これがある意味伏線になったりするのだが、それは見てのお楽しみ。
もっともこの事件の黒幕が某有名作品に出てくる某有名キャラクターだった、というオチなのだが、作品の知名度の割りにキャラクターの知名度が(日本では)さほど高いとも思えないので、その正体に頷く観客はさほど多くないかも知れない。

e0033570_0171432.jpgで肝心の映画の出来だが、物足りなさを感じる人は多いだろうし、かなり趣味に走った内容だけにノレない人は徹底的にノレないだろうことは察しがつくけど個人的には充分楽しめた。
監督のスティーブン・ノリントンと主演&プロデューサーのコネリーが衝突、プラハを襲った大洪水でセットが全滅・・・と製作中はトラブルが続き、しかもアメリカ本国じゃ大コケしてるというから不安で一杯だったが、東洋武術の使い手ネモ、パンチ一発で相手をKOするクォーターメイン爺さん、殆ど超人ハルク状態のハイドetcとこれだけの人数がいながら意外にも各キャラクター毎に見せ場も用意され(といってもキャラが立つというほどではない)、『七人の侍』の流れを汲む集団活劇としてはまず及第点ではなかろうか。大掛かりなB級活劇万歳、である。ただキャストが総じて小粒なのは惜しいのだが。

ちなみに原作には第二部があり、この映画も続編を示唆させる終わり方なのだが、全く企画が動いていないのが残念。是非とも彼らの更なる活躍をスクリーンで見たいものだが、製作時のトラブルと興行面での失敗がプロダクションには大きな痛手となっているようだ。ショーン・コネリーもこの作品を最後に引退宣言。残念な結果である。
[PR]
by odin2099 | 2007-11-16 00:21 |  映画感想<ラ行> | Trackback(7) | Comments(6)
『シャーロック・ホームズの事件簿』<新訳シャーロック・ホームズ全集> アーサー・コナン・ドイル

コナン・ドイルが亡くなる三年前に書かれた最後の作品を含む短編集で、ホームズ全集最後の単行本となったのが、この『シャーロック・ホームズの事件簿』だそうです。

e0033570_5424618.jpg収録されているのは「マザリンの宝石」、「ソア橋の難問」、「這う男」、「サセックスの吸血鬼」、「三人のガリデブ」、「高名な依頼人」、「三破風館」、「白面の兵士」、「ライオンのたてがみ」、「隠居した画材屋」、「ヴェールの下宿人」、「ショスコム荘」の12編。

ホームズ物といえばワトスンの一人称で語られる物語、というのがお決まりのパターンですが、珍しくホームズの一人称で書かれたものや三人称で書かれた作品もあるので、どことなく従来とは雰囲気が違います。ただホームズ物もこれだけ作品があるのだから、たまには目先を変えるのも悪くはないと思いますが、何となく結末もあっさりとしていて盛り上がりに欠ける印象も残るのは、さて文体のせいでしょうか、それともプロットの問題なのでしょうか。

さて、光文社文庫の<新訳シャーロック・ホームズ全集>もこれで8巻目。いよいよ残すところは長編『恐怖の谷』のみです。刊行予定は来年1月。段々と寂しくなってきましたね。
[PR]
by odin2099 | 2007-10-22 05:43 | | Trackback | Comments(0)
e0033570_23241937.jpg当時コナン・ドイルはホームズ物を打ち止めにしていたのだが、バートラム・フレッチャー・ロビンソンという若い作家によって着想を得、ホームズの第三長編にして最高傑作との誉れも高い一篇が生み出されたとのこと。
ホームズ物の基本は短編にあると思っているのだが、これぐらいの分量があるとやはり読みでがある。肝心のホームズの出番は少なめで、前半はワトスン博士の独り舞台という雰囲気が強いが、その理由もきちんと説明されるのでかえって怪奇小説としての趣が増したと言えなくもない。

ところでドイルとフレッチャー・ロビンソンの協力関係には諸説あるようで、ロビンソンの紹介した伝承を元にドイルが執筆したというものから、実はロビンソンが執筆したものにドイルは手を入れただけというものまであるのだとか。
こちとら研究者ではないので深入りは避けるが、その実情はどうであれ作品の完成度の高さは認めざるを得ないだろう。
[PR]
by odin2099 | 2007-08-14 23:24 | | Trackback | Comments(0)
『シャーロック・ホームズ最後の挨拶』<新訳シャーロック・ホームズ全集> アーサー・コナン・ドイル

ホームズの第四短編集で、「ウィステリア荘」、「ブルース・パーティントン型設計書」、「悪魔の足」、「赤い輸団」、「レディ・フランシス・カーファクスの失踪」、「瀕死の探偵」、「最後の挨拶」の七篇が収められている。

e0033570_2326023.jpg全9巻の全集もこれで6巻目。残り3巻とは言うものの最終巻の刊行予定は来年1月なので先は長いが、それでも残りの冊数の方が少なくなってくるとやはり寂しい。全巻読破の暁にはパスティーシュ物にも手を出してしまいそうだ。
実はこれまで読んだどの作品も期待したほどの面白さは感じられないのだが、読み進めていく毎にホームズとワトスンのキャラクターにはどんどん惹かれていっている。全集が完結したら、さぞ寂しい思いをすることだろう。

ところで本書は4月に刊行されたものだが、どういう訳か自分が立ち寄る書店では先日まで全く見掛けなかった。繁華街のかなり大きな書店を探し回ったのだが、入荷部数が少ないのだろうか。ホームズ物は世界的なベストセラーだが、今の日本では新訳とはいえ何を今更なのかも知れない。

それにしても表題作「最後の挨拶」の内容には違和感ありあり。
時代が飛んでいるということもあるのだけれども、第一次世界大戦に際してホームズが国に協力しているという設定はどうも・・・。
[PR]
by odin2099 | 2007-06-02 23:26 | | Trackback | Comments(0)
事件がなく暇をもてあますホームズの元を、一人のメアリという若い女性が訪れる。軍人だった彼女の父が帰国した直後に消息を絶ち、その数年後から毎年、謎の人物から大粒の真珠が送られてくるようになったという。そして遂にその人物から直接彼女に会いたいと連絡があり、どうしたものかと相談に来たのである。
彼女に同行することになったホームズとワトソンは、メアリの父と一緒に軍にいたというショルトー少佐の息子サディアスに会い、夫々の父親が見舞われた悲劇とそれに纏わる秘密の財宝の話を聞くのだった。その財宝は今は兄バーソロミューの家にあるという。そこで彼らはバーソロミューの元へ向かうが、既に彼は謎の死を遂げていた・・・。

e0033570_2146369.jpgホームズの長編第2作。
事件に関わって早々にホームズは犯人の目処をつけてしまい、あとはワトソン(と読者)に思わせぶりに情報を小出しにするだけ。途中で多少のミスはあるものの、事件そのものは割りとあっさり解決してしまい、クライマックスは犯人を追い詰めるホームズ、という具合にアクション物の様相を呈す。
そして後半は、犯人による動機、事件の背景説明に費やすという構成なのだが、終始読者が置いてけぼりにされているような疎外感も味わった。これがホームズ物の特徴といってしまえばそれまでだが、何となく馴染めないのも事実だ。
[PR]
by odin2099 | 2007-01-22 21:47 | | Trackback | Comments(0)
『シャーロック・ホームズの生還』<新訳シャーロック・ホームズ全集> アーサー・コナン・ドイル

全9巻で刊行予定のこの全集も、これが4冊目。もうじき折り返し地点に差し掛かりますが、相変わらず刊行ペースはゆったり。どうせならもっとまとめて読みたいものですが、ここまでくると他社刊行のものに乗り換えるのも癪だし、我慢我慢ということになりそうです。

今回収録されているのは「空き家の冒険」、「ノーウッドの建築業者」、「踊る人形」、「美しき自転車乗り」、「プライアリ・スクール」、「ブラック・ピーター」、「恐喝王ミルヴァートン」、「六つのナポレオン像」、「三人の学生」、「金髪の鼻眼鏡」、「スリー・クォーターの失踪」、「アビィ屋敷」、「第二のしみ」の13篇。

e0033570_8182541.jpg「最後の事件」でライヘンバッハの滝に姿を消したホームズでしたが、「空き家の冒険」では実は死んでいなかったとひょっこり姿を現します。ドイル自身はホームズを殺してシリーズに決着をつける意向だったようですが、ファンや出版社側がそれを許さなかったということですね。何はともあれ、こうしてシリーズが再開して作品が次々に執筆されたのは喜ばしいことでした。例えホームズの生還が、ご都合主義以外の何物でもないとしても。

ホームズの推理も相変わらず冴えまくり、と書きたいところなのですが、何となく推理そのものよりも物語自体の筋立てに主眼が移行しているような、そんな気が少しします。
[PR]
by odin2099 | 2006-10-22 08:18 | | Trackback(1) | Comments(8)
『続名探偵ホームズ/”ミセス・ハドソン人質事件”、”ドーバー海峡の大空中戦”』(1984)

『風の谷のナウシカ』の併映だった『名探偵ホームズ』は、製作中断していたTVアニメ作品のうち、完成していたエピソードを選んで上映したものだったが、その後製作が再開されて26本がオンエアーされることになった。

今回はその中から、やはり宮崎駿が演出した、ハドソン夫人が活躍する番外編的エピソードを2本選び、同じく宮崎駿監督作品『天空の城ラピュタ』のオマケとして上映したもの。TV版のオープニング、エンディングがそれぞれ一本分ずつ削られた他はTVそのままで、ポスターやパンフレットには「続」と付けられているが、当然ながらフィルム上にはその表記は無い。

e0033570_1051029.jpg手放しで楽しめるクオリティの高さは健在だし、当時はこのエピソードのオンエアーを見逃していたので個人的にはお得感があったのだが、そうはいってもやはり『ラピュタ』が超大作なだけに、些か腹にもたれるオマケではあった。逆に言えば、如何に『ラピュタ』に興行的な不安感を送り手側が持っていたかという傍証にもなるのだが。

なおTVシリーズとして放送が始まった時点で、キャラクター名称が原作に準じたものに戻り(権利関係のトラブルのために、前作公開の時点ではキャラクター名称を変えざるを得なかったとのこと。製作が中断してしまったのもそれが原因のようだ)、キャストも一部で変更が加えられ、音楽担当者まで入れ替えられている(村松邦男→羽田健太郎)ので、正続2本(というか、実質的には4本)を見比べると雰囲気がかなり違う。また前作の2エピソードも別途TV用として手直しの上で放送されているので、そちらを見比べのも一興かと。
[PR]
by odin2099 | 2006-07-19 06:24 |  映画感想<マ行> | Trackback | Comments(0)
東京ムービー新社がイタリアとの合作で進めていたTVアニメーション企画。中途で頓挫してしまっていたが、既に完成していた何本かのフィルムのうち2本を選び、劇場用として再構成。『風の谷のナウシカ』の併映として特別上映された。原作は勿論コナン・ドイルだが、登場人物を犬に置き換え、名前も一部変更するなど大胆なアレンジも施されている。

e0033570_10523489.jpgこの2作品の演出は宮崎駿で、監督作品の『ナウシカ』を含め、劇場は正に”宮崎駿祭り”の様相を呈していたが、ギャグやストーリー、テンポ、どれも満点で充分に劇場での鑑賞に堪えうる作品である。むしろ、こちらの作品目当てに劇場に足を運んだファンも少なくなかったはず
ただ、この作品を堪能したあとで『ナウシカ』を観るのは、正直かなり辛かった記憶がある(苦笑)。こうして今は別々に楽しむことが出来るのがありがたい。
[PR]
by odin2099 | 2006-07-17 16:36 |  映画感想<マ行> | Trackback | Comments(0)

by Excalibur
ブログトップ