【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

タグ:ネイチャー ( 144 ) タグの人気記事

予告編などでチェックしていて「これ、観たいなあ」と思っていたのに、いざその時が来ると上映館数の少なさにうっかり見落とし、最近になってようやく近場で公開していることに気付いて慌てて観に行ってきました。

e0033570_21471478.jpgドイツ、オーストリア、フランス、イタリア、スロベニア、リヒテンシュタイン、そしてスイスと七か国に跨るアルプス山脈を空撮したドキュメンタリー映画ですが、これは凄い映像です。
アメリカの諜報局が開発した特殊カメラを搭載したヘリコプターで撮影したそうですが、振動による画面のブレは殆どなくズーム撮影もスムーズ。まるで自分が空を飛んでいるかのような気分を味わえます。


ネイチャードキュメンタリーにありがちな「自然破壊への警鐘」といったようなメッセージ性も強くなく、また極力人類の営みを排した自然賛美な演出も見られないため、人跡未踏の地と思いきやそこで暮らす人々、あるいはそこで遊ぶ観光客の姿もカメラはしっかりと捉え、戦争の爪痕や開発の手が入った惨たらしい姿もそのまま映しだし、大いなる山のあるがままを見せてくれる構成になっています。


この手の作品は途中で退屈したり、時折眠気をもたらすことも少なくないですが、この作品に関しては1時間半があっという間でした。
この監督には他にも日本未公開の航空映像ドキュメンタリー映画があり、ドイツ本国では大ヒットを記録したそうですが、是非そちらも観てみたいものです。


【ひとこと】
日本版はナレーションを小林聡美が担当。
好きな女優さんではあるものの、ナレーション向きの声質、喋り方ではないことを認識させられた次第…。


[PR]
by odin2099 | 2015-06-25 21:48 |  映画感想<ア行> | Trackback | Comments(0)

e0033570_19122855.jpg1953年にエドモンド・ヒラリーとシェルパのテンジン・ノルゲイの二人が、世界最高峰への初登頂に成功。その歴史的偉業をアーカイブ映像と写真、それに再現ドラマを交えて描いたセミドキュメンタリー作品。
映し出される雄大な風景は、ただひたすら美しい。


ナレーションに代えて当人たちやその息子たち、隊長をはじめとする遠征隊のメンバーや、この冒険を題材とした書籍を執筆した著者らへのインタビュー音声を全面に流し、再現ドラマ部分も台詞は一切なく、貴重な記録映像と新規に撮影した映像を一体化させており、あたかも全編がドキュメンタリー映像であるかのような錯覚を覚える。


『ロード・オブ・ザ・リング』のスタッフが参加、という謳い文句からすると、再現ドラマがどの程度「本物」に近いのかはわからないが、ニュージーランドの南アルプスや実際のエベレストでも撮影を行った模様。
――と聞くと、全編が特撮ドラマではないのかという軽い失望感も味わうが、まるで今自分の目の前で起こっているかのような臨場感が味わえるのも確かである。


【ひとこと】
この作品は当初『天空の頂き/歴史を変えたエベレスト初登頂』という邦題での公開が予定されていたが、何故か途中で変更された。

e0033570_19124527.jpg

[PR]
by odin2099 | 2015-01-31 19:15 |  映画感想<ハ行> | Trackback | Comments(0)

e0033570_22542775.jpg海が好きで、波を見ていると飽きないから、サーフィンの映画は何本か観ている。これもそんな一本だろうと思って観たのだけれども、ちょっと違う。

冒頭から盛んに繰り返される「SUP」という言葉、これは「スタンド・アップ・パドル」の略で、要するに”立って乗るサーフィン”とでも解釈すれば良いのだろうか。


この「SUP」が如何に健康的で楽しいか、誰でもすぐに出来るようになる簡単なスポーツであるか、そして実はサーフィンの原型ともいうべき伝統的な乗り方に起因しているか等々を愛好家たちがひたすら語っていくというPR映画でもあるのだ。


泳げなくても、水が怖くても大丈夫。
海だけじゃなく、川や湖でも大丈夫。
風や波が無くても大丈夫。


映画を観ていると「サーフィンは無理でもこれなら出来るんじゃないかな」と思えてくるのは確かで、長らくマイナーな位置付けだったものが、トップクラスのアスリートたちが次々とハマりだしたのに合わせて、近年爆発的に競技人口が増えているらしい。
日本でも徐々に広まりつつあるらしいが、観ているうちに自分もボードを抱えて水に入って行きたくなる、そんなドキュメンタリーになっている。


[PR]
by odin2099 | 2015-01-19 22:57 |  映画感想<ハ行> | Trackback | Comments(0)
e0033570_23013504.jpg撮影期間3年を費やしたという台湾製のネイチャー・ドキュメンタリーで、全編が空撮映像。

最初は美しい山々が映し出されるので自然を賛美したものなのかと思って観ていると、やがて森林伐採や採掘のために無残な姿になってしまった山や、廃水で汚染された河川、不法投棄や杜撰なゴミ処理で荒れてしまった海など、環境破壊への警鐘などというレベルではなく(必要悪だとは認めつつも)完全にノー!を突き付けたものに。
なまじ映像が美しいだけに、それが破壊されていく様は恐ろしく冷たく映る。

チー・ポーリン監督は一人で撮影や編集もこなしスポンサー探しにも奔走したらしいが、然もありなん。
この内容では、各方面から横やりは入らなかったのだろうかと余計な心配もしてしまう。

e0033570_23015105.jpg美しい絵に美しい音楽、時折入る単調なナレーション、それに台湾の地理に不案内ということもあってか途中何度か意識が飛ぶ瞬間があったものの、やはりネイチャードキュメンタリーには心打たれることが多い。
特に生き物があまり好きではない自分にとっては、動物や昆虫の類が一切出てこない作品はより好ましいものに思われる。

[PR]
by odin2099 | 2015-01-14 06:45 |  映画感想<タ行> | Trackback(2) | Comments(0)
渡月橋です。
e0033570_21062031.jpg
濁流の桂川です。
e0033570_21055085.jpg
e0033570_21055591.jpg
普段の川の様子を知らないのですが、以前来た時よりも流れが速いように感じますし、水の量も明らかに多そうですね。
e0033570_21060110.jpg
e0033570_21060764.jpg
e0033570_21062605.jpg
そういやココって、今回の大雨じゃなく、去年の台風で水没しちゃったとこだったっけ?
e0033570_21061453.jpg
e0033570_21064062.jpg
e0033570_21072768.jpg
嵐電の嵐山駅から次なる場所へと向かいます。
e0033570_21073383.jpg

[PR]
by odin2099 | 2014-09-30 06:17 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

もう旅行から帰って来て一カ月以上経つのに、やっと2日目に突入。
はたして年内に完結するのか?!

この日はまず嵐山へ。
渡月橋を見に行くのが目的だったのですが、隣接するトロッコ嵯峨駅で前回来た時に気になってたトロッコ列車に目をやると…

e0033570_21385503.jpg
もうダメ。まだ席に余裕があるとのことで乗っちゃいました。
e0033570_21392578.jpg
行きは通常の(?)車両でしたが、それでもなんだかワクワク感。
トンネルに入ると寒いくらいの冷たい風が入ってきて、こりゃ人気なワケですな。
e0033570_21393231.jpg
e0033570_21394250.jpg
e0033570_21394909.jpg
e0033570_21395775.jpg
大雨の所為で川の水量が増え、流れも速くなってるようです。
e0033570_21400556.jpg
e0033570_21401267.jpg
終点のトロッコ亀岡は牧場以外は何にもないらしい。
e0033570_21323377.jpg
帰りは無蓋車両へ。
e0033570_21330181.jpg
e0033570_21331537.jpg
これはかなりスリリング。
高所恐怖症の人には向かないかもしれません。
e0033570_21330835.jpg
e0033570_21334075.jpg
e0033570_21333283.jpg
行って帰ってくるだけならほぼ1時間の小旅。なんかハマりそうだなあ。
e0033570_21332365.jpg
e0033570_21334895.jpg
e0033570_21340275.jpg


[PR]
by odin2099 | 2014-09-26 21:43 | 旅行 | Trackback | Comments(0)
過日(といっても2週間以上前だけど)休みを貰ったので、久しぶりに小田原城へ行ってきました。
e0033570_18263384.jpg
我が家からは2時間ぐらい。
小田急線のロマンスカーに乗ってちょっと贅沢気分で出かけられる格好のお城です。
e0033570_18270829.jpg
e0033570_18323225.jpg
e0033570_18271586.jpg
e0033570_18272318.jpg
前回行ってからまだそんなに経ってないはずですが、案外覚えていなかったり…で、似たようなアングルの写真、一杯撮ってきちゃいました。
まあ素人目には「絵になる構図」って限られますからね。
e0033570_18283711.jpg
e0033570_18285104.jpg
e0033570_18285819.jpg
取り敢えずあんまり「らしくない」写真を中心にセレクトしてみました。
e0033570_18280469.jpg
発掘調査もやってますねぇ。
e0033570_18303796.jpg
e0033570_18304521.jpg
e0033570_18305295.jpg
海があって山があって歴史がある、というのは自分にとって理想的な環境。こういう所で暮らしたいな、と思ったり……。
e0033570_18310969.jpg

[PR]
by odin2099 | 2014-09-23 18:34 | 史跡 | Trackback | Comments(0)

e0033570_22151131.jpg発行元を移籍してのリニューアル版の第3弾。
これでゴマブックス既刊分は全て主婦と生活社へと引っ越し完了。
新作の方が『旅ボン』で、旧作の方が『新旅ボン』という、ちょっとややこしいことに…。


オリジナル版刊行が2008年(実際に富士山に登ったのが2006年)。
今回は単なる復刻ではなく、それ以降に富士山が世界遺産に登録されたりでまた色々な角度から脚光を浴びるようになった中で、昨年2回の追加取材を敢行。
その成果が54ページの追加描き下ろしとして結実しております。

アップデートされボリュームアップしているので、ハッキリ言ってお得感が増してますね。
思えばこのシリーズで一番最初に買ったのがオリジナル版の『富士山編』だったんだよなあ…。
なんだかんだでシリーズもこれで5冊。刊行ペースを考えればよく続いている方かなあ。


[PR]
by odin2099 | 2014-05-23 22:19 | | Trackback | Comments(0)
e0033570_15164060.jpgもう何本目になるのかわからないイギリスはBBC製作のネイチャー・ドキュメンタリーの新作を鑑賞。
宣伝文句によれば、『ディープ・ブルー』『アース』『ライフ/いのちをつなぐ物語』に続く4本目ということになっているようだけど。
それにしても『ネイチャー』とは何のひねりもない邦題ですな。原題の”Enchanted Kingdom” が訳しにくかったんだろうけどねえ。

今回の舞台はアフリカ。
ジャングルに暮らすマウンテンゴリラ、有毒ガスが立ち込める火山湖に現れるコフラミング、灼熱の砂漠に適応したシャベルカナヘビ(4つ足なんだけど「ヘビ」なの?)、サバンナを旅するアフリカゾウ、幻想的なサンゴ礁、凍てつく高地に住み着いたゲラダヒヒ、激流の下流で獲物を狙うナイルワニ……。
この作品は3Dがウリだというのでそっちを選びましたが、確かに水しぶきとか波とか迫力ありますな。

e0033570_15164953.jpgただBBC EARTH以外が製作してるものもあるし、これだけネイチャー・ドキュメンタリー系映画(だけじゃなくTV番組やDVD作品も)が世に氾濫してると、ちょっとやそっとの切り口変更ぐらいじゃ、なかなか感動を与えるまでには行かなくなってきてるのが辛いとこ。
ちょこちょこ睡魔に襲われかかると…脅かし映像が流れてくるのは新演出?

日本語版のナビゲーターは滝川クリステル
この手の作品は何故か俳優さんとかタレントさんとか、喋りが本業とは言えない人を起用する傾向が目立つのが気になります。
彼女はアナウンサーだけど、それでも聴きやすい日本語ってワケじゃあなかったし。
原語版はイドリス・エルバ(『マイティ・ソー』シリーズのヘイムダルや『パシフィック・リム』のペントコスト司令官で注目の人。最新作ではマンデラ大統領役!)だから、これは違う作品になってそうな予感。

【ひとこと】
ワニすげーぞワニ。

[PR]
by odin2099 | 2014-05-03 15:23 |  映画感想<ナ行> | Trackback(2) | Comments(0)
e0033570_20162323.jpg竜巻、突風、台風、落雷、大雪、ゲリラ豪雨、噴火、煙霧……日本で発生した自然災害を捉えた投稿画像を集めたDVDで、発売は昨年6月。
日時が特定されていない映像も一部にあるものの、ここ数年で発生したものが大半なので、実際に自分が遭遇したものや報道がまだ記憶に新しいものも多い。
20年ぐらい前ならばこういう映像も「世界のどっかで起きたこと」ぐらいにしか感じられなかったけれど、最近は地球環境の変化からいつどこで起こっても不思議ではないという身近な恐怖感がある。

素人くさいナレーションが入るのが興ざめだけれども、収録時間も1時間を超えていてボリュームもタップリ。
[PR]
by odin2099 | 2014-04-28 20:17 | ビデオ | Trackback | Comments(0)

by Excalibur
ブログトップ