【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

タグ:ディズニー ( 169 ) タグの人気記事

e0033570_22551875.jpg「エピソード1」よりは好意的に受け止められてるようですが、ダメな人にはとことんダメらしい「エピソード2」。
草原でゴロゴロしながらイチャつくアナキンとパドメがダメ、と言われましても「そういう映画だから」「それがないと後でルークとレイアが生まれない」としか言いようがないですが…。

ただアナキンとパドメの再会からラブラブまでは随分と早いなあ、とは思ってます。
というか、その間の時間経過が分かりにくいんですが。
パドメってば、コルサントにどれくらい滞在していたのやら。数日くらい?

で、その再会時には「すぐに僕だとわからなかった」と不貞腐れるアナキンくんですが、ジャージャーが紹介したから先にオビ=ワンに挨拶しただけで、すぐにアナキンに気付いてるように見えるし、これは僻みというか自意識過剰というか…要は真っ先に(オビ=ワンじゃなく)自分に駆け寄って欲しかったってだけのことでしょう。

まあパダワンになったアナキンは、それこそ「エピソード1」のラストシーン以来の再会だったかもしれませんが、議員となったパドメとジェダイマスターになったオビ=ワンは何度か顔を合わせる機会があったとしても不思議じゃないですしね。

e0033570_19213782.jpgそのオビ=ワン、さんざんアナキンに「慎重すぎる」だのなんのと言われますけど、パドメの暗殺者を追いかけての咄嗟の判断やカミーノやジオノーシスの行動を見てると、言うほど慎重派には思えませんね。「エピソード5」でルークが無鉄砲すぎると非難するヨーダに対し、「かつては私もそうでした」というシーンがありますけど確かにね。
次の「エピソード3」では少し落ち着いて見えますけど、この辺はアナキンに引きずられたのかな。

<プリークエル・トリロジー>の中では、ナタリー・ポートマンが一番綺麗に見えます。
撮影中、アナキン役のヘイデンくんとはオフでもラブラブだったという噂は本当だったんでしょうかね。
その彼女には負けますが、ちょっと注目したいのがデックスのダイナーにいるちょいと太めのウエイトレス。ハーマイオニー・パグワという名前は、某魔法少女(!)から付けたそうですが、彼女も露出度高めだし、この作品に限ってはパドメも露出度高めで、シリーズ中で一番エロい作品かも?

ところでジオノーシスに集結するジェダイ騎士たち。
メイス・ウィンドゥはじめ腰が引けてるんですが、皆さん剣術の達人でしょ?
これじゃあバトルドロイド軍には勝てませんて。

<過去記事>
http://odin2099.exblog.jp/22974560/


[PR]
by odin2099 | 2016-11-17 21:13 |  映画感想<サ行> | Trackback(1) | Comments(0)
トニーが衝撃的な「私がアイアンマンだ」発言してから半年。
といってもその間にアントン・ヴァンコは死に、息子イワンは復讐の鬼と化し、一方のトニーもアークリアクターの悪影響で余命幾許もなく、というところから始まる続編。

e0033570_22521364.jpgコールソンさんの出番は減ったけれども、それを補って余りあるエージェント・ロマノフの大活躍。
また前作のカメオから堂々と出張ってきたボスのフューリー長官。
相手方もイワン・ヴァンコにジャスティン・ハマーとキャラクターが増え、かなり賑やかに。
でもその反面、お話がとっ散らかった印象もなくはなし…(^^;

ところでこの作品の中で、自分として納得がいかないのはトニーがスターク・エキスポの模型から新元素を発見する件。
まずあの新元素はハワードが発見して隠していたのか、それともたまたまトニーが模型を見ていてヒントにして見つけ出したのかということ。
もしハワードが隠していたのだとすると、それは何のためだったのでしょう?
成長したトニーに対する宿題みたいなつもりだったんですかね。トニー自身は「再発見」と表現してましたけれどね。

またその「再発見」した新元素が、都合よくアークリアクターに作用してトニーの命を救ったのは偶然なんでしょうか。
元々アークリアクター開発に伴って発見されたか、あるいは新元素ありきでアークリアクターが開発されたのかはわかりませんが、もし不可分の関係だったならばあんな形で隠さなくても良かったでしょうし(悪用を恐れた?)、たまたま上手く行ったのならばご都合主義すぎるなあと思っているのですが。

まあ映画を観ている分には、勢いで押し切られて何となく釈然としないものの、「面白かったからいいや」という気分にもなるんですけどね。

<過去記事>
http://odin2099.exblog.jp/24036415/
[PR]
by odin2099 | 2016-11-16 19:12 |  映画感想<ア行> | Trackback(1) | Comments(0)
e0033570_20391104.jpg<マーベル・シネマティック・ユニバース>の第二弾でありながら、どことなく他作品との関係性が希薄なのは、第一に主人公のブルース・バナーを演じたエドワード・ノートンが、以降の作品では降板してしまってマーク・ラファロに交代しているということが大きいんでしょうね。
ラファロ自身は嫌いじゃないですが、やはりノートン演じるブルースと同一人物として見るのは無理なので、どうしてもお話そのものが「なかったこと」になりかねません。「アイアンマン」→「アイアンマン2」でローディ役が交代になったのと同列には語れませんし、ノートン版ハルクの方がラファロ版ハルクよりハンサムですしねぇ。

またこの作品に登場したキャラクターや、続編へ向けての伏線と思われるものが殆どスルーされてしまっているのも残念な話。
ようやっと「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」では本作のロス将軍が国務長官に転じて再登場してきますが、ブルースの恋人ベティはどこへ行ってしまったものやら。
彼女の経歴や能力を考えるなら、シールドが放っておくとは思えないのですが、ブルースは彼女に未練がなくなったのかエージェント・ロマノフとイチャイチャ…。

他にもアボミネーションことエミル・ブロンスキーはあれで死んだのかとか、傷口からブルースの血液が入り込んだ”Mr.ブルー”ことサミュエル・スターンズ博士はあの後どうなったのかとか、気になる点が多々残ったまま。一応はオフィシャルなスピンオフで「その後」について多少は触れられてはいるんですけどね。
この「インクレディブル・ハルク」の続編が無理なら、いっそ「エージェント・オブ・シールド」とかそういう作品で回収してくれても良いんですが。

さて、お色気シーンとは殆ど無縁の<MCU>ですが、唯一と言ってもいい色っぽいシーンがあるのがこの作品。
ブラジル潜伏中のブルースの元に迫りくる軍の魔手。ロープを伝わって建物の外へと逃亡しようとすると、なんと階下の女性が入浴中。慌ててまとったタオル越しに乳首がチラホラ見えます。
他にもベティ役のリヴ・タイラーが雨でぐしょぬれでブルースと抱き合うシーンとか、逃亡中にブルースに迫るシーンとか、何気にエッチモード全開。そういやシャワーシーンでノートンのオールヌードもありましたね。
それ以降の作品だと、思いつくのは「アイアンマン2」でのエージェント・ロマノフの車内での着替えシーンくらいかしらん。

ところでベティと一緒に逃亡したハルクが雷に向かって吼えてるのは、ムニョムニョ君に反応してるっていうのは公式設定なんですか?
単に原始的な恐怖心じゃないのかね、と思うんですけど…???

<過去記事>
http://odin2099.exblog.jp/23986945/


[PR]
by odin2099 | 2016-11-14 21:38 |  映画感想<ア行> | Trackback(1) | Comments(0)
e0033570_09510699.jpgこちらも「何度目だ?」の再観賞記事です。
新作「ドクター・ストレンジ」の公開が先送りになって、モヤモヤしてるので<マーベル・シネマティック・ユニバース>もおさらい。
ホントは早く「エージェント・オブ・シールド」のシーズン2と3や、やっとBDが出た「デアデビル」のシーズン1を見て、あわよくばNetflixに加入して配信作品をコンプリートしなきゃ、なんですけどね。

一見すると「その他大勢」っぽいポジションなんですが、実は要所要所に出てくるフィル・コールソン捜査官。
まさかこの時はこの世界の「超重要キャラクター」になるなんて思いもしませんでしたが、そのコールソンさんが所属する「戦略国土調停補強配備局」。
「長い名前」とさんざん言われて、最後に「略して<シールド>」と決めてくれますが、あれれ?
「アントマン」とか見ると、昔っから<シールド>と呼称してたみたいなんですけど……(^^;
内々で使ってた呼び名を、この機会に正式な”公称”にしたんですかねえ。

<過去記事>
http://odin2099.exblog.jp/23951225/


[PR]
by odin2099 | 2016-11-13 09:55 |  映画感想<ア行> | Trackback(1) | Comments(0)
e0033570_21073753.jpgまた「スター・ウォーズ」が見たい季節?がやってきました。
この作品に関する記事アップする何回目だよ?とお思いの諸兄もいらっしゃるでしょうが、「エピソード1」を一年半ぶりくらいに見直しました。
もちろん新作公開に合わせてのことで、きっと来年の今ごろも見直してることでしょう(^^;

賛否両論というよりは多分「否」の方が多そうな「エピソード1」、というか<プリークエル・トリロジー>ですけれど、アナキン・スカイウォーカー=ダース・ヴェイダーの物語として「スター・ウォーズ」という物語を捉えるならば、決して悪くはないと思うんですけれどねえ。
どうやら自分は少数派みたいですけど…。

e0033570_19212194.jpgただこれで今後<九部作>、<十二部作>…となった時に、全体の始まりとしての「格」を保ち続けるのかどうかは難しいところですが。それとも<スター・ウォーズ・ストーリー>と題されたスピンオフ群の中で、「エピソード1」より前を描く作品を作る可能性があるのでしょうか。
スローン大提督が正史に戻ってきたのに倣って、ウリック・ケル=ドローマとかエグザ・キューンといったキャラクターたちも復権する機会を与えられたりしたりして…?

<過去記事>
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/fjk78dead/1867401
[PR]
by odin2099 | 2016-11-12 21:09 |  映画感想<サ行> | Trackback(1) | Comments(0)
e0033570_21591035.jpgロアルド・ダールの「オ・ヤサシ巨人BFG」をウォルト・ディズニー社が映画化、しかも監督はスティーブン・スピルバーグ。
ファンタジー映画としてはこれ以上ないくらいのコラボレーションで、これをスピルバーグの”同志”フランク・マーシャル&キャスリーン・ケネディがサポートし、「ナルニア国物語」以来のウォルデン・メディア社も一枚噛み、音楽はもちろんジョン・ウィリアムズ。
脚本はこれが遺作となった「E.T.」のメリッサ・マシスン(献辞が出る)とくれば正に盤石の体制。

養護施設で暮す少女ソフィーは、眠れないある晩に巨人を目撃してしまい、「巨人の国」へと浚われてしまった。
初めは激しく反発するソフィーだったが、次第にその巨人――BFGと心を通わせるようになる。
だが他の巨人はBFGと違って凶暴で、子どもを捕まえては食べてしまうという恐ろしい存在だった。
何とかしなくては。一計を案じたソフィーは英国女王に援けを求めることをBFGに提案する。
はたしてソフィーは凶暴な巨人たちをやっつけることが出来るのか?!

手堅くまとめてあるなあという印象は受けるものの、この手の作品に欠かせないワクワク感がどこにも感じられなかった。
おそらく往年のスピルバーグなら少女ソフィー(演じているのは新人のルビー・バーンヒルでとっても可愛い。吹替の本田望結も最初のうちはアレレと思っていたけれど、全体的に悪くない)をしっかり中心に据えて、ハラハラドキドキの冒険活劇として描いてくれたのではないかと思うのだけれども、もう彼の視点は自分に近い年齢のBFGに移ってしまっているので、異世界の異生物(人間と似てはいるけれども別種の巨人族)との交流を描くのではなく、単に老人と少女の交流に留まってしまっていて面白みがない。
しかも少女のエロティシズムを感じさせる描写が付け加えられているのが何ともはや。

思えば大人になったピーター・パンを描いた「フック」も傑作とは言い難かったので、スピルバーグにとってファンタジーは実は鬼門なのかも知れない。
意図せず(もしくはそれを主眼とせず)作った「未知との遭遇」「E.T.」は素晴らしいと思うが、結果的にファンタジー映画になった作品に比べ、正面からファンタジー映画に挑んだ作品は今一つ。

それともこれがスピルバーグの「老い」なのだろうか。


[PR]
by odin2099 | 2016-10-04 06:07 |  映画感想<ハ行> | Trackback(8) | Comments(1)
e0033570_19483709.jpgNY国連本部でのタルボット准将の演説中に、突如シールドを名乗る武装集団が襲撃、多くの犠牲者が出る。
タルボットはその正体に疑念を抱くが、クリスチャン・ウォード上院議員はシールドを排除する法案を可決させようとする。
上院議員はグラント・ウォードの兄だった。
コールソンはグラント引き渡しを交換条件に、法案を取り下げさせることに成功する。
だがシールド基地から護送の途中にグラントは脱走し、シールドの追跡をかわしヒドラと接触を果たす。

DISC2には第6話「スプリンター爆弾」から、「最後のピース」、「兄弟の再会」、「地下に眠る都市」、「オベリスクの力」の5エピソードを収録。

コールソンが描き続ける謎の図式は他のタヒチ患者たちも描き続けており、これがとある街へと誘う地図であることが判り、軍の衛星ネットワークを使いその場所を突き止めることに成功する。
e0033570_19484666.jpg同じくその秘密を追っていたダニエル・ホワイトホールの正体が、レッド・スカルの弟子ベルナー・ラインハルトの後身であることも判明。またオベリスクがその都市への鍵であり、それに触れることが出来るのがスカイとレイナのみであり、彼女たちを巡ってヒドラとシールドの間で駆け引きが行われる。
そして遂に訪れるスカイと父との再会、そしてスカイの母の死の真相。

ラインハルトを巡る回想シーンではペギー・カーターが再登場。
レギュラーメンバーにも異動があり、本当の名前がデイジーだと明らかになったスカイの”変身”と、目まぐるしい展開からは目が離せない。


[PR]
by odin2099 | 2016-09-25 19:50 | テレビ | Trackback | Comments(0)
e0033570_20144793.jpgせっかくのシーズン2だけれども、なんか中途半端に見ちゃったせいかそのまんまになっていたけれども、WOWOWでシーズン3の放送が始まってるし、シーズン1のおさらい(と「エージェント・カーター」シーズン1)が終わったので、シーズン2をきちんと見るぞ!
今回もDISC1枚ずつのレビュー。

シールドの再建を託されたコールソン新長官。人材も物資も不足し、前途多難。
メイの指導のお蔭でスカイはエージェントとしての腕前を上げてきたが、フィッツは脳に障害が残り、シモンズはヒドラへの潜入任務に就き、ウォードはヒドラの情報源として監禁中。
トリップは前シーズンのラストからそのままレギュラーとして残り、新たなメンバーも加えて新生チームが結成されたかと思いきや、いきなり問題発生…と前途多難なスタート。

ヒドラには新幹部ダニエル・ホワイトホール博士が加わり、レイナはスカイの父を頼り、昇進したタルボット准将は依然シールドを、というよりコールソンを目の敵にしているという状況。
そんな中でもシールドとヒドラは優秀な人材やら未知の危険な物体やら能力者やらを奪い合い。
誰が敵で誰が味方か、前シーズン以上に混沌としていてやはり目の離せないシリーズ。

e0033570_20150268.jpgDISC1には「新生S.H.I.E.L.D.始動」、「新たなる一歩」、「氷の男」、「仮面の敵」、「闇に潜む医者」の5話分を収録。
第1話冒頭は1945年が舞台で、いきなりペギー・カーター率いるハウリング・コマンドーズ(ダム・ダム・デューガンジム・モリタまで!)が登場し何事かと思いきや、この時発見された”最初の”「084」が物語に関わってくるという贅沢なプロローグ編。
そういやトリップの祖父はハウリング・コマンドーズのメンバーだったという設定があったっけ。

他にも新レギュラーかと思われたキャラクターがあっさりと命を落とし、次々と新キャラクターが登場し、各キャラクターが大きく揺れ、と先読みの許されない展開。
フィル・コールソンを演じるクラーク・グレッグの、無表情というのとは少し違う表情の読めなさ具合が、シリーズの大きなアクセントになっている。喜怒哀楽を表に出すスカイとの対比で、それがより生きてくる感じ。
製作側はそこまで考えて「アイアンマン」の時に彼をキャスティングしたワケではないだろうけど。
[PR]
by odin2099 | 2016-09-06 20:21 | テレビ | Trackback | Comments(0)
DISC2では第6話「取り返せない過ち」から、第7話「催眠博士」、そして最終話「ミッドナイト・オイル」の3エピソードを収録。

e0033570_21511892.jpgハウリング・コマンドーズとの共同作戦で活躍し、ロジャー・ドゥーリー支局長や前線での作戦指揮を執ったジャック・トンプソンにもようやくその実力を認められるようになったペギー。だが同僚のダニエル・スーザは一連の事件の陰で暗躍していた謎の女性がペギーであることに気付き、彼女はSSRに逮捕されてしまう。
またベラルーシの秘密基地からペギーたちの活躍によって救い出された精神科医のイフチェンコことヨハン・フェンホフ博士は実はリヴァイアサンの一味であり、その催眠術をもってドゥーリー支局長をはじめSSRのメンバーを自在に操りはじめる。
彼の目的はハワード・スタークへの復讐にあったのだ。

全8話を通して描かれたのはペギーの、そしてハワードの、キャプテン・アメリカ=スティーブ・ロジャースへの決別
常に2人の心の裡にはスティーブが居て、それが2人を結びつけてもいたのだが、最後に彼らはその”呪縛”から解き放たれ、新たな人生を歩むであろうことが暗示される。
テーマがぶれずに完走できたのは、ミニシリーズならではの構成の妙だろう。

e0033570_21513234.jpgソ連の暗殺者ドロシー・”ドッティ”・アンダーウッドの出自が、どうやらブラック・ウィドウ=ナターシャ・ロマノフと同じものらしいこと、そして最終話のラストシーンにアーニム・ゾラが登場することなど、「エージェント・オブ・シールド」ほど露骨ではないものの他の<MCU>作品群へのリンクが今回も貼られている。
このTVドラマ自体もシーズン2へと繋がっていったので早く続きが見たいが、残念ながらシーズン3はキャンセルされ幾つかの謎は謎のままに終わってしまっているらしいのが残念。何らかの形で完結させて欲しいものだが。
また後のペギーの夫となるキャラクターの登場も、予定されながら果たされなかったということだが、ペギーに想いを寄せているスーザではないのか?
それに出来れば姪のシャロン・カーター誕生まで繋げられれば、更に<MCU>の広がりが感じられるのだが。


[PR]
by odin2099 | 2016-09-05 22:06 | テレビ | Trackback | Comments(0)
e0033570_21492826.jpg時は1946年のニューヨーク、恋人のキャプテン・アメリカ=スティーブ・ロジャースを喪ったペギー・カーターは、SSR(戦略科学予備軍)のエージェントとして働いているが、女性ゆえに一人前扱いされていない。
そんな時、旧友のハワード・スタークから援けを求められる。スタークは敵国へ武器を売った容疑で反逆罪に問われ、今や逃亡者となっているのだ。
スタークの執事エドウィン・ジャーヴィスの協力を得、カーターはスタークの汚名を晴らすべく二重スパイと化していく…。

「エージェント・オブ・シールド」に続く<マーベル・シネマティック・ユニバース>のTVドラマシリーズで、「キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー」の続編。
タイトルロールのペギー・カーターを演じているのはもちろんヘイリー・アトウェル。映画からのフッテージも流用され、在りし日のスティーブの姿が何度かインサートされている。

e0033570_21510762.jpgドミニク・クーパーは映画に引き続きハワード・スターク役で出演。息子トニー・スタークの家庭教師となり、トニーが生み出した人工知能J.A.R.V.I.S.に影響を与える執事のジャーヴィス、後にスタークと共同でアークリアクターを開発することになるアントン・ヴァンコといった他作品に連なるキャラクターも登場する。
また第5話にはハウリング・コマンドーの仲間ダム・ダム・デューガンがゲスト出演。

全8話からなるミニシリーズでDISC1には「キャプテン・アメリカの恋人」、「ミルク・トラックを追え」、「執事の過去」、「ハワードの帰還」、「ベラルーシ行き」の5話分を収録。
スタークの元から武器を盗み出した連中の背後にはリヴァイアサンと呼ばれる組織があり、何らかの目的でスタークを陥れようとしていること、スタークとジャーヴィスにはカーターに語った以上の目的があること、それにリヴァイアサンがカーターの存在に気付き抹殺しようとしており、またSSRもカーターの隠密行動に気付きつつあること等々、レトロな連続スパイ活劇として先が楽しみだ。
[PR]
by odin2099 | 2016-09-04 22:00 | テレビ | Trackback | Comments(0)

by Excalibur
ブログトップ