【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

タグ:ディズニー ( 169 ) タグの人気記事

やはり気になるので先行で見てきました。
予めチケットを押さえておいたので余裕で出掛けたのですが、場内はガラガラ・・・。のんびり見られるのは嬉しいですけれど、これでは先が思いやられます。一般公開後はヒットしてくれることを願うのみです。

物語は心配していたよりも遥かに原作に近いものでした。
省略されたり改定されたりしている部分は確かにあります。例えばペベンシー兄弟たちは原作ほど良い子たちではなく、結構いがみ合ったりしています(逆にそれがリアルな感じもしますが)。動物たちの出番も総じて少なめな印象ですし、それにクライマックスの戦争シーンは原作ほど長閑な感じではなく、やはり生と死を賭けた大規模なものになっています。
そういった意味では、原作の持つ牧歌的な雰囲気を大切にしたい人にはこの作品は向かないかもしれません。ただ全体的には、この程度なら許される範囲のアレンジではないかな、と思います。もっとも原作に対する思い入れが強くないので、かなり寛容な気持ちで見ていられたのかも知れませんが。
キャスティングではタムナスさんを演じたジェームズ・マカヴォイと、白い魔女のティルダ・スウィントンが出色です。特にクライマックスの大戦争シーンの白い魔女はひたすら格好良く、思わず見惚れてしまいました。

e0033570_1645369.jpg今回は字幕スーパー版で見たのですが、まだチケット持ってますので次は日本語吹替版で見に行くつもりです。
パンフレットに載っているキャスト表を見ると、一般公募したペベンシー兄弟や白い魔女の大地真央はともかく、タムナスさんを関智一、カーク教授を中村正、モーグリムを遠藤憲一、サンタクロースを大木民夫、それにオリジナル版ではリーアム・ニーソンが声を担当したアスランを予想通り(そして希望通り)津嘉山正種が演じているというので、どんな感じに仕上がっているのかとても楽しみです。
ちなみに字幕担当は松浦美奈(例の字幕女王ではありませんでした/苦笑)。原作本の瀬田貞二訳にこだわっていないのも好印象でしたが、これは煩型のファンは納得しないかもしれませんね(爆)。

ついでに――

『エラゴン』『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』のチラシをもらってきました。
『エラゴン』の方は「2007年 世紀のロードショー」となってますね。公開は来春になるのでしょうか。

『パイレーツ~』は予告編も上映していましたけれど、完全にジャック・スパロウ中心の編集。ジョニー・デップが映りまくりです。
オーランド・ブルームとキーラ・ナイトレイは申し訳程度に出てくるだけですが、映画そのものの比重もそうだったらつまらないですねぇ。

予告といえば、見ました!『ゲド戦記』!!
ゲド、妙に若くありませんか?(苦笑)
それにタイトルが出なかったら、これが『ゲド』の予告だとわからないくらい、原作のどのシーンを映像化してるのかサッパリ・・・(汗)。
こりゃやっぱり相当な覚悟で見に行かないといけないようで・・・。
[PR]
by odin2099 | 2006-02-25 16:24 |  映画感想<ナ行> | Trackback(90) | Comments(36)
ちょっと意外な結末に落ち着いた感じがしますね。
ディズニーとの提携交渉が決裂した、というニュースが流れていた頃は、てっきりピクサーはディズニー以外のパートナーを探すもんだと思ってました。
実際複数の映画会社が好条件で名乗りを挙げてたという話もありましたし、その方がピクサーにとっても良いんじゃないかなぁ、と。
ただ、これまで作ってきた作品の権利はディズニー側にあるということなので、ピクサー抜きで『トイ・ストーリー』や『ファインディング・ニモ』、『Mr.インクレディブル』なんかの続編が作られちゃったらイヤだなぁ、という気持ちはありましたけれど。
ところが一転してディズニー傘下に収まるということになったわけですが、ピクサー側にはどのくらいメリットがあるんでしょうか。
一方のディズニーとしては、肝心のアニメ部門で伸び悩んでいただけに、ピクサーをどうしても手放せなかったのは火を見るよりも明らかですけれどね。
まぁ面白い作品を作り続けてくれさえすれば、外野でゴチャゴチャ言うことではありませんが(苦笑)。
[PR]
by odin2099 | 2006-01-26 06:09 | 映画雑記 | Trackback(2) | Comments(4)
「カスピアン王子のつのぶえ」を原作とした第2章の製作が正式決定したそうです。
アンドリュー・アダムソン監督をはじめ主要スタッフ、ベペンシー兄弟を演じた4人の子役も続投とか。
ただ公開予定は2008年夏だとか。大丈夫かなぁ。
[PR]
by odin2099 | 2006-01-04 06:41 | 映画雑記 | Trackback | Comments(6)
『血の本』や『ヘル・レイザー』などでファンの多いホラー作家のクライヴ・バーカーが、初めて挑戦したというファンタジー小説です。
といっても、書名も著者名も知っていますが、読んだことはありませんし、今のところ読むつもりもありません(笑)。
なのでそのことがどれ程の”事件”なのかはわかりませんが、かなり話題になっていたようです。

僕が気になったのは、『オズの魔法使い』『ナルニア国ものがたり』の影響を受けて書かれた、ということと、全4部作構想で既にディズニーでの映画化が決まっている、ということでした。
翻訳が出たのは2002年の末のことだったと思いますが、帯にも「ディズニー映画化」の文字が躍っていますし、2004年クリスマスに公開、なんていう具体的な話もありましたっけ。とっくに2004年のクリスマスは過ぎてしまいましたが、さて、どうなってしまったのでしょうね?
確か去年の秋ごろには、脚本家が決まったのどうの、というニュースも流れていたいましたけれど、最近は話題にもなっていません。
一頃はファンタジー小説の映画化権を取ろうと躍起になっていたディズニーも、結局は『ナルニア国物語』映画化に一枚噛むことになったので、優先順位が下がったのかもしれません。

e0033570_0154765.jpgそれはさておき、ハードカバーで現在2巻まで翻訳が出ているこのシリーズですが、クライヴ・バーカー自身の手になる挿絵の素晴らしさもあって買ってしまったのですが、そのまま打っ棄っておいたら最近1巻が文庫本になってしまいました(苦笑)。
買い直すのも癪ではあったんですが、やはり手頃なんで購入。読んでみました。

お話を簡単に説明すれば、異世界<アバラット>に彷徨いこんだ少女キャンディの冒険物語、ということになるのですが、一つの時間ごとに一つの島があるというこの不思議な世界の設定、これがまずピンときませんでした。
登場するキャラクターも一癖も二癖もある連中ばかりですが、その造型も含めて作者の奔放なイマジネーションの嵐には翻弄されっぱなしで、つくづく自分は想像力が乏しいなぁと痛感した次第です。
まだまだ物語は端緒に着いたばかりということもありますが、どうも今ひとつ馴染めません。これで2巻、3巻、そして完結の4巻まで読めば納得出来るのでしょうかねぇ。ちょっと不安ではありますが、でもせっかくの乗り掛かった船、最後まで乗って行きたい気持ちは充分にあります。
また、読む前は『ハリー・ポッター』の肖り作品なんじゃないの、と思ったりもしたんですが、ちょっと毛色が違います。ああいうテイストを求めている人には全く向かない作品だと思います。

なお挿絵が素晴らしいと書きましたが、残念ながら文庫本では全て割愛されてしまっています。この挿絵あっての『アバラット』ですから、これから読もうかなと思っている人には、なるべくなら文庫本ではなく、ちょっと大変ですけれどもハードカバーの方をお奨めしておきます。
[PR]
by odin2099 | 2005-11-30 22:58 | | Trackback | Comments(0)
ディズニーは来春公開の『ナルニア国物語』<日本語吹替版>製作にあたって、主役のベペンシー家の4兄弟役を一般公募すると発表した。

これは画期的だなぁ。夢もあるし、話題作りとしては悪くないと思う。

利点としては、中途半端なタレント吹替が排除される可能性があることと、既にイメージの固定した声優さんではない、新鮮なイメージを持った人が選ばれる可能性があること。

欠点としては、やっぱり演技力がどうなのか、ってことだろう。
それに一般公募と言ったって、素人が選ばれることを意味しているわけではないし。
結果、既に活躍している子役やら、やっぱり意外性のあるタレントが抜擢される可能性は高いし、そうなった場合に”出来レース”だ、という声も挙がってくるだろうな、と思う。

とは言え、興味のある人はやってみても良いんじゃないかな。
自分でチャレンジ!
・・・とはなかなかいかないかもしれないけれど(苦笑)、お子さんや甥っ子、姪っ子、弟妹などなど、チャンスは充分!
(あ、でも年齢制限はないそうな)

なお気になる方法は、まずディズニー・モバイル内の専用コンテンツにアクセスして、オーディション用セリフを携帯電話に吹き込んで一次審査。
最終審査はテスト収録と面接で決めるという。
募集期間は、ピーターとスーザン役が12/7~13、エドマンドとルーシィが12/14~19。
携帯アドレスはnarnia-jp.com//v/
ということで、レッツ・トライ!

ただねぇ。
”ディズニー映画の『ナルニア国物語』”という表現にはどうしても違和感が
確かにディズニーは途中から出資してるし配給も担当しているけど、
実際の製作を行っているのはウォルデン・メディア
なんかディズニーは、後から来ておいしいところだけさらっていってる印象があるんだがなぁ。
まぁディズニーのネームバリューを使った方が、宣伝に有利なのはわかるんだけど。
[PR]
by odin2099 | 2005-11-19 07:52 | 映画雑記 | Trackback | Comments(4)
まだ『第1章』の公開もまだですが、『第2章』も着々と動いているようです。
カスピアン王子のつのぶえ」と「朝びらき丸 東の海へ」を併せたストーリーを構想中というニュースも以前は流れていましたが、どうやら「カスピアン王子~」単独という形に落ち着きそう。

脚本はほとんど完成しているということですから、よほどのことがない限り、公開から程なく正式に製作がスタートするものと思われます(そう願います)。
スタッフ、キャストに関してはまだ詳細が明らかにされていないようですが、おそらく主要なスタッフ・キャストは続投でしょう。
子役の成長は早いですから、イメージ変らないうちに撮入されることを望みたいと思います。


なお、お知らせです。

11/16 2:00~7:00までサーバー・メンテナンスのため、一時休止となるそうです。
きちんと時間内に終了することを祈りましょう♪
[PR]
by odin2099 | 2005-11-14 22:34 | 映画雑記 | Trackback | Comments(2)
気がつくと映画『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』公開まで一ヶ月切ったんですが、今回はあまり話題になってませんねぇ。

今年は『スター・ウォーズ/エピソード3~シスの復讐~』で燃え尽きちゃったのか、それともファンタジーのブームが去年の『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』で終っちゃったのか、それともそれとも「ハリー・ポッター」がもう飽きられてしまったのか・・・。

まぁ『チャーリーとチョコレート工場』はウケてますけれど、あれはファンタジー人気というよりもジョニー・デップの人気だしな、しかも『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』から流れてきた。

e0033570_1435758.jpgそんな中で密かに書店などでスペースを確保しているのが、C・S・ルイスの『ナルニア国ものがたり』
ライオンと魔女」「カスピアン王子のつのぶえ」「朝びらき丸 東の海へ」「銀のいす」「馬と少年」「魔術師のおい」「さいごの戦い」の7話からなる物語、今度映画化されるのは1作目を原作にした『ナルニア国物語/第1章~ライオンと魔女~』ですけれども、もっともっと盛り上げてヒットして欲しいなぁ。
正直言って大好きなシリーズというわけじゃありませんけれども、この作品がヒットしてくれればもっと多くのファンタジー映画が世に出ると思うので、そういう意味でも頑張って欲しいものです。
[PR]
by odin2099 | 2005-10-27 22:45 | 映画雑記 | Trackback | Comments(6)
e0033570_1932503.jpg『カントリー・ベアーズ』、『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』に続いて、ディズニーランドのアトラクションを映画化しました!の第3弾。ネタ不足は深刻ですなぁ。

オープニングのタイトルバックがやけに豪華な雰囲気を漂わせているので、「お、これは?!」と期待していると、本編始まるとガクーンと落ちるそのギャップが何とも言えません。天下のディズニー・ブランドなだけに低予算映画ってワケはないですが、肩肘張らずにご家族みんなでどーぞ!という小品扱いなのかも知れません。

もっともご家族みんなで楽しめるかというと、かなり微妙・・・。
ホラーとしてはちっとも怖くないし、コメディとしてもせいぜい微笑(あるいは苦笑)どまりなので、きっと家族みんなで見ると、ほどほどに楽しめるというより、ほどほどにつまんないんじゃないかなーと思います。

主演がエディ・マーフィだということもさらに微妙でして、静のテレンス・スタンプ(執事の役)に対して動のエディという対比は確かに面白いんですけれども、この映画の真の主役はこのお屋敷なわけでして、エディが必要以上に目立ちすぎるのはマイナスでしかないんじゃないでしょうか。宣伝でもエディが主演だということは伏せて、とまで行きませんが控えめでしたので、それならいっそ初めっからキャスティングしなけりゃ良かったのに。エディが主演じゃなかったら、もうちょっと面白くなっていたような気もします
[PR]
by odin2099 | 2005-06-07 22:47 |  映画感想<ハ行> | Trackback(4) | Comments(0)
e0033570_027859.jpg歴史学者にして冒険家という設定はインディアナ・ジョーンズ教授みたいだし、宝探しを通じて父と息子の和解を描くというのも『インディ・ジョーンズ/最後の聖戦』のよう。テンプル騎士団やフリーメイソンを絡め、1ドル紙幣に秘密が隠されているなどとぶちまけるのは、プロデューサーらがどんなに否定しようとも『ダ・ヴィンチ・コード』の影響がありあり
ということで目新しさのカケラもないのだが、丁寧かつスピーディな演出のおかげで充分楽しめる・・・と書きたいのだが、どうにも面白くないのはこりゃ脚本のせいか?
 
それとも、『トロイ』の時よりも美人に見えるダイアン・クルーガー(史劇には似合わない現代的美人なんだろう)、大作の顔として定着しつつあるショーン・ビーン(あ、『トロイ』繋がりだ)、おいしいところを攫っていくぞのハーヴェイ・カイテル、あれ?『トゥームレイダー』でも似たようなこと演ってませんでした?のジョン・ボイトなどを従えながら、ちっとも学者にも冒険家にも見えないニコラス・ケイジのせい?

とりあえずジェリー・ブラッカイマー印なので、是としておきますか。トレヴァー・ラビンのスコアも軽快だし。
ただし『パイレーツ・オブ・カリビアン』を引き合いに出した宣伝は納得いかないけど。共通項は宝探しってこと?
[PR]
by odin2099 | 2005-05-01 23:55 |  映画感想<ナ行> | Trackback(6) | Comments(2)

by Excalibur
ブログトップ