【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

タグ:スティーブン・スピルバーグ ( 62 ) タグの人気記事

e0033570_20515636.jpg前作ラストでオプティマスは故郷の星へ向けて旅立ってしまったので、オートボットのリーダーとなったのはバンブルビー。着実に出世してるな。
しかし破壊大帝メガトロンが完全復活、オートボットは劣勢に。そして相変わらず人類は「対トランスフォーマー部隊」なんぞを作って内乱状態。
あれ?ガルヴァトロンじゃなくてメガトロン?

前作の主人公、マーク・ウォールバーグ演じるしがない発明家ケイドは、今回はオートボットに協力するマッチョなタフガイの戦士に。なんか違うキャラクターになってないか?
前作のヒロインでもある娘のテッドとは別居中で、演じたニコラ・ペルツは1シーンの声だけ出演。
お尋ね者の自分と会えば彼女にも危険が及ぶということで、電話するシーンのみ。しかも音声認識されちゃいけないと、自分からは一言も話せないという泣かせるシチュエーション。吹替版ではちゃんと前作同様しょこたんがアテていた。偉いぞ、しょこたん
でもイザベラという少女と知り合って疑似家族を作ったり、反発し合っていたヴィヴィアンというオックスフォードの教授と最後は好い仲になったりと、なかなかのリア充ぶりを見せてくれる。

このイザベラという女の子、予告編で見せた胸を揺らしながら逃げるシーンが強烈に印象に残っていたのだけれども、そのシーンだけちょっと露出度高めの衣装なんだね。
演じてるイザベラ・モナーは撮影時15歳のなかなかの美少女。前半のヒロインなんだけど、後半は殆ど登場せず。終盤にちょっと見せ場があるけれど、ちょっと勿体ない。
そしてこの吹替を担当してるのが”岡山の奇蹟”桜井日奈子ちゃんなんだけど、流石に荷が勝ち過ぎだ。可愛くて好きなんだけどね、日奈子ちゃんは。でも残念ながら合格点はあげられない。

e0033570_20520595.jpg入れ替わるように後半のヒロインとなるのがヴィヴィアンで、設定としては伝説の魔術師マーリンの直系の子孫というトンデモな重要人物なんだけど、序盤に顔を見せた後は中盤まで出てこないので、再登場した際に「あれ、この人誰だっけ?」となるのが玉に瑕。
イザベラがティーンエイジャーの少女な分、彼女がお色気担当かと思いきや、胸元がザックリ開いたドレスを纏うシーンはあるものの、ずーっとその格好で押し通してくれるわけではないのでなんだか物足りない。存在そのものがエロかったミーガン・フォックスの時代が懐かしい。
ちなみに演じてるローラ・ハドックは、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」でピーターのお母さんを演じてた女優さんなんですな。言われてもわかんないだろうけど。

そして人類の歴史の陰にトランスフォーマーあり。
前作では恐竜絶滅の原因がトランスフォーマーに求められていたけれど、今度はアーサー王と円卓の騎士たちが登場。
クライマックスバトルの舞台となるのはストーンヘンジで、ここらへんの因縁話に説得力を持たせる存在として起用されたのが、アンソニー・ホプキンス。お茶目な英国紳士という役どころを実に楽しそうに演じているし、このパートはなんだか「ダ・ヴィンチ・コード」みたいでなかなか楽しい。でもそうなると今度はトランスフォーマーが邪魔に感じられちゃうんだよなあ。

で、ここでオプティマスが故郷の星から帰還してくるのだが、なんと彼は創造主クインテッサによって洗脳され、サイバトロン星を復活させるために人類を滅ぼそうとする刺客となっていたのだった…!
そして始まるオプティマスVSバンブルビー!
最近ヒーロー同士で戦わせるのがトレンドなのか?日本じゃとっくにテンプレート化されてるけどね。

前作には登場しなかったレノックスやシモンズ、モーシャワー将軍らが復帰。サムも写真だけで登場するとシリーズの連続性を感じさせてくれるが、その一方で色々な矛盾点も気になってくるし、毎度毎度のオプティマスの判断力や行動力には疑問を感じざるを得ないし、もういい加減シリーズ打ち止めでもいいんじゃないの?

ラストは次回への伏線張ってるし、バンブルビーを主人公としたスピンオフ(公開は来年の暮れ)の撮影も始まっちゃってるんだけど、どうやらこの作品そのものの評判はあんまりよろしくないようだし、興収も期待外れだったようだし、観客もそろそろ飽きてきたっぽい。
毎度毎度ダラダラと長くガチャガチャとウルサイこのシリーズ、この辺で綺麗に幕引き…する気なんかさらさらなさそうだな。世界観を共有したアニメ映画のシリーズも立ち上げるみたいだしね、あ~あ。

【ひとりごと】
そういや劇中で派手にオスプレイ墜落してたな。


[PR]
by odin2099 | 2017-08-07 20:55 |  映画感想<タ行> | Trackback(10) | Comments(2)
シカゴの惨劇から5年、人類とオートボットとの関係にも変化が表れていた。
CIAの特殊部隊はオートボット抜きでディセプティコン狩りを進めていたが、何故かその対象には味方であるはずのオートボットも含まれていた。そして仲間たちに姿を隠すよう命じたオプティマスも行方不明となっていた。
テキサスでしがない廃品回収業を営み娘と二人暮らしの発明家ケイドは、ある古いトラックを手に入れ修理を試みる。ところがそのトラックこそオプティマスだったのだ。
そこへCIAの特殊部隊が現れ、ケイドたちは騒動に巻き込まれることに。その背後には破壊された筈のメガトロンの影が…。

e0033570_19150132.jpg前作までのサムをはじめとする人間側のレギュラーキャラクターは全員降板、新章突入といった感じのシリーズ4作目。
人類が作りだした人造トランスフォーマーというべきガルヴァトロンや、オートボット、ディセプティコンどちらにも属さないロックダウン、更に「創造主」が6500万年前に恐竜から生み出したダイナボット、ともはや個体認識どころか立場さえ識別不能なロボットがガチャガチャうるさく立ち回るだけなので、見ていて混乱する。

加えて人間側も、巻き込まれる主人公一家、トランスフォーマーを利用しようとする大企業、それにCIAらが入り乱れ、立場がちょこちょこ変わるのでボンヤリ見てるとお話を見失う。
メインキャラかと思った人物があっさりと、しかもかなりグロい死にざまを見せたり、諸悪の根源かと思っていた人物が実は根は良い人で逆転勝利に大きく貢献したりと目まぐるしい。

それでもこれを120分くらいにまとめてくれてればそれなりに愉しめただろうけど、165分はあまりに長すぎ。
最後の方の中国のシークエンスはもっと切り詰められたと思うけど、きっとお金出してくれてるからぞんざいには扱えないんだろうな。

今回のヒロインのテッサは17歳、演じるニコラ・ペルツ(そうか、「エアベンダー」に出てた娘か)も同年代だけれど、年齢の割になかなかセクシー。でも前2作のヒロインに比べると逃げる際の乳揺れが足りないかな。
吹替は中川翔子。いわゆるタレント枠だけど、彼女は十分に及第点。


[PR]
by odin2099 | 2017-08-06 19:17 |  映画感想<タ行> | Trackback(15) | Comments(2)
シリーズの3作目、こちらは映画館で見ました。
未見だった2作目を見てから行ったのはいいのですが、1作目のおさらいを忘れていたのでキャラクターが何だかわからなかった、という悔恨の思いだけが残ってますね。

e0033570_21184173.jpgお話の方は、米ソ宇宙開発競争の裏側やチェルノブイリの原発事故の背景にエイリアン、というよりトランスフォーマーの存在があった、というトンデモな設定が大好物なもので素直に入り込めました。
JFKやらオバマやら実名・実映像で出てきたり、”二番目に月面に降り立った男”バズ・オルドリンが本人役で登場し、アポロ計画には極秘の任務があったんだ、などと解説してしまう胡散臭さもたまりません。

ところが本編が始まっちゃうと、サムと新恋人カーリーのイチャイチャ話とか、相変わらず鬱陶しいサムの両親の本編に微妙に絡まないギャグシーンとか、主人公なのに事件の中心に置いてもらえないサムの孤軍奮闘ぶりとか、やたらうるさくて画面が揺れまくり、ダラダラと長いだけのアクションシーンに辟易してしまうのはいつものこと。
どうしてこれを2時間半じゃなく2時間でまとめられないんでしょうかねえ。

新ヒロイン、カーリー役のロージー・ハンティントン=ホワイトリー。
ミーガン・フォックスと比べるとボリュームがやや足りないですが、負けず劣らずのセクシー美人。サムの趣味にブレはないってことか。
本業はモデル?
その後は「マッド・マックス/怒りのデス・ロード」くらいしか目立った出演はないみたいですが、旦那さんはジェイソン・ステイサムだったよな、確か。

クライマックスバトルの舞台としてトランプタワーが出てきますが、本人は喜んで許可を出したんでしょうかね?
ボコボコにされますけど。

<過去記事>
http://odin2099.exblog.jp/15239285/


[PR]
by odin2099 | 2017-07-24 21:20 |  映画感想<タ行> | Trackback | Comments(0)
ジョン・ウィリアムズ、ハンス・ジマー、ジョン・デブニー、クリストファー・ヤング、レイチェル・ポートマン、トレヴァー・ラビン、ハワード・ショア、デヴィッド・アーノルド、パトリック・ドイル、エリオット・ゴールデンサール、ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ、ダニー・エルフマン、トーマス・ニューマンらハリウッドを代表する作曲家たちや、ジェームズ・キャメロンら映画監督へインタビューを敢行したドキュメンタリー映画。
「カリコレ2017」での上映を前にWOWOWで放送してくれたので、そちらで鑑賞。

e0033570_22341878.jpg無声映画時代から映画に音楽は付き物で、革新的な存在になったのがマックス・スタイナーの「キング・コング」。
以後、「欲望という名の電車」、「めまい」、「続・夕陽のガンマン」、「サイコ」、「猿の惑星」、「タイタンズを忘れない」、「ショーシャンクの空に」等々、映画音楽史に残る作品を取り上げ、作曲家や音楽関係者、時には本人のコメントと共に創作の秘話に迫っていく。
映画音楽全体の流れと、映画音楽のつけ方の変遷を説明してくれるので、音楽の門外漢にもわかりやすい内容だ。

街中に張り出された映画の宣伝ポスターに自分の名前があると焦りを感じるとか、録音するスタジオによって音楽は変わるだとか、あるいは実際の録音風景に密着しての当事者ならではの発言が興味深い。
モティーフの解説ではハワード・ショアが自作「ロード・オブ・ザ・リング」を例に、その音楽構成について語っているのも貴重だろう。

中でも多くの時間が割かれているのがジョン・ウィリアムズで、「ジョーズ」、「未知との遭遇」、「スター・ウォーズ」、「インディ・ジョーンズ」、「E.T.」、「ジュラシック・パーク」などについてハンス・ジマーが熱く語る姿は印象的だ。
もちろんハンス・ジマーにも時間は割かれていて、「グラディエーター」や「パイレーツ・オブ・カリビアン」が同業者から絶賛されている。

映画音楽という括りを離れても、一つの映画が「ロッキー」のテーマ曲で幕を開け、「ピンク・パンサー」や「007」、「バットマン」や「アベンジャーズ」、「ハリー・ポッター」、「ブレイブ・ハート」、「トランスフォーマー」、「ファインディング・ニモ」、「カールじいさんと空飛ぶ家」などの名場面を愉しめるなんて贅沢な体験である。

本心を隠してのおしゃべりは楽しいが、音楽は全てをさらけ出すとのハンス・ジマーの言葉は重い。

エンドロールでは「ジェームズ・ホーナーを偲んで」と題して、ジェームズ・キャメロンが「タイタニック」製作当時の思い出を披露。本来は映画本編で大きく取り上げる予定だったのだろう。


[PR]
by odin2099 | 2017-07-23 22:35 |  映画感想<サ行> | Trackback | Comments(0)
このシリーズ、1作目と3作目は劇場で見ているけれど、2作目はDVDで、そして4作目は未だに見ていない…。
順番だと今度の5作目は映画館へ行く定めなので(?)、そろそろお浚いを敢行します。

前にこの2作目を見たのは、3作目の観賞直前。しかし1作目のお話をすっかり忘れていたので、サムやミカエラ、それにサムの両親ぐらいしかキャラクターを覚えていなくて、「レノックス?そんな人いたなあ」、「シモンズ?誰だっけそれ」程度の記憶しかなくて、さっぱりお話に乗れませんでした。

e0033570_18222010.jpg今回は2か月くらい前に1作目を見直してるので、流石に「わかる、わかるぞ」。
いやあ、相変わらずミカエラのビッチ、いやセクシーっぷりは良いですねえ。
このルックスながら中身は結構「尽くす女」というギャップが、正に”ヲタクの女神”。
実際、こんな女はまずいないでしょうけどね。
後半はおっぱいをゆっさゆさ揺らしながら、エジプトの大地を走り回ります。
だからミーガン・フォックスはやる気をなくしちゃって、3作目以降は降板しちゃったのかなあ…。

レノックスはひたすらサムを信じるヒーローっぽいポジションの軍人さんですが、出番の多さの割に比重としてはあまり大きくはありません。
一方前作では憎まれ役ながら憎めない役どころだったシモンズ、本作で一番の儲け役でしょう。

本筋に大きく絡まないですが、サムの両親が貴重なコメディリリーフで、特に母親の親バカぶりはちょっと行き過ぎ。しかもこの両親の会話が結構きわどいというか下ネタ全開。
サムの大学の同級生にもミカエラに劣らずのセクシー美女が沢山いるので、もちろん露出なんかありませんが、ファミリームービーとしてはお色気度は高いかもしれません。スピルバーグ印なんですけどね。

しかしどれだけ派手なドンパチやらかそうと、やっぱり肝心のお話はよくわからないので面白くはありませんでした。もっとシナリオをしっかりと構築して欲しいもんです。

ところでクライマックスの舞台はエジプトのプラミッド群なんですが、致し方ないとはいえ躊躇なくピラミッド、バンバン攻撃しちゃってますね。
いくら地球の危機とはいえ、全く葛藤がないのかしらん?


[PR]
by odin2099 | 2017-07-06 18:24 |  映画感想<タ行> | Trackback | Comments(0)
気が付くともう10年前の作品になりましたねえ。
このシリーズ、どうもノレないもので1、3作目は映画館へ観に行ってるけれど2作目はDVDのみ。4作目に至っては未だに見ていないという為体。
今夏には最新作(最終作の第一弾とかいうワケわかんない位置付け)も公開されるので、この際おさらいしておこうかな。

e0033570_20555513.jpgカタールのアメリカ基地に未確認物体が飛来。それは既に撃墜された筈の軍用ヘリだった、という導入部はすっかり忘れてました。
これがディセプティコンの擬態で、軍の重要機密を盗み出そうとして…って、そういう話だったか。これに憧れの女の子を口説くのに必死なボンクラ少年の話が絡み、どう繋がるのやらと危惧していると、これが少しずつ力技でまとまっていくあたりは割と好き。

ヒロインのミカエラを演じるミーガン・フォックスのビッチな雰囲気もなかなかで、ケバくてエロくてセクシーという類型的なキャラクター。
しかしそれじゃ「オタクの女神」としてはどうなのよ?と思ってると、実は家庭環境に問題があり、実は「純な女の子」だったというエクスキューズが入るので、ボンクラ少年でも安心して近づける配慮がある。
まあ実際のミーガン・フォックスはどちらかというと見た目通りのキャラらしく、2作目の時はスタッフサイドと激突し、3作目を降板する羽目になってますけどね。

アニメ版に比べるとオートボットもディセプティコン側も、ゴチャゴチャしてるだけでキャラクターの認識がしづらく、サムや家族、ミカエル、それにハンブルビーに対する国家権力の横暴さが目立ち、非常に不快な思いをさせられるシーンが多いのがこのシリーズにノレない大きな要因なのですが、ま、とりあえず最新作まで付き合うか。

【ひとこと】
「アルマゲドンの100倍すげー!」とかいう台詞があって笑った。

<過去記事>
http://odin2099.exblog.jp/6256241/


[PR]
by odin2099 | 2017-05-07 20:58 |  映画感想<タ行> | Trackback | Comments(0)
e0033570_21591035.jpgロアルド・ダールの「オ・ヤサシ巨人BFG」をウォルト・ディズニー社が映画化、しかも監督はスティーブン・スピルバーグ。
ファンタジー映画としてはこれ以上ないくらいのコラボレーションで、これをスピルバーグの”同志”フランク・マーシャル&キャスリーン・ケネディがサポートし、「ナルニア国物語」以来のウォルデン・メディア社も一枚噛み、音楽はもちろんジョン・ウィリアムズ。
脚本はこれが遺作となった「E.T.」のメリッサ・マシスン(献辞が出る)とくれば正に盤石の体制。

養護施設で暮す少女ソフィーは、眠れないある晩に巨人を目撃してしまい、「巨人の国」へと浚われてしまった。
初めは激しく反発するソフィーだったが、次第にその巨人――BFGと心を通わせるようになる。
だが他の巨人はBFGと違って凶暴で、子どもを捕まえては食べてしまうという恐ろしい存在だった。
何とかしなくては。一計を案じたソフィーは英国女王に援けを求めることをBFGに提案する。
はたしてソフィーは凶暴な巨人たちをやっつけることが出来るのか?!

手堅くまとめてあるなあという印象は受けるものの、この手の作品に欠かせないワクワク感がどこにも感じられなかった。
おそらく往年のスピルバーグなら少女ソフィー(演じているのは新人のルビー・バーンヒルでとっても可愛い。吹替の本田望結も最初のうちはアレレと思っていたけれど、全体的に悪くない)をしっかり中心に据えて、ハラハラドキドキの冒険活劇として描いてくれたのではないかと思うのだけれども、もう彼の視点は自分に近い年齢のBFGに移ってしまっているので、異世界の異生物(人間と似てはいるけれども別種の巨人族)との交流を描くのではなく、単に老人と少女の交流に留まってしまっていて面白みがない。
しかも少女のエロティシズムを感じさせる描写が付け加えられているのが何ともはや。

思えば大人になったピーター・パンを描いた「フック」も傑作とは言い難かったので、スピルバーグにとってファンタジーは実は鬼門なのかも知れない。
意図せず(もしくはそれを主眼とせず)作った「未知との遭遇」「E.T.」は素晴らしいと思うが、結果的にファンタジー映画になった作品に比べ、正面からファンタジー映画に挑んだ作品は今一つ。

それともこれがスピルバーグの「老い」なのだろうか。


[PR]
by odin2099 | 2016-10-04 06:07 |  映画感想<ハ行> | Trackback(8) | Comments(1)
e0033570_19233622.jpg<スター・ウォーズ>ほどじゃないけれど、<インディアナ・ジョーンズ>も気になるシリーズ。
ルーカス・フィルムをディズニーに売却した際には<SW>だけじゃなく<インディ>の続編の権利込みだったので、スピルバーグも乗り気のようだし余程のことがなければ新作が作られるのは間違いなさそう。
後はいつ作るかで、<SW>の新たな三部作やスピンオフが落ち着く2020年以降になるのか、それとも<SW>と並行して進めるのかが問題。
スピルバーグ自身は「ハリソン・フォード以外のインディはあり得ない」みたいな発言をしていたけれど、「フォースの覚醒」見る限りでは「クリスタル・スカルの王国」みたいにメインを張らせるのならば急いだ方が良さそう。
ディズニー・サイドとしては、<SW>のスピンオフで若きハン・ソロを描くのと同じように若い役者にバトンタッチさせるつもりなら、じっくり腰を落ち着けてでも良さそうだけど。

さて、「エクスペンダブルズ3」への客演、「フォースの覚醒」主演で、まだまだアクションスターとして(?)頑張ってるハリソン・フォード、その第一作を観直した。
<SW>もそうだけど、やっぱり<インディ>も一作目が至上。
特に紆余曲折ある<SW>に比べると、<インディ>は二作目以降ほぼ下降線を辿ってる印象がある。あ、個人的には二作目より三作目の方が好きだけど。
「フォースの覚醒」の枯れたハリソンも良いのだけど、この頃のギラギラしたハリソンはまた格別。
「パトリオット・ゲーム」などを見ると案外動けない人な気がするけど、この時は本当にタフガイに見えるもんなあ。

e0033570_19232648.jpg【ひとこと】
今回はBlu-rayだったので新録の吹替版(WOWOWで放送する時に作ったやつ)で見たけど、これはちょっとなあ。
マリオンは以前と同じ土井美加だけど、インディは「クリスタル・スカルの王国」に合わせた内田直哉。
慣れろと言われても、これは無理。
逆にWOWOWは「クリスタル・スカルの王国」を村井國夫で新録すべきだったのに!

<過去記事>
http://odin2099.exblog.jp/4518599/
[PR]
by odin2099 | 2016-01-27 19:26 |  映画感想<ラ行> | Trackback | Comments(0)

e0033570_20370689.jpgタイトルに「ジュラシック・パーク」とは付かないものの、これは正当なシリーズ4作目。確か同じ邦題の作品もあったけれど、もちろん無関係だ。そして2作目3作目はイスラ・ソルナ島(サイトB)という別の場所で起こったお話なので、1作目と同じイスラ・ヌブラル島へ帰ってくるのは今回が初めて。
ということは、1作目に直結する続編だとも言える。


あれだけの大惨事を引き起こしながらインジェン社は破産も倒産もせず、またテーマパークのオープンにまで漕ぎつけたのは驚きだが、人間サイドのやることは以前と変わらず。倫理やら人命やらよりも商売を優先させた結果、またもや惨事を引き起こすとのは前と同じパターン。
それに今回はDNAから恐竜たちを復活させるだけに飽き足らず、遺伝子操作で新種まで生み出してしまい、もはや「恐竜映画」ではなく「怪獣映画」。


だがそれが悪いわけではなく、単なる1作目の焼き直しに終始せず、オマージュを捧げてスケールアップを施し、ある意味で理想的な続編を作り上げている。
多分当時のファンが2作目や3作目に期待していたのはこういったストーリーだっただろうし、過去作品を知らない人でもさほど予備知識を必要としない本作は十二分に愉しめるかと思う。


しかし早くも製作が決まった続編の方はちょっと不安。
主役コンビは続投らしいが、ワールドのその後を描くのか、それとも別の場所で新たな恐竜事件に遭遇するのか。
2作目、3作目と同じパターンを繰り返さないことを願うのみだ。


【ひとりごと】
クライマックスは「新怪獣対恐竜戦士連合軍」といった感じだったな。苦戦する新恐竜戦隊に、1~2作目のヒーローが加勢するという王道パターン。
そして美味しいところを持ってくのは第三勢力の新顔・モササウルス。こいつが次回作のキーキャラクターになるかも?!


[PR]
by odin2099 | 2015-08-09 20:42 |  映画感想<サ行> | Trackback(30) | Comments(0)

新作公開に合わせての旧作リピートもこれで最後。なんか色々な意味で残念な第三作を。


e0033570_17341582.jpg子供を探すためにセレブを装ってアラン・グラント博士を騙して島へ連れ出す夫婦とか、二か月間たった一人で生き延びてた少年とか、金儲けのためにラプトルの卵を盗み出すグラントの助手とか、ラストにいきなり現れて一気に解決させちゃう海兵隊とか、どうしてこうなるかなあ?という展開が続々。アランと別れて結婚してママになってるエリーというのも、なんだか夢がないし。


それでも、一作目にあったミステリー・サスペンス物の要素は皆無でも、大風呂敷広げただけの怪獣映画になってしまった二作目よりは、サバイバル・アドベンチャー物としてはコンパクトにまとまっているのは確か。
上映時間も短いし新顔の恐竜も色々と出てくるので、途中で飽きちゃって退屈するということはない、カナ?


さて、内容も評判が良く、記録的大ヒットとなっている最新作は如何に?!


【ひとりごと】
ティア・レオーニってこれの前は『ディープ・インパクト』に出てたし、スピルバーグのお気に入りだったのかな。
ちょっとシャロン・ストーンに似ていてセクシーな感じだけど、どちらの作品もその要素が皆無なのが残念だけど。


<過去記事>
http://odin2099.exblog.jp/10907119/


[PR]
by odin2099 | 2015-08-02 17:35 |  映画感想<サ行> | Trackback | Comments(0)

by Excalibur
ブログトップ