「ほっ」と。キャンペーン

【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

e0033570_19232308.jpg大阪城や名古屋城など都市部にある巨大城郭の跡地に行った後、皇居を訪ねてみるとどうしても感じる物足りなさ。
そう、皇居というか江戸城址には天守がない!

お城の魅力は何も天守だけじゃなく、櫓や堀、石垣、土塁などなど楽しみ方は色々だろうけれど、専門家やマニア相手ならいざ知らず、一般の観光客に幅広くアピールするのはやはり天守の存在。

ということもあって江戸城の天守再建計画は応援してるわけですが、こういう本を現職の参議院議員が書く、というところがユニーク。

全面的に賛成ではないですが、ハードルは高いと思いますけど実現して欲しいものです。
[PR]
by odin2099 | 2017-02-03 19:24 | | Trackback | Comments(0)
これもお城の本です。
1年位前に買ってパラパラと読んでいたんですが、そのままになって忘れていたのを発掘(^^;

e0033570_22343241.jpg題名に偽りありで、微妙に「見えそうで見えない」お城も含め、紹介されているのは以下の通り。

江戸城、小田原城、駿府城、掛川城、浜松城、岡崎城、名古屋城、清州城、岐阜城、彦根城、大坂城、明石城、姫路城、岡山城、福山城、三原城、広島城、岩国城、小倉城、吉田城、大垣城、墨俣城、長浜城、佐和山城、安土城…

姫路より西へは行ったことがありませんが、この中で見つけやすいのは掛川城と清州城かな。
浜松城や岡崎城なんて見えるんだろうか???

などといいつつ、こういう切り口からお城ファンが増えるのもいいですね。
車窓から「ん?あれは何だろう?」という興味からお城好きになる、なんていう人もいるのかも知れません。


[PR]
by odin2099 | 2016-09-26 22:35 | | Trackback | Comments(0)
またか、とお思いでしょうが、お城の写真集です。
カメラマンは山下茂樹、巻末には「お城を上手に撮るコツ」などというコーナーもあります。

e0033570_19373416.jpg掲載されているお城は以下の通り。

弘前城、会津若松城、江戸城、小田原城、松代城、小諸城、上田城、松本城、高島城、金沢城、富山城、丸岡城、岐阜城、墨俣城、郡上八幡城、大垣城、駿府城、犬山城、清州城、名古屋城、岡崎城、伊賀上野城、長浜城、彦根城、二条城、伏見城、大坂城、岸和田城、赤穂城、竹田城、姫路城、和歌山城、松江城、備中松山城、岡山城、丸亀城、今治城、宇和島城、松山城、高知城、小倉城、熊本城。

こういった写真集ではあまり取り上げられないお城も幾つかありますね。
それもチェックポイントでした。

「これからお城に訪れたいと思われる皆様に。お城巡りがより楽しくなるお役になりましたら幸いです。」
とのコメントも良いと思います。
[PR]
by odin2099 | 2016-09-23 05:55 | | Trackback | Comments(0)
e0033570_21294323.jpgこれはお城好きにとってはちょっと悲しい話題。

鉄筋コンクリートで再建されたお城は、既に耐用年数切れ。
しかし再建しようとしても、そこには様々な法律の壁があり、思うように行かないというのだ。
となるとそう遠くない将来、全国各地の天守は取り壊しの憂き目に。

では木造再建ならOKなのかといえば然にあらず。
こちらにもやはり費用や材料、技術の継承以前に法律が横たわる。
お城を見に行くなら今のうちなのかも知れない。

巻末には本書を執筆中に大地震によって倒壊した熊本城再建問題も取り上げており、そちらも興味深い。


[PR]
by odin2099 | 2016-08-18 21:30 | | Trackback | Comments(0)
ここは子供の頃からの憧れのお城でした。
e0033570_10480315.jpg
これまでにも何度か行こうかなと計画を立てていたんですけど、その都度色々ありまして…。
e0033570_10474776.jpg
ただ、今年だけは行くまいと思っていたんですけどねえ。
e0033570_10475538.jpg
何故かって?それは今年の大河ドラマが「真田丸」だから。
いつも以上に観光客が増え、混雑してるんだろうなあ、と。
でも「思い立ったらナントヤラ」でとうとう重い腰を上げました。
e0033570_10473764.jpg
e0033570_10472570.jpg
e0033570_10471596.jpg
e0033570_10470681.jpg
e0033570_10464825.jpg
それにここは昨夏公開の「手裏剣戦隊ニンニンジャー」劇場版のロケ地。
劇中に出てくる「忍隠れ城」は、ここと彦根城、伊賀上野城、小田原城を組み合わせて撮影されているんですね。
で、昨夏は彦根城と伊賀上野城に行って、修復工事中だった小田原城には先週やっと行って来て、残るはこの上田城だけ!
――というのも動機の一つでした。
あ、ちなみにこの4城のうち、初めて行くのは上田城だけっていうのもあります。
e0033570_10464004.jpg
夏休みシーズンだからか、平日でも新幹線は指定席満席。
急に思い立って行くのはやっぱり無謀でしたかね。
でも東京から1時間半というのはアクセス面では便利。
e0033570_10492836.jpg
e0033570_10494189.jpg
そしてお城も混んでます。写真撮るのも一苦労。
人が少なくなるタイミングをさっと捉えて…失敗。
e0033570_10494957.jpg
e0033570_10502673.jpg
e0033570_10503658.jpg
建物は櫓と門だけ。
しかも「絵になる」ポイントというのは少ないです。
まー、正直言うと物足りなかったです。
もっとゆっくり回りたかったなあ。
e0033570_10500644.jpg
e0033570_10465791.jpg
実は今回見通しが甘くて…。
もっと簡単に回れると思ってたんですよね。
ところが城内が混雑していたり、街中を散策中に思いの外時間をとられたり。
e0033570_10495888.jpg
絶好の撮影スポット?も逃したし、こりゃリベンジ必至。
池波正太郎真田太平記館とか、映画「犬神家の一族」ロケ地とか色々行きたかったです。
e0033570_10501634.jpg
それにしても「真田」「真田」のオンパレード。
真田氏時代の遺構なんて殆ど残ってないだろうに。
歴代城主の仙石氏や松平氏がカワイソウ…。

↓この4城の組み合わせで「忍隠れ城」を表現。
e0033570_10461073.png
【ひとこと】
上田城とは全く関係ないですが、「ニンニンジャー」のテレビシリーズ見てなかったからよくわからないけれど、EDでは千葉城の前でメンバーが踊っているそうな。
確かに立派な天守(風建物)ではありますがねぇ。
e0033570_10461992.jpg
↑これが千葉城。
この地にこんなものが建っていた記録はない。
最近はコスプレイヤーの聖地と化し、地元住民から顰蹙を買っているとか?!

[PR]
by odin2099 | 2016-08-13 10:57 | 史跡 | Trackback | Comments(0)
一年ぶりの登城は、5月にリニューアルされた小田原城。
e0033570_20460628.jpg
e0033570_20463735.jpg
昨年の7月から今年の4月まで「平成の大改修」が行われていましたが、中は綺麗になりましたねえ。
e0033570_20454474.jpg
e0033570_20455076.jpg
でもちょっと惜しかったかも。
e0033570_20490255.jpg
丁度一年前に公開された「手裏剣戦隊ニンニンジャー」の劇場版はここでロケが行われていましたが、映画公開の頃には工事の真っ最中。
e0033570_20465553.jpg
e0033570_20470331.jpg
e0033570_20471277.jpg
e0033570_20471822.jpg
もしかすると映画を見て、実際のお城を見たいと思ったオトモダチもいたかもしれないのに…。
e0033570_20480358.jpg
e0033570_20475315.jpg
e0033570_20474676.jpg
あと一カ月くらい工事の開始が遅かったらねぇ。

大手門跡にある鐘楼。
e0033570_20445275.jpg
ここ、初めて行きました。しかしゴミ捨て場併設?

こちらは小田原ういろう本店。
e0033570_20451928.jpg
一度は間近で見たかった天守風建造物です。
中には入りませんでしたけど。
[PR]
by odin2099 | 2016-08-08 20:49 | 史跡 | Trackback | Comments(0)
もう一冊、今年の初めに出ていた筈なのに、最近その存在を知って慌てて買ったお城の本をご紹介。

e0033570_21500103.jpg今は失われた往時の姿を再現するには、絵で表現するのが基本。中には模型を作って「こうだった」と解説することもあるけれども、その本のためにわざわざ作ることはまずなく、別目的で作られた既存の模型を撮影してお茶を濁してるケースが大半だろうと思う。

そんな中で最近増えてきたのは、絵は絵でもCGを使って再現するパターン。
細部にまでこだわって作られたCGであれば、その臨場感は弥益ばかり。
中には実景にはめ込んで更に臨場感を高めたものもあって、現実に天守や櫓を復元して建てるのが困難なだけに、その説得力は正に「百聞は一見に如かず」。
この本では大坂城、伏見城、岐阜城、安土城、小牧山城、駿府城などなどが往時の姿を取り戻している。

会津若松城のように外観復元された天守や、国宝の彦根城、姫路城などもあって驚かされるが、姫路城なぞは今の姿ではなく、わざわざ黒田如水→羽柴秀吉時代の姿を再現、という凝りよう。
惜しむらくは天守や櫓と言った主だった建物の周りだけに終始してしまっているので、もっとお城の全貌を把握でき、その中にトリップ出来るようなバーチャル感を盛り込んだ「絵」が見たい。
この手の本、もっともっと出して欲しいもんである。

[PR]
by odin2099 | 2016-06-24 21:50 | | Trackback | Comments(0)
e0033570_21423404.jpgもういい加減ネタギレかなあと思っていたのですが、いつの間にか第4弾が出てました。
どうやら春先には出ていたようですが、自分が見つけたのはつい一カ月くらい前のこと。
一般書店の店頭にはあんまり並ばなかったのかなあ。

今回は「敗れ去った城」「壊された城」「未完の城」などにカテゴライズされて様々なお城が紹介されてます。
一口に「廃城」といっても、その運命は様々ですからね。
その分類方法によれば、例えば伊賀上野城なんかは「未完の城」ということに。
ふむふむ、なるほどねえ。

巻頭にはブームを当て込んでか、「真田の城をゆく!」という特集ページが。
この本に倣って真田街道を散策してみるのも面白そうです。

また、過去3冊と合わせた索引が付いているということは、いよいよシリーズもこれで完結なのかな?

<シリーズ既刊>
廃城をゆく
廃城をゆく2
廃城をゆく3


[PR]
by odin2099 | 2016-06-21 21:43 | | Trackback | Comments(0)
e0033570_22213827.jpg<コレクターズパック>を購入したので再観賞(前回観賞時の感想はこちら)。
最近はソフトの発売が早まったねぇ、公開から4カ月程度で手に入るとは。
逆に映画館へ観に行く人が減っちゃいそうでもあるんだけど、映画館にお金落としてもらうのとソフトの売り上げが伸びるのとでは、結局どっちが儲かるんだろう???
従来の夏映画のソフト化は翌年の1~2月だったのに、それが今じゃ12~1月になったというのはおそらくクリスマス商戦やお年玉を狙ってるというのもあるんだろうけどね。

さて、未だにTVシリーズを一本も観ていない「ニンニンジャー」だけど、基本<スーパー戦隊>は予備知識なしでも何となくわかるのが嬉しい。
今回もこんなことなんだろうなーと想像しながら観ていたけど、これってやっぱり邪道か…。
まあどっちにしろ花純ちゃん目当なんだけどね。

さて特典ディスクにはメイキングも収録されているので併せて観てみたんだけど、意外や意外、結構ニンニンジャーの皆さん、ノースタントで動かされてますねえ。
花純ちゃんも石垣をよじ登ったり、瓦屋根の上を走らされたり、そこから飛び降りさせられたり、みんな本当にやらされてるんだー。他のキャストも含めて動けるメンバーなんだね。

また今回のメイン舞台となる「忍隠れ城」は上田城、彦根城、伊賀上野城、小田原城でロケしたものを組み合わせているワケだけど、メイキングだとどのお城でどの部分を撮影したのかがわかりやすい。
まあ上田城以外は全部行ったことあるし、特に現在工事中の小田原城を除く彦根と伊賀上野は今夏に再訪してるから「ふむふむ、あそこね」とニヤニヤ出来るくらいには城マニアだし。
あ、ちなみにメイキングでわかるけど実はもう一か所、東映城も撮影に使われてたんだね。つまり東映太秦映画村。
そういやここも行ったことないからわからなかった~。

上映時間は26分、細かいところわからない割に楽しめたのでマル。
そのうちTVシリーズも全話まとめて観るかな。
e0033570_22415889.png
【ひとりごと】
エンディングのダンス、矢野優花だけ動きがキレッキレだね~。
そうか、特技がダンスなのか。
そしてお芝居で引っ張ってるのは花純ちゃん。さすがベテラン?!


[PR]
by odin2099 | 2015-12-12 22:42 |  映画感想<サ行> | Trackback | Comments(0)
8月の旅行の写真、ようやっと整理終わり。
e0033570_20172106.jpg
7年ぶりに訪れた掛川城の写真でひとまずの締めとなります。
e0033570_20173021.jpg
前回撮った写真と比べると、同じ建物を同じアングルで写していたりで代わり映えしないんですが、でも実際に現地に居た時は「あれ~、ちょっと変わっちゃったなあ」と思っちゃいました。
e0033570_20173697.jpg
e0033570_20174223.jpg
e0033570_20174815.jpg
相変わらず駅からお城までは一本道で、よく整備された静かな街という印象なんですが――前回も今回も日曜の午前中に来てるんですが、殆どのお店が閉ったままなのでそういう印象なんですが、平日の日中とかは人通りが多く賑やかな街なんでしょうか?――、お城の方も一段と整備されて観光地っぽくなったなあと感じたのです。
e0033570_20182114.jpg
e0033570_20182853.jpg
e0033570_20183417.jpg
e0033570_20184122.jpg
e0033570_20184826.jpg
下品な街になるのは困りものですが、新幹線の停車駅で交通アクセスも良いし、駅からお城までも近くてわかりやすいですし、お城そのものも木造天守に御殿が揃っているし、もっともっとメジャーになって欲しいところですので、居心地の良い空間作りをしてくれるならばそれも良いなあと思っております。
e0033570_20194402.jpg
e0033570_20193792.jpg
e0033570_20192196.jpg
でも、今のまま静かなお城でいて欲しい気もするし…ワガママですね。
e0033570_20191599.jpg
前回登城時の記事はこちら。
http://odin2099.exblog.jp/8372408/
http://odin2099.exblog.jp/8452139/
http://odin2099.exblog.jp/8456756/
http://odin2099.exblog.jp/8573544/

[PR]
by odin2099 | 2015-10-03 20:23 | 史跡 | Trackback | Comments(0)

by Excalibur
ブログトップ